中国語人材を積極採用している企業の特徴!語学力を活かす就職活動法

中国語を仕事に活かしたいけれど、どのような業界・職種が向いているかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中国語スキルの需要が高まっている業界や企業の特徴についてご紹介します。

また、就職活動時に語学力を最大限アピールする方法についても合わせて解説します。

この記事を参考に中国語を強みに仕事探しを進めてみてください。

中国語を活かせる仕事を探したい方にはTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持っている人専用の求人サイトなので、幅広い業界から簡単に仕事を探すことが可能です。

まずは一度、どのような仕事があるのか実際の求人をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報をチェックするにはこちらから

中国語スキルが強みになる理由

中国語スキルが就職活動において大きな強みになる理由をご紹介します。

経済発展を続ける中国市場

中国は世界的にみても高い経済成長率を誇る国です。

GDP(国内総生産)はアメリカに次ぐ世界第2位であり、アメリカの「GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)」と「中国四大企業BATH(Baido、Alibaba、Tencent、HUAWEI)」が並べて取り上げられるようになっています。

日本へ進出する企業が多いだけでなく、世界的にみても中国企業はますます拡大していくことが予想されています。

日本を訪れる中国人の多さ

日本への外国人観光客の中で最も大きい割合を占めているのが中国人観光客です。

JNTO(日本政府観光局)によると、2019年度の訪日外客数は9,594,394人であり、全体の約30%を占めています。

2番目に数が多い韓国との差は400万人程度であり、このことからも日本を訪れる中国人観光客が非常に多いといえるでしょう。

参考:JNTO(日本政府観光局)「訪日外客数(年表)」

日本に進出する中国企業も増えている

中国系企業は、経済成長に伴いグローバルに市場を拡大しています。

そして、日本に進出する中国系の企業も非常に多いです。

経済産業省による日本に進出しているアジア系企業数の調査結果によると、第1位である中国は2位の香港の2倍近い、337社が日本進出を遂げています。

アジア全体で約900社日本に進出している中で、その約37%を占めていることを考えると、中国は日本において事業を拡大している国のひとつであるといえるでしょう。

参考:経済産業省「第53回令和元年外資系企業動向調査」

中国語スキルを活かしやすい業界

中国語スキルを活かしやすい業界や職種についてご紹介します。

サービス業・観光業

訪日中国人を主な顧客とするサービス業や観光業は、中国語スキルを活かしやすい業界のひとつです。

中国人が多く訪れる観光地や飲食店などにおいては、中国語で接客をおこなうことのできる人材の需要が高まっています。

また、中国人の方向けのツアーガイドや、中国国内の旅行代理店との商談など、サービス業・観光業では幅広い職種において中国語を活かすことができるでしょう。

翻訳・通訳

語学力を最大限発揮できる仕事として魅力的なのは、翻訳や通訳です。

観光客向けの翻訳はもちろん、ビジネスの場での翻訳などは、海外進出に伴い取引が増えている日本企業・中国企業双方で需要が高まっているといえるでしょう。

また、翻訳業務はビジネス文書や、小説などに加えて近年はゲームや漫画、アニメなどのジャンルでも盛んにおこなわれています。

このような業界においては、単に直訳するのではなく文化や社会の違いなどにコンテンツを適応させる”ローカライズ”という業務が主流になってきました。

語学力だけでなく異文化理解なども求められるローカライズは、国際的な交流が深まる今日、世の中で強く求められている仕事のひとつといえます。

”ローカライズ”の仕事についてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、興味をお持ちの方はぜひ合わせて参考にしてみてください。

▶︎中国語を活かしローカライズを仕事に!求人の探し方と転職・就職時に役立つスキル

IT業界/ITエンジニア

IT業界、特にITエンジニア職も中国語スキルを発揮できる分野のひとつです。

世界的にも注目度が高まっている「中国四大企業BATH(Baido、Alibaba、Tencent、HUAWEI)」はどれもIT系企業であり、このことからも中国がIT産業を得意としていることがあります。

日本に支点を設ける中国系のIT企業も増えており、求人サイトでは中国語スキルを持ったITエンジニアの募集もよく目にするようになりました。

中国本土の本社や中国人の同僚とのコミュニケーションと日本企業とのやりとりの両方が求められるこのような職場では、中国語スキルを持った人材が高く評価されやすいといえます。

中国語をエンジニアに活かす方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎需要あり!中国語スキルを活かしてエンジニアに転職する方法

教育現場

教育現場も中国語スキルが求められている業界のひとつです。

日本人向けの中国語教師や、中国人向けの日本語教師などは高い語学力が求められているといえます。

語学力だけでなく、自分自身の外国語学習の”経験”を活かすことができるのも教育現場で働く魅力といえるかもしれません。

中国語を採用担当者にアピールするコツ

中国語スキルを採用担当者に最大限アピールするポイントについてご紹介します。

資格で実力を可視化する

語学力を就職活動に活かす上で不可欠なのは、資格の取得です。

資格を取得することで自分の語学力をわかりやすく可視化することができるため、採用担当者にはっきりと自分の実力をアピールすることができます。

また、言語資格にはいくつかの種類があり、それぞれ重点的に測ることのできる能力がわかれているため、自分の脂肪業界に合わせて受験することがおすすめです。

認知度も高く、採用活動時にアピールしやすい主な中国語の資格について、こちらの記事で詳しく解説しています。

自分の志望職種や業界に合わせて、適した資格を選んでみてはいかがでしょうか。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

学習目的で貢献度をアピールする

「なぜ学習したか」「その企業において中国語力を活かしてどのような貢献ができるか」といった、外国語学習の背景を説明することで、企業への貢献度や自身の人柄をアピールすることができます。

多文化理解の姿勢など、その企業で活かせる自分の人間性を積極的にアピールすることで、採用担当者の目にとまりやすくなるといえるでしょう。

学習過程で人間力をアピールする

自分で設定した語学スキル習得という目標に向かって学習を継続したことを通し、課題解決力や勤勉性などをアピールすることができます。

学習過程でのエピソードなどを交えて採用担当者にアピールすることで、企業に就職後の姿を具体的に印象付けることができるのではないでしょうか。

単に学習結果として資格をアピールするのではなく、エピソードや自身の考えをしっかりと伝えることがポイントです。

中国語を活かせる企業の探し方

中国語を活かすことのできる仕事を探す際には、中国語に特化した求人サイトを活用することがおすすめです。

中国語スキルをもつ人専用の求人サイトであるTENJeeでは、幅広い職種・業界から中国語スキルを活かすことのできる求人情報を簡単に探すことが可能です。

具体的な仕事内容の詳細はもちろん、求められる語学要件や福利厚生などさまざまな情報が掲載されているので、就職後の働き方もイメージしやすいと言えます。

まずは一度、どのような仕事があるのか実際の求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かせる仕事情報をチェックしたい方はこちらから

まとめ

今回は中国語スキルへの需要が高まっている企業や業界についてご紹介しました。

観光でもビジネスの面でも人々の往来が盛んで、文化的な側面からも交流の多い日本と中国では、双方の語学力をもった人材は高い評価を得やすいといえます。

語学スキルを最大限活かして、自分にあった働き方をみつけてみてください。

TENJeeでは中国語を活かせる仕事を多数紹介しています。

業界や職種も幅広く取り扱っているので、興味がある方は是非一度実際の求人内容をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトはこちらから

日本で就職したい中国人必見!就職にまつわるビザの基礎知識

日本での就職を考えるにあたって、「ビザ」にまつわる制度について不安に感じている方も多いかもしれません。

そこで今回は、外国人の方が日本で就職するにあたって必要なビザの種類や、取得方法について解説します。

また、外国人の方が日本での就職を目指す上で意識したいポイントも合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

中国語を仕事に活かしたい、とお考えの方にはTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトなので、語学力が武器になる仕事を簡単にみつけることができます。

