中国語と英語を仕事に活かす方法とは!おすすめの業界や仕事内容

グローバル化が進み、観光やビジネスなどにおいて人々の国境を越えた往来が盛んになっています。

そんな今日、ビジネスシーンにおいて語学力が非常に高い評価を得ているといえます。

その中でも特に、ビジネスの場面で用いられる機会が多い言語に英語、そして中国語をあげることができるでしょう。

今回は、英語と中国語のスキルを活かすことのできる業界や職種について概説します。

就職・転職活動におけるポイントや求められる資格、スキルについても合わせてご紹介するので是非参考にしてください。

中国語を活かせる仕事に特化した求人サイトTENJeeでは、語学力が強みになる仕事情報を多数紹介しています。

どのような業界・職種があるのかまずは一度求人情報を見て確かめてみてはいかがでしょうか。

※中国語を武器に仕事探しをしたい方はこちらから

中国語と英語のビジネスにおける魅力

ビジネスシーンにおける中国語と英語それぞれの魅力についてご紹介します。

”世界共通語”の代名詞「英語」

英語を母国語または第二言語とする人の数は世界中の言語の中で最も多いです。

文部科学省によると、英語を公用語・準公用語とする国は世界に54カ国あり、世界196カ国の4分の1以上の割合を占めていることがわかります。

また、Internet World Statsによると、2017年における世界のインターネット総人口41億6,000万人のうち、約26%が英語人口であることがわかっています。

学術研究やスポーツ、グローバルビジネスにおいても一般的に英語が共通語とされていることも合わせて考えると、英語は”世界共通言語”であるといえるでしょう。

日本でもグローバル化の影響もあり、英語教育を重要視する声が多くあがっています。

アジアや欧米などありとあらゆる地域で用いられている英語を習得することで、グローバルな市場でビジネスを展開することにつながります。

”訪日外国人数No.1”経済発展めまぐるしい「中国語」

中国はビジネスの世界において、存在感を強めている国のひとつです。

GDP(国内総生産)はアメリカに次ぐ世界第2位を誇っており、2019年度の経済成長率は前年度比6.2%を記録しました。

近年経済成長が注目されるインドの同年の経済成長率が前年度比4.2%であったことを考えると、中国の経済成長は非常に注目されているといえるでしょう。

また、中国語は中国本土に限らず、香港や台湾、マカオ、シンガポールでも使われている言語で、母語人口は世界第1位の約13億7000万人といわれています。

経済成長が著しく、世界各地で活躍を見せる中国語話者の存在を考えると、今後ビジネスシーンにおいて中国語の需要はさらに高まるといえるでしょう。

こちらの記事では、中国語を学ぶメリットについて主にビジネスの面から解説しています。

興味をお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

▶︎中国語を学び習得するメリットとは、ビジネスシーンでの需要や必要性

3ヶ国語のハイブリッドは強みになる

英語と中国語のビジネス面での魅力をご紹介しましたが、当然日本語・英語・中国語の3ヶ国語を習得することは、就職や転職活動において非常に強力なアドバンテージになるといえます。

GDPランキングにおいて上位3カ国を占めるこれらの国の主要言語は、あらゆる業界においてアピールポイントとなります。

英語と中国語を活かせるおすすめの仕事

日本において英語と中国語を活かすことができるおすすめの仕事についてご紹介します。

接客業

飲食店や商店などにおける接客業は、語学スキルを活かせる仕事のひとつです。

特に観光客が多く足を運ぶ地域では、非常に需要が高まっています。

また、接客業では日常会話レベルの語学力でも十分に活躍することが可能です。

学習した言語がどのくらい通用するのか確かめてみたい、という方にもおすすめの職種といえます。

商社・貿易業

語学力を活かし、ネイティブ相手に商談などをしてみたいとお考えの方には、商社や貿易業がおすすめです。

この業種ではグローバルな視点から仕事をすることができるため、海外勤務なども視野にいれた働き方を目指すことができます。

当然高い語学力を求められる仕事ではありますが、日本語、英語、中国語という3カ国語を最大限発揮できる仕事のひとつといえるのではないでしょうか。

観光業・ホテル

日本を訪れる観光客は日本語が話せないケースがほとんどです。

飲食店などの一般的な接客業よりは専門性が求められる仕事ではありますが、3ヶ国語を使い分けることで幅広いニーズに対応することができ、大きなやりがいにつながるのではないでしょうか。

また、ホテルでは高いレベルの接客マナーを身につけることができます。

語学力だけでなく、”おもてなしスキル”も合わせて成長させることができる職種であるといえます。

翻訳・通訳

語学力をフル活用できる仕事としては、翻訳・通訳業務があります。

基礎的な能力だけでなく、臨機応変な対応や慣用表現、文化や風習にまつわる知識など、幅広い語彙力や理解力が求められる仕事ですが、語学力を最大限発揮できる環境であるといえます。

ビジネスシーンやコンテンツのローカライズなど、扱うジャンルによって求められる知識が変わってくるので、自分の興味関心に合わせて仕事を選ぶことができるのも魅力のひとつです。

翻訳の仕事に求められる資格や求人の探し方については、こちらの記事で詳しく解説しているので、興味をお持ちの方は是非参考にしてください。

▶︎翻訳の仕事に資格はいる?翻訳家として働きたい方におすすめの資格

中国語と英語を活かして仕事を探すポイント

中国語と英語のスキルを最大限活かして仕事をさがすポイントについてご紹介します。

語学力を資格で最大限アピールする

語学スキルをアピールする上で最も効果的な方法は資格の取得です。

第三者にもわかりやすくスキルを可視化することができるため、採用担当者に強くアピールをすることが可能です。

英語資格であればTOEIC、中国語資格であればHSKやTECCなどの国際的に広く認知されている資格、スコアを示すことで自分の語学力を最大限発揮することができるでしょう。

語学力の背景にある人間力をアピールする

語学資格と合わせて大切なポイントは語学学習に紐付けた人間力のアピールです。

資格取得に向けてこつこつと努力を重ねた経験や、学習の上で自身の課題を解決したエピソードなど、語学力を身につける上で経験した内容を採用担当者に伝えることもおすすめです。

エピソードを伴った自己PRは、入社後に会社に貢献する姿をイメージしやすくなるため、採用担当者に良い印象を与えやすくなります。

中国語に特化したサイトを活用する

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトを活用することで、効率的に仕事探しを進めることが可能です。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトであるTENJeeでは、幅広い業界・職種の中から語学力が強みになる仕事を簡単に探すことができます。

求められる語学要件や詳しい仕事内容なども掲載されているので、まずは実際の求人情報を参考に仕事選びのイメージをつかんでみてはいかがでしょうか。

※語学力を武器に仕事を探したい方はこちらから

まとめ

英語スキルと中国語スキルは、幅広い業界で高く評価される強力なアピールポイントです。

高い語学力を武器にすることで、自分の理想の働き方の実現につながるといえるでしょう。

TENJeeでは、中国語スキルを持つ人材を積極的に採用している企業情報を豊富に掲載しています。

ぜひ一度実際の求人情報をチェックして、どのような働き方が実現可能なのか確かめてみてください。

語学力を活かして仕事を探すにはこちらから

中国語人材を積極採用している企業の特徴!語学力を活かす就職活動法

中国語を仕事に活かしたいけれど、どのような業界・職種が向いているかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中国語スキルの需要が高まっている業界や企業の特徴についてご紹介します。

また、就職活動時に語学力を最大限アピールする方法についても合わせて解説します。

この記事を参考に中国語を強みに仕事探しを進めてみてください。

中国語を活かせる仕事を探したい方にはTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持っている人専用の求人サイトなので、幅広い業界から簡単に仕事を探すことが可能です。

まずは一度、どのような仕事があるのか実際の求人をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報をチェックするにはこちらから

中国語スキルが強みになる理由

中国語スキルが就職活動において大きな強みになる理由をご紹介します。

経済発展を続ける中国市場

中国は世界的にみても高い経済成長率を誇る国です。

GDP(国内総生産)はアメリカに次ぐ世界第2位であり、アメリカの「GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)」と「中国四大企業BATH(Baido、Alibaba、Tencent、HUAWEI)」が並べて取り上げられるようになっています。

