カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国語を活かした転職をするポイント、人材紹介会社を利用するコツ

転職の専門家が自身に合う求人を紹介してくれるサービスのことを人材紹介サービスといいます。

人材紹介サービスと一括りにいっても、様々な分野に対応していたり、専門性の高い求人に特化していたりと様々な種類が存在します。

今回は、人材紹介サービスを利用して、中国語を活かせる転職を行うポイントを解説します。

数あるサービスの中でも「TENJee」は、グローバル人材会社「株式会社フェローシップ」が運営する中国語スキルを持った方が活躍できる職種を多く取り扱っている求人サイトです。

中国語を活かす転職を考えている方は、ぜひご利用ください。

人材紹介サービスとは

人材紹介サービスとは、人材を募集している企業と求職者を繋ぐサービスを提供しています。

転職したい業種や求職者のスキルに合った求人をエージェントが企業に紹介し、面談のスケジュールやESの書き方など、内定までの様々な手続きをサポートしてくれます。

募集企業は、紹介した人材が入社した際に人材紹介サービスに紹介手数料を支払うことが多いため、内定までしっかりとサポートをしてくれる可能性が高いです。

また、人材紹介サービスでしか募集を行っていない企業の求人や、第三者目線で自身の市場価値を把握することもできるため、人材紹介サービスを利用するだけでも様々なメリットが存在しています。

人材を紹介する際に人柄やスキルを伝えることが多い

人材紹介サービスの担当者は、企業が求める求職者像と実際の求職者の間のミスマッチを避けるため、求職者の人柄や保有しているスキルを企業に伝えることが多いです。

そのため、求職者のスキルや人柄をコミュニケーションを通じてしっかりとヒアリングします。

コミュニケーションの中で、自身のスキルのレベルや資格の重要度など、様々な角度からプロの視点でアドバイスがもらえるため、自己分析や転職市場の把握も可能です。

しっかりとコミュニケーションを取ることで、自身の課題解決に役立つのはもちろん、転職を有利に進められる可能性が高まります。

中国語スキルを持つ人材が人材紹介サービスを利用するメリット

中国語スキルを持つ人材が人材紹介サービスを利用することで得られるメリットを解説します。

人材紹介サービスならではのメリットも存在するので、最大限に活用することで自身の転職活動を有利に進めることができるかもしれません。

中国語スキルのレベルを第三者の視点で把握できる

自身の中国語のレベルを第三者視点で把握することが可能です。

人材紹介サービスのエージェントは様々な中国語のスキルを持った求職者との関わりが豊富にあるため、自身の中国語レベルと希望する職種がマッチしているかをしっかりと見極められる可能性が高いです。

自身の課題が浮き彫りになるため、様々な転職方法を考えることができるかもしれません。

中国語のレベルを知るための指標

自身の中国語のレベルを他者に伝える際に便利なのが、中国語スキルを証明する資格を取得することです。

日本には、HSKや中国語検定、TECCなどの検定が存在し、それぞれの中国語レベルに応じた資格が取得できます。

中国語の資格についてはこちらの記事で詳しく説明していますので、よろしければご覧ください。
▶︎中国語の語学力を証明するおすすめの資格や資格を活かせる仕事を解説

中国語スキルのレベルにぴったりの求人を紹介してもらえる

自身の中国語スキルのレベルに応じて、マッチする求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

同じ仕事内容でも、人材を募集している企業によって求められる中国語スキルは異なることが多いです。

様々な求人情報を取り扱っている人材紹介サービスならではのメリットといっても良いかもしれません。

非公開の求人を紹介してもらえることがある

通常公開されていない求人を紹介してもらえることもあります。

非公開求人は、求人を出す企業の情報を公にしたくない場合や急な欠員が出た場合など様々な理由で存在しています。

求職者が、その非公開求人の内容にマッチすると人材紹介サービスの担当者が感じた場合に非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

中には幹部クラスの求人や大手企業の求人もあるため、人材紹介サービスを利用するメリットといえるでしょう。

個人の性格も考慮して求人を紹介してもらえる

人材紹介サービスの担当者は、業務的に求人を紹介するだけでなく求職者の性格や人柄も考慮して求人を紹介してくれる可能性もあります。

求人を出す企業の社風などにも左右されますが、自身の性格にマッチする求人に応募することで、内定後の人間関係構築などにも良い影響があるかもしれません。

中国語スキルを持つ人材が転職活動をする前に確認しておきたいこと

中国語スキルを持つ人材が、人材派遣サービスを利用して転職活動を始める際に確認しておきたいことを解説します。

しっかりと準備を行うことで、人材紹介サービスの担当者とのやりとりもスムーズに進むため、より自身の希望する仕事に転職できる可能性があります。

自身の中国語スキルのレベル

自身の中国語のレベルを把握しておきましょう。

この時、第三者に自身のスキルがわかりやすいように伝えられる材料を揃えておくとスムーズかもしれません。

資格を持っている場合、その資格をいつ取得し、取得後どのようなことを行い、現在はどの程度のスキルを持っているかなどを話せるようにしておくと良いでしょう。

自己分析

自身の得意分野や苦手分野だけでなく、どのような職種に適性があるかをしっかりと分析しておきましょう。

また、分析の背景や自身を構築したきっかけとなるエピソードなどをしっかりと伝えられるようにすることも重要です。

働く場所

転職後働く場所もチェックしておきましょう。

特に中国語スキルを持つ人材を募集している企業の中には、中国語圏への出向などがある可能性もあります。

自身のキャリアプランや現状も加味して希望の就労場所を決めておくと良いかもしれません。

キャリアプラン

自身が今後どのようになりたいのか、キャリアプランを立てておくと良いでしょう。

現在の仕事で得た経験を転職先でどのように活かしたいのか、また、その先のキャリアをどのように構築していきたいのかを考えておきましょう。

そのためにどのような努力やスキルが必要かを自身でしっかりと再確認することで、自身の希望の転職イメージをさらに明確にすることができます。

中国語スキルを持つ人材が人材紹介サービスを利用する時の注意点

中国語のスキルを持っていたとしても、そのスキルを活かした転職に強い人材紹介サービスを利用しないと、せっかくのスキルを活かしきれず、転職がうまくいかない可能性があります。

中国語スキルを持った人材が人材紹介サービスを利用するときの注意点を解説します。

中国語を扱う求人を多くもつ人材紹介サービスを洗い出す

自身のスキルをしっかりと理解し、活かせる求人を紹介してくれる人材紹介サービスを見つけましょう。

グローバルに展開している企業に強い人材紹介サービスや、特定の言語に特化した人材紹介サービスも存在しています。

TENJee」では、中国語スキルを持つ人材を募集している求人に特化した求人サイトです。

面談やインタビューなどを通じて、自身にぴったりな求人を見つけることが可能です。

自身の経歴やスキルを正しく担当者に伝える

自身の経歴やスキルを正しく担当者に伝えるようにしましょう。

正しい情報を伝えていなかった場合、紹介される求人が合わなかったり、転職後に想像と異なる仕事に就いてしまう可能性があったりと、あまり良いことがありません。

中国語スキルを持つ方は人材紹介サービスを利用するのがおすすめ

人材紹介サービスは、得意分野や特徴によって様々な種類が存在します。

自身のスキルを考慮して、最適な人材紹介サービスを利用しましょう。

株式会社フェローシップ」が運営している求人サイト「TENJee」では、中国語スキルを持つ人材を求める企業の求人を多数掲載しています。

求人情報だけではなく、当社スタッフが様々なサポートを行いますので、中国語スキルを活かして転職したい方はぜひご覧ください。

コメントを残す