まずは一度、求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事はこちらから

ビザにまつわる基礎知識

「ビザ」とは一体何を指す言葉なのか、同じくよく耳にする機会のある「在留資格」との違いについても合わせてご紹介します。

そもそも「ビザ」とは

そもそも「ビザ」とは、”査証”を意味する言葉で、具体的には「パスポートが有効であるため、この人は入国することができる」ということを示す証明書です。

ビザはパスポートに添付されており、入国時に必要な書類のひとつです。

渡航目的によって「外交」「公用」「就業」などのいくつかの種類に分かれています。

「就労ビザ」という言葉がよく用いられていますが、これは「在留資格」の慣用的な呼び名です。

正式な用語ではないので注意してください。

就職には「就労ビザ」が必要

「在留資格」とは、外国人が日本で働く上で必要になる資格です。

現在30種類存在しており、資格ごとに取得に必要な条件や資格を取得することで就労可能な職種が分かれています。

詳しい種類については、出入国在留管理庁の「在留資格一覧表」をご確認ください。

参考:出入国管理庁「在留資格一覧表(令和2年9月現在)」

就労ビザの取得方法【既に国内にいる場合】

現在日本国内で生活している外国人の方が就労ビザ(在留資格)を取得する方法をご紹介します。

現在の在留資格を確認する

はじめに、現在の在留資格について確認する必要があります。

就職先での就労内容が現在の在留資格の範囲外である場合は、資格を変更する必要があるため、認められる就労の種類について確認しましょう。

就職・転職先での業務が現在保有している資格の範囲内であれば、新たに手続きをする必要はありません。

在留資格を変更する

就職・転職先での業務が現在保有する在留資格では認められていない場合は、在留資格変更の手続きが必要です。

また、在留資格を変更するには”国が定める条件を満たしている必要がある”ことに注意してください。

変更の条件については、こちらの「在留資格の変更,在留期間の更新許可のガイドライン」を参照してください。

また、「簡体字版」「繁体字版」も合わせてこちらから確認することができます。

参考:出入国在留管理庁「在留資格の変更,在留期間の更新許可のガイドライン(日本語)(令和2年2月改正)」

   出入国在留管理庁「在留資格の変更,在留期間の更新許可のガイドライン(中国語版 簡体字)(令和2年2月改正)」

   出入国在留管理庁「在留資格の変更,在留期間の更新許可のガイドライン(中国語版 繁体字)(令和2年2月改正)」

在留資格の変更には、申請者本人が準備する書類の他に、就労先の企業が用意する書類も多くあります。

在留資格を変更する必要があるとわかった際には、なるべく早く就業先の企業に申し出ることが大切です。

必要な書類はそれぞれ以下のものがあります。

申請者本人が用意すべき書類

  • 在留資格変更許可申請書
  • パスポートおよび在留カード
  • 履歴書
  • 申請理由書(任意)

就職先の会社から入手し、提出する書類

  • 雇用契約書のコピー
  • 会社の商業法人登記簿謄本および決算報告所(損益計算書)のコピー
  • 会社案内(パンフレットなど)
  • 雇用理由書(任意)

留学生が就職する場合

  • 学業証明書または卒業見込み証明書

また、出入国入国管理庁の「在留資格変更許可申請」にも詳しく記載されているので、合わせてご確認ください。

就労ビザの取得方法【日本国外にいる場合】

日本国外にいる方が就労ビザ(在留資格)を取得する方法をご紹介します。

【ステップ1】入国管理局に申請

出入国在留管理庁に「在留資格認定証明書」の交付を申請します。

【ステップ2】証明書の交付を受ける

出入国在留管理局の審査ののち、証明書の交付を受けます。

【ステップ3】在外公館でビザの発給を受ける

自国にある日本の在外公使館でビザを申請し、発給を受けます。

【ステップ4】市役所で在民登録

入国審査を受けて日本に入国し、市役所で住民登録をおこないます。

このとき在留カードを持参し、日本での居住地を法務大臣に届け出る必要があります。

中国人の方が日本で仕事を探すポイント

中国人の方が日本で仕事を探す上で意識すると良いポイントをご紹介します。

語学力を活かせる仕事選ぶ

中国人であることを強みとして就職・転職活動を進めることで、有利に仕事を探すことにつながります。

高い語学力や、海外生活を通して得た異文化経験を積極的にアピールすることで、企業からも高い評価を得ることができるでしょう。

こちらの記事で中国人の方が日本で就職・転職活動をおこなうコツを詳しく解説しているので、合わせてぜひご確認ください。

▶︎中国人が日本企業に就職する方法と中国語を活かした就活のコツ

中国語に特化した求人サイトを利用する

中国語に特化した求人サイトを活用することで、効率よく仕事探しを進めることができます。

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトであるTENJeeでは、幅広い業界・職種の中から、語学力を武器にできる求人情報を簡単に探すことが可能です。

詳しい仕事内容や福利厚生についても詳しく掲載されているので、まずはどのような仕事があるのかチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

【必見】外国人の就職をサポートしている団体

外国人の就職・転職をサポートしている団体を活用することもおすすめです。

ハローワークや転職エージェントなど、自分にあった団体を活用することで、日本での就職活動を有利に進めることにつながります。

こちらの記事でそれぞれの団体の特徴を詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎日本で就職したい外国人におすすめ!就職サポートを行なっている団体・サービス[グローバル2]

まとめ

中国人の方が日本で働くには、就労ビザ(在留資格)の取得が必要です。

就業先の仕事内容によって必要になる資格が変わるため、まずは現在の在留資格で認められている業種の範囲を確認してみてはいかがでしょうか。

TENJeeでは中国語スキルが大きな強みになる仕事を多数掲載しています。

外国人出あることをアピールポイントとして、就職・転職活動をすすめることが可能です。

詳しい仕事内容について、まずは一度チェックしてみてください。

※中国語スキルを持つ人専用の求人サイトはこちらから

日本で働きたい中国人におすすめの求人・仕事の探し方、現状を踏まえて解説

日本では「少子高齢化・労働人口不足」が大きな社会課題となった今、政府は外国人の雇用の拡大を本格的に推進してきました。

しかし、近年のコロナ禍によって就職・転職市場にも影響が出ており、外国人求職者にとって不安な状態が続いています。

そこで今回は、日本の外国人雇用の状況、そして中国人の方が日本で有利に就職・転職を進めるための方法について解説していきます。

中国語を使って働きたい人向けの求人サイトTENJeeでは中国語スキルを活かせる求人情報が豊富に掲載されています。幅広い業界・職種の中から、自身の希望に合う仕事を探してみましょう。

※中国語を活かせる求人を確認する

日本における外国人雇用を取り巻く状況

日本の外国人雇用を取り巻く状況はここ数十年で変化し続けています。

日本国内の方針と新型コロナウイルスの影響という側面から、近年の外国人雇用の流れを読み解いていきます。

日本政府による推進政策

日本政府は外国人労働者の受け入れ拡大を目指して、これまで外国人雇用に関するさまざまな政策を導入してきました。

厚生労働省のデータによると、国内の全労働者に対する外国人労働者の割合は2008年時点で0.8%であったのに対し、2018年には2.2%と2倍以上の割合に増えています。

なかでも中国籍の就労者の人数は全体のおよそ3割を占めています。

(引用元:内閣府「企業の外国人雇用に関する分析−取組と課題について−」

2019年4月には新しく「特定技能制度」という在留資格制度が設けられ、外国人がより幅広い業種で就労できる体制を整えています。

グローバル化により外国籍人材の需要は高まっている

ここ数十年アジア圏経済が大きく成長し、中国をはじめとするアジア地域が大きなビジネス市場となりつつあります。

一方で、日本のGDPは20年以上も停滞を続けていることから、国内の市場も縮小する可能性が高いです。

(参照:内閣府 国民経済計算(GDP統計)

こうした流れから多くの企業が海外に自社ビジネスを展開し、さまざまな国の企業や人間と関わる機会が増えています。

海外でビジネスを推進するには、高い語学力はもちろん現地の文化や慣習、価値観への理解が必要とされます。

現地の言語や習慣を把握している人材は、現地の方とのコミュニケーションなどをスムーズにおこなうことができるため、その国の言語を話すことのできる人材の需要も高まっているといえるでしょう。

新型コロナウイルスが在留外国人数に影響

2019年末からの新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の人の移動が制限されました。

その結果、日本でも在留外国人の数は8年ぶりに減少を記録しました。(2020年6月末時点)

(参照:内閣府 出入国在留管理庁 令和2年6月末現在における在留外国人数について

しかし、ここ数ヶ月でワクチンの接種状況が大きく進展し、世界的にも徐々に経済活動が再開され始めました。

依然として先行きは不透明なものの、今後は人の移動に対する制限も緩和されていくのではないかと考えられます。

中国語スキルを持つ人材の需要は高まっている

コロナ禍においてもグローバルな人材への需要が高まっている中で、特に中国はその市場の大きさ・人口の多さから、中国語スキルを持つ人材への需要は高まりをみせています。

中国語人材の需要が高まっている詳しい背景については▶️「中国語人材の需要は高い?今後中国語スキルが必要になる理由を解説」で説明しているので、ぜひご参照ください。

中国語で高度なコミュニケーションを取れることは、就職において大きな強みとなります。

自身の中国語スキルを活かせる仕事を探して、就職・転職を有利にすすめましょう。

中国人の方におすすめの仕事の探し方

コロナ禍においても、中国語人材を求めている企業は現在も多くあり、工夫して探すことで希望に沿った仕事を見つけることができます。

そこで、ここからは中国人向けの仕事の探し方を5つ紹介します。

大学の就職支援センターに相談する

日本の大学に留学中の学生であれば、学校の就職支援センターからサポートを受けるのがおすすめです。

大学の就職支援センターでは、日本で就職活動をしている外国人留学生に向けた就職支援プログラムや個別相談を行っていることが多いです。

留学生であれば早期からで就職支援センターに行き、周りより一足先に行動しておくと就活をスムーズに進められるでしょう。

ハローワークを利用する

ハローワークは厚生労働省によって運営されている公的機関で、主に転職先を探すために使われます。

ハローワークは各都道府県に複数設置されており、求人情報の閲覧や応募、職員との就職・転職相談などさまざまなサポートを受けることができます。

相談内容は求人の詳しい内容から履歴書の書き方、面接の練習など幅広く対応しています。

場所によっては外国人通訳がついている所もあるので事前に問い合わせをしておきましょう。

外国人雇用センターを利用する

外国人雇用サービスセンターは、高度外国人や外国人留学生の就職に特化した就業支援をおこなっている公的機関です。

求人情報の掲示に加え、就職ガイダンスの開催やインターンシッププログラムの提供、就職面接会の実施もおこなっています。

どうやって就職・転職活動を進めていいかわからないという方は、このような国の提供するサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