日本へ進出する企業が多いだけでなく、世界的にみても中国企業はますます拡大していくことが予想されています。

日本を訪れる中国人の多さ

日本への外国人観光客の中で最も大きい割合を占めているのが中国人観光客です。

JNTO(日本政府観光局)によると、2019年度の訪日外客数は9,594,394人であり、全体の約30%を占めています。

2番目に数が多い韓国との差は400万人程度であり、このことからも日本を訪れる中国人観光客が非常に多いといえるでしょう。

参考:JNTO(日本政府観光局)「訪日外客数(年表)」

日本に進出する中国企業も増えている

中国系企業は、経済成長に伴いグローバルに市場を拡大しています。

そして、日本に進出する中国系の企業も非常に多いです。

経済産業省による日本に進出しているアジア系企業数の調査結果によると、第1位である中国は2位の香港の2倍近い、337社が日本進出を遂げています。

アジア全体で約900社日本に進出している中で、その約37%を占めていることを考えると、中国は日本において事業を拡大している国のひとつであるといえるでしょう。

参考:経済産業省「第53回令和元年外資系企業動向調査」

中国語スキルを活かしやすい業界

中国語スキルを活かしやすい業界や職種についてご紹介します。

サービス業・観光業

訪日中国人を主な顧客とするサービス業や観光業は、中国語スキルを活かしやすい業界のひとつです。

中国人が多く訪れる観光地や飲食店などにおいては、中国語で接客をおこなうことのできる人材の需要が高まっています。

また、中国人の方向けのツアーガイドや、中国国内の旅行代理店との商談など、サービス業・観光業では幅広い職種において中国語を活かすことができるでしょう。

翻訳・通訳

語学力を最大限発揮できる仕事として魅力的なのは、翻訳や通訳です。

観光客向けの翻訳はもちろん、ビジネスの場での翻訳などは、海外進出に伴い取引が増えている日本企業・中国企業双方で需要が高まっているといえるでしょう。

また、翻訳業務はビジネス文書や、小説などに加えて近年はゲームや漫画、アニメなどのジャンルでも盛んにおこなわれています。

このような業界においては、単に直訳するのではなく文化や社会の違いなどにコンテンツを適応させる”ローカライズ”という業務が主流になってきました。

語学力だけでなく異文化理解なども求められるローカライズは、国際的な交流が深まる今日、世の中で強く求められている仕事のひとつといえます。

”ローカライズ”の仕事についてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、興味をお持ちの方はぜひ合わせて参考にしてみてください。

▶︎中国語を活かしローカライズを仕事に!求人の探し方と転職・就職時に役立つスキル

IT業界/ITエンジニア

IT業界、特にITエンジニア職も中国語スキルを発揮できる分野のひとつです。

世界的にも注目度が高まっている「中国四大企業BATH(Baido、Alibaba、Tencent、HUAWEI)」はどれもIT系企業であり、このことからも中国がIT産業を得意としていることがあります。

日本に支点を設ける中国系のIT企業も増えており、求人サイトでは中国語スキルを持ったITエンジニアの募集もよく目にするようになりました。

中国本土の本社や中国人の同僚とのコミュニケーションと日本企業とのやりとりの両方が求められるこのような職場では、中国語スキルを持った人材が高く評価されやすいといえます。

中国語をエンジニアに活かす方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎需要あり!中国語スキルを活かしてエンジニアに転職する方法

教育現場

教育現場も中国語スキルが求められている業界のひとつです。

日本人向けの中国語教師や、中国人向けの日本語教師などは高い語学力が求められているといえます。

語学力だけでなく、自分自身の外国語学習の”経験”を活かすことができるのも教育現場で働く魅力といえるかもしれません。

中国語を採用担当者にアピールするコツ

中国語スキルを採用担当者に最大限アピールするポイントについてご紹介します。

資格で実力を可視化する

語学力を就職活動に活かす上で不可欠なのは、資格の取得です。

資格を取得することで自分の語学力をわかりやすく可視化することができるため、採用担当者にはっきりと自分の実力をアピールすることができます。

また、言語資格にはいくつかの種類があり、それぞれ重点的に測ることのできる能力がわかれているため、自分の脂肪業界に合わせて受験することがおすすめです。

認知度も高く、採用活動時にアピールしやすい主な中国語の資格について、こちらの記事で詳しく解説しています。

自分の志望職種や業界に合わせて、適した資格を選んでみてはいかがでしょうか。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

学習目的で貢献度をアピールする

「なぜ学習したか」「その企業において中国語力を活かしてどのような貢献ができるか」といった、外国語学習の背景を説明することで、企業への貢献度や自身の人柄をアピールすることができます。

多文化理解の姿勢など、その企業で活かせる自分の人間性を積極的にアピールすることで、採用担当者の目にとまりやすくなるといえるでしょう。

学習過程で人間力をアピールする

自分で設定した語学スキル習得という目標に向かって学習を継続したことを通し、課題解決力や勤勉性などをアピールすることができます。

学習過程でのエピソードなどを交えて採用担当者にアピールすることで、企業に就職後の姿を具体的に印象付けることができるのではないでしょうか。

単に学習結果として資格をアピールするのではなく、エピソードや自身の考えをしっかりと伝えることがポイントです。

中国語を活かせる企業の探し方

中国語を活かすことのできる仕事を探す際には、中国語に特化した求人サイトを活用することがおすすめです。

中国語スキルをもつ人専用の求人サイトであるTENJeeでは、幅広い職種・業界から中国語スキルを活かすことのできる求人情報を簡単に探すことが可能です。

具体的な仕事内容の詳細はもちろん、求められる語学要件や福利厚生などさまざまな情報が掲載されているので、就職後の働き方もイメージしやすいと言えます。

まずは一度、どのような仕事があるのか実際の求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かせる仕事情報をチェックしたい方はこちらから

まとめ

今回は中国語スキルへの需要が高まっている企業や業界についてご紹介しました。

観光でもビジネスの面でも人々の往来が盛んで、文化的な側面からも交流の多い日本と中国では、双方の語学力をもった人材は高い評価を得やすいといえます。

語学スキルを最大限活かして、自分にあった働き方をみつけてみてください。

TENJeeでは中国語を活かせる仕事を多数紹介しています。

業界や職種も幅広く取り扱っているので、興味がある方は是非一度実際の求人内容をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトはこちらから

日本で働きたい中国人におすすめの求人・仕事の探し方、現状を踏まえて解説

日本では「少子高齢化・労働人口不足」が大きな社会課題となった今、政府は外国人の雇用の拡大を本格的に推進してきました。

しかし、近年のコロナ禍によって就職・転職市場にも影響が出ており、外国人求職者にとって不安な状態が続いています。

そこで今回は、日本の外国人雇用の状況、そして中国人の方が日本で有利に就職・転職を進めるための方法について解説していきます。

中国語を使って働きたい人向けの求人サイトTENJeeでは中国語スキルを活かせる求人情報が豊富に掲載されています。幅広い業界・職種の中から、自身の希望に合う仕事を探してみましょう。

※中国語を活かせる求人を確認する

日本における外国人雇用を取り巻く状況

日本の外国人雇用を取り巻く状況はここ数十年で変化し続けています。

日本国内の方針と新型コロナウイルスの影響という側面から、近年の外国人雇用の流れを読み解いていきます。

日本政府による推進政策

日本政府は外国人労働者の受け入れ拡大を目指して、これまで外国人雇用に関するさまざまな政策を導入してきました。

厚生労働省のデータによると、国内の全労働者に対する外国人労働者の割合は2008年時点で0.8%であったのに対し、2018年には2.2%と2倍以上の割合に増えています。

なかでも中国籍の就労者の人数は全体のおよそ3割を占めています。

(引用元:内閣府「企業の外国人雇用に関する分析−取組と課題について−」

2019年4月には新しく「特定技能制度」という在留資格制度が設けられ、外国人がより幅広い業種で就労できる体制を整えています。

グローバル化により外国籍人材の需要は高まっている

ここ数十年アジア圏経済が大きく成長し、中国をはじめとするアジア地域が大きなビジネス市場となりつつあります。

一方で、日本のGDPは20年以上も停滞を続けていることから、国内の市場も縮小する可能性が高いです。

(参照:内閣府 国民経済計算(GDP統計)

こうした流れから多くの企業が海外に自社ビジネスを展開し、さまざまな国の企業や人間と関わる機会が増えています。

海外でビジネスを推進するには、高い語学力はもちろん現地の文化や慣習、価値観への理解が必要とされます。

現地の言語や習慣を把握している人材は、現地の方とのコミュニケーションなどをスムーズにおこなうことができるため、その国の言語を話すことのできる人材の需要も高まっているといえるでしょう。

新型コロナウイルスが在留外国人数に影響

2019年末からの新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の人の移動が制限されました。

その結果、日本でも在留外国人の数は8年ぶりに減少を記録しました。(2020年6月末時点)

