中国系企業に転職する方法|求人の探し方や転職活動に必要なもの・注意点

転職先として中国系の企業をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

世界的にみても経済成長が著しい中国は、日本人にとって身近な国のひとつです。

そこで今回は、中国系企業に転職する上でおさえておきたい転職活動の方法やポイントや求人の探し方、必要なものをまとめてご紹介します。

中国語スキルを活かして働きたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

中国語スキルを武器に仕事探しをしている方には、TENJeeがおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事専用の求人サイトなのでさまざまな業界・職種から自分にぴったりの仕事を探すことが可能です。

まずは一度、実際の求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かせる仕事はこちらから

中国系企業に転職する方法

中国系企業に転職するには、どのような方法があるのでしょうか。

外資系企業ならではの注意点をご紹介します。

インターネットで求人を探す

インターネットでの求人公開や書類の提出が一般化した今日、日本国内からでも簡単に中国系企業の求人をチェックすることができます。

日本支社や日本駐在員のみならず、中国本土で働ける求人にも挑戦しやすくなったため、転職先の選択肢は大きく広がったといえるでしょう。

中国語を活かせる仕事ならTENJee

中国語を活かした仕事をお探しの方には、TENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトなので、さまざまな業界・職種の仕事情報が豊富に掲載されています。

求められる語学要件や福利厚生、具体的な仕事内容についても簡単に確認することができるので、興味をお持ちの方は実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語スキルを持つ方を探している企業情報はこちらから

応募や面接もインターネット上でおこなえる

インターネットが発達しているので、日本から簡単に応募することができます。

ビデオ通話などを活用したオンライン面接もできるため、渡航にかかる時間や費用の節約にもつながります。

現在の仕事を続けながら転職活動おこなわれている方でも、より気軽に中国系企業へ応募できるようになったといえるでしょう。

転職活動で必要なもの

一般的な転職活用で必要になるものとしては、以下のものがあげられます。

・個人のパソコン

・転職資金

・個人用のメールアドレス

・携帯電話またはスマートフォン

現在はインターネットを利用した情報収集や応募が一般的です。

個人情報を入力する場面も多いので、インターネットカフェなどの不特定多数が使用するパソコンでなく、個人のものを1台所有しておくことがおすすめです。

また、メールや電話でのやりとりも多いため個人で自由に使えるアドレスや端末を用意しておく必要があるでしょう。

また、スケジュール管理がしやすいように手帳や同等のアプリケーションも用意しておくと便利です。

一般的な応募に必要なもの

企業の求人に応募する段階で必要になるのは以下のものです。

・履歴書

・職務経歴書

・写真

・筆記用具

・送付用の封筒や切手

インターネット上で申請できる場合は、各種書類や封筒、切手は必要ない可能性が高いです。

資格などの証明書等も場合によっては必要になるでしょう。

また、面接時にスーツを指定されるケースもあります。

転職活動の場合は、新卒の就職活動で用いるリクルートスーツではなく一般的なスーツを着用する方が望ましいです。

中国の企業の場合は、私服かビジネスカジュアルが一般的ですが、弁護士事務所などではスーツが指定されるため、転職希望先の情報を収集しておくと良いでしょう。

中国本土で働くならビザの取得も

中国に移住して働く場合は、就労ビザの取得が必要です。

現在はインターネットで申請ができ、取得するビザの種類によって条件や提出書類が異なります。

なお、就労ビザの取得には実務経験が求められることに注意してください。

<h4>中国の就労ビザ取得に必要なもの</h4>

申請に必要なものは以下の通りです

・パスポートの原本及び写し

・中華人民共和国査証申請票

・次のうちのいずれかの書類

 「外国人就業許可通知」、「外国専家来華工作許可証」、「外国(地区)常駐機構登記証」、「商業性文芸演出承認書類(訪中し商業性演出をする申請人にのみ適用)」、「外国文化センター招聘職員確認書」、「外国人在中華人民共和国従事海上石油作業的邀請信」

なお、就労ビザ(査証)申請の詳細については、こちらのホームページを確認してください。

参考:中国ビザ申請センター ホームページ

中国企業に転職するポイント

中国系の企業に転職する場合、日系企業への転職活動とは異なる注意点があります。

中国ならではの注意点を4点ご紹介します。

職種によって必要な語学力が変わる

中国系の企業に転職する場合、やはり気になるのは語学力についてではないでしょうか。

培ってきた語学力を最大限発揮したいという方はもちろん、やや中国語スキルに不安はあるものの新たな挑戦をしてみたいという方もいらっしゃると思います。

実はひとくくりに中国系企業への転職といっても、職種や業界ごとに求められる語学力は異なります。

読み書き重視の仕事やコミュニケーション力が問われる仕事など、自分の特性にあった仕事選びをすることで、安心して新たな働き方に挑戦することができます。

こちらの記事では、中国語を使う仕事とそれぞれに求められるスキルについて解説しています。

ぜひ、仕事探しの参考にしてみてください。

▶︎中国語を使う仕事の種類まとめ|業種や職種、活かすスキル別に解説

日本と転職に対する考え方は異なる

転職に対する考え方は、日本と中国とで異なります。

中国では転職は非常に一般的です。

多くの人が転職を経験しているため、日本と比べて転職がしやすい環境であるといえます。

職場としても転職者に慣れているため、働きやすいといえるのではないでしょうか。

こちらの記事では中国の転職観について詳しく解説しているので、合わせてぜひチェックしてみてください。

▶︎中国の転職事情とは!中国人の転職観と中国本土で転職するポイント

仕事観を理解することでより働きやすくなる

中国系の企業では、多くの中国人の同僚と一緒に仕事をすることになります。

そこで、中国で一般的な仕事に対する考え方を理解しておくことは非常に重要です。

日本では良いとされているマナーが、中国の方にとってはかえって失礼にあたってしまう可能性があるため注意が必要です。

こちらの記事では、中国人の仕事に対する考え方を踏まえ、日本人が注意すべきポイントを解説しているので、興味をお持ちの方は合わせて参考にしてみてください。

▶︎中国人の仕事観とは?一緒に働く上で注意すべきポイントを解説

リスクについてもあらかじめ理解しておく

何事にも良い面もあれば悪い面もあります。

当然、転職という人生の大きな転換点にはリスクもつきものです。

こちらの記事では、中国企業への転職で考えられるリスクを紹介しています。

転職前に意識したいポイントについても合わせて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

▶︎中国系企業への転職のリスクとは?転職活動前に意識したいポイント

まとめ

今回は、中国系の企業に転職する際におさえておきたいポイントとして、求人の探し方から必要なもの、注意点などをまとめてご紹介しました。

インターネットを活用することで日本国内からでも簡単に仕事探しができるようになったので、ぜひ今回ご紹介した内容を参考に中国系企業への転職活動に挑戦してみてはいかがでしょうか。

TENJeeでは中国系企業はもちろんのこと、さまざまな業界・職種において中国語スキルを活かせる仕事を多数掲載しています。

中国語スキルを持つ方専用の求人サイトなので、語学力を活かせる仕事を簡単に探すことができます。

求められる語学要件や具体的な仕事情報についても詳しく掲載しているので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かせる仕事情報はこちらから