中国人の方必見!日本の就職活動の特徴と成功させるポイント

日本での就職を考えている中国人の方、日本独特の制度や考え方にお困りではないでしょうか。新卒一括採用方式や中途採用への応募方法など、中国とはシステムも評価基準も全く異なる日本の就職活動を制するためには、その特徴を正しく理解することが不可欠です。

そこで今回は、新卒一括採用方式や中途採用への応募方法などのシステムと、日本の就職活動において中国人の方が意識するとよいポイントをご紹介いたします。

また、中国語スキルを持つ方専用の求人サイトTENjeeでは、中国語スキルを持つ人材を探がしている企業情報が多数紹介されています。

日本で中国語というスキルを活かして仕事を探したいという方はぜひ以下のリンクからご覧ください。
※中国語スキルを活かすことのできる求人情報はこちらから

日本で就職したいけれど自分一人では不安だ、という方には仕事探しの専門家に相談することもおすすめです。

フェローシップは中国出身の社員が中国語でさまざまなサポート活動を行っています。母国語でやり取りをすることで、より不安なく日本での就職活動に望むことができるのではないでしょうか。

※中国人スタッフによる就活サポートをうける方法はこちらから

中国人が日本で就職活動を有利に進めるポイント

日本独自の就職活動のシステムや評価基準などは就職活動を有利に進めるために重要なポイントです。

これらを意識することで、より有利に就職活動を進めることができるでしょう。

日本の新卒採用は世界的にも珍しいシステムを採用しています。

この制度を正しく理解することは、就職活動を成功させるために不可欠です。

新卒一括採用制度

新卒一括採用制度とは、新卒の学生を同じ時期に一定数採用する仕組みのことを指します。これに伴い、日本では、定められた時期ごとに採用情報の解禁や選考が一斉に開始されます。

ちなみに現在は大学3年生の3月に情報が解禁され、4年生の6月から面接が始まることになっています。

実際には6月よりも早く選考を始めている企業も少なくはありませんが、全体として大まかな時期は業界問わず統一されているということ採用時の能力よりも将来性を重視が日本型就職活動の最大の特徴といえるでしょう。

採用時の能力よりも将来性を重視

日本企業の多くは、新卒採用時にポテンシャル採用と呼ばれる、採用時点での実力や経歴よりも、将来の成長に期待した採用活動を行っています。

入社後に数年かけて自社で社員教育を行うため、新卒に求められる能力はあまり高くありません。

そのため求められるのは仕事への意欲や、向上心などの成長を期待できる人物像です。

大学卒業時点で高い実績や能力がなくても大手企業に就職できる可能性が十分にあることが、ポテンシャル採用の特徴といえます。

身だしなみが統一されている

日本では、新卒で就職する場合、一般的にリクルートスーツを着用する必要があります。

小物や髪の毛の色、髪型なども細かく定められており、これらをきちんと守ることも採用時に重視されています。

これは「無個性」を強いられている、とも捉えることができますが、決められたルールやマナーを守ることが重視される傾向がある日本においては、自分の個性を発揮することよりも、求められる身だしなみを守ることが大切といえます。

