カテゴリー
転職 中国語人材

中国系企業への転職のリスクとは?転職活動前に意識したいポイント

転職先として、外資系企業を考えている方も多いのではないでしょうか。

中でも中国は、近年日本への進出に力を入れている国のひとつです。

地理的にも近く、観光客の往来が盛んな中国は日本人にとって身近な国のひとつであるといえます。

しかしながら、転職活動時に気になるのはそのリスクです。

外資系企業であるということで、リスクが心配という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は中国系企業の特徴をもとに、転職活動前に知っておきたい、考えられるリスクの可能性についてご紹介します。

この記事でご紹介する内容を踏まえて、中国系企業への転職を目指してみてはいかがでしょうか。

中国語を活かした仕事探しをお考えの方にはTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトなので、語学力を強みにできる仕事を簡単に探すことが可能です。

まずは一度、どのような仕事があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

中国系企業の特徴

中国系企業はもちろん、外資系企業の多くは一般的な日系企業とは異なる企業文化を持っている傾向があります。

外資系企業ならではの特徴には以下のようなものがあります。

<h3>生産性を重視した成果主義</h3>

外資系企業の多くは、生産性を非常に重要なものと捉えています。

そのため、実力さえあれば年齢・性別・勤続年数など関係なくスピード昇給・昇格可能という「成果主義」のスタンスをとっている企業が多いです。

ミスをしたり仕事の出来が悪かったりすると、管理職であっても解雇対象になってしまうという側面もあります。

しかし、この「成果主義」は転職者にとって大きな強みです。

中途採用者であっても勤続年数が短いことがハンデとなりにくいため、自分の実力を正当に評価してもらえる環境であるといえます。

転職をキャリアアップに繋げやすいといえるでしょう。

明確な役割分担

外資系企業では、それぞれが自分の専門性に特化した仕事を任せられる場合が多いです。

日系企業に多いジョブローテーション制度とは異なり、一つの職務に特化したスペシャリストが求められるといえるでしょう。

さまざまな職種を経験してみたいという方にとってはネックとなるかもしれません。

しかし、前職での職務経験から自分のやりたい仕事が明確に定まっている転職者の方にとっては、理想の働き方を実現しやすい環境であるといえるのではないでしょうか。

福利厚生は日系企業と比べて手薄い

日本は福利厚生が手厚いということで世界的にも有名です。

そのため、一般的な日系企業と比較すると企業独自の福利厚生制度はやや手薄に感じるかもしれません。

外資系企業に転職する際は、保険などを適宜活用して自分自身で万が一に備えておくことが必要といえます。

ドライな人間関係

外資系企業の社風として、仕事とプライベートの線引きが明確であることが多いです。

家族や友人と過ごす時間をしっかりと確保する人がおおいため、残業が少なく有給休暇消化率も高い傾向にあります。

一方で、成果主義のスタンスをとっていることもあり、同僚に対するライバル意識は日系企業よりも高い人も多いです。

そのため、日系企業と比較して人間関係がドライであると感じる人も多いかもしれません。

本国の影響が大きい

本社のある本国の影響を強く受ける点も外資系企業の大きな特徴のひとつです。

本国の経済が好調であれば、日本においてもその恩恵をうけることが可能です。

もちろん本国で深刻な問題が起こった場合は、業務の縮小や最悪の場合日本からの撤退も余儀なくされる場合があります。

しかしながら、どちらかの経済状態が悪化したとしても、もう一方の経済の恩恵を活かして立て直すことができるケースもあります。

中国系企業への転職にリスクはあるの?

中国企業へ転職することにリスクはあるのでしょうか。

外資系企業である中国系企業では、日本とは全く異なる企業文化が成立している場合も多く、実際に転職をして働き始めてから、日系企業とのギャップに気づいてしまうことが最大のリスクといえるでしょう。

再度、転職活動を進めるには時間的にも金銭的にも負担が大きいです。

中国系企業の社風をメリットと捉えるかデメリットととらえるかは個人の価値観によるところが大きいといえます。

転職活動を始める前に、予め自分の理想の働き方を明確にし、中国系企業の企業文化と照らし合わせておくことが大切です。

理想の働き方を考えるには、「キャリアプラン」を作成することがおすすめです。

こちらの記事でキャリアプランの作り方や作成時のポイントについて詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

