中国の転職事情とは!中国人の転職観と中国本土で転職するポイント

中国語を仕事に活かしたいとお考えの方で、中国籍の企業への転職をお考えの方も増えているのではないでしょうか。

日本と中国では転職に関する考え方が異なる部分もあります。

そこで今回は、中国系企業、そして中国本土へ転職する際に知っておくと有利な「中国の転職事情」についてご紹介します。

また、転職活動時に意識しておきたいポイントについても合わせてご紹介するのでぜひ参考にしてください。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、幅広い職種・業種の中から自分にぴったりの仕事を簡単に探すことが可能です。

まずは一度実際の求人情報をチェックして、どのような仕事があるのかイメージを掴んでみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

中国の一般的な”転職観”

日本とは異なる部分も多い、中国で一般的な「転職観」とはどのようなものかご紹介します。

「転職=スキルアップ」という考え方

一般的に中国では、転職は「スキルアップ」と結びつけて考えられています。

これは様々な企業、職種を経験することで個人としてのビジネススキルを高めることにつながるという考え方です。

背景には、中国の厳しい就職活動事情が関係しています。

大学進学率が高まり就職活動が厳しくなったことで、転職を繰り返しながら少しずつキャリアアップを目指す人も少なくはありません。

スカウトや紹介など転職機会が豊富

中国では日本と比較して、スカウトや家族・知人からの紹介といった転職機会が豊富にあるという傾向があります。

つまり、本人が積極的に転職活動に臨んでいなくても、周囲から転職に誘われるケースも珍しくないということを意味しています。

日本と比較して、転職が身近であることを表しているともいえるのではないでしょうか。

転職に適した雇用形態

中国の雇用形態は日本と比較して転職しやすいといえます。

一般的に中国では1年〜数年単位の有期契約でスタートし、契約を更新していくという形式がとられています。

日本では有期契約と聞くと”契約社員”をイメージする方が多いかもしれませんが、中国の場合は無期雇用と有期雇用とで待遇などに差がないのが一般的です。

そのため、契約更新のタイミングを使って転職活動をおこなう人が多いです。

【補足】中国人の仕事観

中国の方の一般的な仕事観からも、転職に対する考え方の違いが生まれているといえます。

こちらの記事で、中国人の方が一般的に持っている仕事観について詳しくご紹介しています。

中国人の方と一緒に働く上で意識しておくと良いポイントについて理解を深めることができるので、こちらも合わせてぜひ参考にしてみてください。

▶︎中国人の仕事観とは?一緒に働く上で注意すべきポイントを解説

中国本土で転職をする方法

日本ではなく中国本土に渡って転職をしたいと考えている方向けに、転職活動のポイントや方法についてご紹介します。

現地採用に応募する

中国本土では日本人を積極的に採用している求人も多く出されています。

特に貿易会社の営業やITエンジニアなどでの採用が盛んという傾向があります。

現地採用の求人情報は、インターネット上で見つけることができます。

場合によっては、日本国内での面接を行っている企業もあるため、中国本土に渡航せずとも転職活動を進めることができる場合もあります。

転職エージェントを活用することで、海外での就職活動を効率的に進める人も多いです。

転職エージェントならフェローシップ

フェローシップは一人一人に寄り添った仕事探しのサポート活動をおこなっている企業です。

書類や面接などの選考対策はもちろん、資格取得支援やeラーニングシステムなどもあるので、安心して転職活動を進めることが可能です。

こちらのフォームから無料の登録をおこなうと、担当の社員が面談一定の調節などの連絡を差し上げます。

まずは一度、フェローシップが紹介できる仕事情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※フェローシップで仕事を探してみたい方はこちらから

日本からの派遣駐在員になる

中国国内に進出している日系企業の現地駐在員になることでも、中国本土で働くことが可能です。

中国国内での営業や技術職、経験によっては管理職としての勤務なども考えられます。

こちらも日本国内からインターネットでの応募や転職エージェントの活用などが一般的です。

海外勤務ということで、同じ企業であっても日本国内よりも高い給与を得られるケースも多くある点も魅力といえるでしょう。

中国語人材専用の求人サイトを活用する

日本国内から中国本土への転職活動を行うにあたってはTENJeeという求人サイトがおすすめです。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトなので、中国系・日系ともに幅広い業界・職種の求人情報を簡単に探すことができます。

勤務地が中国本土の求人も多数掲載されているので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かして仕事を探したい方はこちらから

中国本土で転職する上でのポイント

中国本土で転職活動をおこなう上での注意点についてご紹介します。

語学力は必須

仕事面だけでなく、現地で生活することを考えると高い中国語力が必要になります。

読解力や聴解力だけでなく、実践的なコミュニケーション経験を積んでおくことが望ましいです。臨機応変に対応できるよう、慣用句なども合わせて幅広い知識を身につけておくと安心でしょう。

中国人の価値観や文化への理解を深める

語学力と同じくらい重要なのが、中国文化への理解です。

日本と中国では、考え方や風習など、さまざまな部分で文化的な違いがあります。

日本では良いこととされていることが、中国ではかえって失礼にあたる場合もあるため、事前に異なる価値観・文化への理解に努めておくことがおすすめです。

こちらの記事では仕事に関する考え方を中心に、日本と中国ではどのような部分が違っているのかについて解説しています。

中国の方の価値観や文化への理解のきっかけとして、ぜひチェックしてみてください。

▶︎日本人と中国人の仕事に対する考え方の違いを徹底解説

就労ビザを取得する

中国に滞在し、就労するためにはビザを申請する必要があります。

滞在目的のためのビザは個人で申請をおこなうのが一般的ですが、就労ビザは就業先の企業のサポートが必要です。

また、大卒以上の学歴であること、就職先の関連分野における就労経験が2年以上あることなどの条件が設けられていることにも注意が必要です。

中国国内の企業に就職する場合、企業が外国人工作許可通知を申請し、本人が日本国内の中国大使館にてビザの申請手続きをおこなう必要があります。

まとめ

中国と日本では転職を取り巻く環境や考え方が大きく異なります。

日本と比較して転職しやすい環境であるため、中国企業の方が日系企業よりも中途採用を多くおこなう傾向にあるといえます。

また、中国国内で生活し、働きたい場合であっても、日本国内からインターネットを介して転職活動を行うことが可能です。

語学力や異なる文化への理解を深めた上で、転職エージェントなどを活用しながら転職活動を進めることがおすすめです。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトであるTENJeeでは、日本国内外のさまざまな中国語が強みとなる求人情報を紹介しています。

幅広い業界・職種の仕事情報が記載されているので、自分にあった仕事を簡単に探すことが可能です。

まずは一度、実際の求人情報をチェックしてどのような仕事があるのかイメージを掴んでみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

One thought on “中国の転職事情とは!中国人の転職観と中国本土で転職するポイント

Comments are closed.