コロナ禍で注目される在宅ワークのメリット・デメリットを徹底解説

2019年に発生が確認され、全世界的に流行した新型コロナウイルス。

感染拡大の防止策として外出の自粛が呼びかけられた中、多くの企業において在宅ワークが導入されました。

厚生労働省が運営するテレワーク総合ポータルサイトでは、「テレワークを有効に活用しましょう〜新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワーク実施〜」と題して、在宅ワークをはじめとしたテレワークがコロナ禍において有効な手段であることを紹介しています。

参考:テレワーク総合ポータルサイト

上記のような国の方針の影響もあり、在宅ワークを導入する企業は増加傾向にあると言えます。

これに伴って在宅ワークが可能な求人情報も増加しているため、在宅で出来る仕事に興味を

持った方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、在宅ワークのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

混同されがちなテレワークとの違いについてもご紹介するので、参考にしてみてください。

また中国語を活かせる仕事を探している方にはTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトなので、中国語というスキルを活用できる仕事を簡単に探すことができます。

在宅ワークも可能な求人情報も多数掲載しているので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

在宅ワークとは

外出自粛が呼びかけられる中で耳にする機会も増えた「在宅ワーク」という言葉ですが、具体的にはどのような働き方を指す言葉なのでしょうか。

「テレワーク」や「モバイルワーク」などの似ている単語との違いについても合わせてご紹介します。

テレワークとの違い

「在宅ワーク」は「テレワーク」という働き方の一種です。「テレワーク」とは従業員がオフィスに出社せずに別の場所で業務にあたることを指す言葉です。

その中でも特に自宅で働くことを「在宅ワーク」と呼びます。

つまり、「テレワーク」という広い意味の中に分類される言葉のうちの一つが「在宅ワーク」ということです。

同様に「モバイルワーク」や「サテライトワーク」といった言葉も「テレワーク」の一種を表す言葉です。

「モバイルワーク」は「外出先のカフェや移動時の交通機関の中で働くこと」、「サテライトワーク」は本拠地となるオフィスとは異なる場所に分設されたサテライトオフィスで働くこと」を指します。

オフィスに出社しない「テレワーク」の中でも、そもそも自宅から外出せずに勤務するという点が「在宅ワーク」の特徴といえるでしょう。

また、テレワークには個人事業主として案件ごとに業務を請け負う「自営型」と、企業と雇用契約を結び業務にあたる「雇用型」があります。

政府が自営型のテレワークを推奨していることもあり、求人情報も増加傾向にあります。

自営型テレワークに関する詳しい情報は、厚生労働省が運営するHOME WORKERS WEBというサイトに詳しく載っているので、是非ご確認ください。

参考:厚生労働省「在宅就業者総合支援事業」HOME WORKERS WEB 自営型テレワークに関する総合支援サイト

コロナ禍で増えた在宅ワーク

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、多くの業界で在宅ワークの導入が求められました。

東京都新型コロナウイルス感染症対策本部による2021年1月後半の調査結果では、都内の従業員30人以上の企業におけるテレワーク導入率は、同年1月前半の調査に比べて6.4ポイント高い63.5%を記録し、これは過去最高の導入率でした。