中途採用の場合

中途採用は新卒一括採用とは異なり、企業によって時期が異なります。

多くの企業は人事異動や退職者が出る前の時期である1〜2月や6月、10月に採用活動を行うことが多いです。

中途採用の場合、即戦力となることが期待されているため、実力やキャリアをアピールすることが求められます。

日本人の考え方を理解する

日本企業の採用担当者の多くは日本人です。そのため、日本人がどのような評価基準で採用活動を行っているのかを知ることは非常に重要と言えます。

「個性」よりも「協調性」を重視

一般的に日本では、チームワークを活かして社員同士が協力しながら業務にあたることが好まれています。

そのため、企業も採用活動をおこなう際に「協調性」を評価する傾向にあります。

たとえ高い能力があったとしても、人と協力することができない人物だとみなされると不採用となってしまう可能性も少なくはありません。

ビジネスマナーや礼儀に厳しい

敬語などの言葉遣いやお辞儀の仕方、挨拶にいたるまで、日本では一般常識とされているマナーが非常にたくさんあります。

また遅刻などの時間にも非常に厳しく、これらのマナーを守ることができないと「信頼のできない人物」という認識をされてしまいます。

面接での態度やメールの文面など日本式のビジネスマナーをあらかじめ学んでおくことが不可欠といえるでしょう。

成果よりも年齢や勤続年数を重視

ビジネスにおいて日本で特徴的なのは、「年功序列」という考え方です。

勤続年数が長いということは、長期間会社に貢献してきたという評価につながります。

そのため、昇進や昇給を判断する際に、年齢や勤続年数を重要視されることがあります。

このような考え方をする企業では、成果をあげてもすぐには評価に反映されないケース考えられます。

「年功序列」という考え方には批判もあり、近年は成果主義を掲げる企業も増えています。

しかしながら、大企業などを中心に「年功序列制度」が根強く残っている企業もあることを踏まえておくとよいかもしれません。

日本語のスキルも重要

自身の持つ日本語のスキルも企業に示すことが大切です。

中国語と日本語という二つの言語を活かすことで企業の中国に関する事業に大きく貢献できることをアピールすることができます。

日本語能力を測る方法として、資格を取得することが挙げられます。

中国人が多く活躍している企業を洗い出す

実際に中国人が多く活躍している企業にはどのようなものがあるのでしょうか。

中国語を活かせる仕事の代表例として、翻訳や通訳があります。

通訳を専門とする企業の募集もありますが、それぞれの企業が中国に向けた営業活動や中国人観光客への接客のために中国人従業員を積極的に採用しているケースが多くあります。

ゲームやアニメの翻訳なども近年増えている傾向にあると言えるでしょう。

語学教師として日本人向けに中国語を教えるという仕事もあります。

中国語を学びたいと考えている日本人は多くいるため、自身の日本語と中国語両方の語学力を活かした働き方ができるといえます。

また、観光業でも中国人の方が活躍しています。中国への旅行プランや中国人向けの日本旅行のプランなど、自身の経歴を活かして働くことが可能です。

接客業や営業職以外では、エンジニア職も近年注目されています。

中国企業の子会社などが積極的に募集をしており、専門的な知識を活かした働き方につながるのではないでしょうか。

求人サイトで求人を洗い出す

実際に求人サイトでどのような企業があるのかを確認することも大切です。

TENjeeは中国語のスキルがある人専用の求人サイトなので、中国語を活かせる仕事の中から更に自分にぴったりな仕事を探すことができます。

以下のリンクから見ることができるので、ぜひ一度ご確認ください。
※中国語のスキルを持つ人を探している企業情報はこちらから

中国人に特化した就職支援サービスを利用する

自分一人では不安が大きい、という方には就職支援サービスもおすすめです。

専門家に相談しながら、自分にあった理想の仕事を探すことができます。

フェローシップでは、中国人の方に特化したサービスを受けることができます。

中国出身のスタッフが中国語での就職サポートを行っているため、同じ外国人として日本で働く際のアドバイスや資格取得の支援など、幅広く相談に乗ってもらうことが可能です。

興味のある方はぜひご相談ください。
※中国語ネイティブによる就職支援サービスはこちらから

中国人が就職活動を行う際の注意点

中国人の方ならではの注意点が2つあります。

必要なものを確認する

外国人として日本で働く際には就労ビザが必要です。

ビザを申請するにあたって、自分で用意するものや就職先の企業に用意してもらうものなど多数の書類が必要になるため、前もって準備をしておきましょう。

また就職先での職務内容がビザの種類に関係するため注意が必要です。

ビザの変更や申請手続きについては以下のサイトをご確認ください
※外務省 ビザ 就労や長期滞在を目的をする場合について

中国と日本の文化の違いを意識する

中国と日本では文化的に異なる点も多く存在します。

良いことだと判断して行ったことが、相手にとっては失礼にあたる場合もあるかもしれません。

特に日本人は遠回しな言い方や曖昧な表現、暗黙の了解というような相手の意図を汲む文化がありますが、中国人の方にとっては回りくどく感じてしまうかもしれません。これは日本人にとっては相手の意を害さないための気遣いでもあります。

一方で忖度なしの率直な物言いは、日本人にとっては気分を概してしまう可能性もあります。

さまざまな文化の違いを完全に理解することはできなくても、まずは理解しようとする姿勢が大切です。

日本の地理がわかっていると便利なケースも

日本についての基本的な情報を知っておくことが役に立つ場合もあります。

たとえば主要な日本の地名や交通システムについて把握しておくことで、転勤や出張がある企業に勤める際に、どのような場所に行く可能性があるのか、またその移動方法や時間などを大まかに掴むことができます。

実際に働くイメージもつきやすくなるでしょう。

中国人の就職活動を有利に進めるために

文化やシステムが異なる国で就職活動を行う際には、その違いについて理解しておく必要があります。

日本独自の制度を正しく理解し、自分の持つ中国語という強みを最大限発揮することで就職活動を優位に進めることができるでしょう。

実際にどのような企業が中国語スキルを持つ人材を探しているか気になる方は、ぜひ一度TENjeeをご覧ください。

数ある中国語を活かせる求人情報の中から、自分にぴったりの企業を探すことができますよ。
※中国語スキルを持つ方専用の求人サイトはこちらから

また就職支援サービスに興味がある方にはフェローシップがオススメです。

中国出身のスタッフに相談しながら、より不安なく就職活動を進めることができますよ。

※中国人の方に特化した主食支援サービスはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。