成長を続ける中国企業の特徴とは?働き方や仕事観も詳しく解説

グローバル化が進む中で、中国語を仕事に活かしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

日本と中国の企業では、考え方や仕事の進め方など異なる部分があります。

そこで今回は、中国企業に就職する際に知っておくと有利な「中国企業の特徴」についてご紹介します。

働き方や就職・転職方法についてもご紹介するのでぜひ参考にしてください。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、幅広い職種・業種の中から自分にぴったりの仕事を簡単に探すことが可能です。

まずは一度実際の求人情報から、自身のスキルを活かせる仕事があるかチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

成長を続ける中国企業

中国企業で仕事をするためにはあ、まず中国企業の基本情報を知っておく必要があります。

日本と中国は近いため、中国のビジネスについてなんとなく知っている方も多いかもしれませんが、しっかりと説明できる方は少ないでしょう。

中国は世界的に見て経済発展が著しい

中国は2021年上半期の実質GDP成長率は前年同月比12.7%を記録し、日本を抜かしアメリカに次ぐ世界第2位となりました。

70年弱で170倍以上に成長し世界第2位の経済大国になった中国は、今後もさらに発展を続け、これからの日本において重要な存在になっていくことが考えられます。

「グローバル500」2年連続アメリカを上回る

米経済専門誌フォーチュンでは、世界中の会社を対象とした総収益ランキング「グローバル500」を選定しています。

そのグローバル500では、香港を含む中国企業が135社ランクインし、アメリカ企業は122社のランクインで、中国がアメリカを2年連続で上回るという結果になりました。

中国企業が上位にランクインしたのは、平均収益が新型コロナウイルス流行前と大きく差が無いことが影響していると考えられています。

GAFAに追随する中国系企業「BATH」

「GAFA」はGoogle、Apple、Facebook、Amazonの頭文字を取ったIT市場を席巻している企業群の呼称です。

「BATH」は成長が著しい中国企業であるバイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイの4社の呼称であり、「GAFA」匹敵する企業群といわれています。