参考:東京都新型コロナウイルス感染症対策本部「テレワーク導入率調査結果(1594報)」

上記のデータからもわかるように、新型コロナウイルスの流行の影響を受け、在宅ワークを導入した企業は大きく増加したといえます。

またこれに伴い、在宅で就労可能な求人情報も増加しました。

新たに仕事を探す上でも、在宅ワークが働き方の選択肢の一つとして有力になったといえるでしょう。

在宅ワークのメリット

在宅ワークにおけるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

雇い主と働き手双方にもたらされるメリットについて4点ご紹介します。

感染リスクを減らすことができる

自宅から外出する必要がないため、新型コロナウイルスへの感染リスクを大幅に減らすことができます。

自分自身や家族の身を守るためにも、通勤経路やオフィスでの感染リスクを削減できる事は大きなメリットといえるでしょう。

また企業側としても、社員に感染者が出たとしても会社全体での大規模な集団感染を防止することができます。

通勤の必要がない

通勤の必要がないという点からもたらされるメリットもあります。

外に出ないため、持ち物の整理なども含めた朝の身支度が簡単になります。

また自宅が遠い人にとっては、通勤時間がなくなったことで得られる時間的余裕は非常に大きいと言えるでしょう。

加えて都市部では通勤ラッシュ時における満員電車などが問題視されていますが、これらによるストレスの軽減も在宅ワークのメリットといえます。

効率的に業務が進む

在宅ワークを行う事で、より効率的に業務を行えるようになったケースもあります。

オフィスで業務にあたる場合、他の社員との兼ね合いや限られた設備を共同で利用する必要があるために業務が滞ることも多いです。

在宅ワークでは自分の仕事に集中することができるため、より効率的に業務を行える可能性が高いと言えます。

また、自宅で作業することでリラックスしながら働くことができるという点も業務の効率化に影響しているといえるでしょう。

自由な時間が増える

通勤時間や身支度に要する時間が節約されたことで、業務時間外に自由に使える時間の増加につながる場合も多いです。

家族と過ごす時間や自分の趣味に使える時間が増えたことに大きなメリットを感じる人も多いでしょう。

隙間時間を活用して働くことで、育児や家事といった自分の生活スタイルにあわせた働き方も可能になるといえます。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークをすることで考えられるデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

雇い主、働き手双方が被る可能性のあるデメリットについて4点ご紹介します。

コミュニケーションを取りにくい

他の社員や取引相手と実際に会うことができないため、コミュニケーションを取りにくいというデメリットがあります。

オフィスに出社していれば、トラブルなどが起きた際にもすぐに相談や対応ができますが、在宅ワークの場合は電話やメールなどで連絡を取る必要があります。

また、口頭で伝えれば済む些細なことであっても、その都度メールなどで連絡をとる必要があるため、手間だと感じる場合も多いでしょう。

自営型在宅ワークの場合、発注元と直接会うことなく業務を請け負うことになるため、業務内容に対する認識の不一致などが起こってしまう可能性もあります。

自己管理能力が仕事に影響する

在宅ワークの場合、他の社員の目があるオフィス勤務とは異なり、勤怠時間や勤務態度などが個人の自己管理能力に大きく左右されるといえます。

また自営型の場合は、引き受ける仕事の量も自分で決める必要があるため、目標意識をもって計画的に勤務にあたらなければ十分な収入を得ることは難しいでしょう。

社員間の教育やアドバイスの機会が減る

他の社員の仕事を目にすることができないため、部下へのアドバイスなどの社員教育の機会が大きく減ってしまうこともデメリットの一つです。

メールや電話では、必要最低限の内容に絞ったやりとりとなることが多いです。

そのため在宅ワークは、口頭であれば伝えることのできたアドバイスなどが、なかなか伝達されにくい環境といえるでしょう。

また、自分以外の社員の働き方を見てそのコツや姿勢を学ぶ機会も失われてしまったといえます。

セキュリティ問題

業務を社外で行うことで、セキュリティに問題が起こることも懸念されています。

在宅ワークを行うことで、社外秘の資料などを自宅で閲覧する可能性もあります。

パソコンなどのデバイスやインターネット回線のセキュリティに問題がある場合は、外部に重要な資料が漏洩してしまう可能性もあるため、注意が必要です。

メリット・デメリットを把握して就職や転職をおこなう

在宅ワークを活用することで得られるメリットや、注意すべきデメリットは雇い主側にも働き手側にも存在します。

メリットとデメリットをそれぞれ理解した上で、自分のスキルやキャリアを活かせるかどうかや、自分の性格、ライフスタイルとマッチしているかどうかをきちんと判断した上で働き方を選ぶことが大切です。

フェローシップでは、一人一人のキャリアプランに基づいて仕事探しのプロに相談することができます。

自分のライフスタイルやスキル、キャリアに基づいた働き方を、プロに相談しながら考えてみるのはいかがでしょうか。

※仕事探しのプロに理想の働き方を相談したい方はこちらから

また中国語スキルを活かして働きたい方にはTENJeeがおすすめです。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトなので、中国語スキルを強みに自分に合った仕事を探すことができますよ。

在宅ワークが可能なお仕事も多数紹介されているので、興味がある方はぜひチェックしてください。

※中国語を活かして仕事を探したい方はこちらから

在宅ワークの始め方とは?仕事の探し方からメリット・デメリットまで徹底解説

「子育てをしながら自宅でお金を稼ぎたい」「隙間時間を活用して収入を増やしたい」「退職して時間があるのでこれまでのキャリアやスキルを活かして働きたい」など、自分にあった働き方を探している方も多いのではないのでしょうか。

「正社員として契約するのは難しいけれど、自分のライフスタイルにあわせた働き方はないだろうか」とお悩みの方もいるかもしれません。

そんな方にオススメの働き方に『在宅ワーク』があります。

厚生労働省が積極的に推進していることもあり、近年耳にする機会も増えた『在宅ワーク』ですが、具体的な仕事の種類は幅広くあります。

そこで今回は、在宅ワークが可能な仕事の種類やその探し方、始め方についてご紹介いたします。

また、在宅ワークでは自分のキャリアやスキルを活かした働き方も可能です。

例えば、中国語が得意な方には翻訳業務や中国語を使った営業など、その言語スキルを活かした仕事が豊富に存在します。

中国語スキルがある人専用の求人サイトTENJeeでは、中国語を活かした仕事を簡単に探すことが出来ます。

興味のある方は是非一度、TENJeeをご確認ください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

在宅ワークの働き方とは

在宅ワークとは、企業から案件として業務を請負い、その企業に出社せず自宅などの自分が好きな場所で就業する働き方です。企業と雇用契約を結ぶわけではないので、「個人事業主」として仕事をおこなうことになります。

