カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国人留学生が日本で就職するには?留学生の就職方法と注意点を解説

日本で就職したい中国人留学生もいらっしゃるかと思います。

日本で就職するためには必要なビザや職業によっては一定の日本語スキルなどが必要になります。

しかし、中国人留学生の持つ中国語の語学力やスキルに需要を持つ企業は増加しており、しっかりと準備をした上で就職できれば、非常に優秀な人材になれる可能性があります。

今回は、日本で就職したい中国人留学生が用意するべきものや、相談場所などを解説します。

TENJee」では、中国語のスキルを持った人材が必要な企業からの求人を多く掲載しています。中国語が話せるスタッフも在籍しておりますので、ぜひご覧ください。

中国人留学生でも就職は可能なのか

中国人留学生でも日本で就職することは可能です。

中国とは新卒採用のスタート時期が異なり、日本では6月ごろに選考をスタートさせるのが一般的です。

しかし、インターンなどで事前に企業がコンタクトをとる方法もあるため、企業や職業が明確な場合はインターンなどを探してみると良いかもしれません。

中国人留学生は中国語の語学スキルを持っているため、様々な企業に需要があります。

日本語のスキルは必要になりますが、場合によっては高待遇で就職できる可能性も存在します。

中国語のスキルを活かした就職方法はこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎中国語スキルで高収入の仕事に!高収入の仕事を探すポイントを解説

中国人留学生が就職するために必要なもの

中国人留学生の場合、日本の求職者とは必要なものが異なります。

しっかりと準備することが重要です。

中国人留学生が就職するために必要な方法を解説します。

就労ビザ

中国人留学生が日本で就労するためには、入国ビザとは異なる就労ビザ(在留資格)が必要です。就労ビザ(在留資格)は就労する職業ごとに種類が存在します。

自身が就職したい業種に必要な就労ビザ(在留資格)を把握しておきましょう。

就労ビザの種類についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

日本語スキル

中国人留学生が日本で就職する場合には日本語のスキルも必要になってきます。

職種によって求められる日本語のレベルは異なりますが、一般的に日本人とビジネスができるレベルの語学レベルが求められます。

特に日本語を使う外部のクライアントと頻繁に仕事を行う営業職や受付事務などは、高いレベルの日本語スキルが求められる傾向にあります。

中国人が多く働く職種や特定のエンジニアなど、コミュニケーションが少ない職種は求められる日本語のレベルは比較的低い傾向にあります。

日本語のスキルが不安な方は、求人情報などを調べてみると良いでしょう。

TENJee」では中国人向けの求人を多く掲載しています。

求人内容に表示されている日本語のレベルの確認や、そのほかの条件を比較する際にはぜひご利用ください。

中国人留学生向けの就職相談先

中国人留学生が就職する場合、必要な資料や求人の洗い出しなどを一人で行うのは手間がかかることが多いです。

第三者に就職の相談をしながら準備を進めるのも良いかもしれません。

就職したい中国人留学生が相談できる場所や方法を紹介します。

外国人雇用サービスセンター

外国人雇用サービスセンターとは、厚生労働省の定めによって外国人留学生などの就職支援を行なっている場所です。

外国人雇用サービスセンターは、東京・大阪・名古屋の三箇所に設置されているため、近くに居住している方は足を運んでみるのも良いでしょう。

また、福岡では福岡学生職業センターという施設が存在します。

同様に就職情報の提供や就職支援が受けられるので相談してみるのも良いかもしれません。

留学生に強い就職・転職の専門家

就職や転職を専門としている就職・転職エージェントに相談するのも一つの方法です。

特に、外国人の求人に特化したサービスを提供している企業は留学生や在留ビザ、求職者の日本語レベルが適切か、などを第三者視点で親身に相談を聞いてくれるでしょう。

また、外国人が就職活動で悩むことや不安を多様な経験から解決することもできます。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」では、中国人求職者に向けて様々な業種の専門家が相談に乗ることが可能です。

留学生の就職相談や自身に合った求人の紹介などのサポートもさせていただきますので、ぜひご相談ください。

中国人留学生が就職活動を成功させるためのポイント

中国人留学生が日本で就職活動を成功させるポイントを解説します。

必須ではありませんが、意識することで就職活動を有利に進められる可能性が高くなります。

特に、留学生から人気のある職種はライバルもまた留学生であることが多いです。

ほかの求職者との違うスキルやマナーをアピールすることで、採用率の増加に期待できるでしょう。

日本語スキルの資格をとる

自身の日本語のスキルをしっかりと第三者に伝えることは非常に重要です。

受付事務や営業職など、外部のクライアントとのコミュニケーションが多くなる職種に就職を考えている方は、非常に高い日本語のスキルを求められることが多いです。

日本語の語学資格を取得することで、自身の日本語のスキルがどの程度のものなのかを客観的に把握することができます。

また、求人によっては日本語の資格を応募条件に記載していることもあります。

自身の日本語の語学資格と照らし合わせ、自身に必要な勉強や準備をしっかり行いましょう。

日本の企業の体質を知る

日本の企業と中国の企業の体質の違いを知ることも重要です。

日本企業などのコミュニケーションは、比較的遠回りな表現や波風を立てない風潮があります。

言いたいことをはっきりと言うコミュニケーションはもちろんいい方に作用することもありますが、その傾向が極端に多いと採用担当者に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

日本の文化や体質を理解することで、就職活動を有利に進められる可能性は高くなるでしょう。

自身のやりたいことを明確にする

中国人留学生のみに言えることではなく就職活動をする方全てに言えることですが、自身のやりたいことを明確にしておきましょう。

やりたいことを明確にすることで目指す職業を絞り込むことができますし、採用担当者に自身の志望動機をしっかりとした道筋で説明することも可能になります。

また、職業を明確にすることで求人を洗い出しやすくなることも可能です。

TENJee」は、中国人や中国語のスキルを活かせる求人を多数掲載する求人サイトです。

中国語スキルを活かした上で自身に合った職業を探すことができますので、ぜひご利用ください。

専門家に相談する

中国人や留学生の就職に強い就職・転職エージェントに相談することもオススメです。

自身に合った職業の紹介だけでなく、必要な資格のレベルや書類の書き方など、様々なサポートを受けることができるでしょう。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」は、中国人留学生のサポートにも特化したサービスも提供しています。

様々な業種の紹介も可能ですので、ぜひご相談ください。

コメントを残す