(参照:内閣府 出入国在留管理庁 令和2年6月末現在における在留外国人数について

しかし、ここ数ヶ月でワクチンの接種状況が大きく進展し、世界的にも徐々に経済活動が再開され始めました。

依然として先行きは不透明なものの、今後は人の移動に対する制限も緩和されていくのではないかと考えられます。

中国語スキルを持つ人材の需要は高まっている

コロナ禍においてもグローバルな人材への需要が高まっている中で、特に中国はその市場の大きさ・人口の多さから、中国語スキルを持つ人材への需要は高まりをみせています。

中国語人材の需要が高まっている詳しい背景については▶️「中国語人材の需要は高い?今後中国語スキルが必要になる理由を解説」で説明しているので、ぜひご参照ください。

中国語で高度なコミュニケーションを取れることは、就職において大きな強みとなります。

自身の中国語スキルを活かせる仕事を探して、就職・転職を有利にすすめましょう。

中国人の方におすすめの仕事の探し方

コロナ禍においても、中国語人材を求めている企業は現在も多くあり、工夫して探すことで希望に沿った仕事を見つけることができます。

そこで、ここからは中国人向けの仕事の探し方を5つ紹介します。

大学の就職支援センターに相談する

日本の大学に留学中の学生であれば、学校の就職支援センターからサポートを受けるのがおすすめです。

大学の就職支援センターでは、日本で就職活動をしている外国人留学生に向けた就職支援プログラムや個別相談を行っていることが多いです。

留学生であれば早期からで就職支援センターに行き、周りより一足先に行動しておくと就活をスムーズに進められるでしょう。

ハローワークを利用する

ハローワークは厚生労働省によって運営されている公的機関で、主に転職先を探すために使われます。

ハローワークは各都道府県に複数設置されており、求人情報の閲覧や応募、職員との就職・転職相談などさまざまなサポートを受けることができます。

相談内容は求人の詳しい内容から履歴書の書き方、面接の練習など幅広く対応しています。

場所によっては外国人通訳がついている所もあるので事前に問い合わせをしておきましょう。

外国人雇用センターを利用する

外国人雇用サービスセンターは、高度外国人や外国人留学生の就職に特化した就業支援をおこなっている公的機関です。

求人情報の掲示に加え、就職ガイダンスの開催やインターンシッププログラムの提供、就職面接会の実施もおこなっています。

どうやって就職・転職活動を進めていいかわからないという方は、このような国の提供するサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

就職・転職エージェントに相談する

就職・転職エージェントでは、就職・転職活動に関する悩みをプロのコンサルタントが解決し、また実際の採用選考過程におけるサポートを手厚くおこなっています。

面談を通じて、担当員が相談者様のスキルや将来のビジョンにマッチした求人情報を提案してくれるため、まだやりたいことがはっきりしないという方にもおすすめのサービスです。

フェローシップでは、日本での就職・転職を目指す外国人の方に向けたサービスを展開しています。

幅広い求人情報が得られるだけでなく、就業が決まった後も継続的なサポートを受けることも可能です。中国国籍のスタッフが在籍しているので、母国語で相談したい中国人求職者の方にもおすすめです。

※日本で就職・転職を目指す外国人の方はこちら

中国人に特化した求人サイトを活用する

中国人や中国語ネイティブを対象にしている求人サイトを利用することで、語学力を活かせる仕事に焦点を当てて探すことができます。

利用する中国人向けの求人サイトは取扱案件数が多く、幅広い業界を扱っているものがおすすめです。

中国語求人サイトTENJeeは、中国語スキルを活かしてキャリアアップやさらなる自己成長につなげたいという方のための求人サイトです。さまざまな業界・職種・条件に絞って求人を検索できるため、より自身の希望に沿った仕事を見つけられるでしょう。

※中国語を活かしてキャリアアップを目指したい方はこちら

中国人であることを活かした仕事探し

中国人が日本で就職・転職活動をするには、自分一人でやる以外にもさまざまな仕事の探し方があります。

「コロナの影響で外国人の就職が不利になるのでは」と不安になるかもしれませんが、むしろ中国人であることを活かして理想の仕事を見つけることは十分に可能です。

現在、日本でも高度な中国語人材を募集している求人は多くあります。

種類豊富な中国語求人情報を誇るTENJeeで、自身の仕事の選択肢の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

※豊富な求人案件から中国語を活かせる仕事を探したい方はこちら

中国語ネイティブ向けの求人とは?職種やおすすめの探し方

中国が世界第2位の経済大国となった現在、ビジネスの分野においても中国語のスキルは多くの企業で重宝されています。

(参照:2020年世界の名目GDP 国別ランキング(IMF)

ネイティブレベルの中国語スキルを持っていると、就職・転職において非常に大きな強みになります。

訪日している中国人観光客への対応やホテル、中国人に向けて日本語を教える職業など、自身の語学力を活かす仕事を探すことで、現在よりも良い条件で就労することができるかもしれません。

TENJeeでは中国語を活かせる求人を専門に扱っている求人サイトです。

自身の中国語を活かした求人を探している方はぜひご覧ください。

※中国語ネイティブ人材向けの求人情報はこちらから

ネイティブレベルの中国語を活かせる職種

中国語のネイティブレベルとは、中国語を第一言語とする人たちと同等のレベルで会話ができ、アクセントが取れるレベルを指します。

中国語母語の人はもちろん、日本生まれであっても幼い頃から中国語を日常的に使う環境で育った人などもこれに該当します。

数字的な目安で言えば、HSK6級、中検準1〜1級、TECC800点以上を有していれば、一般的にネイティブレベルの中国語スキルを持っていると考えられます。

中国語を活かして働ける仕事は、多岐の分野にわたって存在します。

今回はその中でも、ネイティブレベルの方向けの職種を簡単にご紹介します。

通訳・翻訳

高い語学力を活かせる代表的な職種として、「通訳・翻訳」が挙げられます。

通訳の中にも国際会議の通訳を受け持つ「会議通訳」、企業の商談に立ち会う「ビジネス通訳」、外国人スポーツ選手や芸能人の通訳を担当する「スポーツ・芸能通訳」などさまざまな種類に分かれています。

また、翻訳もビジネス文書からコンテンツのローカライズ業務まで幅広く受け持つ業種です。正しい翻訳をおこなうには、高い語学力と合わせて中国・日本の文化や歴史に対する知識を持っていることが望ましいです 。

通訳者・翻訳家になるには、聞く力や話す力に加え、異なる言語の切り替えを素早くかつ正確におこなうための高い言語能力が必要となります。

日本で翻訳家として働くための方法や資格についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

▶︎翻訳の仕事に資格はいるの?翻訳家として働きたい方におすすめの資格

そのため、ネイティブレベルの語学スキルを持つ人材が求められる仕事のひとつといえるでしょう。

日本語・中国語教師

主に国内の社会人や学生に、日本語もしくは中国語の文法や話し方を教える仕事です。

日本語・中国語教師を名乗るにあたり、教員免許や特別な資格を持っている必要ありません。

しかし、正しい言語知識や教える技術を有することを証明する手段として、いくつかの採用条件が設けられていることがほとんどです。

日本語教師の場合は、「日本語教育能力検定試験に合格していること」「大学で日本語教育の専攻課程を修了していること」「日本語教師養成講座のカリキュラムを420時間終了していること」のいずれかひとつを求められることが多いです。

中国語教師は、中高の中国語教員を目指す場合には中国語の教員免許が必要となります。

ほかにも、「IPA国際公認漢語(中国語)教師資格認証試験」を取得しておくと、中国語を教え基礎的なスキルを持っていることを採用側にアピールできます。

日本語・中国語教師いずれにしても、高いレベルで両方の言語を操ることができる能力が必要とされるでしょう。

中国と関わりのある仕事

日本国内であっても、中国と関わりを持ちながら仕事をすることができます。

例えば、中国企業と多数提携している貿易会社の事務員などが挙げられます。

中国語を使って現地企業にビジネスレターを書いたり、書類の作成をするなど、様々な場面で中国語スキルを活かすことができる仕事です。

また、中国人を多く雇用している会社などでは、社内のコミュニケーションにおいても自然と中国語を使う機会が多くなります。

他にも、中国向けのコンテンツを作成しているメーカーや中国人観光客の接客営業も、日本にいながら中国と深いつながりを持って働くことができる職種です。

中国語スキルを活かせる仕事の探し方

日本でネイティブレベルの中国語を活かして働くには、さまざまな選択肢があることがわかりました。

では、実際に中国語スキルを活用する仕事は、どのように探せばいいのでしょうか。

ここでは仕事探しを始める前に準備すべきこと、そして仕事探しがスムーズになるおすすめの求人サイトや就職・転職エージェントについて紹介します。

語学スキルを可視化する

中国語をネイティブレベルに使うことができるのであれば、難易度の高い資格を取得しスキルを可視化しておくことをおすすめします。

資格を保有することで、書類選考の際に履歴書で自身の語学スキルをアピールすることができるようになります。

ネイティブレベルに相当する高度な資格を持っていれば、優秀な人材とみなされ選考に有利に働く可能性が高いです。

就職や転職で役に立つ中国語の資格の種類や取得方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

▶︎「就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説」

資格に加えて、実際に仕事の場で中国語を用いた経験や実績を持っているとより強いアピールにつながります。

中国語に特化した求人サイトを活用する

実際に求人を探す段階に入ったら、中国語に特化した求人サイトを利用するのがおすすめです。

通常の求人サイトに比べ、中国語話者に向けの厳選された求人情報が載っているので、自身の希望に沿った仕事や職種が選びやすいという特徴があります。

このとき、企業が求めている中国語がレベルと自分の語学スキルがマッチしているかどうか、求人内容をよく確認しておきましょう。

中国語求人サイトTENJeeは、中国語を活かして働きたい人に特化した数多くの求人情報を扱っています。

TENJeeの求人検索機能では、日本語・中国語それぞれのレベル別に仕事を検索することが可能です。中国語初心者からネイティブレベルまで、幅広い求人が取り揃えられているため自身のスキルに応じた仕事を探すことができます。

