【レベル別】中国語を活かせるおすすめの仕事!特徴と求職活動のコツ

グローバル化が進んだ今日、観光やビジネスなど国境を越えた交流が盛んになっています。

日本国内においても、高い語学力を持つ人材への評価や需要は高まっているといえるでしょう。

そこで今回は、中国語を活かせる仕事の種類や仕事探しのポイントについて解説します。

中国語レベルの目安と、それぞれのレベルに合ったおすすめの仕事についても詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

また、中国語を活かせる仕事をお探しの方にはTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持つ方専用の求人サイトなので、幅広い職種の中から自分にぴったりな仕事を簡単に探すことができますので、ぜひご覧ください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

中国語レベルの程度とは

中国語レベルの程度を測る目安として、一般的な資格試験のスコアや級などを例にご紹介します。

【初級】中国語を使った簡単なやりとりができるレベル

「初級レベル」の中国語とは、中国語での簡単なやりとりや、辞書を用いながらの読解が可能であることが目安です。

資格試験では、一般的にHSK4〜5級、中国語検定3〜2級、TECCスコア500〜800程度が初級レベルであるとされています。

【中級】日常会話レベルから簡単なビジネス会話まで

「中級レベル」の中国語は、中国語での日常会話を問題なく行うことができ、ビジネス会話もある程度は理解できることが目安です。

資格試験では一般的に、HSK6級以上、中国語検定準1級以上、TECCスコア800〜900程度が中級レベルにあたるとされています。

【上級】専門的で複雑なビジネス会話からネイティブレベル

「上級レベル」の中国語は、あらゆるシーンにおけるビジネス会話や、複雑な表現などをネイティブと同程度におこなえることが目安です。

資格試験では中国語検定1級以上、TECCスコア900~1000程度が上級レベルにあたるとされています。

レベルやシーン別中国語が活かせる仕事例

それぞれの中国語レベルや、得意な技能が活かせるシーン別に中国語スキルを武器にできる仕事をご紹介します。

【初級レベル】なら定型文が比較的多い接客業に活かせる

定型文がある程度決まっている状況では、初級レベルの中国語話者が十分に活躍することができます。

特に飲食店などのBtoCの接客の場合、用いられる語彙が少なく求められる表現も比較的易しいため、挑戦しやすいといえるでしょう。

【中級レベル】なら専門用語次第でビジネスシーンでも対応できる

日常会話を問題なく理解できる中級レベルの中国語話者は、臨機応変なコミュニケーションが可能といえます。

初級レベルの方同様に接客業では中国語を武器にした活躍が期待できるほか、ビジネスに関する語彙を学ぶことでビジネスシーンにも対応できるといえます。

希望業界が定まっている方の場合は、その業界や職種の関連語彙を集中して身につけることで、より複雑なビジネスシーンであっても挑戦しやすいといえるでしょう。

【上級レベル】語学力を最大限発揮できる仕事が選べる

ネイティブに近い高い中国語スキルを持つ上級レベルの方は、語学に特化した仕事でも活躍することが可能です。

翻訳・通訳・語学教員など中国語と日本語スキルを最大限発揮する仕事や、複雑な用語やコミュニケーションが問われるビジネスシーンにも対応が可能であるため、キャリアアップも目指しやすいといえるでしょう。

ネイティブレベルの高い語学力を持つ方だからこそ可能なおすすめの仕事については、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ合わせて参考にしてください。

▶︎中国語ネイティブ向けの求人とは?職種やおすすめの探し方

会話力を活かしたい方におすすめの仕事

中国語スキルの中でも、”聞く力”と”話す力”に自信がある方におすすめの「会話力」を活かせるおすすめの仕事には以下のようなものがあります。

・ホテルや旅館スタッフ

・観光案内

・商業施設などの総合案内所スタッフ

・免税カウンタースタッフ

・海外営業

・通訳者

業務内容により求められる中国語スキルは異なりますが、以上のような仕事では読み書き能力よりも会話によるコミュニケーション能力が重視されています。

読み書きに自信がある方におすすめの仕事

”読む力”と”書く力”を活かして働きたい方におすすめの仕事には以下のようなものがあります。

・事務職(貿易や中国系企業など)

・経理職

・旅行会社のスタッフ

・翻訳業

書類の作成や整理が主な仕事である事務職や、メールなどでのコミュニケーションが主流である旅行会社のスタッフなどは、会話が求められる場面が少ない職種です。

中国語で文章を作成する場面が多く、読み書きスキルを活かすことができる仕事といえるでしょう。

中国語を活かして仕事を見つけるポイント

中国語スキルを最大限活かして仕事を見つけるポイントをご紹介します。

資格で語学力を可視化する

中国語力をアピールする上で最も有効な方法は、資格を取得することです。

中国語力を測ることのできる資格にはさまざまな種類があり、それぞれ重点的に測ることのできる技能や活用シーンが異なります。

自分の得意な分野や目指す職種・業界に応じて、受験する資格を変えることが大切です。

日本で取得可能な中国語の資格の種類とそれぞれの特徴については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

文化・風習の違いを理解する

中国語を活かせる職場では、中国人の方と交流する機会は多くあります。

文章や会話を通してコミュニケーションをおこなう上で語学力と同じくらい大切なのは、文化の違いへの理解度です。

日本人にとって望ましいとされる言葉や態度が、中国では相手にとって失礼にあたる場合もあるので、事前に価値観の違いへの理解を深めておくことが重要です。

こちらの記事では、仕事にまつわる考え方を中心に、一般的な中国人の方の考え方についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎中国人の仕事観とは?一緒に働く上で注意すべきポイントを解説

日本語との共通点を意識して学習する

中国語を活かして働く上では、語学スキルを維持しさらに向上させ続けることが大切です。

働きながらのスキルアップは、効率を重視することが鍵ですが、中国語学習においては”日本人ならではのコツ”をおさえることがおすすめです。

こちらの記事で、日本人の方が中国語のスキルアップをめざす上で押さえておきたいポイントについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

語学以外のスキルや人間力も積極的にアピールする

就職・転職活動をおこなう上では、語学力以外の強みも合わせてアピールしていくことが大切です。

特に中国系企業は「実力主義」「成果主義」という方針を掲げている場合が多いため、数字などを伴った具体的なスキルやキャリアをしっかりと説明できる状態にすることがおすすめです。

中国語を活かせる仕事に就く方法

中国語を活かすことのできる仕事の探し方や就職・転職活動の方法についてご紹介します。

現地採用の場合

中国に渡って働きたいとお考えの方は、中国系企業が実施している現地採用に申し込むという方法があります。

ほとんどの中国系企業がインターネット上で採用活動をおこなっているため、日本国内からも申し込むことができます。

中国の求人サイトを利用するのはもちろんのこと、日本国内の求人サイトにも中国系企業の求人が掲載されていることも多いため、まずはインターネット上で検索してみるとよいでしょう。

こちらの記事で、中国における転職活動や転職観について詳しく解説しているので、合わせてぜひ参考にしてください。

▶︎中国の転職事情とは!中国人の転職観と中国本土で転職するポイント

日本採用の場合

日本国内で中国語を活かせる仕事を探す場合も、インターネット上の求人サイトの利用がおすすめです。

中国語スキルを持つ人材を必要とする日系企業や、中国系企業の日本支店など、さまざまな職種の求人情報を探すことが可能です。

中国語に特化した求人サイトがオススメ

中国語に特化した求人サイトを利用することで、現地採用・日本採用問わず豊富な求人を簡単に探すことが可能です。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトTENJeeでは、幅広い業界・職種の仕事を多数掲載しています。

中国語スキルを活かせる仕事専門のサイトなので、語学力が強みになる求人を簡単に見つけることが可能です。

福利厚生や詳しい仕事内容についても記載されているので、興味をお持ちの方はぜひ一度実際の求人をチェックしてみてください。

※TENJeeの求人情報をチェックするにはこちらから

まとめ

さまざまな業界・職種において中国語スキルの需要は高まっています。

自分のレベルや得意な技能に応じて就職・転職活動を行うことで、高い語学力を最大限発揮することができるでしょう。

今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひ理想の仕事を探してみてください。

TENJeeでは中国語を活かせる多様な仕事を簡単に探すことが可能です。

求められる語学要件などのスキルについても記載しているので、まずは一度TENJeeをチェックしてみてください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

