就職が有利になる中国語の資格とは?主な資格の特徴・違いと役立つスキル

中国語のスキルを活かす仕事に就職したい場合、資格やスキル・経験などをしっかりと伝えることで就職活動を有利に進められる可能性が高まります。

スキルや経験を積むだけではなく、自身の中国語のスキルや経験を活かして、業務の生産性や効率の上昇が見込めると採用担当者にアピールすることも重要です。

今回は、中国語のスキルを活かした就職活動のポイントや資格などを解説します。

また、中国語の資格を活かすなら「TENJee」を利用してみてはいかがでしょうか。

中国語スキルが活かせる様々な業種の求人を掲載しているので、資格の条件や希望の業種の洗い出しのも、ぜひご活用ください。

就職に役立つおすすめの中国語の資格

就職活動の際に取得していると役に立つ代表的な中国語の資格を紹介します。

また、それぞれの資格には特徴があり、自身の希望する進路によって資格の種類を検討することがおすすめです。

様々な求人に条件として記載されていることの多い代表的な資格を紹介しますが、今回紹介する資格以外にも様々な種類の中国語の資格は存在します。

下記でさらに詳しい資格の種類を紹介しているので、ぜひご覧ください。
▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

中国語検定

中国語検定は、すでに漢字という文化をしている日本人に向けて、日本中国語検定協会が主催する語学試験です。

就職する際の企業の募集要項の中に記載されることも多い検定で、毎年多くの方が挑戦しています。

文法と単語の知識が問われる傾向があり、試験のレベルが上がるほど専門的な知識が必要になる傾向があります。

中国語検定の特徴・注意点

日本の協会が主催しているため、設問は日本語で表記されています。

特徴としては1問あたりの配点が高い傾向にあるため、丁寧に回答することが重要かもしれません。

設問内容のイメージとして近いのは、受験英語のような形です。

過去問などで対策を立てることができるでしょう。

出題方法は筆記とリスニングの2つに分かれており、それぞれの合格点を上回ることが合格条件です。

どちらかの合格基準を下回ってしまうと合格にならないため注意しましょう。

中国語検定が役に立つ職種の例

中国語検定は様々な知識と正確な読解能力などが問われる試験です。

そのため、翻訳家や中国語を使用する事務職など、中国語を書く・読むことの多い職種に就職したい方に向いているかもしれません。

HSK

HSKは、中国政府公認の語学資格です。

中国語検定は日本の協会が主催していますが、HSKは中国政府が主催していることが大きな特徴です。

また、HSKは世界中で実施されているため、世界中様々な国で使用可能な資格です。

日本国内だけでなく、中国での就職や日本国外での職種に就職したい方にも向いているかもしれません。

HSKの特徴・注意点

HSKの試験は、中国語検定とは異なり中国語の運用力やコミュニケーション能力を重視することが特徴です。

世界中で行われている試験なので、問題文やリスニングの問題が中国語で表記されていることも特徴の一つです。

HSKは1級から6級までの全6段階でレベル分けされており、6級が最上級です。

等級が上がるにつれてより実践的な中国語のスキルが求められる傾向にあります。

また、中国語検定と比較して設問数も多くなる傾向にあるため、試験の時間配分や速読力などに気を配ることがポイントです。

実践的な設問が多いため、中国語圏での就職を考えている方や、中国語を使用した営業職などを目指す方に合っているかもしれません。

中国語検定とHSKの違い

各項目でも触れていますが、中国語検定は日本で中国語を読む・書くことが多い職種を希望する方に向いており、HSKはコミュニケーション能力が求められる中国語を使用した営業職や中国語圏で働きたい方に向いています。

HSKは世界共通の試験なため、世界中で活躍できることをアピールすることが可能です。

対して中国語検定は、日本語と中国語の相互理解が必要な翻訳家やビジネスで使用する契約書などの資料を扱う職種などに向いていることをアピールすることができるかもしれません。

中国語を活かせる仕事に就職する際に役立つ経験・スキル

中国語を活かせる仕事に就職する際のポイントは、採用担当者などの第三者に自身のスキルや資格・経験をしっかりとアピールし、就労後の活躍をイメージさせることも重要な要素です。

中国語を活かした就職でスキルや経験になる項目を紹介します。

中国語の語学スキル

中国語の語学スキルを第三者にしっかりとアピールするために、資格に取得が効果的です。

中国語検定であれば3級以上で日常会話可能、2級以上でビジネスでも使用できるレベルと定められているため、自身のスキルをしっかりとアピールすることが’比較的簡単に行えます。

HSKは4級以上で日常会話可能、5級以上でビジネスでも利用できると言われています。

自身の中国語スキルと実際の仕事内容を比較して、仕事内容に合う資格とレベルを取得しましょう。

その敬意を採用担当者に正しく伝えることで、就職活動をさらに有利に進めることができるかもしれません。

中国への渡航・留学経験

中国へ実際に行った経験も中国語を活かした仕事に就職する際にアピールするべきポイントの一つです。

中国語を使ったコミュニケーションの中で、実際の中国の文化や地理、人々の価値観を理解することは、中国語を活かした営業職や接客業、日本中国間の商品開発などに役に立つ可能性が高いです。

中国に行った時にどのような経験を積み、どのように活かせるのかをしっかりと話せるようにしておいた方が良いでしょう。

実務経験

実際に中国語スキルを活かした実務を経験している場合も就職活動を有利に進められる可能性があります。

前職で中国語スキルを活かしてどのように業務に取り組んでいたのか、その取り組みが就職作の企業でどのように活かせるかを整理していくと良いです。

また、新卒の場合でも実際に中国語スキルを活かしてコミュニケーションをとった経験や、アルバイト先などで中国語を使った経験などのエピソードをまとめ、そのスキルをどのように活かせるかを整理しておくと良いかもしれません。

実務経験をどのように活かして就職先の企業で活躍できるかをしっかりとイメージし、正しく採用担当者に伝えることで、就労時の仕事内容のミスマッチも防ぐこと可能です。

資格を活かして就職活動を有利に進めよう

中国語の語学資格は、取得することで自身の中国語スキルのレベルを証明できるツールです。

そのツールの特徴をしっかりと理解し、就職活動を有利に進めましょう。

また、求人に資格が記載されていることもあります。

実際にどのような求人があるのかを理解しておくことも重要です。

TENJee」では、中国語の語学資格が必須な求人、未経験でも応募可能な求人を多く掲載しています。

実際の求人を把握して資格の取得を検討したり、既に持っている自身の資格を活かせる’求人を洗い出したりと、様々な利用方法がありますのでぜひご利用ください。

2 thoughts on “就職が有利になる中国語の資格とは?主な資格の特徴・違いと役立つスキル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。