中国語で転職が有利に!中国語を活かせる業界や職種、転職活動の進め方

「中国語が話せると本当に転職に有利になるのだろうか」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、中国語スキルがあると転職活動を有利に進めることができます。

転職活動を有利に進めていくためにも、中国語スキルを活かした転職活動の進め方を学んで、自分の希望の仕事に転職できるようにしましょう。

今回は、中国語スキルが転職活動に有利に働く理由や中国語が話せる方におすすめの業界や職種、転職活動の進め方のポイントなどをご紹介します。

また、中国語スキルを活かした転職には、中国語が話せる方向けの求人サイト「TENJee」がおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事を探したい方や中国語スキルで転職活動を有利に進めたい方はぜひチェックしてみてください。

中国語スキルがあると転職活動を有利に進められる

繰り返しになりますが、中国語スキルがあると転職活動を有利に進めることができます。

もちろん、前職で身に付けた経験やスキルなども転職活動に役立ちますが、それに加えて中国語スキルがあることで、転職活動中により自分をアピールすることにつながるでしょう。

中国語が話せる方や中国語を勉強中の方は、ぜひ転職活動における中国語スキルの活かし方を学んで、有利に転職活動を進められるようにしましょう。

中国語スキルが転職活動に有利になった理由

中国市場の成長により、中国へ進出する日本企業が増えている

中国市場の成長により、中国へ進出する日本企業が年々増えてきています。

これにより、中国進出のために中国企業と商談する機会や中国顧客向けの新規営業などが増加し、日本企業であっても中国語スキルが必要な場面も増えました。

こうして、今まで日本国内向けにビジネスをしてきた企業であっても、中国語が話せる人材が必要となり、中国語スキルを持つ人材を積極的に雇用するようになったというわけです。

中国の拠点とコミュニケーションを取りながら仕事をする機会が増えた

中国へ進出する企業が増加したことにより、日本企業の中国拠点も増加しました。

これに伴い、中国の顧客だけでなく、中国の自社チームとの連携も必要となり、人材採用の現場ではさらに中国語スキルが重要視されるようになったのです。

在日中国人も増え、中国語話者の需要が高まっている

近年では在日中国人も増え、特に観光・旅行業界では中国語話者の需要が高まっています。

また、ホテルや小売店などの接客業でも、英語だけでなく中国語での接客が求められるようになるなど、こういった日本国内で中国語を使う機会が増加したことも、中国語スキルが転職活動に有利になった理由の1つと言えるでしょう。

日本の転職市場には中国人も増えている

日本に留学し、そのまま日本で就職する中国人も増えたことから、日本の転職市場では中国人が増えています。

昔は文化の違いなどから、中国人を積極的に採用しない企業も多かったのですが、最近では中国人に対して「優秀で勤勉だ」といった印象が抱かれることも多くなり、中国人を積極的に採用する企業も増えてきているのです。

日本で転職活動を進める中国人の方は、それだけで「中国語が話せる」という1つの強みを持った転職活動をできるため、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

中国語スキルで有利に転職できる業界・職種

ここでは、中国語スキルがあることで有利に転職活動を進めることができる業界・職種をいくつかご紹介します。

また、中国語スキルを活かせる仕事探しにおすすめしたいのが、中国語人材向け求人サイト「TENJee」です。

興味のある業界・職種を見つけたら、TENJeeで実際に求人検索をしてみてはいかがでしょうか。

観光・旅行業界

観光・旅行業界では、中国語スキルを活かして中国人向けに日本の観光案内をしたり、また、中国へ旅行に行きたい日本人のために中国の旅行会社と連携して旅行プランの斡旋をしたりしています。

在日中国人の増加により、中国語人材の需要が高まっています。

ただし、ある程度やりとりの内容は決まっているため、そこまで高度な中国語スキルがなくても働くことのできる仕事でしょう。

中国顧客と取引のある会社の営業

中国顧客と取引のある会社の営業では、中国語で契約などについて正確なやりとりをする必要があるので、高度な中国語スキルが必要になります。

中国語を話すスキルやコミュニケーション能力を持っていると、有利に転職できるかもしれません。

IT業界

近年では、システム開発を中国企業に外部委託することも多く、その際に中国企業の開発チームにシステムの仕様や要件を伝えながら開発をマネジメントする「ブリッジSE」と呼ばれる職種が重要視されるようになっています。