中国語を活かしてマーケティング職に!求められるスキルや求人の探し方

グローバル化が進み、国を超えた企業活動も盛んな今日、語学力は求職者にとって重要なアピールポイントといえます。

そこで今回はマーケティング職に注目して、詳しい仕事内容や求められるスキル、中国語を活かせる求人の探し方をご紹介します。

中国語に特化した求人サイトTENJeeでは、マーケティング職に限らず、幅広い業界・職種の求人情報を掲載しています。

どのような仕事があるのか、まずは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

マーケティング職の仕事内容とは

マーケティング職とは、世間のニーズを調査し自社の製品やサービスをより多くの人に届けるための方法を考える仕事を指します。

調査から広報活動までと非常に幅広い業務を担当するマーケティング職の仕事内容の一例をご紹介します。

商品を企画する

マーケティング職では製品やサービスなど、世間のニーズにあった商品を企画します。

一般的には、さまざまなデータを読み解きながらコンセプトを固め、経営陣に向かってプレゼンテーションを行います。

経営陣からの許可が下りると、今度は製造工程の社員と協力して商品の発売開始に向けて準備を進めていくことも、マーケティング職の仕事に含まれます。

営業手法や販売促進施策を考える

自社製品やサービスを提供するにあたって、営業手法や販売促進のための試作を考える業務もマーケテイング職の仕事です。

ターゲットエリアの選定やキャンペーン試作、店頭での陳列方法など、より多くの顧客の心を掴む方法を考える必要があります。

市場調査や分析を実施する

マーケティング職では、アンケート調査などの市場調査を行い、その結果の分析を行います。

また、自社製品・サービスに限らず競合他社についても調査を行い、業界や市場全体のデータを集めることも多いです。

商品・サービスの広告・宣伝を検討する

ポスターやCM、チラシなどの広告のデザインや広告を出すエリア、媒体などを決めるのもマーケティング職の仕事です。

ターゲット層やエリアを選定し、どのような広告・宣伝が適しているかを考える必要があります。

中国語を活かせるマーケティング

中国語力を活かすことで、よりグローバルな視点からマーケティング活動をおこなうことができるようになります。

製品やサービスの提供にあたり、中国企業との取引を進めやすくなるのはもちろん、中国の情勢や実態についての情報も入手しやすくなるため、グローバルな市場を視野に入れることに繋がるでしょう。

取引相手やターゲットとする顧客の幅が広がることで、マーケティングをおこなう上での選択肢を増やすことにつながります。

中国語を活かしたマーケティング職で求められるスキル

中国語を活かしたマーケティング職に求められるスキルや語学力の程度についてご紹介します。

日本語・中国語ともにビジネスレベル以上

マーケティング職で語学力を武器にするためには、日本語・中国語ともにビジネスレベル以上であることが求められます。

求人によっては日常会話レベルでも応募可能なものもありますが、一般的にビジネスシーンにおける会話が問題なくおこなえる程度の語学力が必要です。

語学力は会話・読み書きともに重要

マーケティング職では、会話力と読み書き能力ともにバランスよく身につけておく必要があります。

取引相手や同僚とのコミュニケーションが十分取れる会話力はもちろん、データの分析を問題なくおこなえる読解力も重要です。

マーケティングに関する専門知識は評価につながる

データの分析や世間のニーズを掴むなど、マーケティングの仕事においては知識や経験が重要視されやすい傾向にあります。

そのため、マーケティング業務に携わった経験や、専門知識をあらかじめ習得していることは強みとなります。

マーケティング職に向いている人

マーケティングの仕事に向いている人の特徴についてご紹介します。

流行を察知するのが得意な人

マーケティング職では、世間のニーズを適切に掴み、求められる商品を企画・開発する力が重要です。

そのため、世の中の流行を察知するのが得意な人はマーケティング職に向いているといえます。

特に日本のみならず、中国のトレンドも掴むことのできる力は評価につながりやすいです。

語学力を活かすことで、翻訳された文章ではなく直接最新の情報を入手できる点は、スピード感や情報の鮮度が重要なマーケティングに活かせる大きな強みといえます。

数字やデータに強い人

データの分析が重要となるマーケティング職では、数字やデータに強いことは強みになります。

様々なデータから必要な情報を取り出す力に自信がある方は、マーケティング職に向いているといえるでしょう。

ロジカルに考えるのが好きな人

ロジカルな考え方は、マーケティングに限らずあらゆるビジネスシーンで重要とされています。

特にマーケティング職では、様々なデータから論理的に企画・開発を進める必要があります。

また、企画した商品を経営陣に向かってプレゼンテーションする際や、製造や営業などのその他の部署に説明する際にも論理的な思考は必要になります。

中国語を活かしてマーケティング職に就職・転職するポイント

語学力を武器にマーケティング職を目指す上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

中国語に特化した求人サイトを活用する

中国語に特化した求人サイトを利用することで、効率よく仕事を探すことが可能です。

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトTENJeeでは、マーケティング職をはじめ幅広い業界・職種の求人情報を掲載しています。

福利厚生や仕事内容、求められるスキルなども確認することができるので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を武器にマーケティング職を目指したい方はこちらから

資格を取得してスキルをアピールする

就職・転職活動においては、資格を取得することも大切です。

自身の持つスキルを可視化することで、採用担当者へのアピールがしやすくなるといえます。

こちらの記事では、中国語・日本語それぞれの資格について解説しています。

資格ごとに重点的に測ることのできる能力も異なるため、自分にあった資格を選ぶことも大切です。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

マーケティングに活かせる人間力をアピールする

書類選考や面接において、マーケティングに活かせる人間力をアピールすることも大切です。

求人情報などを活用して志望する業界や企業を分析し、エピソードを交えながらアピールしてみてはいかがでしょうか。

語学スキル習得に向けた学習過程なども、魅力的なエピソードのひとつです。

具体的なイメージを採用担当者に伝えることで、採用につながりやすくなります。

まとめ

市場を分析し、ニーズを掴む商品を企画・開発するマーケティング職においては、高い語学力を活かすことでより業務の幅を広げることが可能です。

よりグローバルな視野を持っていることを強みにすることで、マーケティング職への就職・転職活動を有利に進めることができるのではないでしょうか。

中国語に特化した求人サイトTENJeeでは、語学力が武器になる様々な仕事情報を掲載しています。

マーケティング職をはじめとした幅広い業界・職種の求人があるので、自分にぴったりの仕事を探しやすいといえるでしょう。

福利厚生や詳しい仕事内容など、ぜひ一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かして仕事探しをしたい方はこちらから

中国語を活かして経理の仕事に!求められるスキルや求人の見つけ方を解説

中国語を活かして働きたいという方に、おすすめの職種のひとつに「経理」があります。

日本に進出する中国系の企業も増えていることもあり、日本国内でも中国語・日本語両方のスキルを持つ人材を積極的に採用している企業が多いです。

そこで今回は「経理」の仕事に着目して、求められるスキルや詳しい仕事内容を解説します。

経理に向いている人の特徴についても合わせてご紹介するのでぜひ参考にしてください。

経理に限らず、中国語を活かせる仕事を探す際におすすめの求人サイトのひとつに、TENJeeがあります。

中国語に特化したサイトなので、他の求人サイトよりも簡単に語学力を活かせる仕事を探すことが可能です。

まずは一度、どのような求人情報が掲載されているのかチェックしてみてください。

※中国語を活かせる求人情報はこちらから

経理に求められる中国語・日本語の語学レベル

経理の仕事において求められる中国語・日本語の語学レベルについてご紹介します。

会話力より読み書き能力

経理に求められる語学力の特徴としては、会話力よりも読み書き能力が重視されるという点があげられます。

書類の作成やデータの集計・管理などの業務がメインとなってくるので、複雑なコミュニケーションが問われる場面は比較的少ないといえます。

会話力にはあまり自信がないという方でも安心して挑戦することができる仕事のひとつといえるでしょう。

中国語・日本語共に中上級が目安

経理に求められる語学力の程度を資格で表す場合、語彙や文法に関して中国語スキルはHSK5〜6級程度、日本語スキルの場合は日本語能力試験N1〜N2程度が一般的です。

コミュニケーション能力は、日常会話レベルでも問題無い場合が多いので、経理を目指す際は中上級レベルの読解力が求められているといえます。

経理に関する専門用語の知識は必要

基本的な語学力の程度は中上級レベルですが、加えて経理の専門用語についての知識も必要です。

入社後に基礎知識について社内研修をおこなう企業もありますが、あらかじめ基本をおさえておいた方が採用時に優先される傾向にあるといえます。

基本的な語学力に加えて、経理についてもある程度学んでおきましょう。

経理の仕事内容

経理は、会社のお金に関する記録を作成することが主な仕事内容です。

一般的に会社全体のお金の流れを把握し、金額に換算していく作業をおこないます。

次に経理の主な業務内容を4つに分けてご紹介します。

「出納(すいとう)」

出納とは、現金や預金などのお金を出し入れする業務を指します。

社員の出張費や交通費の建て替えや備品の購入といった、会社の経費に当てられるお金を管理する仕事です。

「起票」

起票とは、取引や出納の履歴を伝票として記録する業務を指します。

この伝票は証拠の役割があり、帳簿の作成時にも必要となる重要な書類です。

「記帳」

記帳とは、取引や出納の記録を勘定科目といわれる項目に基づいて分類(仕分け)して帳簿に記録する業務を指します。

記録に用いられる帳簿にはいくつかの種類があり、それぞれ分類方法や記入の方式が異なるため、経理はそれぞれのルールを把握しておく必要があります。

「集計」

集計とは、記帳した帳簿のデータを集計する業務を指します。

この時集計したデータに基づいてさらに表を作成するなど、お金にまつわる情報を整理する作業も経理の仕事に含まれます。

経理に向いている人の特徴

経理の仕事に向いている人の特徴についてご紹介します。

数字やデータの分析が好き

数字やデータを分析することが好きな人は経理に向いているといえます。

経理の主な仕事は数字やデータの整理・集計であるため、これらの業務にやりがいを見出せる人は経理の仕事がおすすめです。

コツコツと作業を続けるのが好き

机に向かってコツコツと作業を続けることが好きな人も、経理の仕事がおすすめです。

経理は基本的にデスクワークで、さまざまなデータやお金の流れをひとつひとつ整理する作業が多い為、これらにやりがいを感じる方も経理に向いているといえます。

細かなミスにも気づくことが多い

細かなミスに気付くことができる力は経理において重要です。

お金にまつわるデータを扱うため、少しのミスでも大きな問題につながります。

さまざまなデータを扱いながら、何か不備があった際に気付くことができる方は経理の仕事に向いているといえるでしょう。

中国語を活かせる経理の求人を探すポイント

中国語スキルを活かすことのできる経理の仕事を探す際に、意識したいポイントについてご紹介します。

中国語に特化した求人サイトを活用する

中国語に特化したサイトを活用することで、より簡単に効率良く仕事を探すことができます。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、経理をはじめ幅広い業界・職種の求人情報を多数掲載しています。

