カテゴリー
転職 就活 中国語人材

就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

中国語スキルを活かして就職や転職活動を有利に行うために、中国語の資格を取得したいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

日本で取得できる中国語の語学資格は数種類あり、それぞれ内容に特徴があります。

各試験の特徴を把握し自身の希望の求人に合った資格を取得することで、就職・転職活動をさらに有利に進めることができるかもしれません。

今回は、日本で取得できる7つの中国語の資格の種類とそれぞれの特徴を解説します。

また、就職や転職の際には中国語の資格を持つ人材のみを募集している求人も存在します。

TENJee」では、様々な中国語スキルを持つ求人を多く掲載しています。

中国語の語学資格を活かせる求人も掲載しているのでぜひご覧ください。

中国語の7つ資格とそれぞれの特徴

日本国内で取得できる中国語の資格は7つ存在します。

それぞれの資格ごとに特徴があるため、自身のキャリアプランに合った資格を取得すると良いでしょう。

7つの資格の種類とそれぞれの特徴を解説します。

HSK(漢語水平考試)

HSKとは、中国国家教育部が実施する中国政府公認資格です。

中国国内を含め118ヵ国で実施される世界中で通用する資格試験として知られています。

中国国家教育部は日本の文部科学省に相当し、評価測定基準は英語圏のTOEFLに相当します。

中国政府公認の語学資格なため、日本企業の採用条件などに記載されることもあります。

資格試験のレベルは、初級レベルの1級から上級レベルの6級までの合計6段階に分けられており、初級レベルの1級2級はリスニングとリーディングの設問のみのマークシート方式で出題されています。

3級以上からライティングの設問が追加されるという特徴を持っています。

また、世界共通の検定のため、問題文や選択肢、リスニングの問題は全て中国語で出題されることも大きな特徴です。

HSKの試験内容にスピーキングは存在せず、別途口頭試験を受ける必要があります。

中国語検定

中国語検定は、日本中国語検定協会が主催する日本人学習者を想定した語学試験です。

出題傾向としては、すでに漢字を知っている日本人に向けて、文法と単語の知識に重点を置いて制作されることが多いようです。

検定のレベルは準4級から1級までが存在しており、HSKと異なり1級に近づくにつれて難易度が上がります。

また、中国語検定準4級から2級まではリスニング・リーディング・ライティングが出題される傾向にあり、準1級と1級には面接による会話の試験が加わります。

文法や単語の基礎知識や翻訳能力が求められる傾向にあるため、翻訳家の仕事などを検討している方に合った資格になる可能性があります。

HSKと中国語検定の違い

HSKと中国語検定は、どちらも企業の応募条件として挙げられることがある資格です。

HSKと中国語検定の違いは、必要とされる語学力の違いが挙げられます。

HSKが実用的な中国語の運用能力やコミュニケーション能力に重点を置いていることに比べて、中国語検定は文法や単語の基礎知識に重点を置いています。

実際に中国の方とコミュニケーションを取る機会が多い仕事ではHSK、中国語の文法や単語を正しく理解し運用したい場合は中国語検定を選択すると良いかもしれません。

また、採点方法も異なります。

HSKがリスニング・リーディング・ライティングの合計点が6割以上正解で合格になることに比べて、中国語検定ではリスニングと筆記試験それぞれに合格点が設定されており、どちらかが基準に達しない場合不合格になってしまいます。

合格のしやすさという観点で両方の試験を検討している場合、合計点で合否が分かれるHSKの方が合格しやすいかもしれません。

TECC

TECCとはTest of Communicative Chineseの頭文字を取った略称で、中国語のコミュニケーション能力を測る試験です。

HSKや中国語検定とは異なり、合否ではなくTOEICと同様に点数表示方式を採用しています。

問題は、リスニングとリーディングが全問マークシート方式で出題され、1000点満点で点数が表示されます。

中国語の知識ではなく、中国語の実践力を測る傾向が強いため、実際に中国で働きたい人や中国語を使用したコミュニケーション能力を証明したい人はTECCが合うかもしれません。

C.TEST

C.TESTは、実用中国語レベル認定試験が正式名称です。

留学以外の目的で中国語を学んでいる方向けに開発されたHSKに次ぐ国際的な試験です。

中国語を使用したコミュニケーション能力に重点を置いており、ヒアリングを重視する傾向にあります。

レベルは、学習時間1000時間以上を対象としたA-Dレベル試験と学習時間400時間以上を対象とするE-Fレベル試験が存在しています。

A-Dレベル試験は1000点満点で、点数に応じてA級・B級・C級・D級・認定なしのいずれかの結果が得られます。

E-Fレベル試験500点満点で、点数に応じてE級・F級・認定なしのいずれかの結果が得られます。

ヒアリングを重視する、またはHSKの資格をすでに取得している方に合っている可能性があります。

BCT

BCTとは、ビジネス中国語検定試験が正式名称で、Business Chinese Testの略称です。

母国語が中国語ではない方を対象に、ビジネスに関する様々な場面での中国語の応用力が試されます。

レベルは初級の1級から上級の5級までの5段階に分かれており、1000点満点の得点制で獲得得点に応じた評価が得られます。

全国通訳案内士試験

全国通訳案内士の資格を取得することができる国家試験です。

2018年度の合格率は10%以下と、合格のハードルは高いと言えるでしょう。

全国通訳案内士は、外国人を日本全土に案内し、日本の歴史や文化・生活などを外国語で通訳する仕事で、この試験に合格した方のみが名乗れる仕事です。

外国人に対して説明をするための語学スキルはもちろん、日本の文化や地理・一般教養も求められるため、紹介している他の試験と比較して特徴的な資格です。

中国語の全国通訳案内士の資格を取得するには、中国語の試験を選択する必要があります。

求められる中国語のレベルは中国語検定2級程度が目安と言われているため、この資格を取得するのは少々ハードルが高いと言えるでしょう。

しかし、通訳や翻訳の経験を積みたい方には、資格を取ることで非常に高い信用を得ることができるため、この資格を取得することで様々な求人に応募し、選考を有利に進めることができるかもしれません。

TOCFL

TOCFLは華語文能力測験という正式名称で、台湾の国家中国語能力試験推進委員会が主催する語学試験です。

台湾では主要な語学試験で、外国人枠として台湾の大学進学や台湾奨学金の申請をされる方、台湾国内で就職活動をされる方はこの試験の合格証が必要になります。

レベルは6段階が設定されており、設問は全てマークシートで出題される傾向があります。

試験時間が2時間と長時間、設問はリスニングが50問、リーディングが50問出題される傾向があります。

単純計算で1問あたり1分強で回答しなければならないため、瞬発的な中国語の運用スキルも求められるかもしれません。

中国語資格を就職・転職でアピールしよう

自身の希望する求人の仕事内容によって資格の種類や等級は様々です。

中国語を使用してコミュニケーション能力が重視されるのか、読解や知識などが重視されるのかをしっかりと検討し、最適な資格、等級を目指すと良いでしょう。

自身の目指す資格や等級がわからない場合、中国語スキルを持った人材を募集している求人を多く掲載している「TENJee」を確認することで、自身の希望する職種にどのような資格が必要なのかを確認することができるかもしれません。

求人の必要資格などの欄に語学試験の結果を記載している求人を洗い出し、自身に有利な資格の取得を目指しましょう。

「就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説」への2件の返信

コメントを残す