カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国語学習の難易度とは?特徴や学習しやすい理由を諸言語と比較解説

グローバルが進み、ビジネスにおいても国際的な取引が増えてきており、英語に限らず相手企業に応じた様々な言語スキルが必要になってきています。

中でも中国企業は、多くの日本企業との取引があるだけでなく、日本のマーケットに進出する会社も多くあります。そのため、日に日に中国語スキルの需要は高くなってきています。

しかし、一般的に中国語の習得は難しいイメージも持たれることが多く、一歩踏み出せずにいる方も多いでしょう。

実は中国語は日本人にとって、他の言語と比べて学習しやすい傾向がある言語のひとつです。

そこで今回は中国語の習得難易度について、他の言語と比較しながら解説します。

中国語学習を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

中国語を話せる方向けの求人サイトであるTENJeeでは、中国語を活かせる仕事を多数紹介しています。

中国語スキルを身につけることでどのような仕事につながるのか、まずは一度確認して見てはいかがでしょうか。

※中国語スキルを活かせる求人情報はこちらから

中国語の需要

キャリアアップや転職などに向けて外国語を学ぶ際に重要となるのは、「その言語の需要がどの程度あるのか」ということです。

中国語が主に使われている国には中国や台湾、香港、マカオ、シンガポールなどがあります。

中国はGDP世界第2位を誇る経済大国で、世界的に見ても大きな市場であるといえます。

中国語スキルを身に付けることで、世界が注目する中国市場の情報を直接得ることができます。

翻訳されて日本に入ってくるよりも前に最新の動向を知ることで、周囲よりも早く時代の変化に対応することにつながるといえるでしょう。

また、中国語圏の企業と自分で直接やりとりが可能になることで、通訳や翻訳を介する手間や時間を省略できます。

そのため、よりスムーズな取引を実現できるといえます。

直接コミュニケーションをとることで、細かいニュアンスや相手の反応を汲み取って臨機応変な対応をするなど、綿密に交渉を進めることにつながります。

中国語でのコミュニケーションを通し親密な関係を築くことで、ビジネスの成功や進展につながるのではないでしょうか。

また、近年日本に進出する中国企業も増えています。

中国人の上司や同僚が多いと考えられるこれらの職場であっても、中国語スキルを身につければ臆することなく挑戦できるでしょう。

つまり、中国語スキルの習得は転職や就職先を選ぶ際の選択肢を増やすことができます。

中国語の需要についてこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

▶︎中国語人材の需要は高い?今後中国語スキルが必要になる理由を解説

他の言語と比較した中国語習得の難易度

中国語を習得する難易度はどのくらいなのでしょうか。

他の言語の特徴と比較しながら解説します。

諸言語と比較した中国語学習の難易度

中国語学習の難易度とはどの程度のものなのでしょうか。

「語彙」「文法」「発音」の観点から諸言語と比較した中国語の特徴についてご紹介します。

中国語の語彙

中国語の語彙を学ぶ上で特徴といえるのは、もともと日本人は漢字に馴染みがある点です。

もちろん、中国本土で用いられる簡体字と日本で使われている漢字には異なるものもありますが、日本の漢字と似ている部分も多いため、比較的理解しやすいといえます。

また、それぞれの漢字の意味から中国語における意味を推測しやすいため、語彙の暗記もしやすいことがあります。

「馴染みがある」という観点からみると、英語も同様に日本人にとってあらかじめ知っている単語が多いと言えます。

外来語として多くの日本人に用いられている単語や学校教育で暗記した経験から、語彙学習へのハードルは低いといえるでしょう。

以上のように”語彙学習”の観点から英語と中国語を比較した場合、「漢字から意味を推測しやすい中国語」と「外来語になっている単語が多い英語」には、「日本人にとって馴染みのある単語が一定数あるため、学習を進めやすい」という共通点があります。