※ネイティブレベルの中国語を活かせる求人を探したい方はこちら

転職エージェントを利用する

自分一人で就職・転職活動をおこなうことに不安がある方は、転職エージェントにキャリア相談してみてはいかがでしょうか。

「中国語を活かして働きたいけど、そもそも自分にどんな仕事が向いているかわからない」という方でも、相談者様とのコミュニケーションを通じてプロのコンサルタントが最善のキャリアプランを提案してくれます。

特に中国人の方で日本での就業を目指している場合は、会社との契約に関するやり取りを一人でこなすのはなかなか大変です。

そのため、就職・転職エージェントの力を借りることで、安心して就職・転職活動をすす得ることができます。

フェローシップでは、中国人をはじめとする外国人の方々の日本就業を支援しています。担当スタッフの中には中国語ネイティブスタッフもいるので、母国語での相談できるのも大きな特徴のひとつです。

※中国語を活かした就職・転職の相談をしたい方はこちら

外国人雇用センターに相談する

外国人雇用センターとは、厚労省のもとで外国人留学生や専門的な在留資格のある外国人労働者の就職をサポートしている公的機関です。

外国人雇用センターでは、各地域のハローワークからピックアップされた留学生や転職者向け求人情報を自由に閲覧できます。

また、定期的に就職ガイダンスやセミナーが開催されており、就職の情報取集にも役立ちます。

東京・名古屋・愛知・大阪・福岡にセンターがあり、インターネットにつなげるPCも設置されています。詳しくは▶︎「外国人雇用センターの公式ホームページ」をご覧ください。

高度な中国語力を活かしてキャリアアップを

日本においてもビジネスがますますグローバル化していく中で、中国語ネイティブ人材への需要はますます高まっていくと考えられます。

ネイティブレベルの中国語を活かした働き方には、専門的な職業から企業の幅広い運営に携われるものまでさまざまな仕事があります。

自身の理想にあった仕事を探すためには、中国語求人に特化したサイトがおすすめです。

今回の記事で紹介したTENJeeは、中国語に特化した求人サイトとして国内最大級の規模を誇ります。中国語を使う仕事にはどんな職種の求人が出ているのか、まずは一度チェックしてみてください。

※中国語スキルを活かした仕事を探している方はこちら

まだ「自身のキャリアの理想像がわからない」という方は、フェローシップに相談して、自己理解を深めることから始めるのもいいですね。

ハイレベルな中国語スキルを活用して、自身のキャリアアップにつなげましょう。

中国語を活かして翻訳を仕事に!在宅で出来る翻訳の求人を探す方法

中国語スキルを活かせる仕事のひとつに、翻訳があります。

また、翻訳業務は在宅での勤務が可能な求人が多い仕事のひとつでもあります。

2019年から続くコロナ禍の影響で、多くの企業が在宅ワークを導入せざるを得なくなりました。

そんな中、自由度も高くプライベートとも両立しやすい在宅ワークという働き方に魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、在宅でできる中国語と日本語の相互翻訳の仕事の特徴と、求人情報の探し方についてご紹介したいと思います。

また、翻訳の仕事を探すには、中国語スキルを持つ人専用の求人サイトTENJeeがおすすめです。

在宅勤務が可能な翻訳の求人情報も多数掲載されているので、まずは一度詳しい仕事内容や求められる語学要件などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かした翻訳の求人情報を探したい方はこちらから

中国語スキルを活かして翻訳を仕事にする

「翻訳」は中国語と日本語のスキルをお持ちの方におすすめの仕事のひとつです。

ここでは翻訳の仕事で扱う題材や求められるスキルについてご紹介したいと思います。

翻訳内容はさまざま

翻訳とは語学スキルを活かして、ある言語で書かれた文章を原文の意味に則して別の言語に移し替える作業のことを指す言葉です。

対象となる文章は契約書類やメールなどのビジネス文書から映画やアニメ、ゲームなどのコンテンツの字幕まで幅広くあります。

また、「ローカライズ」と呼ばれる文化や歴史、宗教観に配慮した翻訳を含む改変作業も非常に需要の高い業務のひとつです。

翻訳業務を通して、自分の興味関心のある業界やコンテンツに携わることもできるという点も翻訳の魅力でしょう。

翻訳の仕事の種類についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご確認ください。

▶︎中国語を翻訳する求人の探し方と翻訳家に必要なスキルとは

翻訳に必要なスキル

翻訳の仕事に取り組むにあたって求められるのは、語学力だけではありません。

ビジネス文書の場合は、それぞれの業界の専門用語やビジネスマナー、国によって異なることも多い仕事観などへの理解も不可欠です。

また映画やゲームなどのコンテンツの字幕翻訳においては、キャラクターへの理解やそのコンテンツの世界観を演出するための表現力などが必要とされます。

特にローカライズの観点においては、単純な直訳ではなく宗教観や風習、歴史などに配慮して表現を改変する必要があります。

そのため、翻訳対象の言語が用いられている国家や地域全体についての総合的な理解が重要といえます。

在宅ワークのメリット

インターネットなどの通信技術の発展に伴い、遠隔地とのコミュニケーションや情報、データの共有が容易になりました。

通信環境の変化に伴い、在宅ワークも導入しやすくなったといえます。

また、「テレワーク」という言葉も耳にする機会が増えたのではないでしょうか。

テレワークとはオフィス以外の場所から業務に当たることを指す言葉です。

「在宅ワーク」はテレワークの一種で、オフィス以外の場所の中でも特に自宅で就業する働き方のことを指します。

また、もともと正社員として契約している会社の業務を自宅でおこなう以外にも、個人事業主として案件ごとに働く会社と雇用契約をするという方法も含まれています。

翻訳の仕事の場合も、翻訳会社と契約して自宅で業務にあたるケースと個人時事業主として案件を受注するケースの両方がありますが、比較的に個人事業主としても働ける求人が多いことが特徴といえます。

複雑なコミュニケーションに自信がなくても安心

語学スキルを活かして働きたいけど、口頭での複雑なコミュニケーションには少し不安を感じるという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、コミュニケーションをとる機会の少ない在宅ワークを選ぶことで、翻訳業務に挑戦するハードルを下げることにつながるでしょう。

もちろん、在宅ワークであっても業務にあたる上で他の人とやりとりをする必要があることは事実です。

しかし、対面で勤務する場合と比べると他の同僚とのコミュニケーションをとる機会は少ないため、より挑戦しやすいといえるでしょう。

日本語でのコミュニケーションに自信がない中国語母語の方や、中国語でのコミュニケーションに自信がない日本語母語の方にとっては、翻訳という仕事に挑戦する上で、まずは在宅ワークで外国語でのコミュニケーションに慣れるのもひとつの手かもしれません。

自宅で快適に作業できる

翻訳は高い集中力が求められる仕事のひとつです。

自宅は作業環境を整えやすいため、より快適に業務に当たることができるのではないでしょうか。

業務に当たる上で辞書や文法の参考書などのツールや、アニメやゲームのローカライズの場合は視聴環境なども必要となるため、自宅での作業の方が捗る場合も多いです。

こちらの記事で在宅ワークを始めるために必要なものや注意点について詳しく紹介しているので、こちらを参考に快適な作業環境を整えてみてはいかがでしょうか。

▪️在宅ワークの始め方とは?仕事の探し方からメリット・デメリットまで徹底解説

在宅でできる翻訳の仕事の探し方

魅力溢れる在宅での翻訳業務ですが、一体どのように仕事を見つければよいのでしょうか。

代表的な2つの探し方についてご紹介します。

求人サイトを利用する

求人サイトには在宅での勤務が可能な仕事が多数掲載されています。

募集要件や報酬などが明確に記載されているため、初心者でも始めやすいことが特徴です。

また、様々な求人を比較することで、より自分の希望する条件にあった仕事を選びやすいといえるでしょう。

また、派遣社員や契約社員などさまざまな働き方が募集されている場合も多いです。

そのため、自分のライフスタイルやキャライアプランに合わせた働き方が実現しやすい点もポイントといえます。

中国語に特化したサイトを活用する

求人サイトの中には、得意とする言語に特化したサイトも存在します。

中国語スキルを持つ人のための求人サイトTENJeeでは、中国語と日本語の相互翻訳に関する求人情報も多数掲載されています。

日本人も対象にした求人サイトとは異なり、中国語スキルを持っている人向けの求人情報のみが掲載されているため、中国語を活かせる仕事を簡単に探すことができます。

在宅勤務が可能な翻訳業務の求人も多数掲載されているので、まずは一度どのような仕事があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語スキルのある人専用の求人サイトで仕事を探すにはこちらから