それぞれの仕事に求められる語学要件やスキル、詳しい仕事内容についても記載されているので、まずは一度どのような仕事があるのかチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事を探したい方はこちらから

経理に役立つ資格を習得する

経理の仕事に活かせる資格の取得は、就職・転職活動において非常に重要です。

日商簿記検定

「日商簿記検定」は経理の基本的な知識を総合的に身につけることができる検定です。

3級から1級までがあり、一般的に経理の採用で評価されるのは日商簿記2級以上とされています。

また、学歴や年齢に関係なく受験する級を選ぶことができます。

経理においてキャリアアップを目指す際にまず押さえておきたい資格といえるでしょう。

BATIC(国際会計検定)

「BATIC(国際会計検定)」は国際的な会計基準についての知識を測ることができる試験です。

出題は全て英語で、外資系企業や海外進出をすすめる日系企業において評価につながりやすいという傾向があります。

求められる英語力はTOEIC400〜450点程度とされており、英語で簿記を作成・説明する能力と国際的な基準に基づいて財務に関わる表を作成する能力が問われます。

公認会計士

「公認会計士」は監査や会計業務の高い専門性を測ることのできる国家資格です。

医師・弁護士と並ぶ難易度の高い資格ですが、応用範囲が非常に広いため、資格を取得することでさまざまな企業・団体の組織内会計士としての勤務や独立して開業することも可能になります。

税理士

「税理士」は税務における高い専門性を測ることのできる国家資格です。

社内でのキャリアアップに繋がることはもちろん、独立して開業することも可能です。

その分難易度が高くはなりますが、必要とされる5科目をバラバラに受験することができ、一度合格した科目に有効期限がないため、長期的に少しずつ取得を目指すことができます。

資格で語学スキルを可視化する

語学力についても資格を取得することでスキルを可視化することが重要です。

こちらの記事では、日本語の資格の種類やそれぞれの特徴についてご紹介しています。

自分にあった資格を選ぶ際に参考にしてください。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

こちらの記事では、中国語の資格について種類とその特徴を解説しています。

資格ごとに重点的に測ることのできる能力が異なるので、自分の志望企業などに合わせて受験することがおすすめです。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

まとめ

会社のお金に関する情報を整理する経理の仕事は、あらゆる企業・団体において必要とされる仕事です。

日本に進出する中国系企業も増えている中で、語学力と経理に関するスキルの2つを活かすことで、より自分にあった働き方が見つかるのではないでしょうか。

TENJeeでは中国語スキルを持つ人材を積極的に採用している企業の情報を多数紹介しています。

詳しい仕事内容や募集要項、福利厚生についても詳しく記載されているので、ぜひ一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事を探したい方はこちらから

中国語を活かして販売職に!仕事内容や求められるスキルとは

日本と地理的にも近い中国からは、毎年多くの観光客が来日します。

そんな中国人観光客に対し、中国語で接客できる人材はあらゆる職場で非常に高い評価を得ているといえるでしょう。

そこで今回は、中国語を活かして販売職に就職・転職する上でぜひ知っておきたい販売職のやりがいや、求められるスキルについて解説します。

販売職に向いている人の特徴についてもあわせてご紹介するので、販売職に興味をお持ちの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、販売職をはじめ様々な業界・職種の求人情報を簡単に探すことが可能です。

まずは一度、どのような仕事があるのか実際の求人をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる求人情報はこちらから

販売職に求められる中国語・日本語の語学レベル

語学力を活かして販売職として働く上で求められる、中国語と日本語のレベルについてご紹介します。

読み書きよりも会話力の比重が高め

販売職に求められる語学力は、読み書きよりも会話力が重視される傾向があります。

顧客と実際に会話しながら接客する場面が多いため、聴く力・話す力が重視されています。

読み書きに自信がない方でも、ある程度のコミュニケーションが取れるのであれば挑戦しやすい職種であるといえるでしょう。

中国語・日本語共に中上級が目安

販売職で求められる語学力をそれぞれ資格で表すと、中国語スキルはHSK5〜6級、日本語スキルは日本語能力試験N1〜N2程度とされています。

ひとくくりに販売職といっても、取り扱う商品の種類や価格帯によって求められる語学力が異なる点には注意が必要です。

例えば、百貨店やラグジュアリーブランドなどの高級な商品を取り扱う店舗では、より高い

語学力が求められる傾向にあります。

販売する商品への知識が求められるケースも

語学力に加えて、販売する商品への知識も重要です。

入社後に基本的な知識を社内研修として教える企業もありますが、基本的な知識を応募要件としている企業も少なくはないため、あらかじめ自身で理解を深めておくことをおすすめします。

販売職のやりがい

販売職の仕事におけるやりがいについてご紹介します。

顧客とコミュニケーションをとりながら働ける

販売職は顧客とコミュニケーションをとることも仕事の一部です。

繰り返しの作業が多いデスクワークと比較して、変化に富んでいるという特徴があるといえるでしょう。

多くの方が、新たな顧客との出会いや、馴染みの顧客と信頼関係を築いていく過程に大きなやりがいを感じています。

商品レイアウトスキルが身につく

実際に顧客とコミュニケーションをとりながら購買に結びつける点も重要ですが、同じくらい大切なのは商品のレイアウトです。

道行く顧客の目に止まるようなレイアウトを作り出すことで、お店に足を運んでもらいやすくするのも販売職の仕事といえます。

顧客の購買意欲を掻き立てる戦略的なレイアウト作りに、大きなやりがいを感じる方も多いといえます。

店舗運営に触れることで経営者の目線も学べる

販売職では、20代で管理職になることは珍しくはありません。

そのため、早い段階から管理者視点で業務に当たることができるケースが多いといえます。

また、売り上げや顧客数などがデータとして現れやすいため、これらを分析することも仕事です。

マネジメントやデータ分析といった業務に興味がある方にも、販売職はおすすめできるといえるでしょう。

販売職に向いている人の特徴

販売職に求められる人間力にはどのようなものがあるのかご紹介します。

お客様に寄り添えるコミュニケーション能力

接客が重要な仕事となる販売職においてコミュニケーション能力は非常に重要な力のひとつです。

顧客に寄り添い、親身になって話を聴く力やコミュニケーションを通して「またここに買いにきたい」と思わせる力が求められています。

人と話すことが好きな方や人見知りしない方などは比較的早く販売職に馴染めるかもしれません。

ビジネスマナーを踏まえた対応力

正しい敬語や顧客に対する接し方など、一般的にビジネスマナーと呼ばれる礼儀を実践できることも大切です。

コミュニケーションをとって顧客に寄り添う姿勢も大切ですが、相手にとって失礼にならないようにビジネスマナーなども身につけておく必要があります。

商品の魅力を伝える説明力

商品を販売する中で、顧客からの商品について質問を受ける機会も多いです。

そのため、自分の勤務先で取り扱っている商品の使用感や基本情報、おすすめのポイントなどについてわかりやすく説明する力が求められます。

単に知識を見つけるのではなく、それをきちんと相手に理解してもらえるような説明力も重要といえるでしょう。

臨機応変に立ち回る対応力

顧客からクレームや発注作業などのミスなど、不測の事態に対して臨機応変に対応できる力も重要です。

顧客からクレーム対応の際に動揺をしたり、顧客の気に障ってしまう態度をとったりしてしまうと、さらにトラブルが深刻化してしまいます。

非常時であっても落ち着いて、臨機応変に対応をとることも販売職にとって重要な力といえるでしょう。

中国語を活かせる販売職を探すポイント

中国語スキルを最大限活かせる販売職の仕事を探すポイントについてご紹介します。

中国語に特化した求人サイトを活用する

中国語スキルを活かせる求人サイトを活用することで、一般の求人サイトよりも簡単に理想の仕事を見つけることに繋がります。

TENJeeは中国語スキルに特化した求人サイトです。

幅広い業界・職種の仕事を簡単に探すことができるので、自分にぴったりの仕事を見つけることができます。

求められる語学要件やスキル、詳しい仕事内容についても掲載されているので、興味をおもちの方は、まずは実際の求人をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

