【初心者向け】中国語勉強の始め方とおすすめの勉強方法

「中国語に興味があるが、難しそうで何から始めればいいかわからない」「効率の良い勉強方法を知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中国語をこれから始める方や始めたばかりの方に向けて、初心者向けの中国語の勉強方法をご紹介します。

楽しみながら効率良く中国語を学ぶことで、ビジネスにも活かせる語学スキルを身につけることにつながります。

また、中国語を活かして仕事を探したいとお考えの方には、TENJeeがおすすめです。

幅広い業種や職種の中から、中国語を強みにできる仕事を簡単に探すことができます。

求められる語学要件なども記載されているので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

中国語学習を始める前に

実際に中国語学習を始める前に気をつけたいポイントをご紹介します。

学習目的を明確にする

最も重要なのは、”学習目的を明確にする”ことです。

中国語圏への旅行や留学、ビジネスシーンなど、使う場面によって求められるスキルや表現などが異なります。

そのため、効率的に学習を進めるためには「中国語を学ぶことで何をしたいか」を明確に決める必要があります。

例えば、グローバル化に伴い日本に進出する中国系企業は増えています。

経済成長が著しい中国の企業は、今後も日本をはじめ世界に進出を続けると予想されています。

また、中国企業と取引をおこなう日本企業も多いため、中国語スキルはビジネスシーンにおいてメリットが大きいといえます。

実際に中国語を活用しているシーンを具体的に思い描くことで、高いモチベーションにも繋がるといえるでしょう。

こちらの記事では中国語を習得することで得られるメリットについて解説しています。

ぜひ、目標設定の参考にしてください。

▶︎中国語を学び習得するメリットとは、ビジネスシーンでの需要や必要性

数値的な到達目標を決める

資格の取得や目標スコアなど、到達目標を可視化しましょう。

明確な基準を設定することで、達成に向けた計画や反省をおこないやすくなります。

中国語能力を測ることのできる資格としては、HSKやTECCなどが一般的です。

HSK1級の目安

HSKは中国政府公認の資格試験として実施されている試験です。

世界中で公的証明として活用できるということもあり、中国の検定試験の中では受験者数が最多であることでも知られています。

1級から6級までの6段階あり、最も難易度の低い1級の学習目安としては「150語程度の常用単語と文法知識」とされています。

これは、大学の第2外国語を半年程度の学んだ内容と同等の出題範囲にあたります。

TECCのスコアの目安

「TECC(中国語コミュニケーション能力検定)」はその名の通り中国語による実践的なコミュニケーション能力を測定する検定です。

TECCは1000点満点のスコアのうち、上から順にAからFまでの6段階に分類されます。

0点から249点までが最も難易度の低いFレベルに分類されており、250~399点にあたるEレベルは「基本的な事項の確認や自分の意思を伝えられるレベル」とされています。

初級者の方はまずはEレベルを目指してみてはいかがでしょうか。

実際の求人は情報の宝庫

実際の求人情報には、それぞれの職種や業界で求められる程度や、中国語を習得することで選択可能なキャリアなどが詳しく記載されています。

学習目的や到達目標を明確化する上で重要な情報源としておすすめです。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトであるTENJeeでは、幅広い業界や職種から中国語スキルを活用できる求人情報を簡単に探すことが可能です。

