カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国人の仕事観とは?一緒に働く上で注意すべきポイントを解説

「中国語スキルを活かして働きたいけど、文化の違いが気になる」「実は知らず知らずのうちに中国では失礼なことをしていないか不安」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

文化的な違いは理解するのが難しいからこそ、知識として知っておくことが非常に重要です。

そこで今回は、中国で一般的とされている仕事に対する考え方についてご紹介します。

中国人の考え方の傾向を知ることで、中国企業や中国人との仕事が多い企業への就職・転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。

また、中国語を活かせる仕事をお探しの方には、TENjeeがおすすめです。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトなので、中国語を活かした仕事を簡単に探すことができます。

興味がある方は、ぜひ一度御覧ください。
※中国語スキルを活かせる仕事専用の求人サイトはこちらから

中国人の仕事観の特徴

中国人の仕事に対する価値観の特徴を知るに当たって注目したいポイントは、「給与」「キャリア」「人間関係」「話し方」の4点です。

給与

中国人は給与に対して非常に強いこだわりを持っています。

そのため、昇給制度に対し客観的な評価基準を求める人が多いです。

日本では給与について同僚と話すことは避けられる傾向にありますが、中国では自分の所得を公開することに抵抗を感じる人が少ないため、周りの社員と自分とで給与について比較することも一般的なこととされています。

また、給与について納得できない場合は会社に合理的な説明を求め、それでも納得できない場合は他社へと転職するケースもあります。

中国企業の多くは成果に基づいた合理的な給与体系や昇進制度を整えているので、転職や就職をする際にはぜひチェックしておきたいポイントといえます。

キャリア

給与同様に中国人が強くこだわるポイントに、キャリアがあります。

中国では成果主義の考え方が一般的です。

能力や実力があれば、年齢や勤続年数に関係なく平等に評価を受けることができます。

年功序列制度が一般的で、勤続年数や年齢が重要な評価基準となる日本とは異なり、成果を上げることでどんどん昇給・昇進することが可能だといえます。

そのため、キャリアアップに対する意識が高く、自身のキャリアを形成するためにひとつの職場にこだわらず転職をする人が多いです。

多くの中国企業では、昇進などの人事制度についても合理的かつ客観的な評価基準があるため、確認しておくと企業選定に役立つでしょう。

人間関係

中国人は、上司や部下といった立場であってもフラットな関係性を望む傾向があります。

この背景には、率直に意見を言い合える関係を築くことで、業務をより円滑に行うことができるという考えがあると言えるでしょう。

そのため、たとえ相手の方が立場が上であっても、自分の意見や納得がいかなかったことについてはっきりと意見します。

上下関係を前提としてコミュニケーションを行う日本とは大きく異なるため、日本人は留意しておきたいポイントであるといえるでしょう。

話し方

中国人は合理的な話し方を好む傾向があります。

製品や仕事内容の良し悪しについて口にすることをためらう日本人は多いですが、中国人は率直に相手に伝える場合が多いです。

これは、曖昧な表現を省いて伝えることが合理的で、かつ相手にとってもベストだという考え方を持つ人が中国人に多いことに起因するかもしれません。

そのため、日本人同士では相手を配慮して遠回しな言い方をしたり、暗黙の了解として成立しているコミュニケーションは、中国人には理解されず、かえって回りくどいという悪い印象を与える可能性が高いです。

メールなどにおいても、日本では丁寧な挨拶などを書くことが一般的ですが、多くの中国人は用件だけを端的に書くという傾向があります。

中国人と接するときは、「結論から話す」ことや「抽象的な表現を避ける」こと気をつけると、より円滑なコミュニケーションにつながるでしょう。

中国人の仕事観を知るメリット

中国人の仕事に関する価値観を知ることは、「中国人がどのような人材を評価するのか」を知ることにつながります。

中国人が相手に求める条件を知ることで、互いに満足したビジネスの実現が可能になるでしょう。

中国人とのコミュニケーションが円滑になる

中国人がビジネスの対人関係において重視する点を知ることで、より円滑なコミュニケーションを実現することにつながります。

文化の違いから、無意識にとった行動が中国では失礼にあたる場合があります。

たとえば合理的な話し方やフラットな関係を望む、といった中国人が求める対人関係をあらかじめ把握しておくことで、よりスムーズなビジネスの進行につなげることができるでしょう。

中国人を採用する際の指標になる

就職・転職先の企業で、中国人を採用する担当になった場合も、仕事観を理解することで事業を進めやすくなると言えます。

就職・転職希望者が高い関心を持っているキャリアや給与について早い段階で確認することで、企業と人材とがよりマッチした採用活動が実現できるのではないでしょうか。

上司として中国人に接する際に役立つ

日本人と中国人とでは求める上司像に違いがあります。

上司として中国人の部下と接する際は、中国人はよりフラットな関係を好み、立場関係なく意見する傾向があるということを留意しておくことが必要でしょう。

また、成果主義の傾向が強いため、仕事のできない人は尊重されないケースもあります。

上司であっても、能力が低いとみなせば指示を聞かない、という人も少なくはないようです。

自分が昇進した場合は、その立場に見合った能力を常に求められているということを意識しておくことが大切です。

加えて、多くの中国人は昇給や昇進について明確な評価基準を求めるため、自分が上司として中国人の部下を評価する際は、その理由として客観的な基準に基づいた説明ができるようにしておく必要があります。

比較対象である、ライバル社の評価基準についても把握しておくことも重要です。

中国資本の企業への就職・転職に役立つ

中国人の仕事観を知ることは、中国資本の企業への就職・転職に役立ちます。

中国で仕事をする上で評価される点は、中国資本の企業に自分をアピールする際に注意するポイントであると言えます。

また、多くの中国人が好む合理的な話し方を意識することで、希望企業の採用担当者に好印象を与えることにつながるでしょう。

中国人の仕事観を知った上で最適な求人を探そう

中国人と日本人では仕事に対する考え方が大きく違います。

中国資本の企業への就職・転職を目指すときは、常に中国人ならばどのように捉えるか、ということを意識することが大切です。

TENjeeでは中国語スキルをもつ人材を探している企業が多数紹介されています。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトなので、自分のスキルを活かすことのできる仕事を簡単に探すことができます。

今回ご紹介した中国人の仕事観を踏まえて、自分にぴったりの仕事探しをしてみてはいかがでしょうか。
※中国語スキルを持つ人材を探している企業はこちらから

コメントを残す