資格でスキルを可視化する

資格を取得することで、採用担当者にスキルをわかりやすくアピールすることができます。

日本語や中国語といった語学スキルはもちろん、希望する職種に関連する資格がある場合は、取得することで就職・転職活動を有利に進めることができるでしょう。

こちらの記事では、日本語スキルを測ることのできる主要資格を4種類ご紹介しています。

資格ごとに重点的に測定できる技能も異なってくるので、この記事を参考に自分の希望する企業で求められるスキルを可視化するのもおすすめです。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

また、こちらの記事では中国語の資格の種類についてご紹介しています。

それぞれの資格の特徴について解説しているので、資格選びの際にぜひ参考にしてください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

まとめ

多くの中国人観光客や留学生が来日する日本において、中国語と日本語両方での接客ができる人材は高く評価されています。

語学力を活かして、販売職でワンランク上の接客をめざしてみてはいかがでしょうか。

また、販売職に限らず、中国語を仕事に活かしたいとお考えのかたにはTENJeeの利用がおすすめです。

幅広い業界・職種の求人情報が掲載されているので、自分にあった仕事を探しやすいといえます。

詳しい仕事内容や求められる語学力などのスキルについても記載されているので、まずは実際の求人をチェックして、どのような仕事があるのかぜひ確かめてみてください。

※中国語を活かして働きたい方はこちらから

中国語と英語を仕事に活かす方法とは!おすすめの業界や仕事内容

グローバル化が進み、観光やビジネスなどにおいて人々の国境を越えた往来が盛んになっています。

そんな今日、ビジネスシーンにおいて語学力が非常に高い評価を得ているといえます。

その中でも特に、ビジネスの場面で用いられる機会が多い言語に英語、そして中国語をあげることができるでしょう。

今回は、英語と中国語のスキルを活かすことのできる業界や職種について概説します。

就職・転職活動におけるポイントや求められる資格、スキルについても合わせてご紹介するので是非参考にしてください。

中国語を活かせる仕事に特化した求人サイトTENJeeでは、語学力が強みになる仕事情報を多数紹介しています。

どのような業界・職種があるのかまずは一度求人情報を見て確かめてみてはいかがでしょうか。

※中国語を武器に仕事探しをしたい方はこちらから

中国語と英語のビジネスにおける魅力

ビジネスシーンにおける中国語と英語それぞれの魅力についてご紹介します。

”世界共通語”の代名詞「英語」

英語を母国語または第二言語とする人の数は世界中の言語の中で最も多いです。

文部科学省によると、英語を公用語・準公用語とする国は世界に54カ国あり、世界196カ国の4分の1以上の割合を占めていることがわかります。

また、Internet World Statsによると、2017年における世界のインターネット総人口41億6,000万人のうち、約26%が英語人口であることがわかっています。

学術研究やスポーツ、グローバルビジネスにおいても一般的に英語が共通語とされていることも合わせて考えると、英語は”世界共通言語”であるといえるでしょう。

日本でもグローバル化の影響もあり、英語教育を重要視する声が多くあがっています。

アジアや欧米などありとあらゆる地域で用いられている英語を習得することで、グローバルな市場でビジネスを展開することにつながります。

”訪日外国人数No.1”経済発展めまぐるしい「中国語」

中国はビジネスの世界において、存在感を強めている国のひとつです。

GDP(国内総生産)はアメリカに次ぐ世界第2位を誇っており、2019年度の経済成長率は前年度比6.2%を記録しました。

近年経済成長が注目されるインドの同年の経済成長率が前年度比4.2%であったことを考えると、中国の経済成長は非常に注目されているといえるでしょう。

また、中国語は中国本土に限らず、香港や台湾、マカオ、シンガポールでも使われている言語で、母語人口は世界第1位の約13億7000万人といわれています。

経済成長が著しく、世界各地で活躍を見せる中国語話者の存在を考えると、今後ビジネスシーンにおいて中国語の需要はさらに高まるといえるでしょう。

こちらの記事では、中国語を学ぶメリットについて主にビジネスの面から解説しています。

興味をお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

▶︎中国語を学び習得するメリットとは、ビジネスシーンでの需要や必要性

3ヶ国語のハイブリッドは強みになる

英語と中国語のビジネス面での魅力をご紹介しましたが、当然日本語・英語・中国語の3ヶ国語を習得することは、就職や転職活動において非常に強力なアドバンテージになるといえます。

GDPランキングにおいて上位3カ国を占めるこれらの国の主要言語は、あらゆる業界においてアピールポイントとなります。

英語と中国語を活かせるおすすめの仕事

日本において英語と中国語を活かすことができるおすすめの仕事についてご紹介します。

接客業

飲食店や商店などにおける接客業は、語学スキルを活かせる仕事のひとつです。

特に観光客が多く足を運ぶ地域では、非常に需要が高まっています。

また、接客業では日常会話レベルの語学力でも十分に活躍することが可能です。

学習した言語がどのくらい通用するのか確かめてみたい、という方にもおすすめの職種といえます。

商社・貿易業

語学力を活かし、ネイティブ相手に商談などをしてみたいとお考えの方には、商社や貿易業がおすすめです。

この業種ではグローバルな視点から仕事をすることができるため、海外勤務なども視野にいれた働き方を目指すことができます。

当然高い語学力を求められる仕事ではありますが、日本語、英語、中国語という3カ国語を最大限発揮できる仕事のひとつといえるのではないでしょうか。

観光業・ホテル

日本を訪れる観光客は日本語が話せないケースがほとんどです。

飲食店などの一般的な接客業よりは専門性が求められる仕事ではありますが、3ヶ国語を使い分けることで幅広いニーズに対応することができ、大きなやりがいにつながるのではないでしょうか。

また、ホテルでは高いレベルの接客マナーを身につけることができます。

語学力だけでなく、”おもてなしスキル”も合わせて成長させることができる職種であるといえます。

翻訳・通訳

語学力をフル活用できる仕事としては、翻訳・通訳業務があります。

基礎的な能力だけでなく、臨機応変な対応や慣用表現、文化や風習にまつわる知識など、幅広い語彙力や理解力が求められる仕事ですが、語学力を最大限発揮できる環境であるといえます。

ビジネスシーンやコンテンツのローカライズなど、扱うジャンルによって求められる知識が変わってくるので、自分の興味関心に合わせて仕事を選ぶことができるのも魅力のひとつです。

翻訳の仕事に求められる資格や求人の探し方については、こちらの記事で詳しく解説しているので、興味をお持ちの方は是非参考にしてください。

▶︎翻訳の仕事に資格はいる?翻訳家として働きたい方におすすめの資格

中国語と英語を活かして仕事を探すポイント

中国語と英語のスキルを最大限活かして仕事をさがすポイントについてご紹介します。

語学力を資格で最大限アピールする

語学スキルをアピールする上で最も効果的な方法は資格の取得です。

第三者にもわかりやすくスキルを可視化することができるため、採用担当者に強くアピールをすることが可能です。

英語資格であればTOEIC、中国語資格であればHSKやTECCなどの国際的に広く認知されている資格、スコアを示すことで自分の語学力を最大限発揮することができるでしょう。

語学力の背景にある人間力をアピールする

語学資格と合わせて大切なポイントは語学学習に紐付けた人間力のアピールです。

資格取得に向けてこつこつと努力を重ねた経験や、学習の上で自身の課題を解決したエピソードなど、語学力を身につける上で経験した内容を採用担当者に伝えることもおすすめです。

エピソードを伴った自己PRは、入社後に会社に貢献する姿をイメージしやすくなるため、採用担当者に良い印象を与えやすくなります。

中国語に特化したサイトを活用する

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトを活用することで、効率的に仕事探しを進めることが可能です。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトであるTENJeeでは、幅広い業界・職種の中から語学力が強みになる仕事を簡単に探すことができます。

求められる語学要件や詳しい仕事内容なども掲載されているので、まずは実際の求人情報を参考に仕事選びのイメージをつかんでみてはいかがでしょうか。

※語学力を武器に仕事を探したい方はこちらから

まとめ

英語スキルと中国語スキルは、幅広い業界で高く評価される強力なアピールポイントです。

高い語学力を武器にすることで、自分の理想の働き方の実現につながるといえるでしょう。

TENJeeでは、中国語スキルを持つ人材を積極的に採用している企業情報を豊富に掲載しています。

ぜひ一度実際の求人情報をチェックして、どのような働き方が実現可能なのか確かめてみてください。

語学力を活かして仕事を探すにはこちらから

中国語を活かして事務職に!求人の探し方と採用される秘訣とは

中国語を強みに、事務の仕事に就きたいとお考えの方も多いかもしれません。

ひとくくりに事務といっても、その仕事内容は多岐に渡ります。

また、それに伴って求められる事務職ならではのスキルもあり、就職・転職活動時には語学力と合わせて事務に活かせる能力をアピールすることが大切です。

そこで今回は、中国語スキルを持つ人ならではの事務職への就職・転職活動のポイントについてご紹介します。

求められるスキルや語学要件についても合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトであるTENJeeでは、貿易やメーカー、ITなどさまざまな業界の求人情報を簡単にさがすことが可能です。