就職・転職エージェントに相談する

就職・転職エージェントでは、就職・転職活動に関する悩みをプロのコンサルタントが解決し、また実際の採用選考過程におけるサポートを手厚くおこなっています。

面談を通じて、担当員が相談者様のスキルや将来のビジョンにマッチした求人情報を提案してくれるため、まだやりたいことがはっきりしないという方にもおすすめのサービスです。

フェローシップでは、日本での就職・転職を目指す外国人の方に向けたサービスを展開しています。

幅広い求人情報が得られるだけでなく、就業が決まった後も継続的なサポートを受けることも可能です。中国国籍のスタッフが在籍しているので、母国語で相談したい中国人求職者の方にもおすすめです。

※日本で就職・転職を目指す外国人の方はこちら

中国人に特化した求人サイトを活用する

中国人や中国語ネイティブを対象にしている求人サイトを利用することで、語学力を活かせる仕事に焦点を当てて探すことができます。

利用する中国人向けの求人サイトは取扱案件数が多く、幅広い業界を扱っているものがおすすめです。

中国語求人サイトTENJeeは、中国語スキルを活かしてキャリアアップやさらなる自己成長につなげたいという方のための求人サイトです。さまざまな業界・職種・条件に絞って求人を検索できるため、より自身の希望に沿った仕事を見つけられるでしょう。

※中国語を活かしてキャリアアップを目指したい方はこちら

中国人であることを活かした仕事探し

中国人が日本で就職・転職活動をするには、自分一人でやる以外にもさまざまな仕事の探し方があります。

「コロナの影響で外国人の就職が不利になるのでは」と不安になるかもしれませんが、むしろ中国人であることを活かして理想の仕事を見つけることは十分に可能です。

現在、日本でも高度な中国語人材を募集している求人は多くあります。

種類豊富な中国語求人情報を誇るTENJeeで、自身の仕事の選択肢の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

※豊富な求人案件から中国語を活かせる仕事を探したい方はこちら

中国語ネイティブ向けの求人とは?職種やおすすめの探し方

中国が世界第2位の経済大国となった現在、ビジネスの分野においても中国語のスキルは多くの企業で重宝されています。

(参照:2020年世界の名目GDP 国別ランキング(IMF)

ネイティブレベルの中国語スキルを持っていると、就職・転職において非常に大きな強みになります。

訪日している中国人観光客への対応やホテル、中国人に向けて日本語を教える職業など、自身の語学力を活かす仕事を探すことで、現在よりも良い条件で就労することができるかもしれません。

TENJeeでは中国語を活かせる求人を専門に扱っている求人サイトです。

自身の中国語を活かした求人を探している方はぜひご覧ください。

※中国語ネイティブ人材向けの求人情報はこちらから

ネイティブレベルの中国語を活かせる職種

中国語のネイティブレベルとは、中国語を第一言語とする人たちと同等のレベルで会話ができ、アクセントが取れるレベルを指します。

中国語母語の人はもちろん、日本生まれであっても幼い頃から中国語を日常的に使う環境で育った人などもこれに該当します。

数字的な目安で言えば、HSK6級、中検準1〜1級、TECC800点以上を有していれば、一般的にネイティブレベルの中国語スキルを持っていると考えられます。

中国語を活かして働ける仕事は、多岐の分野にわたって存在します。

今回はその中でも、ネイティブレベルの方向けの職種を簡単にご紹介します。

通訳・翻訳

高い語学力を活かせる代表的な職種として、「通訳・翻訳」が挙げられます。

通訳の中にも国際会議の通訳を受け持つ「会議通訳」、企業の商談に立ち会う「ビジネス通訳」、外国人スポーツ選手や芸能人の通訳を担当する「スポーツ・芸能通訳」などさまざまな種類に分かれています。

また、翻訳もビジネス文書からコンテンツのローカライズ業務まで幅広く受け持つ業種です。正しい翻訳をおこなうには、高い語学力と合わせて中国・日本の文化や歴史に対する知識を持っていることが望ましいです 。

通訳者・翻訳家になるには、聞く力や話す力に加え、異なる言語の切り替えを素早くかつ正確におこなうための高い言語能力が必要となります。

日本で翻訳家として働くための方法や資格についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

▶︎翻訳の仕事に資格はいるの?翻訳家として働きたい方におすすめの資格

そのため、ネイティブレベルの語学スキルを持つ人材が求められる仕事のひとつといえるでしょう。

日本語・中国語教師

主に国内の社会人や学生に、日本語もしくは中国語の文法や話し方を教える仕事です。

日本語・中国語教師を名乗るにあたり、教員免許や特別な資格を持っている必要ありません。

しかし、正しい言語知識や教える技術を有することを証明する手段として、いくつかの採用条件が設けられていることがほとんどです。

日本語教師の場合は、「日本語教育能力検定試験に合格していること」「大学で日本語教育の専攻課程を修了していること」「日本語教師養成講座のカリキュラムを420時間終了していること」のいずれかひとつを求められることが多いです。

中国語教師は、中高の中国語教員を目指す場合には中国語の教員免許が必要となります。

ほかにも、「IPA国際公認漢語(中国語)教師資格認証試験」を取得しておくと、中国語を教え基礎的なスキルを持っていることを採用側にアピールできます。

日本語・中国語教師いずれにしても、高いレベルで両方の言語を操ることができる能力が必要とされるでしょう。

中国と関わりのある仕事

日本国内であっても、中国と関わりを持ちながら仕事をすることができます。

例えば、中国企業と多数提携している貿易会社の事務員などが挙げられます。

中国語を使って現地企業にビジネスレターを書いたり、書類の作成をするなど、様々な場面で中国語スキルを活かすことができる仕事です。

また、中国人を多く雇用している会社などでは、社内のコミュニケーションにおいても自然と中国語を使う機会が多くなります。

他にも、中国向けのコンテンツを作成しているメーカーや中国人観光客の接客営業も、日本にいながら中国と深いつながりを持って働くことができる職種です。

中国語スキルを活かせる仕事の探し方

日本でネイティブレベルの中国語を活かして働くには、さまざまな選択肢があることがわかりました。

では、実際に中国語スキルを活用する仕事は、どのように探せばいいのでしょうか。

ここでは仕事探しを始める前に準備すべきこと、そして仕事探しがスムーズになるおすすめの求人サイトや就職・転職エージェントについて紹介します。

語学スキルを可視化する

中国語をネイティブレベルに使うことができるのであれば、難易度の高い資格を取得しスキルを可視化しておくことをおすすめします。

資格を保有することで、書類選考の際に履歴書で自身の語学スキルをアピールすることができるようになります。

ネイティブレベルに相当する高度な資格を持っていれば、優秀な人材とみなされ選考に有利に働く可能性が高いです。

就職や転職で役に立つ中国語の資格の種類や取得方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

▶︎「就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説」

資格に加えて、実際に仕事の場で中国語を用いた経験や実績を持っているとより強いアピールにつながります。

中国語に特化した求人サイトを活用する

実際に求人を探す段階に入ったら、中国語に特化した求人サイトを利用するのがおすすめです。

通常の求人サイトに比べ、中国語話者に向けの厳選された求人情報が載っているので、自身の希望に沿った仕事や職種が選びやすいという特徴があります。

このとき、企業が求めている中国語がレベルと自分の語学スキルがマッチしているかどうか、求人内容をよく確認しておきましょう。

中国語求人サイトTENJeeは、中国語を活かして働きたい人に特化した数多くの求人情報を扱っています。

TENJeeの求人検索機能では、日本語・中国語それぞれのレベル別に仕事を検索することが可能です。中国語初心者からネイティブレベルまで、幅広い求人が取り揃えられているため自身のスキルに応じた仕事を探すことができます。

※ネイティブレベルの中国語を活かせる求人を探したい方はこちら

転職エージェントを利用する

自分一人で就職・転職活動をおこなうことに不安がある方は、転職エージェントにキャリア相談してみてはいかがでしょうか。

「中国語を活かして働きたいけど、そもそも自分にどんな仕事が向いているかわからない」という方でも、相談者様とのコミュニケーションを通じてプロのコンサルタントが最善のキャリアプランを提案してくれます。

特に中国人の方で日本での就業を目指している場合は、会社との契約に関するやり取りを一人でこなすのはなかなか大変です。

そのため、就職・転職エージェントの力を借りることで、安心して就職・転職活動をすす得ることができます。

フェローシップでは、中国人をはじめとする外国人の方々の日本就業を支援しています。担当スタッフの中には中国語ネイティブスタッフもいるので、母国語での相談できるのも大きな特徴のひとつです。

