カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国語を学び習得するメリットとは、ビジネスシーンでの需要や必要性

ローバル化が進む現代社会において、語学力は非常に重視されるスキルです。

なかでも中国語は需要の高まっている言語のひとつといえます。

そこで今回は、中国語を学習することで得られるメリットについてご紹介します。

この記事を参考に、中国語学習に挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、中国語スキルを活かして働きたいとお考えの方にはTENJeeがおすすめです。

中国語を使う仕事専門の求人サイトなので、語学スキルを活かした働き方の実現につながりますよ。

求められる語学要件や、実際の仕事内容などをぜひ一度チェックしてみてください。

※中国語スキルを活かした仕事探しはこちらから

中国語を身につけるメリット①:多くの人とコミュニケーションをとれるようになる

語学力を身につけること多くの人とコミュニケーションを取ることができるようになります。

中国語の話者数は世界第2位

中国語の話者数は英語に次ぐ世界第2位を誇ります。

中国語を話せることで、”世界中に存在する約12億人の中国語話者と話せるようになる”ことを意味します。

規模から考えると、中国語は非常に魅力的な言語のひとつであるといえるでしょう。

世界最多の母語話者数

”母語話者数”という観点から見ると、中国語は世界第1位の人数を誇ります。

中国の他にも台湾や香港、マカオ、シンガポールなどで公用語として中国語が用いられています。

母語話者数は、その言語を母語とする国の経済市場の大きさに影響します。

中国語スキルを身につけることで、これらの中国語を公用語とする国々に関連する仕事に就くことが可能になります。

世界的にも中国語学習者は増加している

中国語を学習する人は日本のみならず世界中で増加傾向にあります。

日本において中国語学習者の多くが受験をする語学資格のひとつにHSKがあります。

中国政府公認の中国語の検定試験であるHSKは、2010年頃から受験者数が爆発的に増加しており、2018年には10年前である2008年と比較して約5.9倍の34,018名が受験しました。

また、2020年9月、中国教育部(省)中外言語交流協力センターは、中国語学習者数が累計で2億人を突破したと発表しました。

ロシアやドイツ、アイルランドでは、中国語を卒業試験や大学入試の試験科目への導入が進んでおり、中学や高校で中国語を学ぶ生徒も増加しています。 中国語学習者は世界的に増えており、今後もますます話者数の増加が期待されるでしょう。

中国語を身につけるメリット②:キャリアアップにつながる

社内での昇進・昇給などで語学力を求める企業もあり、中国語学習がキャリアアップに直結する場合も多くあります。

また、昇進・昇級の要件になっていない場合であっても、中国企業との取引などにおいて中国語スキルを活かすことで、より高い実績につながるでしょう。

転職・就職で有利になる

転職活動や就職活動においても、語学スキルは強力なアピールポイントになります。

自身の強みとしてアピールする上では、語学力を客観的に評価しやすい形に可視化することも大切で、可視化する際は資格の取得が有効です。

こちらの記事で、中国語の資格の種類やそれぞれの特徴について詳しくご紹介しているので、参考にしてみてください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

仕事の幅が広がる

語学力を活かすことで仕事の幅を広げることが可能です。

翻訳や通訳といった仕事以外にも、中国企業への就職や海外展開を目指す企業への就職など、仕事探しにおける選択肢を増やすことができます。

<h4>求人情報で求められるレベルを確認</h4>

中国語スキルを活かして仕事を探したいとお考えの方は、まずは求められる語学要件を確認してみてはいかがでしょうか。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、中国語を話せる人材を探している企業情報が多数掲載されています。

職種ごとに求められる語学スキルや具体的な仕事内容などをチェックすることができるので、中国語学習の参考にしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かすことのできる仕事情報はこちらから

拡大する中国市場

中国は経済成長率を表すGDPで世界第2位を誇る、経済発展の著しい国です。

日本企業の多くが中国企業との取引を行っているだけでなく、多くの中国企業が日本への進出を図っています。

中国語スキルを身につけることで、世界トップの市場である中国を舞台に働くことが可能になります。

日本人にとって学習しやすい言語のひとつ

中国語は、”日本人にとって学習しやすい言語”のひとつといえます。

外国語を学ぶにあたって、習得のしやすさは非常に重要なポイントです。

中国語が日本人にとって学びやすい理由について、「言語的」な観点と「学習環境」的な観点からご紹介します。

言語的に似ている点が多い

中国語と日本語には、言語的な共通点が多くあります。

中でも最大の特徴と言えるのは、”漢字を使用している点”です。

中国語で使われる簡体字や繁体字と日本語における漢字は異なりますが、共通している部分も多くあります。

そのため文法や語彙の学習において、漢字が持つ意味と結びつけたり類推することで学習を有利に進めることができます。

学習環境が整っている

他の外国語と比べて、中国語は日本人にとって学習環境が整っている言語のひとつです。

地理的にも近いことから日本を訪れる中国人観光客は多く、街中で中国語のアナウンスや案内表示を目にすることは珍しくありません。

また、2019年度12月に調査された「在留外国人統計」によると日本に在留している中国人の人数は最多の786,830人でした。

つまり、日本には多数の中国人が生活しているため、ネイティブの中国語を聞く機会は多いと言えるのではないでしょうか。

※参考:法務省出入国在留管理長「在留外国人統計(旧登録外国人統計) / 在留外国人統計」

日本人にとって身近な言語であるため、日常的に触れる機会も多いことが中国語学習のメリットのひとつなのです。

また、こちらの記事で”日本人にとって中国語が学習しやすい言語である理由”を詳しく解説してるので、興味のある方は合わせて参考にしてみてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

学習メリットの大きい中国語

中国語は学習する上でメリットの大きな言語です。

話者数が多いため習得することで世界中の人々とのコミュニケーションが可能となり、ビジネスにおいても強みとなります。

また、習得も比較的容易であることから、少しでも効率的にスキルアップを目指したいという方にもおすすめの言語といえます。

中国語スキルを活かして仕事の選択肢を増やすことで、理想のキャリアプランの実現に近づけるのではないでしょうか。

中国語を話せる人専用の求人サイトTENJeeには、中国語を活かせるさまざまな仕事情報が掲載されています。

語学力を活かしてキャリアアップを目指すのはもちろん、自身のスキルを活かしてより自分らしい働き方が実現できますよ。

詳しい仕事内容や求められる語学要件なども掲載されているので、まずは一度チェックしてみてくださいね。

※中国語スキルを活かした自分らしい働き方を実現したい方はこちらから

コメントを残す