幅広い選択肢の中から事務の仕事を選ぶことができるので、自分にぴったりの求人情報を見つけやすいでしょう。

まずは一度、実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かせる仕事を探したい方はこちらから

中国語を活かした事務の仕事に求められるスキル

中国語を活かすことができる事務の仕事にはどのような特徴があるのでしょうか。

仕事の特徴に沿って求められるスキルの一例をご紹介します。

会話力よりも”読み書き”重視

事務の仕事の特徴としては、メールや書類など”読み書き”における語学力が求められることが挙げられます。

そのため、会話力よりも読解力、文章作成能力が重視される傾向にあるといえます。

複雑なコミュニケーションにはまだ自信がないという方でも、比較的安心して挑戦できるといえるのではないでしょうか。

日本語/中国語ともにビジネスレベルが基本

実際の求人情報で明記されている語学要件は、「ビジネスレベル」の日本語力と中国語力を兼ね備えていること、とされていることが多いです。

ビジネスレベルに関しては募集している企業や案件の種類によっても異なるので、一概にはいえませんが、中には中国語レベルが中級程度も問題がない求人もあります。

ビジネスレベルの中国語の目安

ビジネスレベルの中国語の目安として、主要な資格を例にご紹介します。

最も知名度が高い中国語の資格のひとつであるHSKにおいては、一般的に5級以上といわれています。

5級は大学における第2外国語を2年間学んだ上でさらに一定量の学習が目安とされており、語彙は2500語レベルとされています。

また、ビジネスに必要な中国語力を測ることのできる資格としては、BCT(ビジネス中国語検定)が有名です。

BCT-AとBCT-Bの2つの級に分かれており、BCT-Aは初級者向け、BCT-Bは中・上級者向けとされています。

中国語を活かして事務を仕事にしたいという方は、BCT-Bの受験をおすすめします。

ビジネスレベルの日本語の目安

ビジネスレベルの日本語についても、同様に主要な資格を例にご紹介します。

最も一般的な日本語の資格である日本語能力試験では、N1~N5までの5段階に分かれています。中でも、日本の企業が外国人を採用する際の基準としてはN2以上を指定する場合が一般的です。

最も難易度の高いN1を取得すると日本語の通訳ができるレベルとみなされており、ビジネスにおいても問題なく会話ができるとされています。

ビジネスに特化した日本語の運用能力を測る資格としてはBJT(ビジネス日本語能力テスト)も高い認知度を誇っています。

このテストでは合格/不合格ではなく0〜800点のスコアと、点数に応じたJ5〜J1+までの6段階のレベルで評価されます。

530点以上で認定されるJ1レベルを取得することで「幅広いビジネス場面で日本語による適切なコミュニケーション能力がある」とみなされるため、ビジネスレベルの日本語習得の目安として適しているといえるでしょう。

職務内容にまつわる知識も重要

事務職という職種全体に共通しているのは、書類やメールにまつわる読解力ですが、就職先の企業が取り扱う商品ジャンルへの知識も同様に重要となります。

電子部品や化粧品など、それぞれの企業の主力商品についてある程度理解していることが評価につながります。

実際の求人にも、語学要件とあわせて業界への理解度を求める企業も多いので、就職・転職活動の際には事前に業界研究にも力を入れておくことをおすすめします。

事務の仕事内容とは

改めてここで「事務」という仕事は具体的にどのようなものを指すのかご紹介します。

”事務”といっても内容は様々

ひとくくりに”事務”といっても、実際の仕事内容は企業や業種によって様々です。

ここでは、中国スキルが評価につながりやすい主な事務職についてみていきたいと思います。

一般事務・OA事務

一般事務・OA事務とは、最も基本的な事務職です。

書類の整理や、パソコンを使っての書類作成、データ処理などのほか、電話や来客の応対、郵便物の処理などの作業を主に請け負います。

ほかの社員のサポート役といえる仕事であり、定型的な業務を繰り返し行うことが主な仕事であるため、「ほかの社員を支える仕事」や「ルール通りに正確に作業をこなすこと」にやりがいを感じる方におすすめです。

また、臨機応変で複雑な対応を求められる機会が少ないため、まだ自分の語学力に自信がない方でも安心して挑戦しやすい職種といえるでしょう。

営業事務

営業事務とは、営業職の社員のサポートに特化した事務職です。

見積書や請求書など、営業職ならではの書類の作成や商品の発送などが主な仕事となります。

中国系の企業に就職した場合は、営業職の社員が中国籍である場合も多く、同僚とのコミュニケーションにおいてより中国語を活かせる場面が多いといえます。

商品やサービスを顧客に届くまでのサポートが主な仕事になるため、この点に関心がある方に向いている職種です。

また、電話やメールでのお客様対応も仕事になるので、より実践的な中国語を活かせる点も特徴です。

貿易事務

貿易事務は、輸出入に関する手続きや海外とのコミュニケーションが主な仕事となる職種です。

通常の読解や会話におけるスキルに加えて、貿易に関するルールや法律などへの理解も求められるため、事務職の中でも専門性の高い職種のひとつです。

語学力を武器にグローバルな視点から仕事ができる点は大きな魅力といえるでしょう。

語学スキル以外のスキルも重要

事務職では、語学スキル以外のスキルも重要な評価のポイントとなります。

同僚や来客とのコミュニケーションを円滑に行う力や、データ・書類の処理に必要なパソコンスキルが重要です。

また、書類整理やデータ入力など定型的な作業を繰り返しおこなう必要があるため、作業を正確におこなう力も事務職において強みとなります。

パソコンスキルについてはMOS(Microsoft Office Specialist)などの資格取得もおすすめです。

中国語を活かした事務を仕事にするポイント

中国語を活かせる事務を仕事にするために、意識したいポイントについてご紹介します。

資格でスキルを可視化する

自分のスキルを最大限アピールするために、資格取得は非常に重要です。

採用担当者に向けて自分のスキルを可視化することができるため、語学力などの評価につながりやすいといえます。

こちらの記事では、外国人の方におすすめの日本語の資格について詳しく解説しています。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

また、こちらの記事では日本人の方におすすめの中国語の資格について紹介しています。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

これらの記事の内容を参考に、自分のスキルを最大限発揮して採用活動に臨んでみてはいかがでしょうか。

事務に適した人間力をアピール

事務職に適した人間力をアピールすることも重要です。

細かい職種ごとに若干の違いはありますが、共通しているのは「小さな作業をこつこつと継続できる力」や「他人をサポートすることにやりがいを感じるかどうか」が評価につながりやすいということです。

細かな作業を繰り返しおこなう必要がある事務職において、近い仕事を実際におこなったエピソードなどを積極的にアピールすることがおすすめです。

中国語に特化した求人サイトを活用

中国語を活かせる仕事を探す上では、中国語に特化したサイトを活用することがおすすめです。

中国語スキルをもつ方専用の求人サイトであるTENJeeでは、幅広い業界の中から簡単に仕事を探すことが可能です。

事務職の求人も、中国系企業から日系企業まで豊富に掲載しているので、自分にぴったりの仕事を探しやすいのではないでしょうか。

詳しい業務内容や語学要件、福利厚生なども詳しく掲載されているので、興味のある方は是非一度TENJeeで求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かして仕事を探したい方はこちらから

まとめ

事務職では、読解力を中心に中国語を活かすことが可能です。

営業事務や貿易事務など、さまざまな分野に特化した仕事もあるので、自分にぴったりの仕事を見つけやすいといえるのではないでしょうか。

TENJeeでは、幅広い業界の求人情報を紹介しているので、一人一人にあった仕事を簡単に探すことが可能です。

中国語に特化したサイトなので、語学力を大きな強みとして仕事に活かすことができるでしょう。

まずは実際の求人情報を見て、どのような仕事があるのかチェックしてみてください。

中国語スキルを武器に仕事を探したい方はこちらから

中国語ネイティブレベルはどのぐらい?高い語学力を活かす働き方とは

「中国語を武器に転職・就職活動をすすめたいけれど、自分の語学力のレベルがどの程度なのか知りたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は一般的に”中国語ネイティブ”と呼ばれる語学力の程度についてご紹介します。

