中国の仕事の文化とは?日本と異なる仕事観やビジネスマナー

国や地域ごとに伝統文化や風習が異なるように、ビジネスにおいても考え方やマナーは国によって異なります。

グローバル化が進み外国の企業とのビジネスや多国籍な従業員とともに働く機会も多い今日、文化の違いを理解することが円滑にビジネスをおこなう上で不可欠ともいえるでしょう。

そこで今回は、中国に注目して仕事に対する考え方やビジネスマナーについて解説します。

”中国人が失礼だと感じてしまう日本のマナー”についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトTENJeeでは、中国語を活かせる仕事を多数ご紹介しています。

求められる語学要件や福利厚生についても詳しく掲載されているので、興味をお持ちの方はまずは一度TENJeeがご紹介できる求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

中国人の仕事に対する考え方

多くの中国人の方に共通する仕事観をご紹介します。

[成果主義]年齢・経歴に関係ない評価制度

中国では成果主義に基づいた評価体制が一般的です。

中国では年齢や経歴等のバックグラウンドに関係なく実力が評価に直結するため、仕事の成果次第でどんどんキャリアアップすることが可能です。

日本と比べて中国では、キャリアアップを目指し成果をあげることに熱意を持つ人が多い傾向にあります。

[個人主義]チームの連携よりも”個人で考えて判断し行動する力”が大切

中国では、個々人が自分の専門分野や担当業務に専念することが一般的です。

チームで協力して業務にあたることの多い日本とは仕事の進め方が大きく異なるといえます。

そのため、日本では「報連相」と形容されるような上司に確認を取りながら連携して業務を進めることが望ましいとされていますが、中国では「自分で考え決断し、行動に移す力」が評価されます。

