カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国語を活かして翻訳を仕事に!在宅で出来る翻訳の求人を探す方法

中国語スキルを活かせる仕事のひとつに、翻訳があります。

また、翻訳業務は在宅での勤務が可能な求人が多い仕事のひとつでもあります。

2019年から続くコロナ禍の影響で、多くの企業が在宅ワークを導入せざるを得なくなりました。

そんな中、自由度も高くプライベートとも両立しやすい在宅ワークという働き方に魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、在宅でできる中国語と日本語の相互翻訳の仕事の特徴と、求人情報の探し方についてご紹介したいと思います。

また、翻訳の仕事を探すには、中国語スキルを持つ人専用の求人サイトTENJeeがおすすめです。

在宅勤務が可能な翻訳の求人情報も多数掲載されているので、まずは一度詳しい仕事内容や求められる語学要件などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かした翻訳の求人情報を探したい方はこちらから

中国語スキルを活かして翻訳を仕事にする

「翻訳」は中国語と日本語のスキルをお持ちの方におすすめの仕事のひとつです。

ここでは翻訳の仕事で扱う題材や求められるスキルについてご紹介したいと思います。

翻訳内容はさまざま

翻訳とは語学スキルを活かして、ある言語で書かれた文章を原文の意味に則して別の言語に移し替える作業のことを指す言葉です。

対象となる文章は契約書類やメールなどのビジネス文書から映画やアニメ、ゲームなどのコンテンツの字幕まで幅広くあります。

また、「ローカライズ」と呼ばれる文化や歴史、宗教観に配慮した翻訳を含む改変作業も非常に需要の高い業務のひとつです。

翻訳業務を通して、自分の興味関心のある業界やコンテンツに携わることもできるという点も翻訳の魅力でしょう。

翻訳の仕事の種類についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご確認ください。

▶︎中国語を翻訳する求人の探し方と翻訳家に必要なスキルとは

翻訳に必要なスキル

翻訳の仕事に取り組むにあたって求められるのは、語学力だけではありません。

ビジネス文書の場合は、それぞれの業界の専門用語やビジネスマナー、国によって異なることも多い仕事観などへの理解も不可欠です。

また映画やゲームなどのコンテンツの字幕翻訳においては、キャラクターへの理解やそのコンテンツの世界観を演出するための表現力などが必要とされます。

特にローカライズの観点においては、単純な直訳ではなく宗教観や風習、歴史などに配慮して表現を改変する必要があります。

そのため、翻訳対象の言語が用いられている国家や地域全体についての総合的な理解が重要といえます。

在宅ワークのメリット

インターネットなどの通信技術の発展に伴い、遠隔地とのコミュニケーションや情報、データの共有が容易になりました。

通信環境の変化に伴い、在宅ワークも導入しやすくなったといえます。

また、「テレワーク」という言葉も耳にする機会が増えたのではないでしょうか。

テレワークとはオフィス以外の場所から業務に当たることを指す言葉です。

「在宅ワーク」はテレワークの一種で、オフィス以外の場所の中でも特に自宅で就業する働き方のことを指します。

また、もともと正社員として契約している会社の業務を自宅でおこなう以外にも、個人事業主として案件ごとに働く会社と雇用契約をするという方法も含まれています。

翻訳の仕事の場合も、翻訳会社と契約して自宅で業務にあたるケースと個人時事業主として案件を受注するケースの両方がありますが、比較的に個人事業主としても働ける求人が多いことが特徴といえます。

複雑なコミュニケーションに自信がなくても安心

語学スキルを活かして働きたいけど、口頭での複雑なコミュニケーションには少し不安を感じるという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、コミュニケーションをとる機会の少ない在宅ワークを選ぶことで、翻訳業務に挑戦するハードルを下げることにつながるでしょう。