高い語学力ならではの働き方や仕事探しの方法についても合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

また、中国語スキルを持つ人専用の求人サイトTENJeeでは、高い語学力を武器にできる仕事を多数掲載しています。

幅広い業界や職種から探すことができるので、まずはどのような仕事があるのかチェックしてみてください。

※中国語を武器に仕事を探すにはこちらから

”中国語ネイティブ”の基準

一般的に”中国語ネイティブ”と呼ばれる語学力はどの程度であるのか、資格や語彙の観点から解説します。

資格からみる中国語レベル

中国語レベルを測ることのできる資格には、HSK、TECC、C.TESTなどがあります。

それぞれのネイティブレベルとされている級やスコアについてご紹介します。

HSKにおけるネイティブレベル

HSKは中国政府公認の資格であり、数ある中国語資格の中でも受験者数が多く知名度が高いことで知られています。

1級から6級までの6段階に分かれており、ネイティブレベルの求人に応募するには、最高難度の6級を取得することが望ましいです。

TECCにおけるネイティブレベル

TECCは中国語を用いたコミュニケーション能力を測ることができる試験です。

参考書などを使って得た知識というよりは、実践的な中国語会話経験の有無で得点が大きく変わるといわれています。

こちらの試験では級ごとに合否が出るのではなく、内容をもとにスコアが算出されます。

海外赴任には700点が目安とされていますが、ネイティブレベルを目指すのであれば900点以上の取得が求められます。

C.TESTにおけるネイティブレベル

C.TESTは北京語言大学HSKセンターがHSKに次いで開発した、実践的な中国語力を測定するための試験です。

留学以外の目的で中国語を学ぶ学習者を対象にしているため、基礎からビジネスまでのさまざまな場面における中国語コミュニケーション能力を測ることが可能です。

1000点満点の試験において点数ごとにAからDまでの4つの級でレベル別の評価がつけられますが、最難関のA級は750点以上で取得できます。

ネイティブレベルを目指す場合は、HSK5級以上に相当するA級の取得が望ましいです。

【補足】中国語資格は他にも種類がある

今回ご紹介した以外にも、仕事探しに役立つ中国語資格についてこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

ネイティブの語彙レベル

ネイティブレベルの中国語に求められる語彙はどの程度のものなのでしょうか。

HSKで最もレベルの高い6級の語彙レベルは、5000語以上の常用中国語単語とされています。

1つ下の5級では2500語程度が目安となっているため、より多くの語彙の習得が求められているといえるでしょう。

ネイティブレベルを目指すにあたっては最低限5000語以上の常用中国語単語を習得することが必要です。

中国語ネイティブはビジネスにおいて強みになる理由

ネイティブレベルの中国語を習得することがビジネスにおいて強みになる理由についてご紹介します。

ネイティブレベルの学習者の数

中国語の第二言語話者は1億7800人とされています。

英語の第二言語話者は5億1000万人とされていることを考えると、英語と比較して中国語をネイティブレベルに使いこなせる人材は非常に少ないことがわかります。

従って、中国語をネイティブレベルに扱える人材は、重宝されるといえるでしょう。

中国の著しい経済成長

中国は世界的に見て、高い経済成長率を誇っている国です。

2019年度の中国の実質GDP成長率は6.1%でした。

同年日本は0.3%、アメリカは2.2%であったことを考えると、中国経済は著しい発展を続けていることがわかります。

また、2020年度のGDPランキングでは中国は1位のアメリカに次ぐ世界第2位を記録しており、3位である日本の約3倍の数値でした。

以上のことから、中国経済は世界的に見ても高い水準を保ちながら、今後ますますの発展が見込まれているといえます。

参考:内閣府「主要経済指標の国際比較」

中国企業とのビジネスは増えている

中国へ進出する日本企業、そして日本へ進出する中国企業の数は非常に多いです。

そのため、ビジネスにおいて中国語を用いる機会も増えているといえます。

2020年1月時点で中国に進出している日本企業は約1万3000社であるとされています。

同年時点でのアメリカへ進出している日本企業は約6700社であることを考えると、中国は多くの日本企業から事業展開先として評価されていることがわかります。

また、2020年に日本で事業を展開している中国籍企業数は337社であり、アジア圏の中では最も多くの企業が日本進出をすすめています。

以上のことから、ビジネスの中で中国語を活かすことのできる場面は多いといえます。

ハイレベルな中国語をビジネスに活かす方法

ネイティブレベルの中国語を活用することで、より自分にあった理想の働き方につながります。

高度な語学力をビジネスに活かす上で、意識しておくとよいポイントをご紹介します。

語学力に特化した職業を目指す

高い語学力を持った人にしかできない仕事を目指すことで、より条件の良い職場を見つけやすくなります。

翻訳・通訳や中国語または日本語の教師など、語学力そのものが職務内容で軸となる職種を目指せるのはネイティブレベルの中国語話者ならでは。

求められるレベルが高いほど、職場でも重宝されるため福利厚生などが充実している職場も多いです。

また、語学力が仕事内容に直結するので、自身の中国語スキルを最大限に生かすことができるでしょう。

中国市場開拓をリードする

高い語学力を生かして中国企業との取引を積極的に進めることで、同僚に差をつけることができます。

ネイティブレベルだからこそできる綿密なコミュニケーションを通し、中国企業との取引を円滑に進めることで、社内で高い評価を得られることができ、昇格や昇給においてリードすることができるでしょう。

中国系企業に就職する

中国企業への就職が選択肢になることは、ネイティブレベルの中国語話者の強みです。

世界的第2位の経済大国である中国の企業は、グローバルな展開を進めており、まさに世界のトップ企業となりつつあります。

中国語スキルを活用することで、世界規模で拡大する中国企業への就職も実現可能です。

【補足】中国語ネイティブにおすすめの職種

ネイティブレベルの中国語スキルを持つ人ならではの職種を選ぶことで、スキルを最大限活用した働き方につながります。

こちらの記事では中国語ネイティブにおすすめのワンランク上のお仕事を紹介しています。

それぞれの仕事内容や特徴についても詳しくご紹介しているので、ぜひご確認ください。

▶︎中国語ネイティブ向けの求人とは?職種やおすすめの探し方

中国語を活かせる仕事をさがすならTENJee

中国語を生かすことのできる仕事を探したいという方には、中国語スキルを持つ人専用の求人サイトであるTENJeeがおすすめです。

中国語を活かせる仕事専門なので、さまざまな業種から自分の希望にあった仕事を探すことが可能です。

詳しい仕事内容や求められる語学要件なども詳しく記載されてるので、興味をお持ちの方は一度、実際の求人情報をチェックしてみてください。

※TENJeeで中国語を活かせる仕事を探したい方はこちらから

まとめ

ネイティブレベルの中国語スキルを持っている人は比較的少なく、ビジネスにおいて影響力の大きい中国とのビジネスは、日本国内外においてますます拡大していくことが予想されます。

中国語スキルを強みとして活用し、より自分の理想にあった働き方を実現させてみてはいかがでしょうか。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは幅広い業界・職種の仕事情報を紹介しています。

詳しい仕事内容や待遇など、ぜひ一度TENJeeでチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

中国語と韓国語は就職に有利?それぞれの特徴と就職への活かし方

語学力はビジネスの世界でも重視されているスキルのひとつです。

中でも日本と地理的にも近く、観光客や文化面でも交流の盛んな中国語や韓国語に関心をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

今回は中国語と韓国語それぞれのメリットと、どのような人におすすめなのかご紹介します。

語学スキルを就職活動に活かすポイントについても合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

TENJeeでは中国語を活かせる仕事を多数紹介しています。

中国語スキルを持つ方専用の求人サイトなので、幅広いジャンルから自分の興味のある仕事を簡単に探すことが可能です。

まずは一度、どのような仕事があるのかチェックしてみてください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

中国語を身につけるメリット

中国語スキルを身につけることで得られるメリットについてご紹介します。

また、日本人ならではの中国語学習のポイントについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、学習方法について興味のある方はこちらも参考にしてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

