カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国語の語学力を証明するおすすめの資格や資格を活かせる仕事を解説

中国の経済成長に伴い、中国のビジネスチャンスはますます拡大しています。

それにより中国企業の現地での採用や海外支社の採用人数の増加だけでなく、中国企業と取引をする日本企業でも中国語を話すことのできる人材への需要は高まっています。

今後需要はさらに高まっていくと言われています。

語学力を証明する手段には様々な方法がありますが、資格を取ることも語学力を証明する手段として挙げられます。

中国語の語学力を証明するおすすめの資格や中国語の資格を活かせる仕事、求人の選び方を紹介します。

将来仕事で中国語を使いたい、中国語を活かした仕事を探している人はぜひ参考にしてください。

中国語の求人を活かした仕事を探している人、特に成長志向の高い頑張る人を徹底的に応援し、案件数No.1企業として在日中国人からの高い認知度を誇るTENJeeがおすすめです。

活かせる資格

中国語のスキルを活かした仕事をするために、自分の語学力を証明できる資格を取得しておきましょう。

実際に多くの求人で資格の取得が条件になっていたり、条件に書いていない場合も有利になったりします。

代表的な中国語の資格

中国語の資格で代表的なものは

  • 中国語検定
  • HSK
  • TECC
  • C.TEST
  • BCT
  • 全国通訳案内士
  • TOCFL

の7つがあります。

それぞれの資格に特徴がありますが、ここでは一般的に求人の募集要件に記載されている資格を3種類紹介します。

これから資格取得を検討している人はぜひ参考にしてください。

HSK(漢語水平考査)

HSKは中国政府教育部の直属機関が主催する中国政府認定の資格です。

118の国と地域で実施され世界的に認知されています。

試験はリスニング・読解・作文の3パートに分かれており、資格の難易度は6段階に分かれています。

中国語を使った仕事ができるのはHSK5級以上

基本的に中国語を使った仕事ができるレベルの語学力は5級以上と言われているので、まずは5級を目標に学習すると良いでしょう。

級が上がれば上がるほど携われる仕事や活かせる中国語の範囲は広くなるので、さらなる成長を目指してください。

TENJeeを運営する株式会社フェローシップは一般社団法人日本青少年育成協会/HSK日本実施委員会の会員であるので、TENJeeではHSKの資格取得者に合った求人を紹介しています。

中国語検定

日本国内において中国語の学習成果を図る指標として最も多く利用されている資格で、実は英検の次に位置するほど受験者が多いです。

難易度は準4級から1級までの6段階のレベルがあります。

中国語を使った仕事ができるのは3級以上

基本的に中国語を使った仕事ができるレベルの語学力は3級以上が多いので、まずは3級合格を目標にすると良いでしょう。

3級は基本的な文章の読み書きができ、簡単な日常会話ができる、中国語の基礎ができているレベルとされています。

およそ200~300時間の勉強時間が合格の目安と言われています。

TECC(Test of Communicative Chinese)

