中国人を採用する前に知っておくべき注意点について詳しく解説

拡大を続け成長が著しい中国市場は、ビジネスパートナーとしてもとても魅力的でしょう。

中国市場と関わる企業も増加し、中国国内の事情に詳しい中国人を即戦力の人材として採用したい企業も多いのではないでしょうか。

中国人とコミュニケーションを取ることができるネイティブ人材を採用することができれば、市場拡大することもでき、ビジネスの幅を広げることができます。

そこで今回は中国人の方の採用を考えている企業に向けて、中国人の方を採用するメリットや注意点についてご紹介します。

中国人の方を採用する方法も合わせてご紹介するのでぜひ参考にしてください。

求人サイトTENJeeでは、中国語スキルを持っている方が多く登録しています。

TENJeeを使うことで即戦力となる人材を簡単に募集することができます。

まずはこちらからどのような求人があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語スキルを持った人材を簡単に募集したい方はこちらから

中国人を採用するメリット

中国人を採用することで得られるメリットをご紹介します。

中国市場開拓の際に生の声が聞ける

人口が多く、爆買い等で知られるように中国市場は企業にとってとても魅力的であり、中国市場の開拓を目指す企業も増加しています。

中国人を採用することで、中国市場を開拓する際に中国人目線の意見や生の声を聞くことができます。

中国人のインバウント消費や中国国内の日本産製品へのニーズが加速しているため、中国人目線での発想は企業としてとても重要なものになるのではないでしょうか。

中国企業とのビジネスの戦力になる

中国は世界一の経済大国であるアメリカに方を並べようとしており、世界的に見ても経済発展が著しく日本はもちろんグローバル市場に次々と進出しています。

中国企業とビジネスをしている日本企業にとって、ネイティブとして現地の中国人とコミュニケーションを取ることのできることはとても頼もしいと感じるでしょう。

また、文化や価値観が日本人とは異なる中国人を採用することで、今までには無かった新しいアイデアを生み出し、ビジネスを拡大することができるかもしれません。

接客業やサービス業において中国語ネイティブは頼りになる

日本における訪日外国人や在留外国人はともに中国が最多です。

接客業やサービス業において中国人顧客への応対は益々必須条件になるため、中国語ネイティブはとても戦力になります。

中国語ネイティブの人材がいることで、中国人顧客とのトラブルを防ぐことにも繋がるでしょう。

採用を始める前に押さえておきたい注意点

中国人を採用する前に押さえておくべき注意点について解説します。

在留資格によって就労可能な職種が異なる

中国人をはじめ外国人が日本で働くためには、在留資格と就労ビザが必要になるため、海外から新たに日本へ招く際には新規取得をすることになります。

中途の場合でも資格によっては活動に制限があるため、場合によっては変更が必要になります。

資格の取得や変更には時間や手間に加え、企業側が準備する書類等が必要になることをあらかじめ知っておきましょう。

こちらの記事では、知っておくべきビザや在留資格の基本情報や取得方法について詳しく解説しています。

それぞれ細かい種類についてもご紹介するのでぜひ参考にしてください。

▶︎中国人が日本のビザを取得する方法!ビザの種類から手続きまで徹底解説

仕事に対する一般的な考え方が違う

日本と中国とでは、仕事に対する考えや価値観が異なります。

中国では年齢や今までの経歴等に関係なく、実力が社内評価に直結します。

日本と比べて中国は、キャリアアップの為に成果をあげることに対して熱意を持つ人がとても多い傾向にあります。

「就職=企業に自分の能力を売る」という認識

中国は基本的に成果主義で、キャリアアップのために転職をすることが一般的です。

中国人は企業に対して能力を売っているという捉え方をする傾向が高いので、チームプレーで業務を成し遂げるというよりも自分の能力を最大限発揮する場だと考えている人も多いです。

どのような業務の進め方が得意なのかを理解しておきましょう。

フラットな人間関係を好む

中国では日本のようなに上下関係を重んじる年功序列制度のようなものは無く、フラットな人間関係を好む傾向があります。

上下関係はあまり重視されず上司に対して敬語を使わずにコミュニケーションを取るケースも多いです。

日本人は敬語を使えないと失礼だと感じることも多いですが、人格の問題ではなく文化的な価値観の違いである場合も多いです。

フラットな人間関係であるからこそ、ビジネスに繋げるための意見の共有や話し合いができるとポジティブに考え歩み寄る姿勢が大切です。

【参考】中国人と日本人の仕事観の違いを深く理解するために

日本と中国の仕事観の違いを理解した上で採用することは、採用後のミスマッチを防ぐという意味でもとても重要です。

こちらの記事では、日本人と中国人の仕事についての考え方の違いについて詳しき解説しています。

それぞれの考え方の違いを把握するメリットについてもご紹介しているので、本記事と合わせてぜひ参考にしてください。

▶︎日本人と中国人の仕事に対する考え方の違いを徹底解説

雇用契約時に給与や評価基準を明示できるように

中国では、契約時に給与や福利厚生等について従業員が会社側と交渉することも珍しくありません。

また中国では成果主義が一般的なため、実力や成果と比べ待遇が伴わないと、直談判する人も多い傾向にあります。

トラブルを避けるためにも、あらかじめ社内の評価制度等の決まりについてしっかり説明をしておくことが必要になります。

中国人を採用する方法

中国人を採用するための方法は大きく分けて2種類あります。

1つ目は、現在中国にいて、日本で仕事をしたいと考えている方に向けて求人を掲載する方法です。

現在の中国国内について詳しく聞くことができるので、中国に向けてのビジネス展開に即戦力の人材となる方が多いでしょう。

2つ目は、すでに日本に住んでいる中国人向けに求人を掲載する方法です。

日本で生活しているため、中国語スキルはもちろん日本語スキルを持っている方が多いでしょう。

中国人を採用する方法

中国人を採用する方法は様々です。

具体的な採用方法や、採用後に円満な関係を築くコツについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

採用する前に抑えておくべきポイントについても合わせてご紹介しているので、合わせてぜひご覧ください。

中国人を採用するには?具体的な採用方法と円満な関係を築くコツ

まとめ

今回は日本で中国人を採用する際に、知っておくべき注意点についてご紹介しました。

日本人と中国人では仕事に対する考え方が異なるため、採用前に理解しておくことで採用後のミスマッチやトラブルを防ぐことができるでしょう。

中国語スキルを持ち即戦力となってくれる人材を求めている方には、求人サイトのTENJeeがおすすめです。

TENJeeでは高い中国語スキルをもっている人材はもちろん、条件に合わせて即戦力となる人材を簡単に探すことができます。

まずは一度TENJeeの求人情報からどのような求人が掲載されているのかチェックしてみてください。

※即戦力となる中国人材を探している方はこちらから