人事なら知っておきたい中国人を採用する5つのメリットを徹底解説

グローバル化という社会の動きを受けて、外国籍の人材を雇用する企業も増えています。

多様なバックグラウンドを持つ人材を招き入れることで、幅広い視野を活かしてビジネスチャンスを掴むことができる可能性も十分あります。

また、インバウンドの増加に伴い日本を訪れる外国人も多くいます。

日本国内で事業を展開する中でも、外国人は非常に重要な顧客となったといえるでしょう。

そこで今回は、中国出身の人材を採用するメリットをご紹介します。

日本人にとっても身近な国のひとつである中国ならではの強みもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

また中国語スキルを持つ人材をお探しの方には、TENJeeがおすすめです。

中国語を話せる人専用の求人サイトなので、効率よく語学力を備えた人材を募集することが可能です。

興味をお持ちの方は、ぜひ一度実際の求人サイトの様子をチェックしてみてください。

※中国語スキルを持った人材をお探しの方はこちらから

グローバルなビジネスにおいて従業員の多様性は武器になる

通信技術や交通網の発達により、国境を越えたビジネスの展開は大きく拡大しています。

世界を舞台にビジネスを進める上では、円滑なコミュニケーションを叶える語学力や多様な視点を持った人材が不可欠です。

日本でも多くの企業が外国出身の人材の雇用を進めています。

外国人従業員を採用する背景

少子高齢化が進む日本において「人材不足」を不安視する声も大きいです。

中心となって働く世代が減少することで、今後企業にとって人材獲得は課題となることが予想されています。

そんな日本社会にとって海外から日本は働きにやってくる人々は貴重な戦力といえます。

そのため、多くの日本企業が外国人従業員の力を借りてビジネスを進めています。

特に世界最多の人口を誇り、日本に住む在留外国人の中でも最も大きな割合を占めている中国人人材は、日本の人手不足問題を解決する救世主として多くの企業に期待されています。

中国市場に進出する日本企業も多い

地理的にも日本と近い中国は、ビジネスにおける市場としての魅力が大きいです。

アメリカに次ぐ世界第2位のGDP(国内総生産)を誇る中国は、世界的にみても大きな存在感を放っています。

経済成長率も非常に高く、今後ますますビジネスにおいて重要な存在になるといえるでしょう。

財務省によると中国は、輸出入ともに日本にとって最大の取引相手であり、多くの日本企業が中国企業とビジネスを進めていることがわかります。

参考:財務省統計局「貿易相手国上位10カ国の推移(輸出入総額:年ベース)」

中国は、市場としてもビジネスパートナーとしても重要な存在であることを考えると、中国語スキルや中国の文化、価値観に精通した中国出身の人材は非常に魅力的ではないでしょうか。

採用活動全体の注意点

外国出身の人材を採用する際には特に気をつけなければならない点も存在します。

文化の異なる日本で働く意志を確かめるのはもちろんのこと、在留資格についてなど外国人ならではの確認事項も多いです。

こちらの記事では中国人を採用する前に知っておきたい注意点について詳しく解説しています。 ぜひ、こちらの記事も合わせて採用活動の参考にしてください。

▶︎中国人を採用する前に知っておくべき注意点について詳しく解説

また、中国人の採用面接で聞いておきたい確認事項については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

面接を実施する前に、是非一度ご確認ください。

▶︎中国人採用における面接での確認事項とおすすめの質問、提出書類

中国人従業員を採用するメリット

中国出身の人材を採用するメリットについて、具体的に5つご紹介します。

優秀な人材が多い

外国である日本で働くことを希望する人には、向上心や意欲が高い優秀な人が多いです。

異なる文化での生活・仕事は当然困難な部分も大きいですが、それでも日本で働くことを志す強い意志があると考えられます。

日本で生活する高い語学力はもちろん、異文化に適応する柔軟な姿勢やコミュニケーション能力を持ち合わせている方も多いです。

より意欲的に仕事に打ち込み、スキルを発揮することで、会社全体の士気を高めてくれることが期待できるといえるでしょう。

日本とは異なる文化・考え方を取り入れられる

ビジネスを行う上で、多様な視点は重要です。

グローバル化が進み、ターゲットも多様化する中では様々な視点からビジネスを捉えることが大切になってきています。

中国と日本では当然ながら文化や価値観が大きく異なります。

そのため、中国人人材は日本で長く生活しているとなかなか気づけない発見をもたらしてくれる可能性も大きいです。

より多様なバックグラウンドを持つ人が集まることで、新たな議論やビジネスチャンスが職場にもたらされることが期待できるでしょう。

中国市場のリアルな声を聞くことができる

中国市場に進出する日本企業にとって、中国人人材は現地の人々のリアルな声をもたらす貴重な存在です。

日本では知ることが難しいニーズを共有してもらうことで、新たなビジネスチャンスを掴むことにつながるのではないでしょうか。

また、日本を訪れる外国人の中で最も大きな割合を占めているのも中国です。

そのため、訪日観光客をターゲットとしたビジネスを行う上でも中国人人材は強力な戦力といえます。

あらゆる業界において、中国人人材はビジネスにつながる知見をもたらしてくれるといえます。

職種のスペシャリストが多い

日本ではジョブローテーション制度やチームで協力した働き方が一般的であるため、幅広い業務に通ずるジェネラリストが多い傾向にあります。

一方で、中国では社員一人一人が自分の得意分野に特化した働き方が一般的であるため、その職種のスペシャリストが多いです。

より高い専門性を兼ね備えた人材を必要としている企業にとっても、中国人人材は魅力的といえるでしょう。

「成果主義」の考え方が根付いており仕事に熱心

中国では実績と昇給・昇格が直結した成果主義の考え方が一般的です。

そのため、仕事で成果をあげることに熱心な人が非常に多いです。

中国人人材を採用することで、仕事に対してより意欲的に臨む姿勢を職場にもたらすことが期待できるのではないでしょうか。

実績を求めて多くの社員が取り組むことで、会社としての大きな成長が見込めるといえるでしょう。

まとめ

中国出身の人材を採用することのメリットを具体的にご紹介しました。

ビジネスの市場としても、パートナーとしても中国は日本にとって非常に重要な存在です。

日本とは異なる価値観や文化を持つ中国人人材を招き入れることで、職場に新たな風をもたらすことにもつながるでしょう。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトであるTENJeeを利用することで、簡単に中国語人材を募ることができます。

語学レベルや実務経験ごとに求人が掲載されるので、求める人材を効率よく探すことにつながります。

多様な業界・職種の求人に対応しているので、興味を持たれた方は是非一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国出身の人材をお探しの方はこちらから

One thought on “人事なら知っておきたい中国人を採用する5つのメリットを徹底解説

Comments are closed.