連携ではなく一人一人が担当業務を独立して進める働き方が、中国では一般的といえるのです。

[合理的]仕事を効率よく進める力が評価される

中国人の方は非常に合理的な考え方をする人が多いです。

「いかに効率よく質の高い仕事ができるか」が重視されており、形よりも最終的な結果に重きを置く傾向があるといえます。

例えば接客業において日本ではホスピタリティを非常に大切にしており、直接商品とは関係ない丁寧な動作や笑顔は日本人にとっては馴染み深いです。

一方で、中国では「働くこと=お金を稼ぐこと」という認識が強く、接客においても「商品を売ること」以外のおもてなしは重要だと考えない人が多いです。

効率と合理性に重きをおく文化が表れている部分といえます。

[率直なコミュニケーション]答えにくい内容でもストレートに伝える

中国では思ったことを率直に伝えることが自然です。

事実を包み隠さずに伝えることが相手にとって親切だという考える人が多く、曖昧な表現は周りくどくなってしまいかえって相手に失礼になるとされています。

[フラットな人間関係]上下関係や敬語は重要視されていない

中国人はフラットな人間関係を好む人が多いです。

職場の上司であっても、接する上ではフラットに上下関係なくコミュニケーションを取りたいと考える傾向にあります。

例えば、相手が上司であっても意見や提案を率直に伝える人が多いです。

フラットな人間関係であるからこそ、ビジネスを成功する上でより良い意見の共有や話し合いができるという考えが背景として考えられます。

敬語を使い分けるなど上下関係を重んじる日本の文化とは大きく異なる部分といえます。

中国におけるビジネスマナー

ビジネスにおけるマナーも国によって異なります。

根底にある価値観の違いから、人々に求められる気遣いの形は大きく変わるといえます。

相手や内容に関わらず率直に伝える

中国人は率直なコミュニケーションを好む人が多いとお伝えしましたが、これは中国の人にとってマナーであるともいえます。

仕事ぶりや製品へのマイナスな意見などは伝えにくい内容ですが、率直に伝えることで改善に繋がり、相手やビジネスにとっても有益だと考える人が多いです。

メンツを尊重する

中国の人の多くはプライドを高く持っています。

そのため、相手のメンツを傷つけないよう配慮することは非常に重要なマナーです。

例えば、注意をする際は場所を改め、一目につかない場所で個人的に話をすることが望ましいです。

人前で叱責することは中国人にとって非常に失礼に当たるので注意しましょう。

スピード感は早いが時間にはルーズな部分も

中国の方は、成果主義で合理的な考えをするため、非常にスピード感を持って仕事をする人が多いです。納期よりもかなり前倒しで仕事を進める人も少なくありません。

しかし、一方で待ち合わせなどの時間にはルーズな傾向もあります。

この点に関しては、時間に非常に厳格な傾向の日本人と大きく異なっているといえます。

【要注意】中国人がかえって失礼と感じてしまう日本のマナー

文化の違いから、日本人にとってのマナーが中国人には失礼にあたることもあります。

ビジネスにおいて、特に注意しておきたい両国で受け取り方が異なるマナーについてご紹介します。

曖昧な表現

日本ではいいにくいことをオブラートに包んで表現したり、断る際も直接的な表現を避けたりして伝えることで相手を配慮するのが一般的です。

「前向きに検討する」と聞いた際には、「相手は乗り気ではない」という暗黙の了解で解釈する人も多いのではないでしょうか。

一方で、率直にありのままを伝えることが相手にとって親切だと考える中国人にとっては、日本人の曖昧な表現を失礼と受けとる場合も多いです。

周りくどい表現は合理的ではなく、相手に正直に伝えないことは不親切だという印象を与えてしまうことになります。

中国人と話す際は、曖昧な表現を意識的に避けることでコミュニケーションを円滑に進めやすくなるといえます。

ちょっとした手伝いや協力

仕事上のちょっとした手伝いを頼むのは日本では何気ないことですが、中国では他の人の業務を手伝うことは「貸し借り」と認識する人が多いです。

手伝いの大小に関わらず、相手にとっては「手伝う=貸しを作る」という認識になるため、単にお礼を言うだけで終わると、横柄な印象を与えてしまう可能性があることを留意しておきましょう。

ビジネス以外での交流

日本では「勤務時間外に食事などを通して同僚との絆を深めたい」と考える方も多いのではないでしょうか。

「飲みニケーション」とも形容されるように、ともに仕事を進めていく上で同僚と親睦を深めるのは日本では一般的なことですが、中国の方には馴染みがない習慣ともいえます。

仕事とプライベートをしっかりと分けて考え、家族や友人と過ごす時間を尊重している中国人にとっては、仕事上の付き合いである同僚と職務に関係ないところで交流することに違和感を感じる場合も多いです。

食事などに誘う際には、相手にとって馴染みのない文化であることに十分配慮した上で様子を見ながら歩み寄ることが大切です。

中国企業で働くには

中国で一般的な仕事観やビジネスマナーをしり、自分に合っていると感じた方も多いかもしれません。

自分の実力で勝負でき、合理的に効率よく仕事に打ち込む働き方は魅力的に感じた方は、中国企業への転職・就職も選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

中国本土で働くことはもちろん、中国企業の日本支社で働くことでも、中国のビジネス文化に挑戦することができます。

中国ではインターネットを介した募集が一般的なので、日本国内から就職・転職活動をおこなえます。

以下の記事では、中国企業に新卒として就職する方法と転職する方法それぞれについて詳しく解説しています。

中国の働き方に興味をお持ちの方は、ぜひこれらも合わせてチェックしてみてください。

▶︎中国系企業への転職のリスクとは?転職活動前に意識したいポイント

▶︎日本人が就職先として中国を選ぶ理由|中国で働く方法と注意点

方法①中国語スキルに特化したサイトで求人情報を探す

中国語スキルに特化した求人サイトを活用することで、中国企業の求人情報を業界・職種問わずまとめて知ることができます。

TENJeeは中国語スキルを持つ人専用の求人サイトで、中国本土での求人から日本でも勤務可能なものまで豊富に掲載しています。

求められる語学要件や福利厚生なども詳しく調べることができるので、興味をお持ちの方は一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国企業の求人情報をまとめてチェックするにはこちらから

方法②知識・経験豊富な転職エージェントに相談する

就職・転職活動の流れや注意点の異なる中国企業の募集に応募する場合は、知識と経験が豊富な転職エージェントに相談することもおすすめです。

情報収集はもちろん、面接や書類などの選考全体を幅広くサポートしてもらうことができます。

フェローシップでは、仕事探しのプロに相談しながら、安心して選考に望むことができます。

資格取得支援やEラーニングシステムなど手厚いサポートを無料で受けることができるので、興味をお持ちの方はぜひ下のエントリーフォームにご記入ください。

※無料で仕事探しのプロのサポートを受けるにはこちらから

まとめ

中国で一般的な仕事に対する考え方やビジネスマナーについてご紹介しました。

国や地域によって考え方が異なる部分も多く、自分にとっての配慮が相手にとっては失礼に当たる場合も少なくありません。

さまざまなバックグラウンドを持つ人とビジネスをする機会も増えた今日、相手への配慮を忘れず歩み寄る姿勢が大切といえるのではないでしょうか。

中国語を活かして働きたい、中国企業で働いてみたいという方には求人サイトTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトなので、語学力を強みにできる仕事を簡単に探すことが可能です。

まずは一度TENJeeの求人情報をチェックしてみてください。

※中国企業の求人・中国語を活かせる仕事はこちらから

One thought on “中国の仕事の文化とは?日本と異なる仕事観やビジネスマナー

Comments are closed.