※中国語を活かした就職・転職の相談をしたい方はこちら

外国人雇用センターに相談する

外国人雇用センターとは、厚労省のもとで外国人留学生や専門的な在留資格のある外国人労働者の就職をサポートしている公的機関です。

外国人雇用センターでは、各地域のハローワークからピックアップされた留学生や転職者向け求人情報を自由に閲覧できます。

また、定期的に就職ガイダンスやセミナーが開催されており、就職の情報取集にも役立ちます。

東京・名古屋・愛知・大阪・福岡にセンターがあり、インターネットにつなげるPCも設置されています。詳しくは▶︎「外国人雇用センターの公式ホームページ」をご覧ください。

高度な中国語力を活かしてキャリアアップを

日本においてもビジネスがますますグローバル化していく中で、中国語ネイティブ人材への需要はますます高まっていくと考えられます。

ネイティブレベルの中国語を活かした働き方には、専門的な職業から企業の幅広い運営に携われるものまでさまざまな仕事があります。

自身の理想にあった仕事を探すためには、中国語求人に特化したサイトがおすすめです。

今回の記事で紹介したTENJeeは、中国語に特化した求人サイトとして国内最大級の規模を誇ります。中国語を使う仕事にはどんな職種の求人が出ているのか、まずは一度チェックしてみてください。

※中国語スキルを活かした仕事を探している方はこちら

まだ「自身のキャリアの理想像がわからない」という方は、フェローシップに相談して、自己理解を深めることから始めるのもいいですね。

ハイレベルな中国語スキルを活用して、自身のキャリアアップにつなげましょう。

中国人の方必見!日本の就職活動の特徴と成功させるポイント

日本での就職を考えている中国人の方、日本独特の制度や考え方にお困りではないでしょうか。新卒一括採用方式や中途採用への応募方法など、中国とはシステムも評価基準も全く異なる日本の就職活動を制するためには、その特徴を正しく理解することが不可欠です。

そこで今回は、新卒一括採用方式や中途採用への応募方法などのシステムと、日本の就職活動において中国人の方が意識するとよいポイントをご紹介いたします。

また、中国語スキルを持つ方専用の求人サイトTENjeeでは、中国語スキルを持つ人材を探がしている企業情報が多数紹介されています。

日本で中国語というスキルを活かして仕事を探したいという方はぜひ以下のリンクからご覧ください。
※中国語スキルを活かすことのできる求人情報はこちらから

日本で就職したいけれど自分一人では不安だ、という方には仕事探しの専門家に相談することもおすすめです。

フェローシップは中国出身の社員が中国語でさまざまなサポート活動を行っています。母国語でやり取りをすることで、より不安なく日本での就職活動に望むことができるのではないでしょうか。

※中国人スタッフによる就活サポートをうける方法はこちらから

中国人が日本で就職活動を有利に進めるポイント

日本独自の就職活動のシステムや評価基準などは就職活動を有利に進めるために重要なポイントです。

これらを意識することで、より有利に就職活動を進めることができるでしょう。

日本の新卒採用は世界的にも珍しいシステムを採用しています。

この制度を正しく理解することは、就職活動を成功させるために不可欠です。

新卒一括採用制度

新卒一括採用制度とは、新卒の学生を同じ時期に一定数採用する仕組みのことを指します。これに伴い、日本では、定められた時期ごとに採用情報の解禁や選考が一斉に開始されます。

ちなみに現在は大学3年生の3月に情報が解禁され、4年生の6月から面接が始まることになっています。

実際には6月よりも早く選考を始めている企業も少なくはありませんが、全体として大まかな時期は業界問わず統一されているということ採用時の能力よりも将来性を重視が日本型就職活動の最大の特徴といえるでしょう。

採用時の能力よりも将来性を重視

日本企業の多くは、新卒採用時にポテンシャル採用と呼ばれる、採用時点での実力や経歴よりも、将来の成長に期待した採用活動を行っています。

入社後に数年かけて自社で社員教育を行うため、新卒に求められる能力はあまり高くありません。

そのため求められるのは仕事への意欲や、向上心などの成長を期待できる人物像です。

大学卒業時点で高い実績や能力がなくても大手企業に就職できる可能性が十分にあることが、ポテンシャル採用の特徴といえます。

身だしなみが統一されている

日本では、新卒で就職する場合、一般的にリクルートスーツを着用する必要があります。

小物や髪の毛の色、髪型なども細かく定められており、これらをきちんと守ることも採用時に重視されています。

これは「無個性」を強いられている、とも捉えることができますが、決められたルールやマナーを守ることが重視される傾向がある日本においては、自分の個性を発揮することよりも、求められる身だしなみを守ることが大切といえます。

中途採用の場合

中途採用は新卒一括採用とは異なり、企業によって時期が異なります。

多くの企業は人事異動や退職者が出る前の時期である1〜2月や6月、10月に採用活動を行うことが多いです。

中途採用の場合、即戦力となることが期待されているため、実力やキャリアをアピールすることが求められます。

日本人の考え方を理解する

日本企業の採用担当者の多くは日本人です。そのため、日本人がどのような評価基準で採用活動を行っているのかを知ることは非常に重要と言えます。

「個性」よりも「協調性」を重視

一般的に日本では、チームワークを活かして社員同士が協力しながら業務にあたることが好まれています。

そのため、企業も採用活動をおこなう際に「協調性」を評価する傾向にあります。

たとえ高い能力があったとしても、人と協力することができない人物だとみなされると不採用となってしまう可能性も少なくはありません。

ビジネスマナーや礼儀に厳しい

敬語などの言葉遣いやお辞儀の仕方、挨拶にいたるまで、日本では一般常識とされているマナーが非常にたくさんあります。

また遅刻などの時間にも非常に厳しく、これらのマナーを守ることができないと「信頼のできない人物」という認識をされてしまいます。

面接での態度やメールの文面など日本式のビジネスマナーをあらかじめ学んでおくことが不可欠といえるでしょう。

成果よりも年齢や勤続年数を重視

ビジネスにおいて日本で特徴的なのは、「年功序列」という考え方です。

勤続年数が長いということは、長期間会社に貢献してきたという評価につながります。

そのため、昇進や昇給を判断する際に、年齢や勤続年数を重要視されることがあります。

このような考え方をする企業では、成果をあげてもすぐには評価に反映されないケース考えられます。

「年功序列」という考え方には批判もあり、近年は成果主義を掲げる企業も増えています。

しかしながら、大企業などを中心に「年功序列制度」が根強く残っている企業もあることを踏まえておくとよいかもしれません。

日本語のスキルも重要

自身の持つ日本語のスキルも企業に示すことが大切です。

中国語と日本語という二つの言語を活かすことで企業の中国に関する事業に大きく貢献できることをアピールすることができます。

日本語能力を測る方法として、資格を取得することが挙げられます。

中国人が多く活躍している企業を洗い出す

実際に中国人が多く活躍している企業にはどのようなものがあるのでしょうか。

中国語を活かせる仕事の代表例として、翻訳や通訳があります。

通訳を専門とする企業の募集もありますが、それぞれの企業が中国に向けた営業活動や中国人観光客への接客のために中国人従業員を積極的に採用しているケースが多くあります。

ゲームやアニメの翻訳なども近年増えている傾向にあると言えるでしょう。

語学教師として日本人向けに中国語を教えるという仕事もあります。

中国語を学びたいと考えている日本人は多くいるため、自身の日本語と中国語両方の語学力を活かした働き方ができるといえます。

また、観光業でも中国人の方が活躍しています。中国への旅行プランや中国人向けの日本旅行のプランなど、自身の経歴を活かして働くことが可能です。

接客業や営業職以外では、エンジニア職も近年注目されています。

中国企業の子会社などが積極的に募集をしており、専門的な知識を活かした働き方につながるのではないでしょうか。

求人サイトで求人を洗い出す

実際に求人サイトでどのような企業があるのかを確認することも大切です。

TENjeeは中国語のスキルがある人専用の求人サイトなので、中国語を活かせる仕事の中から更に自分にぴったりな仕事を探すことができます。

以下のリンクから見ることができるので、ぜひ一度ご確認ください。
※中国語のスキルを持つ人を探している企業情報はこちらから

中国人に特化した就職支援サービスを利用する

自分一人では不安が大きい、という方には就職支援サービスもおすすめです。

専門家に相談しながら、自分にあった理想の仕事を探すことができます。

フェローシップでは、中国人の方に特化したサービスを受けることができます。

中国出身のスタッフが中国語での就職サポートを行っているため、同じ外国人として日本で働く際のアドバイスや資格取得の支援など、幅広く相談に乗ってもらうことが可能です。

興味のある方はぜひご相談ください。
※中国語ネイティブによる就職支援サービスはこちらから

中国人が就職活動を行う際の注意点

中国人の方ならではの注意点が2つあります。

必要なものを確認する

外国人として日本で働く際には就労ビザが必要です。

ビザを申請するにあたって、自分で用意するものや就職先の企業に用意してもらうものなど多数の書類が必要になるため、前もって準備をしておきましょう。

また就職先での職務内容がビザの種類に関係するため注意が必要です。

ビザの変更や申請手続きについては以下のサイトをご確認ください
※外務省 ビザ 就労や長期滞在を目的をする場合について

中国と日本の文化の違いを意識する

中国と日本では文化的に異なる点も多く存在します。

良いことだと判断して行ったことが、相手にとっては失礼にあたる場合もあるかもしれません。

特に日本人は遠回しな言い方や曖昧な表現、暗黙の了解というような相手の意図を汲む文化がありますが、中国人の方にとっては回りくどく感じてしまうかもしれません。これは日本人にとっては相手の意を害さないための気遣いでもあります。