中国系企業に転職するメリット

数ある外資系企業の中でも、”中国系企業”に転職する上でのメリットについてご紹介します。

中国本土の経済発展が著しく勢いがある

中国はGDP(国内総生産)世界第2位を誇る、経済力を持つ国です。

高い経済成長に伴い、グローバルに活躍する中国系企業は多いです。

中国という国自体の成長に伴い、中国系企業は今後ますますの発展が見込まれるといえます。

また、成長を続ける企業においては、社員も成長しやすいです。

中国系企業に転職することで、自分自身をより成長させることにつながるのではないでしょうか。

社員が多国籍

日本への進出を進める中国系企業では、中国・日本に限らず欧米圏などさまざまなバックグラウンドを持つ人が集まる傾向があります。

多様な人、多様な価値観に触れながらグローバルな視点を持って仕事に当たれる点は、大きな魅力のひとつといえるでしょう。

合理的でフラットな組織体制

中国系企業は一般的な日系企業と比較して人間関係や組織体制がフラットであるといえます。

上下関係に関係なく率直に意見や要望を伝えある傾向にあるため、非常に合理的な働き方を実現することができるといえます。

他にも日系企業と仕事に対する環境が異なる部分も多く、中国系企業での働き方に魅力を感じる人も多いでしょう。

こちらの記事で、中国系企業での働き方について詳しくご紹介しているので、合わせてぜひご確認ください。

▶︎中国系企業の特徴や働く魅力、転職活動を成功させるポイント

中国系企業への転職を成功させるポイント

中国系企業への転職活動を行うにあたって、事前に知っておくと役立つポイントをご紹介します。

仕事観・企業文化の違いを理解する

中国系企業では、当然多くの中国人の同僚と仕事をすることになります。

そこで事前に中国の文化や価値観を理解し、日本との違いを理解しておくことで、衝突を未然に防ぐことにつながります。

こちらの記事で中国人の方に一般的な仕事観について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎中国人の仕事観とは?一緒に働く上で注意すべきポイントを解説

ロックアウト解雇の実施歴をチェックする

「ロックアウト解雇」とは「正当な理由なく突然解雇すること」を指す言葉です。

外資系企業への転職を考える上で、企業がロックアウト解雇を実施した経歴があるかどうかは重要な指標です。

企業情報を集める際は意識的にロックアウト解雇についても調べ、実施歴がある企業は避けることをおすすめします。

福利厚生などを競合他社と比較

福利厚生についても意識的に調べておく必要があります。

日本は世界的に見ても福利厚生が手厚い国です。

そのため、一般的な日系企業の福利厚生を想定して外資系企業に転職すると、万が一の事態が起きた場合に備えが万全でない可能性があります。

日系企業とはもちろん、同じ中国系企業の競合他社などとも比べながら会社選びを進めることがおすすめです。

企業の情報収集には求人サイトがおすすめ

中国系企業の求人情報を探したい方には、TENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持つ人に特化した求人サイトなので、中国企業の求人も簡単に探すことが可能です。

福利厚生や求められる語学要件なども詳しく掲載されているので、まずは一度どのような仕事があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語スキルに特化した求人サイトはこちらから

中国語を身につけておく

中国語スキルを身につけておくことも、転職を成功させる秘訣です。

日本語が堪能な中国人社員の多い企業などでは、中国語を要件として明示していないケースもありますが、同僚や取引先との円滑なコミュニケーションを目指す上で、中国語スキルは非常に大きな強みとなります。

資格取得などを通してスキルを可視化することで、転職活動を有利に進めることができるの出はないでしょうか。

こちらの記事で、日本人ならではの中国語学習のポイントについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

まとめ

中国系企業を含め、外資系企業は日系企業とは異なる企業文化を持っています。

そのため、その企業文化の違いを十分に理解できていない場合は、転職活動における大きなリスクとなってしまいます。

中国系企業ならではの企業文化への理解を深めた上で、転職活動をすすめることが大切です。

TENJeeでは中国語を活かせる仕事を簡単にさがすことが可能です。

幅広い業界・職種の仕事情報が掲載されているので、自分にぴったりの仕事を探すことができるのではないでしょうか。

まずは一度、求人情報をチェックしてみてください。

※中国語に特化した求人サイトはこちらから

コメントを残す