クラウドソーシングサイトに登録する

「クラウドソーシング」とは、”個人や企業がインターネット上で不特定多数に向けて仕事を発注する業務委託の一種”です。

クラウドソーシングのプラットホームとなっているサイトに登録することで、自分のスキルや知識を活かして仕事を受注することが可能です。

翻訳に関する募集も多くあり、案件をこなすことで所要時間や業務の質に応じた評価がつくサイトも存在します。

このようなサイトの場合、評価が上がることで1つの案件あたりの単価も上昇するため、キャリアアップも目指せる仕組みになっています。

ただしこの評価制度にはデメリットもあり、登録したばかりで実績がない状態では競争率が高い案件を受注することは難しいです。

はじめは単価が安い傾向にある簡単な案件をこなすことで、ある程度まで評価を高める必要があるといえるでしょう。

在宅で中国語翻訳を仕事にする

語学スキルを活かすことのできる翻訳業務は、在宅ワークに適した職種のひとつです。

作業環境を整えやすい自宅で快適に作業をすることができ、隙間時間を活かした就労も可能であるため、プライベートとの両立がしやすいといえるでしょう。

自分の語学力や理想の働き方と照らし合わせながら、自分にあった翻訳業務の求人を探してみてください。

中国語スキルを活かせる仕事専用の求人サイトであるTENJeeでは、在宅勤務が可能な翻訳の求人を多数掲載しています。

ビジネス文書からコンテンツのローカライズまで取り扱う題材は幅広く、派遣社員や契約社員など雇用形態も多様であるため、一人一人に合った働き方を見つけられるのではないでしょうか。

詳しい仕事の内容や求められる資格やスキルについても記載されているので、まずは一度求人情報をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かして自分らしい働き方を探したい方はこちらから

在宅で中国語スキルを活かしてできる仕事の特徴・種類、求人の探し方

「中国語を活かして在宅で仕事をしたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

2020年から2021年にかけて世界的に流行した新型コロナウイルスの影響で、日本でも多くの企業が在宅勤務制度を導入しました。

その結果として、より非常に多くの職種で在宅勤務が可能になったといえます。

そこで今回は、数ある職種の中でも「中国語を活かした在宅勤務」が可能なものにはどのような特徴があるのか解説したいと思います。

今回ご紹介したポイントを意識することで、中国語スキルという強みを活かしながら自宅で働ける仕事を簡単に探すことができるのではないでしょうか。

また、中国語を活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、中国語スキルを持つ人材を探している企業情報を多数掲載しています。

まずは実際の求人情報をみて、どのような仕事があるのかを確認してみるのも良いかもしれません。

※中国語を活かせる求人情報はこちらから

在宅可能な中国語を活かせる仕事の特徴

中国語を活かすことができ、在宅勤務が可能な仕事にはどのような特徴があるのでしょうか。

在宅でも問題なく業務をおこなうために必要な条件を見ていきます。

オンラインでのやりとりが多い

オンラインで他の同僚とのやり取りをおこなうことができる仕事は在宅勤務に適しています。

仕事をおこなう上で同僚との連携は不可欠ですが、テレビ電話などを利用することでオンライン上でも十分意思疎通を図ることができるといえます。

コミュニケーションが発生しにくい

業務を行うにあたって、他者との共同作業やコミュニケーションがあまり必要ではない職種もあります。

接客業や建設業においては、何人かが同じ場所で共同作業することが業務上不可欠です。

しかし、仕事自体が個人作業である場合、コミュニケーションが必要とされる場面は少ないといえます。

個人での作業が多い職種では、オンラインで十分に他の社員とのコミュニケーションが取れる場合が多いため、在宅であっても問題なく働くことができるのではないでしょうか。

中国の会社とのやりとりがある企業

中国語スキルを持つ人材が活躍している企業には、本社が中国にある場合も少なくありません。そのような場合、会社からオンライン上で業務内容に関する指示を受けることも多いでしょう。

そのような場合、指示を受けるため直接会社に赴く必要がないため、自宅で指示を受けることで在宅勤務が可能であるといえます。

在宅可能で中国語スキルを活かせる仕事例

在宅でも中国語を活かしながら働くことができる職業にはどのようなものがあるのでしょうか。

オンライン上でも十分にコミュニケーションを取ることが可能で、他者との共同作業が必要のない職種について具体的に見ていきます。

翻訳・通訳

中国語という語学能力を活用できる仕事に、翻訳や通訳があります。

対象となるコンテンツを翻訳する作業では、オフラインでの共同作業やコミュニケーションをさほど必要としません。

業務の指示や相談なども、オンライン上で問題なく行える場合が多いです。

翻訳の中でも、近年盛んになっているのがゲームソフトやアプリの翻訳業務です。スマートフォンや家庭用ゲーム機が世界的に普及している今日、日本製や中国製のゲームが国の枠を超えて流通しています。

従来の書籍の翻訳に限らず、ゲームやアニメ、ドラマ、漫画など様々なコンテンツを、

国境を越えて届けるために、翻訳業務の需要は高まっているといえるでしょう。

テレビ電話などを用いたオンライン会議の増加に伴い、通訳もオンラインでの就業が可能となりました。また、国をまたいだオンライン上の商談や会議においても同様に、自宅からでも通訳業務に当たることが可能です。

グローバル化が進み、国境を越えたやり取りが増える中で通訳への需要は高まっているといえるでしょう。

オンライン講師

語学などの教室をオンライン上で実施することで、自宅にいながら働くことができます。

テレビ電話などの技術を利用することで、自宅から離れたところにいる受講者に講義をおこなうことが可能です。

対面形式でおこなう講義では、会場との距離などから受講者がある程度限定されてしまいますが、オンラインでは地理的な条件に関係なく受講者を集めることができます。

在宅勤務が可能であるだけでなく、集客の幅を広げることができる、というメリットもある職種だといえます。

Webサイトの運営

Webサイトの運営も在宅勤務が可能な職種のひとつです。

基本的に個人作業であるため、コンピュータやインターネット設備さえあれば十分に業務に当たることができます。

コミュニケーションを必要とする機会も少ないため、在宅でも問題なく就業可能といえるでしょう。

中国向けの営業

中国市場や中国企業に対する営業業務も在宅勤務可能な職種です。

オンラインを活用することで、日本と中国という遠隔地での営業活動をおこなうことができます。

テレビ電話などのオンラインでのやり取りが業務の主軸となるため、在宅でも十分に勤務可能といえるでしょう。

中国向けのエンジニア

中国を対象としたエンジニアも在宅勤務可能な求人が多くあります。

コンピュータを用いた個人作業がメインとなるため、在宅でも問題なく業務に当たることができるといえます。

また企業自体が中国にあり、業務の連絡なども基本的にオンラインでおこなわれるケースも多いようです。

専門的な知識が必要ではありますが、IT分野は人手不足とされていることもあり、他の業界と比べて非常に多くの企業が人材を募集している傾向にあります。

中国語を活かして在宅可能な仕事を探すには?

中国語のスキルを活かしながら在宅勤務できる仕事を探すには、3つのステップがあります。

在宅可能な職種を洗い出す

在宅でも問題なく業務が可能かどうかは職種によるところが大きいといえます。

はじめに、どのような仕事であれば在宅勤務が可能かを洗い出しましょう。

具体的には、コンピュータなど自宅にある設備のみで業務を行うことができるかどうかや、他の従業員とのコミュニケーションをオンラインで十分とることが可能かどうかなどの条件があげられます。

また、顧客と直接会わなくても業務を実現できるかどうかが重要となってきます。

中国語スキルを活かせる職種を洗い出す

中国語スキルを持っていることは大きな強みとなります。

在宅可能な職種の中から、中国語を活かせるものは何があるのかを見極めましょう。

具体的には、中国企業とのやり取りがある場合や翻訳・語学教室などの語学力を直接的に活かす場合が考えられます。中国市場をターゲットとした業務でも自身の中国語スキルを最大限生かすことができるでしょう。

中国語に特化した求人サイトを利用する

在宅勤務が可能で、かつ中国語スキルを活かせるという2つの条件を組み合わせて情報を収集することは少々手間がかかるかもしれません。

しかし、中国語に特化した求人サイトを利用することで情報収集をより簡単に行うことができます。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトであるTENJeeを利用することで、在宅勤務が可能な中国語を活かせる仕事を簡単に調べることができます。