一方で忖度なしの率直な物言いは、日本人にとっては気分を概してしまう可能性もあります。

さまざまな文化の違いを完全に理解することはできなくても、まずは理解しようとする姿勢が大切です。

日本の地理がわかっていると便利なケースも

日本についての基本的な情報を知っておくことが役に立つ場合もあります。

たとえば主要な日本の地名や交通システムについて把握しておくことで、転勤や出張がある企業に勤める際に、どのような場所に行く可能性があるのか、またその移動方法や時間などを大まかに掴むことができます。

実際に働くイメージもつきやすくなるでしょう。

中国人の就職活動を有利に進めるために

文化やシステムが異なる国で就職活動を行う際には、その違いについて理解しておく必要があります。

日本独自の制度を正しく理解し、自分の持つ中国語という強みを最大限発揮することで就職活動を優位に進めることができるでしょう。

実際にどのような企業が中国語スキルを持つ人材を探しているか気になる方は、ぜひ一度TENjeeをご覧ください。

数ある中国語を活かせる求人情報の中から、自分にぴったりの企業を探すことができますよ。
※中国語スキルを持つ方専用の求人サイトはこちらから

また就職支援サービスに興味がある方にはフェローシップがオススメです。

中国出身のスタッフに相談しながら、より不安なく就職活動を進めることができますよ。

※中国人の方に特化した主食支援サービスはこちらから

中国語を翻訳する求人の探し方と翻訳家に必要なスキルとは

中国語のスキルを活かせる翻訳の求人を日本で探すためには、中国語と日本語のスキルが高いレベルで求められることが多いです。

また、翻訳と一言にいっても様々な仕事内容が存在し、求められるスキルも異なる場合があります。

今回は、中国語のスキルを活かして翻訳家の求人を探している方に、翻訳の仕事の種類や求人の洗い出し方、経験の積み方を解説します。

TENJee」では、翻訳家の求人を多く掲載しており、自身に合った翻訳の仕事を洗い出すことが可能です。

自身の語学スキルに合った求人を見つけることも可能なので、ぜひご利用ください。

中国語の翻訳の仕事と必要なスキルとは

中国語スキルを活かして翻訳の仕事を行うには、中国語を日本語に翻訳するスキルと日本語を中国語に翻訳するスキルの両方が求められることが多いです。

また、両方の言語のニュアンスや文化の違いなどを汲み取り、正確に相手や読者に伝えるスキルも求められます。

機械翻訳の技術の進歩により、ただ両言語を読める形に翻訳するだけでは翻訳家になることは難しいことが多いです。

言語のスキル以外にも、中国と日本の文化や地理、歴史など様々な知識が求められることも多いです。

翻訳家の代表的な仕事内容や求められるスキルをそれぞれ解説します。

脚本などの文章を翻訳する

作品の内容によっては専門的な知識を求められることもありますが、両国の文化的な背景や表現方法の違いを認識して翻訳を行う必要があります。

そのため、両国に関する様々な深い知識が求められることが多いです。

国が異なるということは、それぞれの国民の考え方や感性も異なります。

その国に合った意訳を求められ、適切な言葉選びを行うことが重要です。

また、キャラクターの個性や性格をしっかりと把握する能力も求められます。

翻訳元の作品への理解も求められるため、自身の発想力も重要になるかもしれません。

ビジネス文章を翻訳する

契約書や説明資料を翻訳する場合、正しい文章とわかりやすい文章の翻訳が求められます。

さらに、契約書などの法的拘束力がある書類は、書き方なども指定されている場合が存在します。

基本的には各国の行政書士や弁護士が添削することが考えられますが、自身に法律的な専門知識が合った場合、継続した仕事になる可能性もあるかもしれません。

もちろん、国によって法律は異なるため、両国の法律的な知識やビジネスマナーなどの知識が求められます。

商品パッケージを翻訳する

商品のパッケージや原材料表記などを翻訳する場合、固有名詞を翻訳することになります。

その商品がどのような商品なのか、誰をターゲットにしているのかなど、コピーライターの知識は取得しておいた方が良いでしょう。

通訳が求められることも

企業間での通訳が求められることもあります。

特に企業の翻訳家として雇用された場合、翻訳だけでなく通訳のスキルは大きな強みになるでしょう。

通訳は翻訳と異なり、ほとんど発言をリアルタイムで正確に相手に伝えること求められます。

ビジネス上のやりとりでは特に重要な役目なため、聴く力と瞬時に訳す力が同時に求められます。

日本で中国語翻訳の仕事をするポイント

多くの翻訳の求人で、実績を求められたり語学資格が必要だったりと、翻訳家への道は険しいと考える人もいるかと思います。

決して簡単な道ではないことは確かですが、しっかりと準備をすることで翻訳家になれる可能性は確実に上げることができます。

日本で中国語スキルを活かして翻訳の仕事をするポイントを解説します。

実績が求められることが多い

翻訳家の求人を確認すると、未経験不可の求人が多く目に留まった方も多いと思います。

翻訳家を求める企業からすれば、仕事として一定以上の翻訳家を欲していると読み取ることができます。

仕事としての翻訳家経験を未経験の方が積みたい場合、クラウドソーシングなどの企業と個人がやりとりするサービスを使用することで、比較的簡単に翻訳家としての経験を積むことができます。

また、未経験応募可能の求人に応募するときでも、自身が翻訳した作品を提出できるように準備しておいた方が良いかもしれません。

未経験でも応募可能な求人は、実力がある方を雇用したいと思っていることが多いため、自身のスキルをアピールできるポートフォリオを提出できるようにしておきましょう。

自身の語学スキルを証明できる資格を取得する

自身の語学スキルを端的に第三者に説明するためには、語学の資格を取得することが適しているでしょう。

中国語、日本語共に語学の資格試験は存在します。

翻訳には両国の語学スキルが高いレベルで求められるため、母国語ではない言語の資格はしっかりと取得しましょう。

求人によっては、応募条件として語学資格が明記されている場合もあるため、取得しておいて損はありません。

また、翻訳家の求人を洗い出した際に、自身の現在の語学スキルが条件に即しているかを確認することも可能です。

自身の現状を把握することによって、努力の方向性をある程度絞ることができるのも語学資格を取得するメリットの一つです。

求人を洗い出す

自身に合った求人をしっかりと洗い出すことが重要です。

翻訳の内容によっては、語学スキル以外の専門知識が求められることもあります。

自身の経験や語学以外のスキルと合う求人を見つけ、自身の武器として採用担当者にしっかりとアピールしましょう。

中国語に特化した求人サイト「TENJee」では、様々なスキルを活かせる翻訳の求人を掲載しています。

どのような求人にどのようなスキルが必要なのかを確認したり、自身に合った翻訳の求人を洗い出すことも可能です。

中国語翻訳の求人を探す方

中国語翻訳の求人は、通常多くは掲載されていないことが多いです。

一番の理由として、翻訳の求人以外の求人量が多く、探しにくいことが挙げられます。

その中で、自身に合った中国語翻訳の求人を見つける方法を紹介します。

転職エージェントなどの専門家に相談する

専門家に相談することで、自身に合った求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

翻訳の専門家に相談できれば良いですが、転職や就職の専門家に相談することで様々な求人から自身に合った求人を洗い出すことが可能です。

その中でも、中国語に特化した転職・就職の専門家に相談することで、求人の洗い出しだけでなく、自身の語学スキルは適切か、そのほかの手続きや面接のポイントなど、幅広いサポートを受けることが可能になります。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」は、中国語のスキルを持った方への転職・就職活動のサポートを行なっています。