<h3>中国本土以外でも通じる国が多い</h3>

中国語は中国本土以外にも公用語として用いられている地域を複数持つ言語です。

具体的には台湾、香港、マカオ、シンガポールにおいて中国語が広く用いられています。

また、華僑と呼ばれる海外在住の中国人も世界中で活躍しており、中国語スキルを身につけることで中国以外の国々ともビジネスを有利にすすめやすいといえます。

中国語学習も世界中で盛んに行われているため、今後ますますビジネスの世界において中国語を用いる機会は増えるのではないでしょうか。

経済発展が著しい

中国はGDP(国内総生産)世界第2位を誇る経済大国です。

2020年10月から12月までの実質GDP成長率は前年同期比+6.5%を記録しており、今後ますますの経済発展が見込まれています。

アメリカ、EUの両者にとって最大の輸入相手国である中国は、世界的にも注目される国家であるといえるでしょう。

【補足】中国語のメリットは他にも

中国語を学習する上でのメリットについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

ぜひ合わせて参考にしてみてください。

▶︎中国語を学び習得するメリットとは、ビジネスシーンでの需要や必要性

韓国語を身につけるメリット

韓国語スキルを身につけるメリットについてご紹介します。

日本人にとって習得しやすい

韓国語は日本人にとって非常に学習しやすい言語です。

最大の理由は、文法構造です。

韓国語の語順は日本語とほとんど同じであるため、文法が非常に学習しやすいといえます。

また、発音が比較的似ているため、その他の言語と比べて学習のハードルは低い傾向にあります。

また、ドラマやアイドル、漫画などを通じて韓国語に触れる機会が多い人にとっては、語彙習得も比較的簡単だと言えるでしょう。

文化交流が盛んで身近に感じやすい

韓国のアイドルやドラマ、ウェブ漫画などは日本でも広く普及しており、日本人にとって身近なコンテンツのひとつです。

映像コンテンツを楽しむ中で、字幕などを併用しながら韓国語を日常的に耳にしている、という方も多いのではないでしょうか。

また、これらのコンテンツに馴染みがあることの利点としては、韓国の慣習や価値観を理解するきっかけになるという点もあげることができます。

ドラマや漫画を通して韓国社会を知ることで、韓国語表現やそれぞれの単語がよく使われるシチュエーションを理解しやすくなるといえます。

自分の好きなコンテンツを活かすことで、楽しみながら学習しやすいという点は大きな魅力であるといえるでしょう。

韓国はITや化粧品、電子機器業界に強い

韓国系の企業は、ITや化粧品、電子機器業界に強いという特徴があります。

そのため韓国語スキルを身につけることで、世界的にも業界トップクラスの韓国企業への就職を目指しやすいといえます。

また、これらの業界の日系企業を志望する人にとっても、韓国語学習は強みになります。

韓国語を活用し日本語に翻訳されるよりも早く韓国の情勢を入手することで、業界の最先端である韓国系企業を踏まえたビジネスを実現することにつながるでしょう。

韓国語と中国語が役立つ場面

語学スキルが役に立つ場面を踏まえ、どのような方に韓国語と中国語がおすすめなのかをご紹介します。

実用性を重視するなら中国語

ビジネスの世界でのコミュニケーションツールとして、実用性を重視する方におすすめなのは中国語です。

世界的に見ても母語話者、学習者とも多い中国語を学ぶこと出、世界を舞台にビジネスをすすめる上で役立ちます。

また、中国系企業や、中国企業とのビジネスを行う日系企業への就職・転職を目指す方は、中国語スキルの習得は大きな強みになるといえるでしょう。

特定の業界や、語学学習自体を強みにするなら韓国語

韓国企業が世界的にもトップを誇るITや化粧品、電子機器業界への就職・転職を目指す方には韓国語がおすすめです。

また、韓国語の最大の魅力は学習しやすさであるといえます。

スキルアップを目指す姿勢や学習プロセスを活かして人間力のアピールに繋げたい場合は、比較的短期間での習得が目指せる韓国語の習得が効果的でしょう。

語学力を活かして就職・転職を有利に

中国語や韓国語などの語学スキルを活かして就職・転職活動を有利に進めるポイントについてご紹介します。

資格を取得しスキルを可視化

語学スキルをアピールする上では、資格の取得が重要です。

資格として可視化することで、第三者に客観的に自分の語学力を示すことができます。

中国語の場合はHSKやTECC、韓国語の場合はハングル能力検定、韓国語能力試験(TOPIK)などの資格試験は認知度が高く、企業へのアピールにつながりやすいといえます。

語学学習をすすめる際は、ぜひ資格取得を目標に取り組みましょう。

中国語力を測ることのできる資格については、こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひあわせて参考にしてください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

”語学力を活かせるかどうか”を意識して仕事を探す

語学力をアピールポイントとして就職・転職活動に臨む際には、「語学力を活かせるかどうか」を意識して仕事を探すことも重要です。

翻訳や通訳、語学教室などの語学力がメインになる仕事はもちろん、それぞれの国が強い業界なども調べることで、仕事探しをより有利にすすめることにつながります。

中国語を活かせる仕事を探すならTENJee

中国語を活かせる仕事を探したい方にはTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトなので、幅広い業界・職種から簡単に希望の仕事を探すことが可能です。

求められる語学要件や福利厚生などの詳しい情報も調べることができるので、まずは一度求人情報をチェックしてみてください。

語学学習の目標設定にもおすすめです。

※中国語を活かせる仕事を探したい方はこちらから

まとめ

韓国語、中国語はどちらも日本人にとって魅力的な言語であり、習得することで語学スキルを強みに就職・転職活動を有利に進めることにつながります。

それぞれの特徴を踏まえて、自分にあった言語を習得してみてはいかがでしょうか。

韓国語を活かした仕事探しをお考えの方には、フェローシップがおすすめです。

フェローシップでは様々な業界・職種の仕事を多数紹介しています。

語学スキルを武器に、自分にあった仕事をさがしてみてください。

※韓国語を活かせる仕事はこちらから

中国語スキルを活かせる仕事をお探しの方には、TENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトなので、語学力を強みにできる仕事情報を簡単に探すことができます。

ぜひ一度、求人情報をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かした働き方はこちらから

中国系企業の特徴や働く魅力、転職活動を成功させるポイント

ビジネスの世界において語学スキルへの注目が高まっている中、「中国語を仕事に活かしたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

中国は地理的にも近く、日本にとって身近な国のひとつです。

中国企業とビジネスをする日系企業が増えているのはもちろんのこと、近年は日本への進出を目指す中国系企業も増えています。

そこで今回は、中国系企業の特徴や中国人の仕事観など、中国系企業への転職を目指す上で知っておきたいポイントについて紹介します。

中国語を活かして働きたいとお考えの方には、TENJeeがおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトなので、簡単に幅広いジャンルの仕事を探すことが可能です。

まずは一度、求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。
※中国語スキルを活かした仕事探しはこちらから

中国系企業の特徴

中国系企業は一般的な日系企業の企業文化とは異なる部分も多くあります。

転職活動にあたって、中国に限らず外資系企業に一般的的な特徴について理解しておくことは重要です。

成果主義

一般的に中国企業は「成果主義」を掲げています。

年齢や勤続年数、学歴などのバックグラウンドには関係なく、成果に応じて評価を受けることが可能です。

つまり、”実力次第でどんどん昇給・昇格をめざすことができる”といえます。

中途採用者であっても勤続年数の少なさがハンデになることなく、自身の仕事を正当に評価してもらえる点は魅力といえるでしょう。

率直に意見する人が多い

中国人は一般的に率直に思ったことを口にする人が多い傾向があります。

そのため中国企業の社風としても、率直な意見を伝え合う環境が多いです。

この背景には、仕事のやり方やプロジェクトの成果など、伝えにくいと感じやすい内容についてもしっかりと相手に伝えることで、結果的に事業の成功につながるという考えがあります。

積極的な意見交換を通し、事業を改善しやすい環境であるといえるでしょう。

フラットな対人関係

中国企業では人間関係がフラットである場合が多いです。

例え相手が上司であっても自分の意見や要望を伝えることは一般的で、日本のように目上の立場の人に対する厳密な敬語が求められる場合は少ない傾向にあります。

直属の上司を通してではなく、事業のトップに直接意見や企画を伝えることも珍しくはないため、仕事のスピード感という面でもメリットといえるのではないでしょうか。

チームプレーより個人プレー

中国企業に限らず、外資系企業ではチームではなく個人で仕事をする場合が多いといえます。

日本では1つのプロジェクトをチームで分担し、協力し合いながらすすめることが一般的ですが、中国企業ではそれぞれが独立して専門分野に特化した業務にあたるケースが多いです。

個人の実力を最大限発揮しやすい環境であると言い換えることができるでしょう。

結婚・出産後も働き続ける人が多い

中国の文化として、「子供は祖父母が養育する」ことが一般的です。

外部の保育施設に預ける家庭は少なく、生まれたばかりの子供はどちらかの実家に預けられる場合が多いです。

また、共働きの家庭が多い傾向にあるため、中国系企業では結婚・出産後の女性が働き続けることが一般的になっています。

日系企業と比較して、女性が就労を続けやすい職場環境といえるでしょう。

【補足】中国企業の特徴の背景にある中国人の仕事観

以上のような中国企業の特徴の背景には、一般的な中国人の仕事に対する考え方が大きく反映されています。

こちらの記事で中国人の仕事観について詳しく解説しているので、ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

▶︎中国人の仕事観とは?一緒に働く上で注意すべきポイントを解説

中国系企業に転職するポイント

日系企業とは異なる企業文化を持つ場合も多い中国系企業ですが、転職活動を行う上で注意したいポイントにはどのようなものがあるでしょうか。

外資系企業ならではの注意点についてご紹介します。

文化的な違いを理解する

中国系企業の特徴についてご紹介しましたが、”中国人の方が感じる日本人の仕事観”についても理解しておくことも大切です。

日本では一般的とされている行動や考えが、中国人には異なる受け取り方をされる可能性もあるため、注意が必要です。

こちらの記事で日本人と中国人の仕事観を比較して紹介しているので、ぜひ合わせてご確認ください。

▶︎日本人と中国人の仕事に対する考え方の違いを徹底解説

語学力を身につける

日本に進出する中国系企業には日本語が堪能な社員も多く、求人には中国語スキルが要件として明記されていない場合もあります。

しかし、同僚との円滑なコミュニケーションや情報収集などの面で、中国語を身につけていることは間違いなく大きな強みとなるといえます。

転職活動時は資格を取得するなど、語学力を可視化してアピールすることがおすすめです。

こちらの記事でおすすめの中国語資格についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

中国に特化した求人サイトを利用して中国系企業に転職する方法

中国語を活かせる仕事を効率的に探すには、中国語スキルに特化した求人サイトの活用がおすすめです。

TENJeeは中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトです。

さまざまな業界・職種の求人情報を簡単に探すことができるため、語学力を強みに仕事を探したいという方にはおすすめです。

それぞれの職種ごとに求められる中国語レベルも紹介されているので、まずは一度求人上を方をチェックして、どのような仕事があるのかチェックしてみるのもおすすめです。

また、語学学習の目標設定にも役立つのではないでしょうか。

まずはぜひ一度、TENJeeの求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事はこちらから

まとめ

中国系企業は一般的な日系企業とは異なる企業文化を持っている場合も多いです。

そのため、日系企業とは異なる働き方の実現につながります。

今回ご紹介した記事を参考に、中国系企業で理想の働き方の実現を目指してみてはいかがでしょうか。

中国系企業での働き方に興味を持たれた方はぜひ、TENJeeで実際の求人情報をチェックしてみてください。

幅広いジャンルの求人が掲載されているので、自分にぴったりの仕事情報が見つかるのでなないでしょうか。

※中国語を活かして理想の仕事を探したい方はこちらから

中国語ネイティブ向けの求人とは?職種やおすすめの探し方

中国が世界第2位の経済大国となった現在、ビジネスの分野においても中国語のスキルは多くの企業で重宝されています。

(参照:2020年世界の名目GDP 国別ランキング(IMF)