まずは在宅勤務が可能な求人にはどのようなものがあるか、実際に調べてみてはいかがでしょうか。

※中国語スキルを活かせる仕事についてはこちらから

中国語を翻訳する求人の探し方と翻訳家に必要なスキルとは

中国語のスキルを活かせる翻訳の求人を日本で探すためには、中国語と日本語のスキルが高いレベルで求められることが多いです。

また、翻訳と一言にいっても様々な仕事内容が存在し、求められるスキルも異なる場合があります。

今回は、中国語のスキルを活かして翻訳家の求人を探している方に、翻訳の仕事の種類や求人の洗い出し方、経験の積み方を解説します。

TENJee」では、翻訳家の求人を多く掲載しており、自身に合った翻訳の仕事を洗い出すことが可能です。

自身の語学スキルに合った求人を見つけることも可能なので、ぜひご利用ください。

中国語の翻訳の仕事と必要なスキルとは

中国語スキルを活かして翻訳の仕事を行うには、中国語を日本語に翻訳するスキルと日本語を中国語に翻訳するスキルの両方が求められることが多いです。

また、両方の言語のニュアンスや文化の違いなどを汲み取り、正確に相手や読者に伝えるスキルも求められます。

機械翻訳の技術の進歩により、ただ両言語を読める形に翻訳するだけでは翻訳家になることは難しいことが多いです。

言語のスキル以外にも、中国と日本の文化や地理、歴史など様々な知識が求められることも多いです。

翻訳家の代表的な仕事内容や求められるスキルをそれぞれ解説します。

脚本などの文章を翻訳する

作品の内容によっては専門的な知識を求められることもありますが、両国の文化的な背景や表現方法の違いを認識して翻訳を行う必要があります。

そのため、両国に関する様々な深い知識が求められることが多いです。

国が異なるということは、それぞれの国民の考え方や感性も異なります。

その国に合った意訳を求められ、適切な言葉選びを行うことが重要です。

また、キャラクターの個性や性格をしっかりと把握する能力も求められます。

翻訳元の作品への理解も求められるため、自身の発想力も重要になるかもしれません。

ビジネス文章を翻訳する

契約書や説明資料を翻訳する場合、正しい文章とわかりやすい文章の翻訳が求められます。

さらに、契約書などの法的拘束力がある書類は、書き方なども指定されている場合が存在します。

基本的には各国の行政書士や弁護士が添削することが考えられますが、自身に法律的な専門知識が合った場合、継続した仕事になる可能性もあるかもしれません。

もちろん、国によって法律は異なるため、両国の法律的な知識やビジネスマナーなどの知識が求められます。

商品パッケージを翻訳する

商品のパッケージや原材料表記などを翻訳する場合、固有名詞を翻訳することになります。

その商品がどのような商品なのか、誰をターゲットにしているのかなど、コピーライターの知識は取得しておいた方が良いでしょう。

通訳が求められることも

企業間での通訳が求められることもあります。

特に企業の翻訳家として雇用された場合、翻訳だけでなく通訳のスキルは大きな強みになるでしょう。

通訳は翻訳と異なり、ほとんど発言をリアルタイムで正確に相手に伝えること求められます。

ビジネス上のやりとりでは特に重要な役目なため、聴く力と瞬時に訳す力が同時に求められます。

日本で中国語翻訳の仕事をするポイント

多くの翻訳の求人で、実績を求められたり語学資格が必要だったりと、翻訳家への道は険しいと考える人もいるかと思います。

決して簡単な道ではないことは確かですが、しっかりと準備をすることで翻訳家になれる可能性は確実に上げることができます。

日本で中国語スキルを活かして翻訳の仕事をするポイントを解説します。

実績が求められることが多い

翻訳家の求人を確認すると、未経験不可の求人が多く目に留まった方も多いと思います。

翻訳家を求める企業からすれば、仕事として一定以上の翻訳家を欲していると読み取ることができます。

仕事としての翻訳家経験を未経験の方が積みたい場合、クラウドソーシングなどの企業と個人がやりとりするサービスを使用することで、比較的簡単に翻訳家としての経験を積むことができます。

また、未経験応募可能の求人に応募するときでも、自身が翻訳した作品を提出できるように準備しておいた方が良いかもしれません。

未経験でも応募可能な求人は、実力がある方を雇用したいと思っていることが多いため、自身のスキルをアピールできるポートフォリオを提出できるようにしておきましょう。

自身の語学スキルを証明できる資格を取得する

自身の語学スキルを端的に第三者に説明するためには、語学の資格を取得することが適しているでしょう。

中国語、日本語共に語学の資格試験は存在します。

翻訳には両国の語学スキルが高いレベルで求められるため、母国語ではない言語の資格はしっかりと取得しましょう。

求人によっては、応募条件として語学資格が明記されている場合もあるため、取得しておいて損はありません。

また、翻訳家の求人を洗い出した際に、自身の現在の語学スキルが条件に即しているかを確認することも可能です。

自身の現状を把握することによって、努力の方向性をある程度絞ることができるのも語学資格を取得するメリットの一つです。

求人を洗い出す

自身に合った求人をしっかりと洗い出すことが重要です。

翻訳の内容によっては、語学スキル以外の専門知識が求められることもあります。

自身の経験や語学以外のスキルと合う求人を見つけ、自身の武器として採用担当者にしっかりとアピールしましょう。

中国語に特化した求人サイト「TENJee」では、様々なスキルを活かせる翻訳の求人を掲載しています。

どのような求人にどのようなスキルが必要なのかを確認したり、自身に合った翻訳の求人を洗い出すことも可能です。

中国語翻訳の求人を探す方

中国語翻訳の求人は、通常多くは掲載されていないことが多いです。

一番の理由として、翻訳の求人以外の求人量が多く、探しにくいことが挙げられます。

その中で、自身に合った中国語翻訳の求人を見つける方法を紹介します。

転職エージェントなどの専門家に相談する

専門家に相談することで、自身に合った求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

翻訳の専門家に相談できれば良いですが、転職や就職の専門家に相談することで様々な求人から自身に合った求人を洗い出すことが可能です。

その中でも、中国語に特化した転職・就職の専門家に相談することで、求人の洗い出しだけでなく、自身の語学スキルは適切か、そのほかの手続きや面接のポイントなど、幅広いサポートを受けることが可能になります。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」は、中国語のスキルを持った方への転職・就職活動のサポートを行なっています。

中国人の方の転職・就職支援や就労ビザなどのご相談など、経験豊富なスタッフが丁寧に対応します。

中国語翻訳の求人に応募したい方はぜひご利用ください。

求人サイトを利用する

専門家に相談する前に自身に合った翻訳の仕事内容を検討することも重要です。

翻訳の仕事といっても、内容は様々です。

また、応募する求人によってはその企業が扱うサービスの専門的な知識などが求められることも想定しておく必要があります。

自身の語学スキルや特技、資格をしっかりと活かせる求人を把握することが重要です。

TENJee」は、様々な中国語翻訳の求人を扱っています。

自身の語学スキルの確認や求人の内容から必要な専門知識をしっかりと調べることが可能です。

中国語の翻訳の求人に応募したい方や、洗い出しを行いたい方はぜひご利用ください。

正社員になりたい!中国人が日本で正社員求人に応募する時のポイント

日本で正社員の求人を探している中国人の方もいらっしゃるかと思います。

中国人の方が日本で就職や転職活動を行う場合、日本と中国の文化や社風の違いや自身のスキルを確認することで、求人を探しやすくなることがあります。

今回は、日本で正社員の求人を探している中国人の方に必要な知識や求人の探し方、正社員になるためのポイントを解説します。

TENJee」では、中国人向けの求人を多く掲載しています。

自身の日本語スキルや希望の職種に合った求人を洗い出す際にぜひご利用ください。

中国人が正社員で就職する場合に求められるもの

アルバイトや派遣社員とは異なり、正社員として就労する場合はある程度の裁量や責任が求められることが多いです。

そのため、社外のクライアントとのコミュニケーションやマネジメントスキルなど、職種によって様々な経験や知識が求められることもあります。

また、中国人が就職活動を行う場合、日本人とは異なる手続きも必要になります。

中国人が就職活動で求められる要素を紹介します。

日本語のスキル

正社員は、比較的責任や裁量が求められることが多いです。

その分ほかの社員やクライアントとのコミュニケーションが必要になったり、部署のチームのマネジメントなどの能力も視野に入れて正社員採用を行う企業も多く存在しています。

そのための日本語の語学スキルは高いレベルで求められることが多い傾向にあります。

しかし、専門職など業種によっては日本語スキルが重要視されない企業も存在しています。

どの程度の日本語のスキルが求められるか記載してある求人を参考に、自身の日本語のレベルに合った求人の情報を集めておきましょう。

日本語のレベルを可視化しておこう

自身の日本語レベルの可視化することで、第三者に自身の日本語スキルを伝えやすくなるでしょう。

JLPTと呼ばれる日本語能力試験などを受けることで、自身の日本語スキルを理解することができる上、求人に掲載されている日本語レベルとのすり合わせを行うことも可能です。

