中国人が日本で転職するのは難しい?日本の実情を踏まえてその不安を解消します

日本で仕事探し中の中国人の方は、慣れない外国での転職に不安を感じていらっしゃるのではないかと思います。

今回はその不安を解消すべく日本の転職事情をご紹介します。

安心して転職活動を進める秘訣や、中国人を積極的に採用している会社を探すポイントも解説するので、ぜひ参考にしてください。

中国語スキルを活かして日本で仕事をお探しの方にはTENJeeのご利用がおすすめです。

中国人の方に特化した求人サイトなので、日本での仕事探しを有利に進めやすくなります。

興味をお持ちの方は、ぜひ一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事はこちらから

中国人が日本で転職するのは難しいのか

日本で中国人の方が転職をするのは難しいのでしょうか。

日本の実情を交えながら解説します。

日本で活躍する中国人は多い

日本で転職活動や就職活動を成功させ、第一線で活躍されている中国人の方は多くいらっしゃいます。

実際に日本の在留外国人の中でも中国出身の方は最も多いです。

また中国は日本にとって最大の貿易相手国であり、訪日外国人数も中国が最も多いです。

それだけ日本とって身近な国である中国の事情や中国語に精通した中国人材は高い需要を誇っているといえるでしょう。

外国人材の需要は高まっている

グローバル化に伴い、語学スキルや異なる視点を持つ外国人材の需要は高まっています。

中国市場開拓に乗り出す日本企業は非常に多く、マーケティングやセールスの観点からも、中国の事情をよく知る中国人材への期待は大きいです。

日本において中国出身であることは大きな武器になるといえるでしょう。

こちらの記事では、日本で中国人材の需要が高まっている背景について詳しく解説しています。

選考時のアピール方法を考える上でも役に立つので、ぜひこちらもチェックしてください。

▶︎中国語人材の需要は高い?今後中国語スキルが必要になる理由を解説

日本は人手不足なので採用に積極的

日本では高齢化の進行もあり、人手不足が問題とされています。

若い働き手の人口が減っている今日、日本の就職・転職市場は売り手市場といえます。

採用に積極的な企業が非常に多いため、求職者にとっては追い風が吹いているといえるでしょう。

文化や言葉の違いから難しいと感じる場面も

もちろん、日本での仕事探しは中国人の方にとってデメリットと感じる側面もあるのが事実です。

特に外国語である日本語での書類作成や面接などは、母国での仕事探しとはまた違った難しさがあるといえます。

また、文化の違う日本での生活や働き方に慣れる必要があります。

日本の転職事情を理解することが転職の秘訣

中国人の方にとって外国である日本での転職は、言葉や文化の壁などで大変な側面はあるかもしれません。

しかし、日本の転職市場を理解することができれば、案外難しくはありません。

違いに気づき、理解することで日本でのキャリアを有利に形成することが可能です。

日本の仕事観・転職観とは

中国人の方が日本での転職を成功させるためには、日本ならではの転職事情を理解しておくことが重要です。

ここでは中国とは違う部分も多い日本の転職をとりまく事情について詳しく解説します。

従来の日本では転職が珍しかった

これまで転職というものは日本人にとってあまり馴染みのあるものではありませんでした。

新卒入社後、定年で退職するまで1つの企業で働き続けるのが一般的で、待遇や評価も勤続年数に比例する年功序列型で決まっていたこと大きな要因です。

そのため従来の日本では転職者が諸外国と比べて少なかったのです。

近年は転職しやすい環境に変わりつつある

しかし最近では日本の転職市場は急速に拡大しています。

旧来の年功序列や終身雇用といった制度ではなく、実力主義での評価体制や中途採用に積極的に乗り出す企業の増加など、日本においても転職に挑戦しやすい環境が整いつつあります。

このような日本のキャリアを取り巻く事情については、こちらの記事で中国人の方向けに詳しく解説しています。ぜひあわせてチェックしてください。

▶︎日本のキャリアを取り巻く現状とは?日本で働く中国人向けのキャリア形成のコツ

日本人が採用で評価するポイント

日本で内定を獲得するためには、日本企業の採用担当者が特に重視するポイントを意識的にアピールすることが大切です。

具体的には、チームで仕事を進めることの多い日本企業では協調性やコミュニケーション能力が高く評価されます。

また、会社に対する志望度や仕事への意欲などから、入社後の成長や将来性を判断する企業も多いです。

これらの採用担当者の評価ポイントを考える上では、日本人の仕事観への理解が重要です。

日本人と中国人の仕事観の違いについてはこちらで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎日本人と中国人の仕事に対する考え方の違いを徹底解説

ビジネスマナーの違いにも注意

思わぬ落とし穴のひとつに、ビジネスマナーの違いがあります。

マナーを守るためにとった行動が、文化の違いから意図せず印象を下げてしまっていたかもしれません。

日本人はマナーの尊重を重要視する人が多いので、日本のビジネスマナーをマスターすることで、周囲と一気に差をつけることができます。

ぜひ転職活動の際にはこちらの記事でご紹介している日本のビジネスマナーをお役立てください。

▶︎キャリアアップに活かせる!日本独自のビジネスマナーを徹底解説【中国人必見】

中国人を積極的に採用している企業に注目して選考を

今回ご紹介した日本での転職活動のポイントをふまえた上で、特に中国人の方を積極的に採用している企業を知ることで、より効率よく有利な仕事探しにつながります。

外国人向けのハローワークを利用する

日本の厚生労働省が運営している「外国人雇用サービスセンター」では、求人の紹介や日本での仕事探しのポイントなど、幅広いサポートを実施しています。

東京都、愛知県、大阪府、福岡県には窓口が設置されており、直接足を運ぶことでさまざまな相談をすることが可能です。

また、公式ホームページではインターネット上で各種サービスを受けることができるので、近くに窓口がない方でも利用可能です。

日本語学習のサポートなども実施されているので、一度ホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか。

参考:厚生労働省「東京外国人雇用サービスセンター」

中国人に特化した求人サイトなら安心

中国語スキルを活かせる仕事だけを集めた求人サイトTENJeeを利用することで、より効率的に仕事探しを進めることが可能です。

中国人の方に特化しているので、日本で中国語スキルや中国での経験を武器として仕事に活かすことができます。

日本語レベルに合わせた求人検索や詳しい仕事内容、福利厚生についても確認できるので、興味をお持ちの方はぜひ一度実際の求人情報をご覧になってください。

幅広い業界・職種の求人情報が掲載されているので、自分にぴったりの仕事探しにつながるのではないでしょうか。

※日本で中国語を武器に働きたい方はこちらから

まとめ

日本で中国人の方が転職活動する際のポイントやメリット、おすすめのサービスをご紹介しました。

お伝えした通り、日本において中国出身の方への需要は非常に高いです。

TENJeeでは中国出身の方に向けて募集されている求人情報を多数ご紹介しているので、ぜひ日本での仕事探しにご活用ください。

※中国人の方向けの求人情報はこちらから