BATHは中国でかなり名の通ったIT企業であり、世界でもかなり注目度の高い企業となっており常にトップに位置しています。

中国で知らない人はほとんどいない企業なので、BATHについて理解を深めておくとよいでしょう。

中国企業での働き方

日本とは異なる中国企業での働き方について、キャリアや仕事観を含めご紹介します。

1〜3年の短期契約を結び更新していく

雇用形態は、日本で未だ採用されていることの多い終身雇用ではなく、中国では1年~3年程の短期契約を繰り返していくスタイルを採用しています。

自身のキャリアについて合理的に「一番キャリアを積めるのはどこの起業か」、「給料が高いのはどこの企業か」考え様々な企業で経験を積むことが一般的とされています。

転職することは一般的

中国では転職を繰り返していくのが当たり前な風潮があります。

1年~3年の短期契約を採用しているので転職がしやすく、他企業からのヘッドハンティングや知人・家族等からの紹介も多いです。

本人が積極的に転職活動に臨んでいなくても、周囲から転職に誘われるケースも珍しくありません。

【補足】中国における転職事情

当たり前とされている中国の転職事情について知っておくことは、自身のキャリアについて理解を深めることにも繋がります。

こちらの記事では中国の転職事情に合わせて、中国で転職をする上でのポイントや中国人の価値観等についても詳しく解説しています。

▶︎中国の転職事情とは!中国人の転職観と中国本土で転職するポイント

合理的で成果主義な仕事観

中国人は現実的で合理的に加え、成果主義な仕事観を持っています。

日本のように年功序列ではなく年齢やバックグラウンドに関係なく仕事の出来がよいか悪いかによって昇給や昇格が決まります。

求める成果のみ示し、その間の方法や方向は社員が自由に決めるという方針を取っている企業も多い為、伝統にとらわれず自由な社風がよいという方にはぴったりでしょう。

連絡ツールはメールではなくチャットが主流

中国ではマナーとしての挨拶は合理的ではないと捉えられるのが一般的です。

そのため、要件だけ簡潔に伝えられ、スピーディにやりとりすることができるチャットが好まれる傾向にあります。

業務連絡等ではファックスやメールはほぼ使われず、チャットで大体の連絡をおこないます。

チームプレーよりも個人主義

日本ではチームを組み協力して業務に取り組むことが多いですが、中国企業では周囲と協力するよりも、それぞれが自分の専門分野に注力して業務を進めることが一般的です。

上司への報告や連絡、相談等も一般的でなく、自分の主張を自分で考え行動に移す力を大切にしています。

仕事中は個人で動くことが多いため、その分仕事が終わった後に同僚と食事に行き、コミュニケーションを取ることが多いようです。

【補足】仕事観の理解は非常に大切

日本と中国とでは働き方をはじめ仕事に対する価値観が異なることが多いです。

仕事観を理解しておくことで、価値観の違いから起きてしまうトラブルを防ぐ事にも繋がるでしょう。

こちらの記事では知っておきたい中国人の仕事観について詳しくご紹介しています。

給与やキャリア、人間関係等の価値観や、仕事観を知るメリットについてご紹介しているのでぜひご覧ください。

▶︎中国人の仕事観とは?一緒に働く上で注意すべきポイントを解説

中国企業に就職・転職する方法

日本人が中国企業に就職・転職をする方法についてご紹介します。

中国語に特化した求人サイトを利用する

1つ目の方法は、中国語に特化した求人サイトを活用する方法です。

中国語に特化している求人サイトは数多くありますが、その中でも中国語スキルを持つ人専門の求人サイトTENJeeが特におすすめです。

自身の中国語スキルに合わせ、幅広い業界・職種の中から簡単に求人を見つけることができます。

※中国語を活かして働ける仕事情報はこちら

就職・転職エージェントに相談する

2つ目の方法は、就職・転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントを活用することで、日本はもちろん海外での就職・転職活動を効率的に進めることができます。

転職エージェントを利用する場合は、ェローシップを利用するのがおすすめです。

フェローシップでは一人一人に寄り添い、求職者の要望を第一に考え、仕事探しのサポートをおこなっています。

転職活動に必要な書類の用意や面接の練習はもちろん、有利に進めるための資格取得支援やeラーニングシステムも利用することができるので、安心して転職活動をおこなえます。

フェローシップは無料の「簡単エントリー」フォームから簡単に応募することができます。

まずはフェローシップが紹介しているお仕事情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※フェローシップで中国企業への就職をサポートしてほしい方はこちら

【補足】中国企業への転職方法

日本と中国では転職への考え方に加えて転職方法にも違いがあるので、理解しておくことでスムーズに転職活動を進めることができるのではないでしょうか。

こちらの記事で中国企業への転職方法について詳しくご紹介しています。

おすすめの方法や一般的なキャリアについてもご紹介しているのでぜひ参考にしてください。

中国企業で働く方法は?メリットや注意点、キャリアについて詳しく解説

まとめ

中国系企業は日系企業とは異なる企業文化や特徴を持っています。

その企業文化の違いを十分に理解できていない場合は、転職活動が円滑に進まなかったり、入社後のトラブル等に繋がってしまうことがあります。

中国系企業ならではの企業文化や特徴について理解を深めた上で、転職活動を進めることが大切です。

中国企業への転職活動をおこなう際には、「フェローシップ」等の転職エージェントや中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイト「TENJee」を利用することがおすすめです。

TENJeeでは中国語を活かせる仕事を簡単に探すことができます。

幅広い業界・職種の仕事情報が掲載されているので、特徴やレベルから自分にぴったりの仕事を探せます。

今回ご紹介したことを参考にして、中国語スキルを活かせる仕事を探してみてはいかがでしょうか。

※中国語スキルを持つ人材を求めている企業はこちらから