カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国語を使う仕事の種類まとめ|業種や職種、活かすスキル別に解説

「中国語を使って働くことに興味があるけど、中国語を使う仕事の種類にはどんなものがあるんだろう」と気になっている方もいるのではないでしょうか。

一口に中国語を使う仕事と言ってもその種類は様々であり、中国語の活かし方はそれぞれの仕事によって異なります。

自分の活かしたい中国語スキルや興味のある職種から選んでいくといいでしょう。

今回は、中国語を使う仕事の種類をまとめてご紹介します。

様々な視点から種類分けしてご紹介しますので、自分の興味のある仕事を探してみてください。

また、中国語を使う仕事探しには、中国語人材向け求人に特化した求人サイト「TENJee」がおすすめです。

この記事を読んで中国語を使う仕事に興味を持った方は、ぜひTENJeeで中国語スキルを活かせる仕事の求人を探してみてはいかがでしょうか。

※中国語を使う仕事の求人探しをしてみたい方はこちら

中国語を使う仕事の種類

冒頭でも述べましたが、中国語を使う仕事と言ってもその種類は様々です。

ここではまず、誰を対象に、どこで働くかによって種類分けしてご紹介します。

日本で中国人を対象にする仕事

近年、中国人観光客や日本へ働きにきている在日中国人の数が増加しており、日本国内であっても中国人に対して接する機会が増えています。

これにより、日本で中国人を対象にする中国語で接客する仕事などで、中国語が話せる人材の需要が高まっています。

特に、旅行会社や観光地、ホテル、空港などの中国人がよく訪れる場所では、中国人に対して接客する機会が多く、中国語を使った仕事をすることができるでしょう。

日本で日本人を対象にする仕事

通訳や翻訳、中国語講師などとして、日本人相手に中国語を使って働く仕事もあります。

日本人を相手にするからと言って簡単な仕事というわけではなく、通訳や翻訳は場合によっては高い中国語スキルが必要となり、中国語講師では中国語に対する正確な知識が必要です。

中国現地で日本人・中国人を対象にする仕事

中国現地で、海外進出する日本企業を支援する仕事や中国に拠点を置く企業に対し日本のサービスを提案・販売する仕事もあります。

日本人だけでなく、現地の中国人と良好なコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要があるため、ビジネスレベル以上の日本語・中国語スキルが必要でしょう。

また、他にも、中国で日本人向けのホテルやマンションの運営、子供の日本人を対象にした日本語教師など、様々な仕事があります。

日本で中国語を活かせる仕事の種類

ここでは、中国語を活かせる仕事の種類について、中国語のどんなスキルを活かして働くことができるかによって種類分けしてご紹介します。

中国語を話すスキルを活かす仕事の種類

中国語を話すスキルを活かす仕事では、主に中国人と直接関わるような仕事が多いです。

旅行・観光などの接客業

日本には中国人観光客が増えており、旅行・観光などの接客業では中国語を使う仕事が増えています。

中国人観光客は日本語が話せない方が多いため、中国人観光客に対し日本の観光案内を行ったり、飲食店やホテルなどでメニューや料金の支払い方法などの説明をしたりします。

日常会話レベルの中国語スキルがあれば問題なく通じる場合も多く、初級の中国語しか話せない方でも比較的働きやすい仕事でしょう。

通訳者

内容にもよりますが、日本と中国の企業同士の商談や会議の通訳をしたり、中国の芸能人やスポーツ選手の在日に同行したりします。

正しい意味で中国語から日本語への通訳、または日本語から中国語への通訳をするためには、どちらの言語にも精通し、文化・慣習を理解することが必要ですので、かなり難易度の高い仕事と言えます。