ITスキルに加え、中国語スキルを持っている方は、このような海外の開発チームとの連携役を目指してみるのもいいでしょう。

通訳・翻訳

通訳・翻訳の仕事は、中国語スキルだけでなく、通訳・翻訳先の言語(英語や日本語など)のスキルも重要となる仕事です。

最近では、本や記事の翻訳だけでなく、Webサイトやゲームのテキストの翻訳など、翻訳が必要な分野は多岐にわたり、これからも需要のある職種となるでしょう。

語学講師

語学教師は中国語の「話す」「聞く」「書く」「読む」の全てのスキルが必要となります。

また、民間の中国語教師なら教員免許なくても転職可能ですので、総合的な中国語スキルを持っていて、教師になりたいと考えている方は、民間教育機関の中国語教師を目指してみるのもいいでしょう。

中国語スキルを活かして転職活動を有利に進めるためのポイント

中国語の読み書きだけでなく話すスキルも高めると良い

中国語の読み書きスキルが求められる仕事もありますが、中国語の話すスキルもあれば、中国語スキルを活かせる仕事の幅はぐっとかなり広がります。

話すスキルも含めてもう十分に中国語を使いこなせる方は積極的に転職に活かし、これから中国語を勉強する方は読み書きだけでなく話す聞くスキルも身につけていくといいでしょう。

中国語の資格を取得すると転職活動中にアピールできる

中国語検定やHSKなど、有名な中国語の資格を取得することで、転職活動中に中国語力がどれくらいあるか具体的にアピールすることができるでしょう。

転職に役立つ中国語の資格に関しては以下の記事で詳しく説明していますので、中国語を勉強中の方はぜひ参考にしてください。
▶︎中国語の語学力を証明するおすすめの資格や資格を活かせる仕事を解説

中国語スキルを使った実務経験などがある場合はなお有利

中国語の資格だけでなく、これまでに中国語を使って働いてきた実務経験がある方は、より有利に転職活動を進めることができるでしょう。

仕事でなくても、中国語圏への留学経験などがある場合はアピールできる可能性があるため、転職面接で聞かれた時に答えられるよう、しっかり準備しておきましょう。

中国語スキルだけでないスキルもアピールできるように

転職活動では、中国語スキルだけでなく、ビジネススキルやマナー、専門的な知識なども重要視されます。

中国語スキルをアピールするだけではなく、その他のスキルや能力もアピールし、企業から総合的に採用したい人材だと思ってもらえるように選考対策をするといいでしょう。

英語なども勉強しているとなお有利に転職活動を進められる

中国語に加えて英語などの勉強もしていると、なお有利に転職活動を進められるでしょう。

英語も使える人材になることで、中国以外の案件を受け持ったり、海外向けの業務の全般を任せてもらえるようになるかもしれません。

中国語人材に特化した求人サイトを利用するのがおすすめ

中国語スキルを活かして転職活動を有利に進めたい方には、中国語スキルを活かせる求人が多数掲載されている「中国語が話せる方向けの求人サイト」を利用するのがおすすめです。

例えば、中国語人材に特化した求人サイト「TENJee」では、自分の希望の職種や年収、語学レベルなどで条件を絞りながら、自分に合った中国語スキルを活かせるお仕事探しをすることができます。

辞書を用いて読み書きできるレベルからネイティブレベルまで、様々な中国語レベルの求人を扱っていますので、一度、利用してみてはいかがでしょうか。

「TENJee」を活用しながら、中国語スキルを活かして有利に転職活動を進めよう

近年、中国語を話せる人材の需要が高まっており、中国語スキルを活かしながら転職活動を進めることで、より有利に転職活動を進めることができます。

最近では、様々な職種で中国語を使う機会が増えてきていますので、自分の希望の職種で中国語スキルを活かせる仕事もあるかもしれません。

上記で紹介した「TENJee」など、中国語が話せる人材に特化した求人サイトを利用しながら、自分に合った理想の求人を見つけてみてください。

今回紹介した転職活動を有利に進めるポイントを押さえて、中国語を活かした転職活動を成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。