中国人採用成功の秘訣!おさえておきたい中国人を正社員にするメリット&注意点

日本に住む外国人の中で、最も多くの割合を占めているのは中国出身の方々です。

実際に街で働く中国人の方の姿を目にする機会も少なくはありません。

企業側にとって、中国人採用にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

また、正社員契約を結ぶ際の注意点があるか気になりますよね。

今回は、中国出身の方を正社員として採用するメリットとデメリットをまとめてご紹介します。

具体的に中国人に絞った採用活動をおこなう方法やおすすめのポイントも解説しているので、採用担当者のみなさまはご参考ください。

中国語スキルを持つ人材をお探しの方には、TENJeeという求人サイトがおすすめです。

中国出身の方や中国語が得意な日本人が多く集まるサイトなので、効率よく中国語人材を募集することができます。

こちらから実際の求人情報を確認することができるのでぜひ一度チェックしてみてください。

※中国語人材を効率よく探すにはこちらから

中国人を正社員雇用するメリット

中国出身の方を正社員として雇用することで得られるメリットを大きく3つの観点からご紹介します。

働くことへの意欲が高い

母国である中国ではなく、あえて日本で働くことを選ぶ中国人が多い理由のひとつには、中国の深刻な就職難事情があります。

中国では、出身地域によって大学の合格ラインや学費が異なるため、地域による学歴格差が生まれやすいです。

また、加えて初任給が非常に低いということもあり、海外での就職を選ぶ人が少なくありません。

とはいえ来日する上では費用面や日本語の習得など、多くの準備と覚悟が必要になります。

そのため、強い覚悟を持って来日された中国出身の方は人一倍仕事に対する熱意を持つ人が多いです。

高い語学力と日本人には異なる視点

日本での就職を希望する中国人の方は、母国語である中国語に加えて日本で生活し、働くことを可能にするだけの日本語力を有しています。

さらに異なる文化や社会で育った背景がある中国人の方は、多くの日本人にはない視点や発想を持ち合わせています。

日本人社員だけでは気付けない発見や、中国市場や来日する中国人観光客といった顧客側の視点を教えてもらうことができます。

現地の流行や文化、価値観など中国市場開拓に必須の情報をもたらす存在としても、中国人の方は貴重な戦力となります。

メリットは他にもたくさん

今回ご紹介した3点の他にも、中国出身の方を採用する魅力的なメリットは多くあります。

こちらの記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ合わせて参考にしてください。

▶︎人事なら知っておきたい中国人を採用する5つのメリットを徹底解説

中国人を正社員雇用する際の注意点

中国出身の方を正社員雇用する際に考えられる注意点を4点ご紹介します。

仕事に対する考え方が異なる

中国と日本とでは仕事に対する考え方が異なるため、実際に仕事をはじめてから違いを感じる場面もあるかもしれません。

例えば、日本のホスピタリティは世界的に見ても非常に高い質を誇っています。

日本では丁寧な接客が従業員には必須とされ、いかなる場面でも笑顔で親切な対応をすることが当たり前になっています。

しかし、合理的な考え方が一般的な中国では、仕事において過程よりも結果が重視されています。

レストランの従業員は食事を作り、届けることが仕事であり、直接給仕とは関係のない笑顔や丁寧な所作などに気を配ることは非合理的だと感じる人も多いです。

仕事への姿勢の部分で日本人社員との違いを感じる可能性があることに留意しておきましょう。

在留資格ごとに従事できる仕事が決まっている

外国人の方は日本で滞在するにあたって在留資格を取得する必要がありますが、この在留資格ごとに従事できる仕事が定められています。

自社の業務内容が在留資格の範囲から外れている場合、資格の変更手続きをおこなう必要があります。

特に留学生の場合は、必ず変更手続きが必要になるので注意してください。

給与や待遇の設定には明確な根拠を

給与や待遇については、明確な基準や根拠を添えて伝えることで、無用なトラブルを避けることができます。

特に中国では待遇に納得できなければ直談判するのが一般的です。

相手が納得できるだけ明確な根拠が必要になるので、数字や社内の規則・制度などを用いて説明できるようにしておくことで、無用なトラブルを回避することにつながります。

もちろん日本人と同等以上の待遇を

これは当たり前のことではありますが、外国人だからといって安く使える労働力とみなしてはいけません。

海外出身の従業員にも日本人と同等以上の待遇を提供する必要が有ります。

これは労働基準法の第三条でも「均等待遇の原則」として定められており、不当な待遇は違法になるので注意してください。

中国人を正社員として採用するおすすめの方法2選

