カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国語人材の需要は高い?今後中国語スキルが必要になる理由を解説

中国語スキルを活かすことができる人材に本当に需要があるのか。と心配している方もいらっしゃるかと思います。

結論から申し上げると、中国語スキルを持つ人材の需要は年々高まっており、就職や転職で有利になると言えるでしょう。

今回は、中国語スキルを持つ人材の需要が増加している背景やどのような企業に需要があるのかを解説します。

また、「TENJee」では中国語スキルを必要とする様々な分野の求人を紹介しています。

中国語スキルがどれくらい需要があるのかを知る指標にもなるので、ぜひご利用ください。

中国語スキルを持つ人材の需要は高まっている

中国語を話せる人材の需要が高まっているのは、日本企業の中国進出と中国圏企業の日本進出が大きな理由として挙げられます。

観光庁によると、2020年に訪日した中国人の数は、新型コロナウイルスの影響もあり大きく下がりましたが、2019年は年間約960万人に登ります。

この数字は2009年と比較して9倍以上の数字です。

中国語を使う機会が増えている一方で、新しい言語の習得には少なからず時間もかかってしまいます。

中国人と接する機会が多い企業などでは、中国語を使えるような社内研修を行うだけではなく、採用段階で中国語スキルを持つ人材を集めようとする動きが出てくることは必然と言えるでしょう。

需要が高まった背景

中国語スキルを持つ人材の需要が高まっている背景には、中国経済の急速な成長が背景に存在します。

新型コロナウイルスの影響で大きな経済的損失を世界中の国々が負う中、中国国家統計局が発表した中国の2020年におけるGDP(国内総生産)は前年と比較して2.3%増加しています。

GDPの伸び率は44年ぶりの低さとなりましたが、世界経済が大きな打撃を受ける中、今尚成長を続けていることからも、中国の経済成長が大きいことがわかります。

このような状態の中国に進出したい企業や、中国で得た資本を元手に日本を含む世界中でビジネスを行う中国人の増加が、中国語スキルを持つ人材の需要の増加に繋がった背景だと言えるでしょう。

人口で比較する

文部科学省によると、周知の通り中国の人口は世界一です。

台湾や東南アジアなどで中国語を話すことができる方も含めると、10億人以上が中国語を利用しているとされています。

インターネットの普及により、現在では様々な国と簡単に連絡が取れたり、ビジネスが行えるようになりました。

中国語を話せる人口が多いことも、中国語スキルを持つ人材の需要増加の理由の一つと言えるでしょう。

中国語のスキルを持つ人材が日本で活躍できる企業

中国語スキルを持つ人材が日本で活躍できる可能性の高い企業を紹介します。

中国語を使うことが多いだけでなく、自身の中国語スキルによって向いている業種も変化します。

自身の中国語スキルを客観的に振り返り、最適な求人に応募することも、就職や転職を優位に進める方法の一つです。

中国語の翻訳・通訳

中国語の翻訳・通訳に必要なスキルは、中国語の読み書き・ヒアリング能力が高いレベルで求められることが多いです。

特に、中国ならではの歴史的な背景や様々な略称など、実際に中国の文化に触れていないと難しい状況も想定されます。

さらに、中国語を日本語に翻訳・通訳する場合には、日本語能力も必要になります。

両国共に専門性が必要な分野なため、非常に需要がある職業の一つです。

中国語講師

日本の方に中国語を教える職業は、中国語を理解して教えることができるレベルが必要です。

クラスによって必要になるレベルが異なることが多いため、様々なレベルの中国語スキルを持つ人材が活躍しています。

貿易事務

中国と貿易をする企業の事務は、日常的に中国語圏の方とのやりとりが求められます。

正確な情報を伝えることが重要なため、ビジネスレベルの中国語スキルが求められるでしょう。

また、現地の中国人とやりとりが想定されるため、一定以上の文化的な知識をアピールすることで、就職・転職活動を優位に進めることができるかもしれません。

様々な人種が利用するホテル・デパート

ホテルやデパート、百貨店など、多くの人々が利用する場所では、中国語問わず様々な言語のスキルを持つ人材の需要が高いです。

中国人人口の多さを視野に入れた場合、中国語を使用したコミュニケーションが必要になることは多くあるでしょう。

中国に本社または支社がある企業

中国に本社や支社がある企業は、日中間でのやりとりが発生する可能性が高いです。

特に、中国に本社がある企業の場合、上長や役員が中国人である可能性も視野に入れておいた方が良いでしょう。

自身の中国語スキルを正しくアピールすることができれば、グローバルに展開する企業に就職・転職できる可能性も高まるかもしれません。

中国語のスキルを持つ人材が中国で活躍できる企業

日本での生活や就労の経験がある方が中国で就職する場合、中国語スキルではなく日本語のスキルに需要がある場合があります。

日本語のレベルによっては様々な中国の企業で就労可能な可能性があり、日本への出張や日本人に向けた営業の仕事などで活躍できるかもしれません。

中国語のスキルを持つ人材の需要がある企業の探し方

中国語スキルを持つ人材の需要は増加していますが、闇雲に求人を探してもなかなか希望の条件にたどり着くことは難しいでしょう。

中国語スキルを活かして、希望の職業に就職する際のポイントを紹介します。

中国に本社または支社がある企業を洗い出す

中国語スキルを持つ人材の需要は増加していますが、闇雲に求人を探してもなかなか希望の条件にたどり着くことは難しいでしょう。

中国語スキルを活かして、希望の職業に就職する際のポイントを紹介します。

中国に本社または支社がある企業を洗い出す

中国に本社または支社がある企業を洗い出しましょう。

中国と関わりがある会社は、中国語スキルを活かせる可能性が比較的高いです。

企業のWebサイトや求人サイトなどの情報を確認する際に参考にすると良いかもしれません。

中国語人材に特化した求人サイトを利用する

中国語スキルを持つ人材に特化した求人サイトを使用する方法です。

求人に応募するだけではなく、自身の希望する職種の絞り込みなどにも利用することで、中国語スキルを持つ人材の需要を持つ企業をリストアップすることもできます。

TENJee」は、中国語のスキルを持つ人材向けの求人サイトです。

様々な条件から求人を検索することができるため、自身の希望の職種があるのかどうかを確認するために利用するのも良いかもしれません。

転職エージェントに相談する

転職エージェントなど、転職のプロに相談することで、自身の中国語レベルにあった求人や非公開の求人を紹介してもらえるかもしれません。

TENJee」でも、コンサルタントによるインタビューなどを通じて様々な求人を紹介しています。

海外との繋がりがある企業を探す

海外と取引がある企業や海外展開している企業は、中国語スキルを持つ人材の需要が高い可能性があります。

様々な産業に関わっている中国とコミュニケーションが取れるスキルがあれば、就職・転職活動をより有利に進めることができるでしょう。

中国語のスキルを持つ人材を欲している企業を洗い出すことが第一歩

中国語スキルを持つ人材の需要は存在します。

中国の経済成長に合わせて、年々増加していく可能性が高いと言えるでしょう。

その場合日本国内においても、中国語スキルが必要になることは増加する可能性が高く、今後ますます中国語スキルを持つ人材の需要は高まると予想されます。

TENJee」では、中国語スキルを持つ人材を求める様々な職種の求人を掲載しています。

企業の洗い出しはもちろん、求人に応募することももちろん可能なので、中国語スキルを持つ方は就職・転職活動をさらに有利に進めることができるかもしれません。

「中国語人材の需要は高い?今後中国語スキルが必要になる理由を解説」への2件の返信

コメントを残す