TECCとは中国語のコミュニケーション能力の測定に特化した検定です。

TOIECと似て1000点満点でリスニングとリーディングが出題されマークシートでの解答形式です。

日常生活やビジネスシーンでの中国語の実践的な運用能力や総合的なコミュニケーション能力がスコアで判断されます。

中国語を使った仕事ができるのはTECC550点以上

中国語を使った仕事ができるのはTECC550点以上である場合が多いので、550点を目標に学習すると良いでしょう。

資格の違い

紹介した資格の中では、中国語検定とHSKのどちらを取得しようか悩む人が多いので、それぞれの違いや取得におすすめの人を紹介します。

中国語検定とのHSKの違い

中国語検定とHSKの大きな違いは翻訳問題の有無です。

中国語検定には日本語と中国語の翻訳問題が出題されるのに対し、HSKにはありません。

中国語検定の取得がおすすめなのは、中国語の翻訳・通訳など日本語と中国語の両方を使う環境で働きたい人です。

日本企業で働くのであれば日本人の知名度が高い中国語検定がおすすめです。

HSKは中国語でのコミュニケーションを測る試験なので、中国企業での現地採用を考えている人におすすめです。

中国語を使って将来どのように働きたいかを明確にすることで取得すべき資格を決めることができるでしょう。

ちなみに受験はHSK年間12回で毎回できるのに対して中国語検定は年間3回となっているので中国語検定はより計画的に学習を進めることをおすすめします。

中国語を活かした仕事に就こう

中国語を活かせる仕事と選び方を紹介します。

中国語を実際に活かせる仕事を知ることで、将来の具体的なイメージを描くことができます。

そのために必要な資格を明確にすることで計画を立てることができるでしょう。

活かせる仕事

中国語を活かすことができる仕事は多くあり、中国の経済成長に伴い今後より多くの仕事で活かせるようになると考えられています。

旅行・観光業

中国人と接しやすいことからイメージがつきやすい宿泊業や航空・航空業などのサービス業は、日本で働きながら中国語を活かすことができる職種です。

近年日本を訪れる中国人は増加しているので、今後さらに需要が見込める職種でもあります。さらに簡単な中国語の会話を求められるので、心理的な挑戦のハードルも低く、中国語を話せる人材は重宝されるので良い機会といえます。

語学レベルは中国語検定なら3級以上を求められる場合が多いです。

商社・貿易会社

日本で中国企業と取引のやり取りをする商社や貿易会社です。

中国と取引をする日本企業は多く、一度に大きな金額が動くことが特徴の一つです。

さらにそのビジネスの知識も求められるので責任が大きく、語学力も求められます。

一方で一般的に給与も高い傾向にあります。

また、中国支社がある場合は語学力次第では現地の最前線で中国語を活かすチャンスもあります。

中国語を使ってキャリアアップをしたい人におすすめの選択肢です。

求められる語学レベルは求人にもよりますが、中国語検定で2級以上が多いです。

中国企業の現地採用や日本支社での採用

中国企業の現地採用や日本支社での採用です。

現地採用では高い語学力が求められますが、採用後は中国語を活かすことができるまたとないチャンスとなるでしょう。

日本支社での採用では、中国語のスキルはそこまで重視されない企業もあります。

しかし、語学力があれば仕事の幅は広がり、成果を出すことができれば現地で活躍するチャンスもあるでしょう。

得意な中国語のスキル・やりたい仕事で選ぶ

読み・書き・話すの全ては自信ないけどどれか一つならスキルを持っている場合は、中国語の中でも得意なスキルを活かせる仕事を選ぶことがおすすめです。

得意分野をアピールすることで採用される可能性と、採用後に活躍できる可能性が高まるでしょう。

例えば人とコミュニケーションをとるのが楽しい、中国語を話すのが得意であれば旅行や観光・販売などの仕事がおすすめです。

これまでの経歴を活かす

これまでの経歴の中で培った専門性と中国語をかけ合わせることで、更なるキャリアアップをすることができます。

中国語が堪能であっても、日本語で未経験な分野であれば学ぶべきことが多く負担が多くなりがちです。

経験や知識のある分野であればより中国語に集中してスキルを活かせるので、これまでの経歴を生かすことができるためおすすめです。

また、専門性と語学力をかけ合わせることで市場価値は高まり、給与も高くなる傾向にあります。

中国語を活かす仕事の探し方

中国語を活かす仕事の探し方を紹介します。

求人探しに苦戦している人が多いと思うのでぜひ参考にしてください。

日本採用の場合

日本での勤務を希望する場合であれば一般的に中国語人材向け求人サイトが良いでしょう。

国内で中国語を活かした求人を探してる人にはTENJeeがおすすめ

TENJeeは案件数No.1企業として在日中国人から高い認知度を誇る中国語人材の業務派遣や紹介を行っており、特に成長志向の高い頑張る人を全力でフォローする特徴があります。

また、中国語レベルに合った求人を検索・紹介できるので初めて中国語を使って転職をする方にもおすすめです。

現地採用の場合

中国現地採用を希望する場合も基本的には中国語人材向け求人サイトが良いでしょう。

ただ、初めての海外勤務となれば仕事以外にも生活面での不安もあると思います。

海外生活になれていない方は生活面などの生活もできる転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

「中国語の語学力を証明するおすすめの資格や資格を活かせる仕事を解説」への8件の返信

[…] 代表的な中国語の資格や中国語を使った仕事をするのに必要な中国語レベルについては、以下の記事で詳しくご紹介していますので、よければご覧ください。 ▶︎中国語の語学力を証明するおすすめの資格や資格を活かせる仕事を解説 […]

コメントを残す