日本人や他の諸外国ではなく、中国出身の方に絞って採用を進める場合のおすすめの募集方法をご紹介します。

転職・就職エージェントに登録する

働き手を募集する企業と勤め先を探している求職者とを結ぶ役割を担うエージェントを活用することでも、中国人の方に向けて求人募集をかけることができます。

慣れない日本での仕事探しを少しでも効率よく進めようと、エージェントを利用する外国人の方は少なくありません。

エージェント会社に登録することで、中国人の求職者の中でもさらに自社とマッチした人材を紹介してもらうことができます。

もちろん費用はかかりますが、採用活動の手間を減らすことができるというメリットは大きいのではないでしょうか。

中国人に特化した求人サイトに掲載する

最も一般的な求人の募集方法は求人サイトで求人広告を掲載することではないでしょうか。

数ある求人サイトの中でも中国人に特化した求人サイトを利用することで、簡単に効率よく中国人材を探すことができます。

TENJeeは中国語を活かせる仕事専門の求人サイトなので、中国語が得意な日本人や日本で仕事を探している中国人の方が数多く利用しています。

日本語のレベルを指定することもできるので、募集をかける業務内容にマッチした人材に絞り込んだ募集が可能です。

幅広い業界・職種の求人が掲載されているサイトなので、ご自身の会社の求人も掲載しやすいのではないでしょうか。

こちらから実際のサイトの様子を確認することができます。

まずは一度、どのような雰囲気かチェックしてみてください。

※中国人に特化したサイトで効率よく人材を探すにはこちらから

採用が決まったら各種届出や書類を準備する

書類選考、面接をへて採用が決まったら、雇用に必要な手続きに取り掛かる必要があります。

前述したように在留資格など、外国人の方を採用する場合は日本人とは異なる手続きがあるので注意が必要です。

こちらの記事では外国人の方を採用する際の手続きについて詳しく解説しています。

選考活動のスケジュール決めにも役立つと思うので、ぜひ参考にしてください。

▶︎【初めての外国人採用】雇用までの流れや必要な手続きと注意点

中国人を採用する際のポイント

中国出身の方の採用を進める中で、注意したいポイントを3点ご紹介します。

書類と面接でしっかり相性を確認

書類選考と面接ではそれぞれ注視すべき項目は異なります。

書類を提出してもらう際には、経歴の確認はもちろん保有資格の証明書もチェックしておきましょう。

日本語能力検定などのポピュラーな資格であれば簡単に各レベルに相当する語学力の目安を把握できるので、有効な判断基準となります。

面接は直接双方向的なコミュニケーションを図ることができる貴重な機会です。

語学力や証明書類の再度確認はもちろんのこと、コミュニーション力や協調性、ビジネスマナーなどを複合的に判断することが大切です。

過度な緊張により普段通りの姿が発揮できない可能性も十分あります。

実際に働き始めてから面接時との印象の違いが発覚する危険を回避するためにも、アイスブレイクを工夫することも大切です。

こちらの記事では中国人採用における面接のやり方を詳しく解説しています。

おすすめの質問や持参してもらう書類などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎中国人採用における面接での確認事項とおすすめの質問、提出書類

採用手続きは余裕を持って進める

外国人の社員を迎え入れることで、日本人だけでは気づけない発見や情報を会社にもたらすことができます。

だからこそ、一方的に日本のルールに合わせてもらってはせっかく得られるはずの発見を失ってしまう危険性があります。

文化の違いがあることを前提に、互いに歩み寄り理解する姿勢を心がけることが無用なトラブルを避ける上で最大のポイントといえるでしょう。

こちらの記事では、中国人とのコミュニケーションを円滑にする秘訣を詳しく解説しています。

ちょっとした心がけで、円満な関係性を築くことができるのでぜひ合わせてチェックしてみてください。

▶︎文化の違い?仕事で中国人と円滑なコミュニケーションをとる秘訣とは

まとめ

熱意もあり、日本人にはないスキルを有する中国出身の方は非常に強力な戦力になる存在です。

円満な関係性を築くためには、生まれ育った環境が異なることに配慮し、互いに歩み寄る姿勢を心がけることが大切です。

今回ご紹介したポイントを踏まえ、ぜひ頼りになる中国人材を職場に迎え入れてみてください。

中国語人材をお探しの方は、TENJeeという求人サイトがおすすめです。

中国語スキルを持つ人が集まるサイトなので、簡単に求める人材を募集することができます。

必要な日本語力・中国語力についても明記できるので、ミスマッチのないさいようかつどうを実現しやすい点もポイントです。

こちらから実際の求人画面を確認することができるので、イメージを掴むためにもまずは一度チェックしてみてください。

※中国語人材を簡単に探す方法はこちらから