中国顧客向け営業

中国顧客向けに営業する仕事も、中国語を話すスキルが役立ちます。

商品やサービスの魅力をしっかり相手に伝えるためにも、豊富な語彙力や高い中国語能力が必要になります。

中国語の読み書きスキルを活かす仕事の種類

中国語の読み書きスキルを活かす仕事では、対面で中国人と関わるというよりは、メールや書面でのやりとりがメインになる仕事が多いでしょう。

旅行関係会社のスタッフ

旅行関係会社では、日本人向けに中国のホテルを手配したり、中国の旅行会社の代行をして中国人観光客のためのホテルや観光ツアーの準備をしたりします。

基本はメールでのやりとりが多いですが、電話対応が必要な場合もあります。

ただし、そこまで難しい中国語は使われず、定型的なやりとりも多いため、中国語初心者の方も挑戦しやすい仕事でしょう。

貿易事務

貿易事務は、輸出入に関わる事務を担当し、外国語の書類の作成やチェックを行います。

貿易に関する専門的な知識が必要ですが、求められる中国語スキルはそこまで高くなく、主に読み書きのスキルが役立ちます。

また、中国以外の貿易事務を担当する場合は、英語やその他の言語力が必要となってくる場合もあるため、確認してみるといいでしょう。

翻訳者

翻訳者は、中国語または日本語で書かれた本などの翻訳業務を行います。

最近では、ゲームやWebアプリなどの翻訳業務も増えており、様々な分野で活躍することができるでしょう。

中国語スキルを総合的に活かす仕事の種類

中国語スキルを総合的に活かす仕事では、読み書きや話す、聞くなどのスキルが全体的に求められ、対面で話したり書類やメールでやりとりしたりなど、様々な形で中国語を活用していくことが求められます。

IT技術者

近年は、中国にシステム開発を外注することも多く、中国語で現地の開発チームとやりとりして進捗を管理するIT技術者が求められることが多いです。

単なる中国語スキルだけでなく、システム開発について中国語で議論する能力やチームのマネジメントスキルなども必要です。

中国との取引を扱うバイヤー

バイヤーとは、小売店などで販売する商品を海外から買い付けを行う仕事です。

中国との取引を扱うバイヤーでは、買い付け先の中国企業とのやりとりや値段交渉などで中国語を使う必要があり、ビジネスレベルの中国語スキルが必要となります。

現在、日本では多くの商品を中国から輸入・販売しているため、今後も中国語が使えるバイヤーは求められる人材となるでしょう。

中国語の語学教師

中国語の語学教師は、中国語の基本的なスキルに加え、正しい発音や文法、中国の文化・慣習に関する知識を持っていることが求められます。

特に、日本人相手に中国語を教える中国語講師は、ネイティブでなく日本人であるからこそ日本人にわかりやすく文法等を教えられることもあるため、需要のある職業です。

中国語を使う仕事を探す方法

中国語人材向けの求人を扱っている求人サイトを利用する

求人サイトの中でも、中国語を使う仕事を探したい方には、中国語人材向けの求人に特化した求人サイトを利用するのがおすすめです。

例えば、中国語が話せる方向けの求人サイトである「TENJee」では、中国語を使う仕事を自分の中国語・日本語レベルから絞って検索することができ、自分に合った求人情報を見つけることができます。

様々な種類の仕事の求人を扱っていますので、中国語を使って働きたいと考えている方はぜひご利用ください。

※中国語を使う仕事を探しているかたはこちら

就職・転職エージェントに相談する

中国語を使う仕事を探している方は、就職・転職エージェントに相談するのも効果的です。

例えば、就職・転職エージェントである「フェローシップ」では、求職者一人一人と面談をしながら、自分のスキルや強み、これから歩みたいキャリアなどを踏まえた上で求人紹介をしています。

中国語人材向けの求人も扱っているため、希望を伝えれば自分に合った求人を紹介してもらうこともできるでしょう。

仕事探しに困った方は、信頼できる就職・転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

中国語を活かせる仕事を探すには中国人材向け求人サイト「TENJee」がおすすめ

中国語スキルを活かせる仕事の種類は様々です。

自分の中国語レベルやどのように中国語スキルを活かしたいか考え、自分に合った仕事を選ぶといいでしょう。

中国語を活かせる仕事を探すには、中国人材向け求人サイト「TENJee」がおすすめです。

中国語スキルが活かせる求人が多数掲載されていますので、ぜひご利用ください。

※中国語を活かせる仕事を探したい方はこちら

「中国語を使う仕事の種類まとめ|業種や職種、活かすスキル別に解説」への1件の返信

コメントを残す