IT業界でキャリアアップするポイント【日本で働く中国人の方向け】

IT業界は、インターネット技術の発展に伴って急速にニーズを高めています。

また、プログラミング言語やネットワークシステムといったIT業界で求められる知識や技術は、国の枠組みに囚われず世界を舞台に活用できるスキルです。

今後ますますの成長が見込まれるIT業界に興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、IT業界におけるキャリアアップを目指す外国人の方にぜひ意識していただきたいポイントをご紹介します。

日本ならではの特徴を踏まえているので、より有利なキャリア形成に役立つのではないでしょうか。

日本で仕事をお探し中の中国人の方には、TENJeeという求人サイトのご利用がおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事に特化して掲載しているので、ご自身の強みを最大限活かせる仕事探しが可能です。

ぜひ、一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

日本のIT業界の特徴

日本におけるIT業界の特徴を5点ご紹介します。

IT技術の需要は高まっている

インターネット技術の進歩は、今日においても目まぐるしく、世界中の企業においてIT技術の導入が進められています。

もちろん、日本においても同様でECサイトの導入やDX化の推進、ビッグデータの活用といった言葉を耳にする機会も増えてきました。

日本では今、多くの日本企業がこれらのIT技術の導入に向けて積極的に動き出している最中であるといえます。

従来の仕事観の影響を受けにくい

インターネット技術が誕生してから実はまだ100年も経過していません。

そのため、IT業界は業界そのものがまだ非常に新しいという特徴があります。

日本では、しばしば終身雇用や年功序列といった従来の仕事の仕組みを問題視する声が聞かれますが、他産業からみればまだまだ生まれたばかりともいえるIT業界では、従来の価値観の影響をあまり受けない傾向があります。

特に海外から最新の技術を取り入れることが多いIT業界では、成果主義という諸外国で一般的な価値観も一緒に導入している企業が多いです。

出身や勤続年数といったバックグラウンドではなく、仕事上のスキルや成果が評価に直接つながる職場の多いIT業界は、転職者や外国人の方にとってより活躍しやすい環境といえるのではないでしょうか。

世界共通の知識や技術が業務に関わる

IT業界で求められるプログラミングやネットワークに関する知識・技術は世界共通のものがほとんどです。

そのため、日本語に自信がない外国人の方でも仕事をこなしやすい業界であるといえます。

特に中国は、近年BATHと呼ばれる四大企業が世界を舞台に活躍をみせていることからも分かるように、IT業界で存在感を強めている国のひとつです。

中国出身の方には、中国のIT市場の動向や知識について翻訳された情報が日本に入ってくるよりも先に吸収できるという強みがあるでしょう。

社内教育が充実した企業なら未経験でも挑戦しやすい

日本には、充実した社内教育で入社後に社員を育成する方針をとる企業が多くあります。

そのような企業では、未経験の方であっても知識やスキルを身につけた上で安心して仕事を始めやすいです。

まだ十分な知識や実務経験がないという方は、社内教育の内容に注目して企業選びを進めることがおすすめです。

人手不足のため採用に積極的

IT企業は他の業界と比べても人手不足が顕著に表れているといえます。

そもそも日本は全体として人手不足に悩む企業が多い傾向にありますが、IT業界は遠くに急激な需要の拡大の影響を受け、人手が足りていません。

そのため、IT業界は採用に積極的な姿勢を示す企業が非常に多い業界のひとつです。

仕事をお探しの方にとっては、まさにうってつけであるといえるのではないでしょうか。

外国人がIT業界でキャリアアップを目指すポイント

外国人の方が日本でキャリアアップを目指す上でのおすすめポイントを4つご紹介します。

また、こちらの記事では外国人の方が日本でキャリアアップを目指す方法を具体的に5つのステップに分けて解説しています。

何から始めて良いのかわからないとお困りの方は、ぜひこちらの内容も参考にしてみてください。

▶︎外国人が日本でキャリアアップする方法とは?5つのステップと2つのポイント

専門性を高める

IT業界には、システムエンジニアやプログラマーなど多様な職種が存在します。

それぞれの職種ごとに求められるスキルや技術が異なっているため、自分にあった職種の

専門性を高めてスペシャリストをめざすことがキャリアアップ実現につながります。

自分の強みが活かしやすい職種選びから初めてみてはいかがでしょうか。

幅広いスキルを身に着ける

幅広いスキルを身につけることでもIT業界でのキャリアアップを目指せます。

一見先ほどお伝えした専門性を高めることと相反するようにも聞こえますが、幅広くスキルを身につけることが有利になる職種もあります。

具体的には、SEの知識や技術に加えてマネジメントスキルを習得することで、プロジェクトマネージャーというより上位のポジションを目指すことができます。

他にも営業やコンサルティングといった幅広い業界で重視されるスキルとITの知識・技術を掛け合わせることで目指せる職種も多いです。 このような職種では、別の業界からの転職者の方が過去の経歴を武器にしたキャリアアップを目指すことができるといえます。

母国をターゲットとする企業に転職する

ご自身の母国を市場として事業をおこなう、またはこれから進出を目指している企業においては、外国人であることを最大限活かしたキャリアアップが可能です。

ビジネスにおいて市場調査、顧客の理解は非常に重要です。

そのため、現地の文化や価値観、流行に精通した外国人の方は企業にとって非常に強力な戦力といえるのです。

転職先を探す場合は、自分の母国との関わりの有無をひとつの判断材料としてみてはいかがでしょうか。

中国出身の方におすすめの仕事探し

中国出身の方にはTENJeeという求人サイトがおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトなので、中国出身であるということが大きな強みになる仕事を簡単に探すことができます。

IT業界はもちろん、幅広い業界・職種の求人が掲載されているので、自分の理想の仕事を探しやすいのではないでしょうか。

求められる日本語スキルの程度や詳しい仕事内容についても確認することができるので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国出身の方におすすめの求人サイトはこちらから

IT業界でのキャリアアップに役立つ資格

資格はスキルを可視化できるのでキャリアアップに有効です。

例えば、現在システムエンジニアを仕事にされている方には、ITストラテジストやITサービスマネージャー、システム監査技術者などの資格がおすすめです。

これらの資格はIT業務におけるマネジメント力を証明することができるので、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーなどへのキャリアアップに有効です。

また、プログラミング言語を用いて実際にシステムを構築するプログラマーの方の場合、より多くの言語を身につけることで専門性を深めることができます。

業務の幅を広げることで担当できる仕事が増え、ポジションアップを狙いやすくなるでしょう。

日本語資格は共通して評価につながりやすい

日本語のスキルは、日本でのキャリア形成において非常に強いスキルです。

特に顧客とのコミュニケーションが重要となるシステムエンジニアやITコンサルタント、チームをまとめる上で幅広い人と関わるプロジェクトリーダーを目指す方にとっては、日本語資格が非常に有効です。

こちらの記事では、最もポピュラーな日本語資格である「日本語能力試験」について詳しく解説しています。

各レベルの目安や試験内容などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎日本語能力試験のメリットとは!資格を取得して就職・転職を有利に

まとめ

日本のIT業界におけるキャリアアップのポイントの中でも、特に外国人の方におすすめの6つに絞ってご紹介しました。

IT業界はニーズも高く、今後ますます成長していくことが予想されています。

非常に勢いのあるIT業界は、キャリアアップを実現しやすい環境といえるでしょう。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeではIT企業のお仕事情報も多数掲載しています。

中国出身であることを武器に、IT業界で理想のキャリアを実現したいという方におすすめです。

まずは一度実際の求人でどんな仕事があるのかチェックしてみてください。

※中国語を活かせるIT業界の仕事はこちらから