中国人が日本企業に就職する方法と中国語を活かした就活のコツ

日本企業に就職したい中国人の方もいらっしゃるかと思います。

中国経済の急速な成長によって、旅行やビジネスで中国人の方が多く訪日するようになりました。

そのため、中国語が話せる人材を欲している企業も増加傾向にあります。

しかし、中国人の方が日本で就職するためには注意点や必要なもの、仕事内容に応じた日本語にスキルが必要です。

今回は、中国人が日本企業に就職するためのポイントを解説します。

TENJee」では、中国人向けの日本の求人を多く掲載しています。

日本で就職を考えている中国人の方はぜひご利用ください。

中国人が日本企業に就職するために必要なもの

中国人が日本の企業に就職するためには、いくつか必要なものが存在します。

また、知っておくだけで就職活動を有利に進められる可能性の高い就職活動のポイントも存在しています。

中国人が日本企業に就職するためのポイントを複数解説します。

就労ビザ

中国人が日本で就労するためには就労ビザと呼ばれる在留資格が原則必要です。

就労ビザには様々な種類があり、就労する職種や自身の経験によって取得できる就労ビザが異なります。

日本で就職活動を行う際には、自身が取得できる就労ビザと自身が就職したい職種が合っているかを事前に確認しておくことが重要です。

就労ビザの種類に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

また、永住権を取得している場合や、帰化している場合は例外として就労ビザは必要ありません。

日本語のスキル

日本で就職活動をする以上、一定以上の日本語スキルが求められます。

職種によって求められる日本語のレベルは異なりますが、日本人のクライアントとコミュニケーションが必要な場合は、日常のやりとりをスムーズにできるような高いレベルの語学力が求められることが多いです。

一方で、社内エンジニアや中国人が多く就労している職業などでは高い日本語スキルを求められない場合もあります。

求められる日本語レベルは一定ではなく仕事内容によって異なるので、自身の日本語のレベルを把握して語学力に見合った職業に就職しましょう。

仕事での成果を出しやすくなるだけでなく、就労後のミスマッチも避けることができるので、意識することをオススメします。

ただし、日本で生活する以上は、日本語を使用した最低限のコミュニケーション能力は身につけておきましょう。日本で働くならばどんな形であれ日本人と関わることは避けることができません。そのため、いざという時に困らないためにも必要最低限の日本語は習得しておきましょう。

また、求人の内容によっては日本語の語学資格が応募条件として記載されていることもあります。

自身の日本語スキルを第三者に説明しやすくするメリットもあるので、特別な事情がない限り取得することをオススメします。

日本の文化や地理に理解があるとプラスに働く

日本語スキルのほかに、日本の文化や地理などを理解しておくと就職活動や就職後に有利になることがあります。

日本と中国では文化が異なるので、仕事の進め方や社風などビジネス面でも違いが多くあります。知らないで働くのと、知っていて働くのでは仕事のやりやすさが大きく変わります。

仕事で成果を出すためにも日本のビジネスについて知っておくことは重要な要素の一つです。

就職活動の面においても、日本と中国の就職活動には違いがあるので、事前に知っていれば入念に準備をして対策することができます。自分自身を最大限にアピールすることも可能になるので、日本の文化なども学ぶようにしましょう。

就職活動における中国企業と日本企業の相違点

日本企業に就職する場合、中国企業との社風の違いや文化の違いにギャップを感じることもあるかもしれません。

中国企業と日本企業の主な違いを解説します。

社風の違い

日本企業は、成果重視の傾向が強い中国企業とは異なり、年功序列や終身雇用の制度が強い企業が比較的多く存在しています。

日本企業の大きな特徴は、終身雇用と呼ばれる安定して職につけるシステムを採用している企業が多いということです。

グローバル化や外資系企業の日本進出によって終身雇用の日本企業は昔ほど多くは無くなりましたが、現在でもまだ多くの企業の特徴として存在しています。

転職によるキャリアアップや成果に応じて給与が上がる企業も存在していますが、採用面接時に転職によるキャリアアップなどを前提に話してしまうと、就職活動をスムーズに進められなくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

就職活動開始のタイミング

年度の関係もあり、一般的に求人が多い時期が異なります。

特に日本企業は大学卒業を予定している学生に対して、就職活動を一斉にスタートさせる新卒採用を主軸の採用方法にしている企業も多く、中途採用より多くの採用枠を確保している企業が多く見られます。

これも終身雇用制度に関連する採用方法です。

中途採用などの即戦力ではなく、学生を育成し自社に合った人材を育てるポテンシャル採用を行うことで、長く勤めてもらえる人材の育成を目的としています。

留学生がそのまま日本企業に就職する場合は、この新卒採用を利用して就職活動を行うとよいでしょう。

中国人が日本企業に就職するためには

中国人の方が日本企業に就職するためには、就労ビザや日本語の語学力など、様々な要素が必要になります。

その後、自身に合った就職先を見極めることも就職活動の重要な要素です。

また、中国人の方には母国語である中国語を使いこなせるスキルを持っています。

中国の急速な経済成長の影響もあり、中国語スキルを持った人材を欲する日本企業も数多く存在しています。

自身の強みである中国語スキルを活かした就職活動を行う方法を解説します。

希望の職業を洗い出す

自身が希望する職業をしっかりと洗い出すことが重要です。

自身がどのような仕事を行う日本企業に就職したいかをしっかりと考え、その仕事に必要なスキルや資格を把握することが重要です。

その後、求人サイトなどで実際の職業の求人数や条件などを洗い出しましょう。

様々な日本企業の求人情報を洗い出すことで、給与などの待遇の差や求められる日本語スキルなど、自身にあった求人情報をピックアップすることができます。

また、就職活動を始める前に確認することで、自身に必要な資格やスキルを確認することが可能です。

就職活動前に資格の取得やスキルを磨くことで、就職活動のスタートを有利に行うことができるかもしれません。

TENJee」では、中国語のスキルを活かせる様々な職種の求人情報を多く掲載しています。

自身が希望する職業に必要な条件の確認や給与などの待遇面などを様々な求人情報から確認することができます。

また、中国語スキルをどのように活かせるのかを確認することもできるため、日本企業に就職したいと考えている中国人の方はぜひご利用ください。

必要な資格やビザを確認する

自身の希望する求人情報を確認したら、求人の応募条件の欄に記載されている資格や求められるスキルを確認しましょう。

自身に足りないスキルや資格があれば取得を検討し、場合によっては他の求人を探してみるもの良いかもしれません。

また、自身の希望する職種に必要な就労ビザも確認しておくことも重要です。

内定後、就労ビザを取得できなかった場合内定を取り消されてしまうこともあるので注意が必要です。

うまくいかない場合は専門家に相談する

就職活動がうまくいかない場合、就職・転職の専門家に相談することで自身のスキルや資格を客観的に確認することができます。

就職や転職の専門家にも様々な得意分野が存在し、自身にあった専門家に相談することが重要です。

TENJee」を運営する「株式会社フェローシップ」は、中国人の就職・転職に強い専門家が相談に乗ってくれるだけでなく、自身の希望に合う求人の情報や面接のアドバイス、資格取得に向けたサポートなど、様々なサービスを提供しています。

就職活動に悩みや課題を持っている中国人の方はお気軽にご相談ください。

2 thoughts on “中国人が日本企業に就職する方法と中国語を活かした就活のコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。