ネイティブレベルの中国語スキルを持っていると、就職・転職において非常に大きな強みになります。

訪日している中国人観光客への対応やホテル、中国人に向けて日本語を教える職業など、自身の語学力を活かす仕事を探すことで、現在よりも良い条件で就労することができるかもしれません。

TENJeeでは中国語を活かせる求人を専門に扱っている求人サイトです。

自身の中国語を活かした求人を探している方はぜひご覧ください。

※中国語ネイティブ人材向けの求人情報はこちらから

ネイティブレベルの中国語を活かせる職種

中国語のネイティブレベルとは、中国語を第一言語とする人たちと同等のレベルで会話ができ、アクセントが取れるレベルを指します。

中国語母語の人はもちろん、日本生まれであっても幼い頃から中国語を日常的に使う環境で育った人などもこれに該当します。

数字的な目安で言えば、HSK6級、中検準1〜1級、TECC800点以上を有していれば、一般的にネイティブレベルの中国語スキルを持っていると考えられます。

中国語を活かして働ける仕事は、多岐の分野にわたって存在します。

今回はその中でも、ネイティブレベルの方向けの職種を簡単にご紹介します。

通訳・翻訳

高い語学力を活かせる代表的な職種として、「通訳・翻訳」が挙げられます。

通訳の中にも国際会議の通訳を受け持つ「会議通訳」、企業の商談に立ち会う「ビジネス通訳」、外国人スポーツ選手や芸能人の通訳を担当する「スポーツ・芸能通訳」などさまざまな種類に分かれています。

また、翻訳もビジネス文書からコンテンツのローカライズ業務まで幅広く受け持つ業種です。正しい翻訳をおこなうには、高い語学力と合わせて中国・日本の文化や歴史に対する知識を持っていることが望ましいです 。

通訳者・翻訳家になるには、聞く力や話す力に加え、異なる言語の切り替えを素早くかつ正確におこなうための高い言語能力が必要となります。

日本で翻訳家として働くための方法や資格についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

▶︎翻訳の仕事に資格はいるの?翻訳家として働きたい方におすすめの資格

そのため、ネイティブレベルの語学スキルを持つ人材が求められる仕事のひとつといえるでしょう。

日本語・中国語教師

主に国内の社会人や学生に、日本語もしくは中国語の文法や話し方を教える仕事です。

日本語・中国語教師を名乗るにあたり、教員免許や特別な資格を持っている必要ありません。

しかし、正しい言語知識や教える技術を有することを証明する手段として、いくつかの採用条件が設けられていることがほとんどです。

日本語教師の場合は、「日本語教育能力検定試験に合格していること」「大学で日本語教育の専攻課程を修了していること」「日本語教師養成講座のカリキュラムを420時間終了していること」のいずれかひとつを求められることが多いです。

中国語教師は、中高の中国語教員を目指す場合には中国語の教員免許が必要となります。

ほかにも、「IPA国際公認漢語(中国語)教師資格認証試験」を取得しておくと、中国語を教え基礎的なスキルを持っていることを採用側にアピールできます。

日本語・中国語教師いずれにしても、高いレベルで両方の言語を操ることができる能力が必要とされるでしょう。

中国と関わりのある仕事

日本国内であっても、中国と関わりを持ちながら仕事をすることができます。

例えば、中国企業と多数提携している貿易会社の事務員などが挙げられます。

中国語を使って現地企業にビジネスレターを書いたり、書類の作成をするなど、様々な場面で中国語スキルを活かすことができる仕事です。

また、中国人を多く雇用している会社などでは、社内のコミュニケーションにおいても自然と中国語を使う機会が多くなります。

他にも、中国向けのコンテンツを作成しているメーカーや中国人観光客の接客営業も、日本にいながら中国と深いつながりを持って働くことができる職種です。

中国語スキルを活かせる仕事の探し方

日本でネイティブレベルの中国語を活かして働くには、さまざまな選択肢があることがわかりました。

では、実際に中国語スキルを活用する仕事は、どのように探せばいいのでしょうか。

ここでは仕事探しを始める前に準備すべきこと、そして仕事探しがスムーズになるおすすめの求人サイトや就職・転職エージェントについて紹介します。

語学スキルを可視化する

中国語をネイティブレベルに使うことができるのであれば、難易度の高い資格を取得しスキルを可視化しておくことをおすすめします。

資格を保有することで、書類選考の際に履歴書で自身の語学スキルをアピールすることができるようになります。

ネイティブレベルに相当する高度な資格を持っていれば、優秀な人材とみなされ選考に有利に働く可能性が高いです。

就職や転職で役に立つ中国語の資格の種類や取得方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

▶︎「就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説」

資格に加えて、実際に仕事の場で中国語を用いた経験や実績を持っているとより強いアピールにつながります。

中国語に特化した求人サイトを活用する

実際に求人を探す段階に入ったら、中国語に特化した求人サイトを利用するのがおすすめです。

通常の求人サイトに比べ、中国語話者に向けの厳選された求人情報が載っているので、自身の希望に沿った仕事や職種が選びやすいという特徴があります。

このとき、企業が求めている中国語がレベルと自分の語学スキルがマッチしているかどうか、求人内容をよく確認しておきましょう。

中国語求人サイトTENJeeは、中国語を活かして働きたい人に特化した数多くの求人情報を扱っています。

TENJeeの求人検索機能では、日本語・中国語それぞれのレベル別に仕事を検索することが可能です。中国語初心者からネイティブレベルまで、幅広い求人が取り揃えられているため自身のスキルに応じた仕事を探すことができます。

※ネイティブレベルの中国語を活かせる求人を探したい方はこちら

転職エージェントを利用する

自分一人で就職・転職活動をおこなうことに不安がある方は、転職エージェントにキャリア相談してみてはいかがでしょうか。

「中国語を活かして働きたいけど、そもそも自分にどんな仕事が向いているかわからない」という方でも、相談者様とのコミュニケーションを通じてプロのコンサルタントが最善のキャリアプランを提案してくれます。

特に中国人の方で日本での就業を目指している場合は、会社との契約に関するやり取りを一人でこなすのはなかなか大変です。

そのため、就職・転職エージェントの力を借りることで、安心して就職・転職活動をすす得ることができます。

フェローシップでは、中国人をはじめとする外国人の方々の日本就業を支援しています。担当スタッフの中には中国語ネイティブスタッフもいるので、母国語での相談できるのも大きな特徴のひとつです。

※中国語を活かした就職・転職の相談をしたい方はこちら

外国人雇用センターに相談する

外国人雇用センターとは、厚労省のもとで外国人留学生や専門的な在留資格のある外国人労働者の就職をサポートしている公的機関です。

外国人雇用センターでは、各地域のハローワークからピックアップされた留学生や転職者向け求人情報を自由に閲覧できます。

また、定期的に就職ガイダンスやセミナーが開催されており、就職の情報取集にも役立ちます。

東京・名古屋・愛知・大阪・福岡にセンターがあり、インターネットにつなげるPCも設置されています。詳しくは▶︎「外国人雇用センターの公式ホームページ」をご覧ください。

高度な中国語力を活かしてキャリアアップを

日本においてもビジネスがますますグローバル化していく中で、中国語ネイティブ人材への需要はますます高まっていくと考えられます。

ネイティブレベルの中国語を活かした働き方には、専門的な職業から企業の幅広い運営に携われるものまでさまざまな仕事があります。

自身の理想にあった仕事を探すためには、中国語求人に特化したサイトがおすすめです。

今回の記事で紹介したTENJeeは、中国語に特化した求人サイトとして国内最大級の規模を誇ります。中国語を使う仕事にはどんな職種の求人が出ているのか、まずは一度チェックしてみてください。

※中国語スキルを活かした仕事を探している方はこちら

まだ「自身のキャリアの理想像がわからない」という方は、フェローシップに相談して、自己理解を深めることから始めるのもいいですね。

ハイレベルな中国語スキルを活用して、自身のキャリアアップにつなげましょう。