中国人の方の転職・就職支援や就労ビザなどのご相談など、経験豊富なスタッフが丁寧に対応します。

中国語翻訳の求人に応募したい方はぜひご利用ください。

求人サイトを利用する

専門家に相談する前に自身に合った翻訳の仕事内容を検討することも重要です。

翻訳の仕事といっても、内容は様々です。

また、応募する求人によってはその企業が扱うサービスの専門的な知識などが求められることも想定しておく必要があります。

自身の語学スキルや特技、資格をしっかりと活かせる求人を把握することが重要です。

TENJee」は、様々な中国語翻訳の求人を扱っています。

自身の語学スキルの確認や求人の内容から必要な専門知識をしっかりと調べることが可能です。

中国語の翻訳の求人に応募したい方や、洗い出しを行いたい方はぜひご利用ください。

中国人が日本企業に就職する方法と中国語を活かした就活のコツ

日本企業に就職したい中国人の方もいらっしゃるかと思います。

中国経済の急速な成長によって、旅行やビジネスで中国人の方が多く訪日するようになりました。

そのため、中国語が話せる人材を欲している企業も増加傾向にあります。

しかし、中国人の方が日本で就職するためには注意点や必要なもの、仕事内容に応じた日本語にスキルが必要です。

今回は、中国人が日本企業に就職するためのポイントを解説します。

TENJee」では、中国人向けの日本の求人を多く掲載しています。

日本で就職を考えている中国人の方はぜひご利用ください。

中国人が日本企業に就職するために必要なもの

中国人が日本の企業に就職するためには、いくつか必要なものが存在します。

また、知っておくだけで就職活動を有利に進められる可能性の高い就職活動のポイントも存在しています。

中国人が日本企業に就職するためのポイントを複数解説します。

就労ビザ

中国人が日本で就労するためには就労ビザと呼ばれる在留資格が原則必要です。

就労ビザには様々な種類があり、就労する職種や自身の経験によって取得できる就労ビザが異なります。

日本で就職活動を行う際には、自身が取得できる就労ビザと自身が就職したい職種が合っているかを事前に確認しておくことが重要です。

就労ビザの種類に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

また、永住権を取得している場合や、帰化している場合は例外として就労ビザは必要ありません。

日本語のスキル

日本で就職活動をする以上、一定以上の日本語スキルが求められます。

職種によって求められる日本語のレベルは異なりますが、日本人のクライアントとコミュニケーションが必要な場合は、日常のやりとりをスムーズにできるような高いレベルの語学力が求められることが多いです。

一方で、社内エンジニアや中国人が多く就労している職業などでは高い日本語スキルを求められない場合もあります。

求められる日本語レベルは一定ではなく仕事内容によって異なるので、自身の日本語のレベルを把握して語学力に見合った職業に就職しましょう。

仕事での成果を出しやすくなるだけでなく、就労後のミスマッチも避けることができるので、意識することをオススメします。

ただし、日本で生活する以上は、日本語を使用した最低限のコミュニケーション能力は身につけておきましょう。日本で働くならばどんな形であれ日本人と関わることは避けることができません。そのため、いざという時に困らないためにも必要最低限の日本語は習得しておきましょう。

また、求人の内容によっては日本語の語学資格が応募条件として記載されていることもあります。

自身の日本語スキルを第三者に説明しやすくするメリットもあるので、特別な事情がない限り取得することをオススメします。

日本の文化や地理に理解があるとプラスに働く

日本語スキルのほかに、日本の文化や地理などを理解しておくと就職活動や就職後に有利になることがあります。

日本と中国では文化が異なるので、仕事の進め方や社風などビジネス面でも違いが多くあります。知らないで働くのと、知っていて働くのでは仕事のやりやすさが大きく変わります。

仕事で成果を出すためにも日本のビジネスについて知っておくことは重要な要素の一つです。

就職活動の面においても、日本と中国の就職活動には違いがあるので、事前に知っていれば入念に準備をして対策することができます。自分自身を最大限にアピールすることも可能になるので、日本の文化なども学ぶようにしましょう。

就職活動における中国企業と日本企業の相違点

日本企業に就職する場合、中国企業との社風の違いや文化の違いにギャップを感じることもあるかもしれません。

中国企業と日本企業の主な違いを解説します。

社風の違い

日本企業は、成果重視の傾向が強い中国企業とは異なり、年功序列や終身雇用の制度が強い企業が比較的多く存在しています。

日本企業の大きな特徴は、終身雇用と呼ばれる安定して職につけるシステムを採用している企業が多いということです。

グローバル化や外資系企業の日本進出によって終身雇用の日本企業は昔ほど多くは無くなりましたが、現在でもまだ多くの企業の特徴として存在しています。

転職によるキャリアアップや成果に応じて給与が上がる企業も存在していますが、採用面接時に転職によるキャリアアップなどを前提に話してしまうと、就職活動をスムーズに進められなくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

就職活動開始のタイミング

年度の関係もあり、一般的に求人が多い時期が異なります。

特に日本企業は大学卒業を予定している学生に対して、就職活動を一斉にスタートさせる新卒採用を主軸の採用方法にしている企業も多く、中途採用より多くの採用枠を確保している企業が多く見られます。

これも終身雇用制度に関連する採用方法です。

中途採用などの即戦力ではなく、学生を育成し自社に合った人材を育てるポテンシャル採用を行うことで、長く勤めてもらえる人材の育成を目的としています。

留学生がそのまま日本企業に就職する場合は、この新卒採用を利用して就職活動を行うとよいでしょう。

中国人が日本企業に就職するためには

中国人の方が日本企業に就職するためには、就労ビザや日本語の語学力など、様々な要素が必要になります。

その後、自身に合った就職先を見極めることも就職活動の重要な要素です。

また、中国人の方には母国語である中国語を使いこなせるスキルを持っています。

中国の急速な経済成長の影響もあり、中国語スキルを持った人材を欲する日本企業も数多く存在しています。

自身の強みである中国語スキルを活かした就職活動を行う方法を解説します。

希望の職業を洗い出す

自身が希望する職業をしっかりと洗い出すことが重要です。

自身がどのような仕事を行う日本企業に就職したいかをしっかりと考え、その仕事に必要なスキルや資格を把握することが重要です。

その後、求人サイトなどで実際の職業の求人数や条件などを洗い出しましょう。

様々な日本企業の求人情報を洗い出すことで、給与などの待遇の差や求められる日本語スキルなど、自身にあった求人情報をピックアップすることができます。

また、就職活動を始める前に確認することで、自身に必要な資格やスキルを確認することが可能です。

就職活動前に資格の取得やスキルを磨くことで、就職活動のスタートを有利に行うことができるかもしれません。

TENJee」では、中国語のスキルを活かせる様々な職種の求人情報を多く掲載しています。

自身が希望する職業に必要な条件の確認や給与などの待遇面などを様々な求人情報から確認することができます。

また、中国語スキルをどのように活かせるのかを確認することもできるため、日本企業に就職したいと考えている中国人の方はぜひご利用ください。

必要な資格やビザを確認する

自身の希望する求人情報を確認したら、求人の応募条件の欄に記載されている資格や求められるスキルを確認しましょう。

自身に足りないスキルや資格があれば取得を検討し、場合によっては他の求人を探してみるもの良いかもしれません。

また、自身の希望する職種に必要な就労ビザも確認しておくことも重要です。

内定後、就労ビザを取得できなかった場合内定を取り消されてしまうこともあるので注意が必要です。

うまくいかない場合は専門家に相談する

就職活動がうまくいかない場合、就職・転職の専門家に相談することで自身のスキルや資格を客観的に確認することができます。

就職や転職の専門家にも様々な得意分野が存在し、自身にあった専門家に相談することが重要です。

TENJee」を運営する「株式会社フェローシップ」は、中国人の就職・転職に強い専門家が相談に乗ってくれるだけでなく、自身の希望に合う求人の情報や面接のアドバイス、資格取得に向けたサポートなど、様々なサービスを提供しています。

就職活動に悩みや課題を持っている中国人の方はお気軽にご相談ください。

正社員になりたい!中国人が日本で正社員求人に応募する時のポイント

日本で正社員の求人を探している中国人の方もいらっしゃるかと思います。

中国人の方が日本で就職や転職活動を行う場合、日本と中国の文化や社風の違いや自身のスキルを確認することで、求人を探しやすくなることがあります。

今回は、日本で正社員の求人を探している中国人の方に必要な知識や求人の探し方、正社員になるためのポイントを解説します。

TENJee」では、中国人向けの求人を多く掲載しています。

自身の日本語スキルや希望の職種に合った求人を洗い出す際にぜひご利用ください。

中国人が正社員で就職する場合に求められるもの

アルバイトや派遣社員とは異なり、正社員として就労する場合はある程度の裁量や責任が求められることが多いです。

そのため、社外のクライアントとのコミュニケーションやマネジメントスキルなど、職種によって様々な経験や知識が求められることもあります。

また、中国人が就職活動を行う場合、日本人とは異なる手続きも必要になります。

中国人が就職活動で求められる要素を紹介します。

日本語のスキル

正社員は、比較的責任や裁量が求められることが多いです。

その分ほかの社員やクライアントとのコミュニケーションが必要になったり、部署のチームのマネジメントなどの能力も視野に入れて正社員採用を行う企業も多く存在しています。

そのための日本語の語学スキルは高いレベルで求められることが多い傾向にあります。

しかし、専門職など業種によっては日本語スキルが重要視されない企業も存在しています。

どの程度の日本語のスキルが求められるか記載してある求人を参考に、自身の日本語のレベルに合った求人の情報を集めておきましょう。

日本語のレベルを可視化しておこう

自身の日本語レベルの可視化することで、第三者に自身の日本語スキルを伝えやすくなるでしょう。

JLPTと呼ばれる日本語能力試験などを受けることで、自身の日本語スキルを理解することができる上、求人に掲載されている日本語レベルとのすり合わせを行うことも可能です。