もちろん、在宅ワークであっても業務にあたる上で他の人とやりとりをする必要があることは事実です。

しかし、対面で勤務する場合と比べると他の同僚とのコミュニケーションをとる機会は少ないため、より挑戦しやすいといえるでしょう。

日本語でのコミュニケーションに自信がない中国語母語の方や、中国語でのコミュニケーションに自信がない日本語母語の方にとっては、翻訳という仕事に挑戦する上で、まずは在宅ワークで外国語でのコミュニケーションに慣れるのもひとつの手かもしれません。

自宅で快適に作業できる

翻訳は高い集中力が求められる仕事のひとつです。

自宅は作業環境を整えやすいため、より快適に業務に当たることができるのではないでしょうか。

業務に当たる上で辞書や文法の参考書などのツールや、アニメやゲームのローカライズの場合は視聴環境なども必要となるため、自宅での作業の方が捗る場合も多いです。

こちらの記事で在宅ワークを始めるために必要なものや注意点について詳しく紹介しているので、こちらを参考に快適な作業環境を整えてみてはいかがでしょうか。

▪️在宅ワークの始め方とは?仕事の探し方からメリット・デメリットまで徹底解説

在宅でできる翻訳の仕事の探し方

魅力溢れる在宅での翻訳業務ですが、一体どのように仕事を見つければよいのでしょうか。

代表的な2つの探し方についてご紹介します。

求人サイトを利用する

求人サイトには在宅での勤務が可能な仕事が多数掲載されています。

募集要件や報酬などが明確に記載されているため、初心者でも始めやすいことが特徴です。

また、様々な求人を比較することで、より自分の希望する条件にあった仕事を選びやすいといえるでしょう。

また、派遣社員や契約社員などさまざまな働き方が募集されている場合も多いです。

そのため、自分のライフスタイルやキャライアプランに合わせた働き方が実現しやすい点もポイントといえます。

中国語に特化したサイトを活用する

求人サイトの中には、得意とする言語に特化したサイトも存在します。

中国語スキルを持つ人のための求人サイトTENJeeでは、中国語と日本語の相互翻訳に関する求人情報も多数掲載されています。

日本人も対象にした求人サイトとは異なり、中国語スキルを持っている人向けの求人情報のみが掲載されているため、中国語を活かせる仕事を簡単に探すことができます。

在宅勤務が可能な翻訳業務の求人も多数掲載されているので、まずは一度どのような仕事があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語スキルのある人専用の求人サイトで仕事を探すにはこちらから

クラウドソーシングサイトに登録する

「クラウドソーシング」とは、”個人や企業がインターネット上で不特定多数に向けて仕事を発注する業務委託の一種”です。

クラウドソーシングのプラットホームとなっているサイトに登録することで、自分のスキルや知識を活かして仕事を受注することが可能です。

翻訳に関する募集も多くあり、案件をこなすことで所要時間や業務の質に応じた評価がつくサイトも存在します。

このようなサイトの場合、評価が上がることで1つの案件あたりの単価も上昇するため、キャリアアップも目指せる仕組みになっています。

ただしこの評価制度にはデメリットもあり、登録したばかりで実績がない状態では競争率が高い案件を受注することは難しいです。

はじめは単価が安い傾向にある簡単な案件をこなすことで、ある程度まで評価を高める必要があるといえるでしょう。

在宅で中国語翻訳を仕事にする

語学スキルを活かすことのできる翻訳業務は、在宅ワークに適した職種のひとつです。

作業環境を整えやすい自宅で快適に作業をすることができ、隙間時間を活かした就労も可能であるため、プライベートとの両立がしやすいといえるでしょう。

自分の語学力や理想の働き方と照らし合わせながら、自分にあった翻訳業務の求人を探してみてください。

中国語スキルを活かせる仕事専用の求人サイトであるTENJeeでは、在宅勤務が可能な翻訳の求人を多数掲載しています。

ビジネス文書からコンテンツのローカライズまで取り扱う題材は幅広く、派遣社員や契約社員など雇用形態も多様であるため、一人一人に合った働き方を見つけられるのではないでしょうか。

詳しい仕事の内容や求められる資格やスキルについても記載されているので、まずは一度求人情報をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かして自分らしい働き方を探したい方はこちらから

コメントを残す