求められる語学要件なども詳しく掲載されているので、まずは一度チェックしてみてください。

※中国語を活かせる求人情報をチェックする

【初心者向け】中国語勉強で意識したいポイント

中国語を学習する上で意識しておくと良いポイントについてご紹介します。

[中国語勉強のポイント]発音編

中国語学習において最も難しいとされているのが「発音」です。

まずは中国語の発音表記に使われる”ピンイン”と、”母音・子音の発音”の習得を目指しましょう。

日本語にはない音が多く、苦戦するかもしれません。

しかし、ピンインと母音・子音の習得が”中国語学習の最大の壁”ともいえます。

ここが頑張りどころと捉え、諦めずに取り組みましょう。

[中国語勉強のポイント]語彙編

中国語の語彙を学ぶにあたって、日頃から漢字に慣れ親しんでいる日本人は有利であるといえます。

もちろん日本語とは異なる意味を持つ漢字や初めて知る単語が多いですが、漢字文化圏以外の学習者と比較して、漢字という文字自体に対するハードルは非常に低いです。

ただし、日本と中国語では異なる表記の漢字があることに注意してください。

主に中国本土で用いられている簡体字、香港や台湾で用いられている繁体字はそれぞれ日本語の漢字とは異なる文字です。

漢字文化圏であることを強みに、日本語の漢字と比べながら共通点・相違点をしっかり意識して学習を進めることがポイントです。

[中国語勉強のポイント]文法編

中国語の文法はその他の言語と比べると比較的習得しやすいといわれています。

理由としては、英語における三人称単数や過去形、完了形といった変化が中国語にはないことがあげられます。

さまざまな意味を持つ漢字を構文通りに組み合わせることで文章を作ることができるので、覚えやすいと感じる人が多くいるようです。

これは中国語に限る話ではありませんが、文法学習の際にはまずは構文をしっかり覚えることを意識することが大切です。

【初心者向け】中国語勉強のコツ

中国語の勉強を効率よく進める”秘訣”についてご紹介します。

ドラマや音楽を活用する

ドラマや音楽は、生きた中国語を勉強できる重要な教材です。

歌詞や字幕を見ながら、発音と例文を同時に学ぶことができます。

また、教科書と比べて実際にネイティブが話している口調や抑揚が反映されやすいため、実践的な語彙を身につけることにもつながります。

そして何よりも重要なのは、”楽しみながら”中国語を学べるところが最大のポイントです。

好きな音楽やドラマを視聴することで、中国語学習自体を楽しむことができます。

ポジティブな気持ちで学習に望めるので、モチベーションを維持したまま学習習慣を継続することができるでしょう。

日常生活に眼を向ける

日本では、いたるところに中国語が隠れています。

中国語で表記された看板や、中国語でのアナウンスなど意識するだけで多くの中国語と日常的に出会うことができるでしょう。

毎日繰り返し目にする駅や街中の看板などを意識的に探すことで、簡単に語彙を増やすことにつながるのではないでしょうか。

ネイティブとの会話する

日本を訪れる外国人観光客だけでなく、在留外国人数においても中国は最も多い人数を占めています。つまり、日本国内であっても中国語ネイティブの方と出会う機会は少なくはありません。

少しでも中国語ネイティブの方と話す機会があった際は、積極的に覚えた中国語を使ってみましょう。

実際に自分で考えて口に出す経験は言語学習にとって非常に重要です。

国内でも中国語ネイティブの方と出会いやすい環境を活かして、積極的に実践に挑戦することをおすすめします。

日本人ならではのメリットを活用する

中国語の学習において、日本語を母語とする日本人であることを活かすことも重要です。

地理的にも近く、同じ漢字文化圏であることなど、日本人ならではのメリットはいくつもあります。

こちらの記事で日本人の方向けの中国語学習のポイントを詳しく解説しているので、ぜひ合わせて参考にしてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

まとめ

中国語の初級者に向けて、目指すべき資格の目安や学習のポイントをお伝えしました。

日本にとって馴染みのある言語のひとつである中国語を習得することで、海外旅行やビジネスシーンなど、得られるメリットは多岐に渡ります。

ぜひ今回ご紹介した方法を活かして、楽しみながら中国語学習を進めてください。

また、学習目標の設定にあたって中国語がどのようにビジネスシーンで活用されているのかを知ることも大切です。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、幅広い業種・職種の中から中国語が大きな強みとなる求人情報を簡単に探すことができます。

具体的な仕事内容や求められる語学要件についても合わせて確認することができるので、中国語を習得することで広がる可能性を具体的に知ることができます。

まずは一度、TENJeeの求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かした働き方を知りたい方はこちらから