業種に合う就労ビザ

中国人の方が日本で就労するためには就労ビザと言われる在留資格が必要です。

この就労ビザは就労する業種によって種類が異なります。

自身が正社員として就職したい業種と必要な就労ビザをあらかじめ把握しておいた方が良いでしょう。

就労ビザの種類に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

文化の違いやビジネスマナー

中国と日本の文化の違いから生まれるビジネスマナーの違いも把握しておくことも重要です。

文化の違いを把握しておくことにより、就労後のトラブルや商談、マネジメントの進め方などがスムーズに行えるようになります。

中国人が正社員の求人を探す方法

中国人の方が正社員の求人を日本で探す場合、中国語のスキルを活かせる求人を探すことがおすすめです。

中国語を話すことのできる人材を求めている企業の求人に絞って応募することにより、就職活動を比較的有利に進めることができます。

中国人が自身にあった求人を探す方法を紹介します。

ハローワークに相談する

ハローワークには、外国人の求職者へ就労支援を行う外国人雇用サービスセンターがあります。

自身が持つ在留資格に応じた就職相談や職業紹介を行なっているため、利用してみると良いかもしれません。

また、東京に2つ存在する外国人雇用サービスセンターでは中国語と英語の通訳のサービスも受けられます。

事前に電話することで、通訳付きでサポートを受けることができるでしょう。

求人サイトを確認する

自身にあった求人を探せる求人サイトを利用することで、様々な業種の求人を洗い出すことができます。

就職・転職エージェントに求人の紹介を頼むことでも求人の洗い出しは可能です。

しかし、自身の状況や希望がしっかりと伝わっていなかったり、相談する時間が限られてしまうといったデメリットも存在します。

求人サイトを自身で確認することで、時間の制約を受けずに求人をじっくり閲覧することができます。

中国人に特化した求人サイトを使用する

中国人向けの求人に特化した求人サイトを利用することで、ある程度自身に合わない求人を除外して求人を洗い出すことができます。

TENJee」では、中国人の方に向けた求人を多く掲載されています。

正社員の求人情報も多く掲載されているのでぜひご覧ください。

専門家に相談する

就職や転職をサポートするエージェントに相談することで、自身のスキルや経験を第三者目線で検討し、最適な求人を紹介してもらえるかもしれません。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」では、中国人の就職活動をサポートする専門家が多く在籍しています。

中国語を話せるスタッフも多く在籍しておりますので、ぜひご連絡ください。

中国人が正社員になるためのポイント

理想の求人に応募することはゴールではありません。

実際に仕事をしてどのような結果を出すことができるのか、求人応募の先も考えて就職活動をすることが重要です。

正社員として自身のスキルを活かせる求人に応募した後のポイントを解説します。

自身のキャリアプランとの関係性を話せるようにしておく

自身がどのようにキャリアを積んでいきたいかをしっかりと話せるようにしておいた方が良いでしょう。

自身のスキルを活かし、どのように企業で活躍し、その後どのようになりたいのかをしっかりと話せるようにしておくことで、採用担当者にしっかりと応募した背景を伝えることができます。

ただし、最初から転職を視野に入れて話してしまうと、採用担当者は「すぐにやめてしまうのではないか」と不安になってしまうこともあります。

応募企業がネガティブの感情を抱くような発言はしない方が良いでしょう。

自身のスキルを活かせる企業を選択する

中国語のスキルは非常に大きなアドバンテージになります。

自身の中国語スキルを活かせる求人に応募することで、就職・転職活動を有利に進めることができるかもしれません。

中国語スキルを活かせる業種の例は以下です。

海外法人向け営業

中国の急激な経済成長に伴い、中国法人向けの営業などの需要は増加しています。

このような企業の求人に応募する場合、自身の中国語スキルを活かせることができるでしょう。

通訳・翻訳

日本語の高いスキルを持っている場合、通訳や翻訳の仕事の求人に応募することもできるでしょう。

通訳では瞬時に相手の言葉の意味を理解し伝える能力が必要になり、翻訳では両国の文化の違いや歴史的背景などを理解しておくことによって最適な翻訳が可能になることも多いです。

様々な分野の高いスキルが求められることもありますが、その分高待遇で就労することもできるかもしれません。

海外のクライアントが多い企業の事務職

海外のクライアントの多い企業の事務職は、様々な国籍の方とコミュニケーションを行う可能性が比較的高いです。

様々な言語能力が求められますが、その中でも中国語のスキルは比較的使用頻度が高い傾向にあります。

しっかりと準備して正社員の求人に応募しよう

中国人が正社員の求人に応募する場合は日本人の就職活動同様、様々な準備を行うことで就職活動を有利に進めることができるでしょう。

自身に合う求人に応募するためには中国語のスキルの活かし方や日本語のスキル、自身の将来を考えてしっかりと採用担当者に伝えられるようにしておくと良いでしょう。

TENJee」では正社員になりたい中国人向けの様々な求人を掲載しています。

自身にどのようなスキルが必要なのか、どのような求人があるのかを確認し、しっかりと準備を行いたい方はぜひご覧ください。

[中国人向け]日本で自分に合った仕事の探し方・おすすめの手順

日本で仕事を探している中国人の方もいらっしゃるかと思います。

中国人の方が日本で仕事をする場合、日本人が同様の仕事を行うよりやりやすい仕事も存在します。

この記事では、中国人の方が日本で就労可能な仕事や仕事の探し方などを解説します。

仕事を探す際には、自身にあったどのような仕事があるのかを確認することも重要です。

TENJee」では、中国人向けの求人を多く掲載しています。

自身に合った仕事を確認したい方はぜひご覧ください。

中国人が就労可能な仕事とは

中国人が日本でできない仕事は国家公務員など以外、基本的には存在しません。

条件を満たせばどのような仕事も就労可能です。

しかし、自身が働きたい仕事の内容によって必要な資格は異なります。

国家公務員になりたい場合

警察などの国家公務員になりたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと「日本国籍を有するもの」であれば国家公務員になることができます。

日本に帰化している方は、国家公務員になれるでしょう。

しかし、帰化した方の採用率などは公開されていないため、実際に働いている方がどれくらい存在しているのかはわからないことが多いです。

中国人が仕事を探す方法

中国人が仕事を探す方法を解説します。

基本的には日本人が仕事を探す方法と同様ですが、中国人向けの求人サイトを利用することで中国語のスキルを持つ人材を欲している企業を比較的簡単に洗い出すことが可能です。

TENJee」では、中国人向けの求人を数多く掲載しています。

中国人の方が仕事を探しやすい内容になっているので、ぜひご活用ください。

業種で探す

業種とは、企業の事業の種類を指す言葉です。

自身の希望の職業がしっかりと定まっていない場合には、業種から決めて絞り込んでいくと良いでしょう。

製造業や金融業など、業種によって様々な働き方が存在し、当然条件や報酬も異なります。

また、業種によっては専門知識などが求められる場合もあります。

業種の希望がある程度決まったら、その業種で働くために必要な知識やスキルを確認しておくと良いでしょう。

職種で探す

職種とは業務の内容によって分けた仕事の種類を指します。

例えば事務やエンジニアなど、直接的に自身が行う業務をイメージできている場合は職種から探してみると良いでしょう。

「製造業の営業」など、業種と職種の両方が定まってくれば、大まかに自身の仕事の希望を絞り込むことができます。

スキルで探す

自身が持っているスキルを基準に仕事を探す方法です。

例えば中国人が日本で仕事をする場合、例外はありますが日本語のスキルが必要になることが多いです。

中国語のスキルはもともと取得しているため、中国と日本を繋げる仕事に就労しやすいかもしれません。

中国の急激な経済成長の影響もあり、中国に進出したい日本の企業も増加傾向にあります。

そのような企業にとって、中国語のスキルを持った人材は需要があり、比較的高待遇で就労できるかもしれません。

そのほかにも英語のスキルや専門の資格、経験など、自身が持っているスキルや経験を確認してみましょう。

中国人が仕事を探す際に必要なもの

中国人が仕事を探すために必要なものは、日本人の就職活動とは異なります。

しっかりと把握しておくことで、採用後の手続きや就労時のギャップなどのマイナスな要素を避けることができるかもしれません。

就労ビザ

中国人が日本で仕事をするためには、その仕事の内容に応じた就労ビザが必要です。

自身の仕事と就労ビザが合っていない場合、就労することはできないので注意しておきましょう。

就労ビザの種類に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

日本語スキル

日本で生活を送る以上一定の日本語のスキルは必要ですが、仕事で使えるレベルの日本語レベルが求められることもあります。

仕事によって求められる日本語のレベルは様々ですが、日本人のクライアントとのビジネスコミュニケーションや日本人社員との連携など、比較的高いレベルの日本語のスキルが求められることもあります。