子育ての合間や定年退職後の暮らしに合わせて働くことができるため、人材不足が懸念されている日本において、在宅ワークの活用による女性やシニアなどの活躍が期待されています。

在宅ワークとテレワークの違い

「テレワーク」や「リモートワーク」といった言葉も近年よく耳にするようになりましたが、これらと「在宅ワーク」の違いは一体なんでしょうか。

「在宅ワーク」とは、「テレワーク」のひとつの形態を指す言葉です。「リモートワーク」という言葉が「テレワーク」と同じ意味を表す言葉です。

「テレワーク」とは、従業員がその企業の社内以外で仕事をすること全般を指しており、その中でも主に自宅を作業場として働くことを「在宅ワーク」と呼びます。

企業と雇用契約を結んだ上で自宅で業務を行う場合も含まれますが、大抵の場合は契約なしで「個人事業主」として就労することになるため、本記事においては「個人事業主」としての在宅ワークについてご紹介します。

在宅ワークの始め方

在宅ワークを実際に始めるにはどうすればよいのでしょうか。

自分の興味関心はもちろん、これまで培ってきたキャリアやスキルなどを十分に活かした働き方を見つけるためには、在宅ワークの実態や求められる環境について理解することが重要です。

在宅ワークのメリット・デメリットを知る

在宅ワークを始める前に、そのメリットとデメリットを理解することで、より自分の理想にあった働き方を見極めることが可能になるでしょう。

在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットとしてもっとも考えられるのは「自分で働き方を調整できる」という点です。

基本的に在宅ワークは単発の案件を受注して行うため、仕事量を調整することができます。

育児や介護、本職とのバランスを取りやすく、扶養控除適用内に収入を抑えることも可能です。

通勤時間を削減できることや、隙間時間を活用して気軽に収入を得ることができる点も魅力といえるでしょう。

通勤や人間関係によるストレスの軽減もメリットと言えるかもしれません。

また、政府が働き方の多様化を推進しているため、在宅ワーカー向けの支援制度が充実していることも大きなメリットのひとつです。

厚生労働省が運営するHOME WORKERS WEBでは、在宅ワークをおこなうにあたっての必要な情報の紹介やイベント、セミナーの開催などさまざまな支援制度が紹介されているため、興味のある方は是非一度ご確認ください。

参照:厚生労働省「在宅就業者総合支援事業」『HOME WORKERS WEB 自営型テレワークに関する総合支援サイト』

在宅ワークのデメリット

在宅ワークの最大のデメリットとして「不安定さ」があげられるでしょう。

在宅ワークで扱う仕事のほとんどは単発であり、成果報酬や時給によって給与が発生します。

ひとつの案件が終わったからといってすぐに次の案件が見つかるとは限らないため、安定した収入とは言い難いのが現状です。

また仕事の量や内容などの調整も自分で行う必要があるため、高い収入を得るためにはモチベーションの維持が不可欠です。

自由さが魅力である反面、自己管理能力によって左右されてしまう面も大きいことがデメリットといえるでしょう。

在宅ワークの環境を整える

在宅ワークで扱われる仕事は、未経験でもすぐに始められるものから専門的な知識や設備が必要なものまで幅広く存在します。

パソコンやインターネット環境が必要な仕事や、ある程度の作業スペースが求められるものもあるため、まずは自宅にある設備を把握しましょう。

仕事探しをする際は、現在の自宅の環境と照らし合わせ追加で必要なものの有無や予算なども踏まえることが大切です。

在宅ワークに役立つ物

在宅ワークを行うにあたって、一体どのような設備が必要となるのでしょうか。

具体的な設備と、それらを用いて働くことができる職種について順番に解説します。

パソコン

多くの在宅ワークで共通して用いられているのがパソコンです。

パソコンを用いる在宅ワークの種類としては、データ入力、ライティング、翻訳、Webサイトの作成や運営、プログラミングなどがあります。

また営業やチャットによるカスタマーサービスなどでもパソコンを用いる場合も多いです。

Microsoft Officeを使用した作業が多いため、WordやExcelなどが備わっていると良いかもしれません。

また、プログラミングやWebサイトの作成など高度な作業が必要な職では、それに伴い必要となる特定の性能や機能がある場合もあります。

仕事探しの際には自分のパソコンで十分就業できるかどうかも合わせて確認しておくとよいでしょう。

パソコンなしでもできる仕事

パソコンなしでも就業可能な在宅ワークもあります。

シール貼りなどの作業系の職種では、ある程度の作業スペースが確保できれば問題なく働くことができます。

また、ポイントサイトやアンケートサイトを利用することでスマートフォンなどのモバイル端末だけで収入を得ることができます。自宅はもちろん移動中やカフェなどでも、スマートフォンを使って気軽に収入を得ることが可能でしょう。