ただし、英語の場合は外来語を知っている数によって学習のしやすさは異なります。

語彙学習の容易さについては、個人の外来語へどのくらい馴染みがあるかによって差があるといえるかもしれません。

一方で中国語の場合は、漢字の意味さえ理解していれば、初めて見る組み合わせであっても応用して理解につなげることが可能です。

中国語の語彙学習において、日本人が日常的に漢字に触れていることは非常に有利であるといえるでしょう。

中国語の文法

中国語の文法規則は、他の言語と比較すると覚えやすい場合があります。

例えば、英語を学習する上で多くの日本人が躓くポイントのひとつに「動詞の変化」があります。

過去や現在完了のような時制や、三人称単数といった主語に合わせて、単語を変形させなければいけません。

しかしながら、中国語は動詞に限らず単語が変化することはありません。

別の漢字と組み合わせることで進行形などの意味を加えることはありますが、単語自体は変化することがないため、理解しやすいのではないでしょうか。

また複雑な文法で知られるドイツ語やフランス語、ロシア語、スペイン語と比較すると、中国語文法は簡単といえます。

特にこれらのヨーロッパの言語は単語の変化形が非常に多く、文法構造をロジカルに理解することが求められます。

単語の変化がない代わりに、中国語の文法を学習するにあたって重要になってくるのは「語順」です。語順の決まりを覚えることで異なる意味を表すことができます。

中国語の語順に関しても、法則には例外が少なく、英語と比べて覚えやすいといえます。

中国語の発音

中国語の発音は、諸言語の中でも難しい部類に入ります。

理由としては、母音が36個、子音が21個存在しており、使われる音の数が非常に多いことが挙げられます。

また、「声調」と呼ばれる四種類のイントネーションのつけ方によって、同じ音でも異なる意味を表す点にも躓く人が多いです。

一方でドイツ語やスペイン語は、発音という観点からみると学習しやすい言語です。

ローマ字読みに近い発音をするため、日本人でも発音を真似しやすいです。

中国語同様に発音が難しいとされている言語は、ロシア語やフランス語、英語などが挙げられます。

日本人にとっても馴染みのある英語に関しても、日本語では使われない音が大半を占めているため、多くの日本人が”日本訛りの英語”を話しているのも事実です。

特にアクセントや巻き舌などの発音は日本人には馴染みがなく、苦手と感じる人も多いかもしれません。

「発音」は中国語に限らず、多くの外国語学習者がつまずくポイントのひとつです。

特に中国語では他の言語よりも発音に苦戦する学習者が多いため、より重点的な学習を心がける必要があります。

中国語は日本人にとって学びやすい

中国語の文法や語彙には、日本語との共通点も多くあります。そのため、日本人にとって学びやすい言語のひとつといえます。

日本語との共通点を活かすことで、より効率的に中国語学習を進めることができるでしょう。

日本人が中国語を学ぶ際に意識したいポイントについて詳しく解説した記事があるので、よろしければこちらも合わせて参考にしてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

中国語の学習をはじめる前に

中国語学習を始めるにあたって、目標を明確に設定しておくことは大切です。

ビジネスや留学、観光などの自分の目的に合わせた学習計画を立てることで、より高いモチベーションを維持しながら学習を進めることが可能になります。

資格の取得を目標にするのも有効かもしれません。

こちらの記事で人気のある中国語の資格について紹介しているので、興味のある方はこちらもご確認ください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

求人サイトで求められるレベルをチェック

目標を設定する上で、実際の求人情報を確認してみるのもおすすめです。

具体的な仕事内容も調べることができるので、自分の理想の働き方と求められる語学レベルをチェックしてみるとよいでしょう。

中国語を活かせる仕事を探すなら、TENJeeをぜひご利用ください。

中国語スキルがある人向けの求人サイトなので、語学力が大きな強みとなる求人情報を調べることができます。

様々な職種の求人を紹介しているので、自分の希望にあった仕事がきっと見つかると思います。

ぜひ一度、TENJeeの求人情報をご覧ください。

※中国語を活かせる理想の仕事探しはこちらから

ビジネスにも役立つ中国語を習得しよう

近年その需要が高まっている中国語は、日本語との共通点を活かすことで、学習を有利に進めることが可能な言語です。

文法的な共通点や優れた学習環境を活かすことで、効率よく語学スキルを身につけられるでしょう。

街中でも目にすることの多い中国語は、日本人にとって馴染みのある身近な外国語のひとつです。

中国語スキルを仕事に活かすことで、社内での自分の評価を高めたり、転職時の選択肢を広げることにつながるなど、キャリアアップを実現することにつながります。

中国語スキルのある人専用の求人サイトTENJeeでは、中国語を活かした働き方につながる仕事探しが可能です。

言語スキルを活用して、ぜひ理想の働き方につなげてみてください。

※中国語スキルを活かしてキャリアアップを目指したい方はこちらから

コメントを残す