中国人が多い職場や、コミュニケーションをそこまで必要としない仕事などの場合は、日本語のレベルが低い場合でも就労できる仕事もあるでしょう。

自身の就きたい仕事の内容や条件を確認し、必要な日本語のレベルを確認しておきましょう。

日本語の語学資格を取得するのがオススメ

日本語の語学資格を取得することで、自身の日本語レベルを第三者にわかりやすく伝えることができるでしょう。

語学資格は自身の語学スキルを簡単に証明できる指標にもなるため、採用担当者が注視することも多いです。

求人によっては、日本語の語学資格を求められる求人もあります。

自身が就きたい仕事の求人を確認し、自身の日本語レベルで就労可能かをしっかりと確認することで、就職活動をスムーズに進めることができます。

中国人が仕事を探すオススメの手順

中国人の方が仕事を探す際のオススメの手順を解説します。

もちろん、仕事の探し方には様々な方法が存在します。

自身に合った仕事の探し方で最適な求人を洗い出しましょう。

自身のやりたい仕事を決める

まずは自身が就きたい仕事をしっかりと決めましょう。

業種や職種、勤務地や勤務時間、報酬や休暇など、自身の希望に合った条件を決めましょう。

もしも希望の求人が見つからなかった場合、妥協できる範囲を定めて求人を検索することで、現実的な求人情報や報酬の相場などを確認することができます。

求人を洗い出す

確認した内容で求人を洗いでしましょう。

様々な求人からより良い求人に応募することができます。

また、自身にとってピンポイントな求人が絞り込めない場合、自身が希望する仕事が必要そうな業種などを視野に入れて探してみると良いかもしれません。

TENJee」では、自身の中国語のスキルを活かせる求人を多く掲載しています。

中国人向けの求人を簡単に洗い出すことが可能ですので、ぜひご覧ください。

スキル・資格などを見直す

仕事内容の把握や求められる資格を確認し、自身がその仕事でしっかりと働けるのかを確認します。

特に応募条件や必要資格の欄は念入りに確認しておきましょう。

就職時に条件の資格を持っていなかった場合、トラブルの原因になってしまうケースも存在します。

また、資格やスキルなどを見直した時に、自身のスキルが追いついていない場合や資格がない場合は、同条件で資格の有無や求められるスキルが異なる求人を探してみると良いかもしれません。

専門家に相談する

資格の取得方法や求人が見つからない場合は、中国人の就職・転職の専門家に相談することで解決できることがあります。

一人では解決できない様々なサポートを受けることができるでしょう。

また、希望する仕事のメリットやデメリットなどエージェントの豊富な経験から学ぶこともできるため、様々な角度から求人を探すことができる可能性が高いです。

就職・転職の専門家は様々な得意分野を持っていることが多いです。

自身に合った専門家に相談することをオススメします。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」は中国人の就職・転職に強いエージェントがサポートします。

中国語を話せるスタッフも多く在籍しており、自身に最適な求人情報や資格取得のサポートなども行なっておりますので、ぜひご相談ください。

中国人に特化した転職サイトを活用して転職を有利に進める方法

中国人の方が転職する方法の一つとして、転職サイトを利用することが挙げられます。

転職サイトは様々な種類のサービスが存在し、自身の経験やスキルに合った転職サイトを利用することで、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

今回は、中国人の方が転職サイトを利用するポイントや転職サイトを利用して転職を有利に進めるポイントを解説します。

TENJee」は、中国人に特化した求人を多数掲載している転職サイトです。

様々な中国人向けの求人やサービスを利用できるので、転職したい中国人の方はぜひご利用ください。

転職サイトとは

転職サイトとは、様々な職種の求人情報が記載されているサイトです。自分自身に合った求人を見つけて自分で応募することができます。

転職サイトは、転職のエージェントが転職をサポートするサービスとは異なり、自身のペースで転職活動を進めることができます。

求人をじっくり洗い出して検討したい方や転職の時期がまだ先の方などは、転職サイトで事前に内容を確認することができるでしょう。

中国人に特化した転職サイトとは

中国人の方が転職サイトを利用する場合、中国人の利用を想定したサービスや求人を多く掲載している転職サイトを利用することがオススメです。

中国人に特化した転職サイトの特徴を解説します。

中国人のスキルに合う仕事の求人が多い

中国人が日本で転職活動をする際、自身のスキルをしっかりと活かせる求人を選択することが重要です。

当たり前ですが日本では日本語は主要言語になっているので、中国人にとって当たり前に持っている中国語の語学スキルは、日本での転職において貴重なスキルとして評価されることが多いです。

中国語のスキルを必要とする求人に応募することで、自身の語学スキルを活かした転職活動ができ、有利に転職を進めることが可能です。

そのため、自身の語学スキルに合った求人が多く掲載されている転職サイトを利用することがポイントになります。

他の中国人とのやりとりが発生する可能性がある求人が多い

転職先の社員の方が中国籍の方や、クライアントに中国語圏の方が多い企業への転職を視野に入れることもポイントです。

自身以外の中国人とのコミュニケーションが発生する可能性がある求人は、必然的に中国語スキルが優位に働きます。

中国に本社や支社がある企業や中国進出を掲げている企業など、企業研究の過程で中国との繋がりが見えてきた場合に応募するのも良いかもしれません。

特に中国の急激な経済成長に伴い、中国に進出したい日本企業や日本に進出した中国企業は増加傾向にあります。

その分中国語のスキルが求められるため、このような企業の求人数が多く掲載されている転職サイトの利用を検討しましょう。

担当者の経験が豊富

就労ビザなどの関係上、中国人の転職は、日本人の転職とは準備するものが異なります。

中国人をはじめ、外国人の転職に慣れている企業が運営している転職サイトを利用することもポイントです。

中国人の転職を知っている企業が運営している転職サイトは、中国人の方でもわかりやすく条件や資格などが表記されていることが多いです。

また、中国人の転職に関するサポートや相談窓口が充実している場合も多いです。

中国人の方の転職ならではの悩みに対してもしっかりとサポートしてくれるので、スムーズに転職活動を進められるでしょう。

就労ビザなど様々なサポートが受けられる

中国人の方が転職する際に必要なサポートを受けられるかどうかも転職サイトを選ぶ際の重要なポイントです。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」には、中国国籍のスタッフが多数在籍しているため、母国語での相談や日本での転職活動の悩みを気軽に相談することができます。

外国人の方の転職・就職を多く手掛けた実績が豊富にありますので、転職での悩みはお気軽にご相談ください。

中国人が転職サイトを利用して転職を成功させるポイント

転職サイトの特徴は、転職エージェントを介さず自身のペースで転職活動を進められることにあります。

しかし、転職の際に有利な情報や転職のコツなどを第三者から得られにくいこともあり、転職活動が行き詰まってしまうこともあると思います。

中国人の方が転職サイトを利用して転職を成功させるためのポイントを解説します。

自身のスキルを把握する

自身の中国語のスキル以外にも、日本語のスキルやそれ以外の専門的な知識、資格、経験など、転職の際に役に立ちそうなスキルを確認しておきましょう。

転職活動の際に、希望の企業にとって必要なスキルは多いに越したことはありません。

転職の際に有利になるスキルを採用担当者に伝え忘れがないようにしっかりと洗い出しておくことが重要です。

第三者にしっかりと自身のスキルや経験を伝えられるようにする

自身のスキルや経験をしっかりと採用担当者に伝えられるようにしておきましょう。

ただのスキルの羅列にならないよう、転職先の企業が行なっている事業を理解した上で、どのような時に自身のスキルが役に立つのかをしっかりと関連づけて話せるようにしておきましょう。

転職活動は、様々な企業の採用担当者に会うことも多いです。

企業ごとにその企業の強みや事業展開などを検討して万全の準備で転職活動に挑むことで、転職を有利に進めやすくなるでしょう。

資格の取得で転職活動が有利になる場合も

日本語の語学資格や自身の専門的なスキルを証明する資格を取得することで、採用担当者などの第三者に自身のスキルを説明しやすくなります。

特に、中国人の方向けの日本の求人では日本語の語学スキルの資格が求められる求人も存在しています。

実力が伴っているにも関わらず、資格の有無で選考から外れてしまうなどを防ぐためにも取得できる資格は取得しておくことがオススメです。

日本語能力試験の勉強法などに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎5カ月でN1合格?!その方法を教えます!

他の中国人の応募者と差別化できる要素を用意しておく

中国人の方に特化した求人サイトを利用して転職活動を行う際に意識したいことは、同じ条件で他の中国人の求職者が複数応募している可能性です。

中国人の応募者が多くなるにつれて、中国語のスキル以外にも自身でアピールできるスキルや経験をアピールできるようにしておいた方が良いでしょう。

中国と日本の文化の違いを理解することも重要

他の中国人の求職者と比較した時に資格やスキルなど、アピールできるものがない場合でも、中国と日本のビジネスの文化や国民的な文化を理解することで、日本人とのコミュニケーションのスキルをアピールすることができるかもしれません。

両国のビジネスマナーの違いを把握し、状況に応じて使い分けられることができれば、様々な分野で活躍できるイメージを採用担当者に伝えられる可能性が上がるでしょう。

中国人向けの転職サイトを使って転職を有利に進めよう

中国人の方向けの転職サイトの特徴や転職サイトを使用した転職のポイントを解説しました。

転職サイトは様々な種類があるため、自身に合った転職サイトを見つけるのは大変に感じる方もいらっしゃると思います。

TENJee」では、中国人の方に合った中国語スキルを活かせる求人を多く掲載しています。

また、様々な職種が掲載されているため、自身に合った転職活動を自身のペースで行うことが可能です。

また、「TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」では、中国人の転職に特化した専門のスタッフや中国語を喋れるスタッフが多く在籍しています。

求人サイトの内容や転職の相談など、様々なサポートを行いますので、お気軽にご相談ください。