インターネット環境

パソコンと合わせて必要となる場合が多い設備にインターネット環境があります。

特にカスタマーサービスや営業などは顧客とリアルタイムでやり取りをする必要があるため、インターネット設備は不可欠です。

プログラミングやWebサイトの作成もインターネット環境が必要となるでしょう。

作業自体はインターネットがなくても可能なライティングや翻訳業務に関しても、作成した文書のスムーズな納品などの観点から考えると、インターネット環境を整備することは重要かもしれません。

ワークスペース

仕事を行うスペースの確保も重要です。

在宅ワークは自宅で就業できることに特徴がありますが、それは同時に自宅に仕事に集中できる環境を整備することが不可欠であるといえます。

パソコンやインターネットなどの設備はもちろん、作業に集中できる環境を整えることも必要となるでしょう。

またシール貼りなどの作業を行う場合は、商品や添付するシールなどを一時的に自宅で管理する必要があります。十分なスペースはもちろん、商品の品質を落とさないような保管方法も考慮しなければいけません。

カメラやマイク、イヤホン

カメラやマイク、イヤホンといった設備も必要となる場合があります。

在宅ワークの場合、顧客や企業とテレビ電話を用いてコミュニケーションをとる場合も多いでしょう。

その際に手持ちのパソコンにカメラやマイク機能が付いているかどうか確認する必要があります。

付いていない場合は新たにパソコンに接続できるカメラやマイクの購入が必要となります。

また、作業中に自分以外の家族が在宅している場合も多いです。イヤホンやヘッドセットを利用すると、他の家族に迷惑をかけずに済むでしょう。

在宅ワーク可能な仕事の探し方

在宅で就業可能な仕事は一体どうやって探せば良いのでしょうか。

インターネットが発展した今日、WebサイトやSNSなどを活用して自身の能力を発信することで、自分で仕事を見つけることも可能になりました。

しかしながら、自分1人で仕事を獲得するのは不安という方も多いのではないでしょうか。

そんな時は在宅ワークが可能な求人を見つけるという方法があります。

求人サイトを利用する

求人サイトを利用することで、在宅ワークが可能な仕事を簡単に探すことができます。

業務内容や報酬、求められる条件などがあらかじめ明示されているため、自分にあった働き方を見つけやすいといえるでしょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談することも有効な方法です。

派遣や正社員に限らず、転職エージェントは在宅ワーカー向けの情報も豊富に取り揃えています。

仕事選びの専門家に相談することで、より自分の希望に沿った仕事を見つけられるでしょう。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングサービスを利用することも、効率的な仕事探しの一つです。

クラウドソーシングサービスとは、インターネットを介して仕事を受注・発注する仕組みを指します。

企業側は、専門性を持った人材を常時雇用するのではなく、必要な時に必要な分だけ業務を外部発注することができるため、経費の削減法としても注目されています。

受注する側としても、個人で仕事を探すよりも簡単に自身のスキルを活かせる仕事を見つけることができる、というメリットがあります。

自身のスキルが活かせる仕事を探すことが重要

在宅で就業可能な仕事はさまざまですが、在宅でより高い収入を得るためには自身のスキルを最大限活用することが大切です。

たとえば、同じライティング業務であっても専門性の有無で得られる評価と収益は大きく変わります。

自分がこれまでに培ってきたキャリアやスキルを最大限活かすことで、より自分らしい働き方が可能になるでしょう。

在宅ワークの自由度の高さを活用することで、現在のライフスタイルと自分のキャリアプランを照らし合わせた理想の働き方が実現可能となるのです。

中国語のスキルがある方は

より高い評価、収入につながるスキルのひとつに語学力があります。

翻訳業務はもちろん、営業やエンジニア業務においても中国籍企業から発注される案件が豊富にあります。

中国語スキルをもつ人専門の求人サイトTENJeeでは、中国語を活かせる仕事が幅広く紹介されています。

中国語スキルを活用した働き方に興味のある方はぜひ一度ご確認ください。

※中国語スキルを活かせる求人情報はこちらから