業種に合う就労ビザ

中国人の方が日本で就労するためには就労ビザと言われる在留資格が必要です。

この就労ビザは就労する業種によって種類が異なります。

自身が正社員として就職したい業種と必要な就労ビザをあらかじめ把握しておいた方が良いでしょう。

就労ビザの種類に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

文化の違いやビジネスマナー

中国と日本の文化の違いから生まれるビジネスマナーの違いも把握しておくことも重要です。

文化の違いを把握しておくことにより、就労後のトラブルや商談、マネジメントの進め方などがスムーズに行えるようになります。

中国人が正社員の求人を探す方法

中国人の方が正社員の求人を日本で探す場合、中国語のスキルを活かせる求人を探すことがおすすめです。

中国語を話すことのできる人材を求めている企業の求人に絞って応募することにより、就職活動を比較的有利に進めることができます。

中国人が自身にあった求人を探す方法を紹介します。

ハローワークに相談する

ハローワークには、外国人の求職者へ就労支援を行う外国人雇用サービスセンターがあります。

自身が持つ在留資格に応じた就職相談や職業紹介を行なっているため、利用してみると良いかもしれません。

また、東京に2つ存在する外国人雇用サービスセンターでは中国語と英語の通訳のサービスも受けられます。

事前に電話することで、通訳付きでサポートを受けることができるでしょう。

求人サイトを確認する

自身にあった求人を探せる求人サイトを利用することで、様々な業種の求人を洗い出すことができます。

就職・転職エージェントに求人の紹介を頼むことでも求人の洗い出しは可能です。

しかし、自身の状況や希望がしっかりと伝わっていなかったり、相談する時間が限られてしまうといったデメリットも存在します。

求人サイトを自身で確認することで、時間の制約を受けずに求人をじっくり閲覧することができます。

中国人に特化した求人サイトを使用する

中国人向けの求人に特化した求人サイトを利用することで、ある程度自身に合わない求人を除外して求人を洗い出すことができます。

TENJee」では、中国人の方に向けた求人を多く掲載されています。

正社員の求人情報も多く掲載されているのでぜひご覧ください。

専門家に相談する

就職や転職をサポートするエージェントに相談することで、自身のスキルや経験を第三者目線で検討し、最適な求人を紹介してもらえるかもしれません。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」では、中国人の就職活動をサポートする専門家が多く在籍しています。

中国語を話せるスタッフも多く在籍しておりますので、ぜひご連絡ください。

中国人が正社員になるためのポイント

理想の求人に応募することはゴールではありません。

実際に仕事をしてどのような結果を出すことができるのか、求人応募の先も考えて就職活動をすることが重要です。

正社員として自身のスキルを活かせる求人に応募した後のポイントを解説します。

自身のキャリアプランとの関係性を話せるようにしておく

自身がどのようにキャリアを積んでいきたいかをしっかりと話せるようにしておいた方が良いでしょう。

自身のスキルを活かし、どのように企業で活躍し、その後どのようになりたいのかをしっかりと話せるようにしておくことで、採用担当者にしっかりと応募した背景を伝えることができます。

ただし、最初から転職を視野に入れて話してしまうと、採用担当者は「すぐにやめてしまうのではないか」と不安になってしまうこともあります。

応募企業がネガティブの感情を抱くような発言はしない方が良いでしょう。

自身のスキルを活かせる企業を選択する

中国語のスキルは非常に大きなアドバンテージになります。

自身の中国語スキルを活かせる求人に応募することで、就職・転職活動を有利に進めることができるかもしれません。

中国語スキルを活かせる業種の例は以下です。

海外法人向け営業

中国の急激な経済成長に伴い、中国法人向けの営業などの需要は増加しています。

このような企業の求人に応募する場合、自身の中国語スキルを活かせることができるでしょう。

通訳・翻訳

日本語の高いスキルを持っている場合、通訳や翻訳の仕事の求人に応募することもできるでしょう。

通訳では瞬時に相手の言葉の意味を理解し伝える能力が必要になり、翻訳では両国の文化の違いや歴史的背景などを理解しておくことによって最適な翻訳が可能になることも多いです。

様々な分野の高いスキルが求められることもありますが、その分高待遇で就労することもできるかもしれません。

海外のクライアントが多い企業の事務職

海外のクライアントの多い企業の事務職は、様々な国籍の方とコミュニケーションを行う可能性が比較的高いです。

様々な言語能力が求められますが、その中でも中国語のスキルは比較的使用頻度が高い傾向にあります。

しっかりと準備して正社員の求人に応募しよう

中国人が正社員の求人に応募する場合は日本人の就職活動同様、様々な準備を行うことで就職活動を有利に進めることができるでしょう。

自身に合う求人に応募するためには中国語のスキルの活かし方や日本語のスキル、自身の将来を考えてしっかりと採用担当者に伝えられるようにしておくと良いでしょう。

TENJee」では正社員になりたい中国人向けの様々な求人を掲載しています。

自身にどのようなスキルが必要なのか、どのような求人があるのかを確認し、しっかりと準備を行いたい方はぜひご覧ください。

[中国人向け]日本で自分に合った仕事の探し方・おすすめの手順

日本で仕事を探している中国人の方もいらっしゃるかと思います。

中国人の方が日本で仕事をする場合、日本人が同様の仕事を行うよりやりやすい仕事も存在します。

この記事では、中国人の方が日本で就労可能な仕事や仕事の探し方などを解説します。

仕事を探す際には、自身にあったどのような仕事があるのかを確認することも重要です。

TENJee」では、中国人向けの求人を多く掲載しています。

自身に合った仕事を確認したい方はぜひご覧ください。

中国人が就労可能な仕事とは

中国人が日本でできない仕事は国家公務員など以外、基本的には存在しません。

条件を満たせばどのような仕事も就労可能です。

しかし、自身が働きたい仕事の内容によって必要な資格は異なります。

国家公務員になりたい場合

警察などの国家公務員になりたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと「日本国籍を有するもの」であれば国家公務員になることができます。

日本に帰化している方は、国家公務員になれるでしょう。

しかし、帰化した方の採用率などは公開されていないため、実際に働いている方がどれくらい存在しているのかはわからないことが多いです。

中国人が仕事を探す方法

中国人が仕事を探す方法を解説します。

基本的には日本人が仕事を探す方法と同様ですが、中国人向けの求人サイトを利用することで中国語のスキルを持つ人材を欲している企業を比較的簡単に洗い出すことが可能です。

TENJee」では、中国人向けの求人を数多く掲載しています。

中国人の方が仕事を探しやすい内容になっているので、ぜひご活用ください。

業種で探す

業種とは、企業の事業の種類を指す言葉です。

自身の希望の職業がしっかりと定まっていない場合には、業種から決めて絞り込んでいくと良いでしょう。

製造業や金融業など、業種によって様々な働き方が存在し、当然条件や報酬も異なります。

また、業種によっては専門知識などが求められる場合もあります。

業種の希望がある程度決まったら、その業種で働くために必要な知識やスキルを確認しておくと良いでしょう。

職種で探す

職種とは業務の内容によって分けた仕事の種類を指します。

例えば事務やエンジニアなど、直接的に自身が行う業務をイメージできている場合は職種から探してみると良いでしょう。

「製造業の営業」など、業種と職種の両方が定まってくれば、大まかに自身の仕事の希望を絞り込むことができます。

スキルで探す

自身が持っているスキルを基準に仕事を探す方法です。

例えば中国人が日本で仕事をする場合、例外はありますが日本語のスキルが必要になることが多いです。

中国語のスキルはもともと取得しているため、中国と日本を繋げる仕事に就労しやすいかもしれません。

中国の急激な経済成長の影響もあり、中国に進出したい日本の企業も増加傾向にあります。

そのような企業にとって、中国語のスキルを持った人材は需要があり、比較的高待遇で就労できるかもしれません。

そのほかにも英語のスキルや専門の資格、経験など、自身が持っているスキルや経験を確認してみましょう。

中国人が仕事を探す際に必要なもの

中国人が仕事を探すために必要なものは、日本人の就職活動とは異なります。

しっかりと把握しておくことで、採用後の手続きや就労時のギャップなどのマイナスな要素を避けることができるかもしれません。

就労ビザ

中国人が日本で仕事をするためには、その仕事の内容に応じた就労ビザが必要です。

自身の仕事と就労ビザが合っていない場合、就労することはできないので注意しておきましょう。

就労ビザの種類に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

日本語スキル

日本で生活を送る以上一定の日本語のスキルは必要ですが、仕事で使えるレベルの日本語レベルが求められることもあります。

仕事によって求められる日本語のレベルは様々ですが、日本人のクライアントとのビジネスコミュニケーションや日本人社員との連携など、比較的高いレベルの日本語のスキルが求められることもあります。

