中国語を活かしてマーケティング職に!求められるスキルや求人の探し方

グローバル化が進み、国を超えた企業活動も盛んな今日、語学力は求職者にとって重要なアピールポイントといえます。

そこで今回はマーケティング職に注目して、詳しい仕事内容や求められるスキル、中国語を活かせる求人の探し方をご紹介します。

中国語に特化した求人サイトTENJeeでは、マーケティング職に限らず、幅広い業界・職種の求人情報を掲載しています。

どのような仕事があるのか、まずは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

マーケティング職の仕事内容とは

マーケティング職とは、世間のニーズを調査し自社の製品やサービスをより多くの人に届けるための方法を考える仕事を指します。

調査から広報活動までと非常に幅広い業務を担当するマーケティング職の仕事内容の一例をご紹介します。

商品を企画する

マーケティング職では製品やサービスなど、世間のニーズにあった商品を企画します。

一般的には、さまざまなデータを読み解きながらコンセプトを固め、経営陣に向かってプレゼンテーションを行います。

経営陣からの許可が下りると、今度は製造工程の社員と協力して商品の発売開始に向けて準備を進めていくことも、マーケティング職の仕事に含まれます。

営業手法や販売促進施策を考える

自社製品やサービスを提供するにあたって、営業手法や販売促進のための試作を考える業務もマーケテイング職の仕事です。

ターゲットエリアの選定やキャンペーン試作、店頭での陳列方法など、より多くの顧客の心を掴む方法を考える必要があります。

市場調査や分析を実施する

マーケティング職では、アンケート調査などの市場調査を行い、その結果の分析を行います。

また、自社製品・サービスに限らず競合他社についても調査を行い、業界や市場全体のデータを集めることも多いです。

商品・サービスの広告・宣伝を検討する

ポスターやCM、チラシなどの広告のデザインや広告を出すエリア、媒体などを決めるのもマーケティング職の仕事です。

ターゲット層やエリアを選定し、どのような広告・宣伝が適しているかを考える必要があります。

中国語を活かせるマーケティング

中国語力を活かすことで、よりグローバルな視点からマーケティング活動をおこなうことができるようになります。

製品やサービスの提供にあたり、中国企業との取引を進めやすくなるのはもちろん、中国の情勢や実態についての情報も入手しやすくなるため、グローバルな市場を視野に入れることに繋がるでしょう。

取引相手やターゲットとする顧客の幅が広がることで、マーケティングをおこなう上での選択肢を増やすことにつながります。

中国語を活かしたマーケティング職で求められるスキル

中国語を活かしたマーケティング職に求められるスキルや語学力の程度についてご紹介します。

日本語・中国語ともにビジネスレベル以上

マーケティング職で語学力を武器にするためには、日本語・中国語ともにビジネスレベル以上であることが求められます。

求人によっては日常会話レベルでも応募可能なものもありますが、一般的にビジネスシーンにおける会話が問題なくおこなえる程度の語学力が必要です。

語学力は会話・読み書きともに重要

マーケティング職では、会話力と読み書き能力ともにバランスよく身につけておく必要があります。

取引相手や同僚とのコミュニケーションが十分取れる会話力はもちろん、データの分析を問題なくおこなえる読解力も重要です。

マーケティングに関する専門知識は評価につながる

データの分析や世間のニーズを掴むなど、マーケティングの仕事においては知識や経験が重要視されやすい傾向にあります。

そのため、マーケティング業務に携わった経験や、専門知識をあらかじめ習得していることは強みとなります。

マーケティング職に向いている人

マーケティングの仕事に向いている人の特徴についてご紹介します。

流行を察知するのが得意な人

マーケティング職では、世間のニーズを適切に掴み、求められる商品を企画・開発する力が重要です。

そのため、世の中の流行を察知するのが得意な人はマーケティング職に向いているといえます。

特に日本のみならず、中国のトレンドも掴むことのできる力は評価につながりやすいです。

語学力を活かすことで、翻訳された文章ではなく直接最新の情報を入手できる点は、スピード感や情報の鮮度が重要なマーケティングに活かせる大きな強みといえます。

数字やデータに強い人

データの分析が重要となるマーケティング職では、数字やデータに強いことは強みになります。

様々なデータから必要な情報を取り出す力に自信がある方は、マーケティング職に向いているといえるでしょう。

ロジカルに考えるのが好きな人

ロジカルな考え方は、マーケティングに限らずあらゆるビジネスシーンで重要とされています。

特にマーケティング職では、様々なデータから論理的に企画・開発を進める必要があります。

また、企画した商品を経営陣に向かってプレゼンテーションする際や、製造や営業などのその他の部署に説明する際にも論理的な思考は必要になります。

中国語を活かしてマーケティング職に就職・転職するポイント

語学力を武器にマーケティング職を目指す上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

中国語に特化した求人サイトを活用する

中国語に特化した求人サイトを利用することで、効率よく仕事を探すことが可能です。

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトTENJeeでは、マーケティング職をはじめ幅広い業界・職種の求人情報を掲載しています。

福利厚生や仕事内容、求められるスキルなども確認することができるので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を武器にマーケティング職を目指したい方はこちらから

資格を取得してスキルをアピールする

就職・転職活動においては、資格を取得することも大切です。

自身の持つスキルを可視化することで、採用担当者へのアピールがしやすくなるといえます。

こちらの記事では、中国語・日本語それぞれの資格について解説しています。

資格ごとに重点的に測ることのできる能力も異なるため、自分にあった資格を選ぶことも大切です。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

マーケティングに活かせる人間力をアピールする

書類選考や面接において、マーケティングに活かせる人間力をアピールすることも大切です。

求人情報などを活用して志望する業界や企業を分析し、エピソードを交えながらアピールしてみてはいかがでしょうか。

語学スキル習得に向けた学習過程なども、魅力的なエピソードのひとつです。

具体的なイメージを採用担当者に伝えることで、採用につながりやすくなります。

まとめ

市場を分析し、ニーズを掴む商品を企画・開発するマーケティング職においては、高い語学力を活かすことでより業務の幅を広げることが可能です。

よりグローバルな視野を持っていることを強みにすることで、マーケティング職への就職・転職活動を有利に進めることができるのではないでしょうか。

中国語に特化した求人サイトTENJeeでは、語学力が武器になる様々な仕事情報を掲載しています。

マーケティング職をはじめとした幅広い業界・職種の求人があるので、自分にぴったりの仕事を探しやすいといえるでしょう。

福利厚生や詳しい仕事内容など、ぜひ一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かして仕事探しをしたい方はこちらから