中国人が多い職場や、コミュニケーションをそこまで必要としない仕事などの場合は、日本語のレベルが低い場合でも就労できる仕事もあるでしょう。

自身の就きたい仕事の内容や条件を確認し、必要な日本語のレベルを確認しておきましょう。

日本語の語学資格を取得するのがオススメ

日本語の語学資格を取得することで、自身の日本語レベルを第三者にわかりやすく伝えることができるでしょう。

語学資格は自身の語学スキルを簡単に証明できる指標にもなるため、採用担当者が注視することも多いです。

求人によっては、日本語の語学資格を求められる求人もあります。

自身が就きたい仕事の求人を確認し、自身の日本語レベルで就労可能かをしっかりと確認することで、就職活動をスムーズに進めることができます。

中国人が仕事を探すオススメの手順

中国人の方が仕事を探す際のオススメの手順を解説します。

もちろん、仕事の探し方には様々な方法が存在します。

自身に合った仕事の探し方で最適な求人を洗い出しましょう。

自身のやりたい仕事を決める

まずは自身が就きたい仕事をしっかりと決めましょう。

業種や職種、勤務地や勤務時間、報酬や休暇など、自身の希望に合った条件を決めましょう。

もしも希望の求人が見つからなかった場合、妥協できる範囲を定めて求人を検索することで、現実的な求人情報や報酬の相場などを確認することができます。

求人を洗い出す

確認した内容で求人を洗いでしましょう。

様々な求人からより良い求人に応募することができます。

また、自身にとってピンポイントな求人が絞り込めない場合、自身が希望する仕事が必要そうな業種などを視野に入れて探してみると良いかもしれません。

TENJee」では、自身の中国語のスキルを活かせる求人を多く掲載しています。

中国人向けの求人を簡単に洗い出すことが可能ですので、ぜひご覧ください。

スキル・資格などを見直す

仕事内容の把握や求められる資格を確認し、自身がその仕事でしっかりと働けるのかを確認します。

特に応募条件や必要資格の欄は念入りに確認しておきましょう。

就職時に条件の資格を持っていなかった場合、トラブルの原因になってしまうケースも存在します。

また、資格やスキルなどを見直した時に、自身のスキルが追いついていない場合や資格がない場合は、同条件で資格の有無や求められるスキルが異なる求人を探してみると良いかもしれません。

専門家に相談する

資格の取得方法や求人が見つからない場合は、中国人の就職・転職の専門家に相談することで解決できることがあります。

一人では解決できない様々なサポートを受けることができるでしょう。

また、希望する仕事のメリットやデメリットなどエージェントの豊富な経験から学ぶこともできるため、様々な角度から求人を探すことができる可能性が高いです。

就職・転職の専門家は様々な得意分野を持っていることが多いです。

自身に合った専門家に相談することをオススメします。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」は中国人の就職・転職に強いエージェントがサポートします。

中国語を話せるスタッフも多く在籍しており、自身に最適な求人情報や資格取得のサポートなども行なっておりますので、ぜひご相談ください。

中国人が日本で働く方法とは、必要な資格やビザ・文化・仕事の考え方

日本で働きたい中国の方もいらっしゃるかと思います。

日本で働く場合には、職種や業種の他にもビザや自身の状況などによって働くための条件が異なることもあります。

この記事では、中国人が日本で働く時の条件や求人の探し方、仕事における文化の違いの傾向を解説します。

TENJee」では、中国人の方が日本で働ける仕事の求人を多く掲載しています。

日本の求人を実際に見てみたい場合や職種などの参考にもぜひご利用ください。

<h2>中国人が日本で働く方法</h2>

中国人が日本で働くには、資格や就労ビザの他に就業方法の違いを意識することも重要です。

それぞれの特徴や採用が多い時期などを解説します。

自身の希望の働き方に合った内容を検討しましょう。

正社員として働く

正社員として働く場合、就労時間によって得られる報酬が異なる時給制ではなく、決められた就業時間で報酬が固定される月給制が採用されている場合が多いです。

もちろん、日本の労働基準法によって残業などが発生した場合には別途残業代が発生します。アルバイトなどの非正規雇用の働き方と比較して、安定した収入を得ることができるでしょう。

しかし、正社員は就労時間が決まっていることが多く、非正規雇用の方に比べて責任も多いです。

自身の時間を大切にしたい場合や他に時間を使いたい場合は注意が必要です。

また、自身の年齢や状況によって求人が多い時期が異なります。

中国の就職活動とは異なる部分も多いため、覚えておくと良いでしょう。

新卒採用

一般的には、3月末に卒業見込みで就活する学生をターゲットにした採用活動です。

例外として、第二新卒という卒業から3年以内に就職活動を行なっている方をターゲットにした採用方法も存在しています。

正社員として働いた経験のない学生に採用を絞るため、いままでの成果よりも、これからの成果を期待して採用されることが多いです。

中国人が日本の新卒採用にエントリーする場合、中国語のスキルは大きな強みとなるでしょう。

未経験でも様々な職業に就職できる可能性があります。

一般的に様々な企業が一斉に採用活動をスタートさせる傾向があり、求人などの広報解禁は卒業の1年前の3月、選考スタートは6月とされています。

その他にも、早い段階で学生に接触するためインターンシップを行なっている企業も存在します。 自身の希望の業種や企業が決まっている場合には応募してみるのも良いかもしれません。

中途採用

中途採用とは、新卒や第二新卒以外で就職・転職活動を行う人材をターゲットにして行われる採用活動です。

採用の時期は企業や状況によって様々ですが、人事異動の前や退職者が増える前に採用活動が活発になるケースが比較的多いです。

未経験や伸び代で採用する新卒採用とは異なり、今までの経歴や結果をどのように活かせるかを問われることが多く、未経験の分野に転職する場合でも、今までの経験をどのように転職先で活かせるかをしっかりと説明しておいた方が良いでしょう。

また、中国人が中途採用で働きたい場合、中国語のスキルを持っていることで転職活動を有利に進められる可能性もあるかもしれません。

自身の中国語のスキルがどのように企業で活かせるのかを考えておくと良いでしょう。

派遣社員として働く

派遣社員は正社員と異なり、派遣元の会社に雇用され他の企業に派遣される働き方です。

派遣社員のメリットは、自身のスキルや経験を必要としている企業で働けることや、勤務地や勤務時間などを自身で選択することができるため、正社員と比較して自由に働くことができます。

しかし契約には期間があるため、長期的に同様の企業で働きたい場合は向かないかもしれません。

アルバイトとして働く

アルバイトとして働く場合、求人数も多くシフト制の場合が多いため、学業などと両立しやすい特徴があります。

その分、収入が安定しなかったり住宅手当など特定の福利厚生を受けにくかったりといった部分も存在します。

就労ビザが必要

中国人が日本で働く場合には、基本的に滞在ビザとは別に就労ビザが必要です。

特例として、永住権を獲得している場合などは必要ありませんが、しっかりと自身に必要な物を確認しておきましょう。

また、就労ビザには種類があり、ビザの種類によって就職できる業種が決まっています。

就労ビザの種類に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

中国人と日本人の違いを意識しよう

中国人が日本で働くために、意識しておいた方が良いポイントを解説します。

働くために必ず必要なわけではありませんが、意識することによって就職後のトラブルや、就職・転職活動をスムーズに進めることができます。

求人情報が多い時期

新卒採用の選考スタートは6月、中途採用の選考は人事異動や退職者が出る前が多いです。

中国の学生の就職活動のピークは10月からと一般的に言われていますが、日本の学校は4月からスタートすることも原因の1つかもしれません。

求人情報が多い時期を見極めて準備を行うことで、自身の希望の求人にスムーズに応募することができるでしょう。

中国語のスキルが活かせる

日本で働く場合、多くの求職者は日本人です。

そのため、自身の母国語でもある中国語のスキルを活かせる求人に応募することで、より就職・転職活動をスムーズに行うことができるかもしれません。

近年、中国経済の急速な成長によって日本の企業が中国に進出したり、中国企業が日本に参入したりと様々な職種で中国語を活かせる仕事が増加しています。

中国語を話せることを活かして就職・転職をすることにより、高待遇で働くことができるかもしれません。

ポテンシャル採用が多い

中国では即戦力となる人材が求められる傾向が比較的強く、中途採用や第二新卒の採用に力を入れている企業が多いです。

それに比べて日本は、新卒採用に力を入れている企業が比較的多い傾向にあります。

新卒で採用することで、その企業の社風になれさせたり、伸び代を期待して採用することが多く、中国との採用活動に大きな違いがあります。

自身のスキルをしっかりと説明し、その企業でどのように活躍し成長していけるかなどを話せるようにしておいた方が良いでしょう。

文化や考え方の違い

中国では当たり前に根付いている文化でも、日本では受け入れられない文化も存在します。

日本では、人の意見に合わせたり目立つことを嫌がる傾向が多く、意見は遠回しに伝えることが多いかもしれません。

このような文化や考え方の違いを意識することで、就職・転職活動を有利に進めることができるでしょう。

自分の条件に合った日本の職場で働こう

自身の希望にあった条件の職場で働くには様々な方法があります。

自身の時間や趣味を大切にしたい方やたくさん稼ぎたい方など、個人個人の考え方によって最適な業態や職業は異なるでしょう。

また、自身の日本語のレベルも確認することによって就労できる仕事の幅は広がります。

求人によっては日本語のスキルを条件として求めていることが多いため、日本語能力試験など自身の日本語のレベルを可視化できる資格を取得するのと良いでしょう。

また、中国語のスキルは日本で働く上で強力な武器にもなります。

TENJee」では、中国語のスキルを持った人材を多く掲載している求人サイトです。

自身が就業できる実際の求人を確認したり、実際に応募することももちろん可能です。

日本で働きたい中国人の方はぜひご覧ください。