中国語を活かして観光業に就職・転職する方法|仕事例と求人の探し方

語学力を活かせる仕事と聞いて、「観光業」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

日本を訪れる外国人観光客のうち、常に高い割合を誇っているのは中国からの観光客です。

そのため観光業において、中国語スキルは高い評価を受けやすいということがいえるでしょう。

そこで今回は、中国語を活かすことのできる観光業の具体的な職種についてご紹介します。

また、観光業で働く上で重要なスキルや求人を探す方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

観光業をはじめ、中国語を活かすことのできる仕事をお探しの方には、TENJeeがおすすめです。

中国語スキルに特化した求人サイトなので、幅広い業界・職種の中から簡単に仕事を探すことができます。

まずは一度、実際の求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かせる求人情報を確認するにはこちらから

中国語を活かせる”観光業”とは

観光業において中国語を活かせる職種にはどのようなものがあるのかご紹介します。

【ホテル系】フロントスタッフ/コンシェルジュ

ホテルにおいて中国語を活かせる仕事にはフロントスタッフやコンシェルジュなどがあります。

フロントスタッフはレセプションでチェックイン/アウトなどの手続きをおこなったり、ホテル内の設備についての説明などをおこなったりする仕事です。

定型文が多い接客がメインですが、宿泊客からの要望や質問などに答えるといった臨機応変なコミュニケーションを求められる場面も多いでしょう。

コンシェルジュは宿泊客の要望に答える職種です。観光地の紹介や各種チケットの手配、レストランの予約など業務内容は多岐にわたる点に特徴があります。

語学力はもちろんのこと、相手のニーズを掴む力が求められる仕事といえるでしょう。

【空港/航空業界系】グランドスタッフ/CAなど

空港や航空業界における中国語を活かせる仕事には、グランドスタッフやキャビンアテンダント、空港内の案内サービスなどがあります。

「グランドスタッフ」は空港内において、搭乗手続きなどの接客をおこないます。

これらの仕事は”旅行ハンドリング業務”と呼ばれており、航空会社の子会社などがおこなっている仕事です。

「キャビンアテンダント」は実際に飛行機に搭乗し、機内で接客をおこないます。

非常に人気のある仕事ですが、外国人の利用も多いことから語学力が大きな強みになる職種であるともいえます。

基本的に航空会社の客室乗務職に就職することで、この業務にあたることが可能です。

「空港内の案内スタッフ」も、語学力が必要とされる職種のひとつです。

空港内のインフォメーションカウンターなどで勤務することが一般的で、訪日観光客や身体の不自由な人などに対し臨機応変なサポートが求められる仕事といえます。

【交通機関系】鉄道会社/観光タクシーなど

交通機関においても、語学スキルを活かすことが可能です。

鉄道会社やバス会社の職員は、目的地までの道順を伝えたり、周辺の観光地の紹介など、外国語を活かしたコミュニケーションが求められる場面が多くある仕事です。

旅行会社や地方自治体と協力してツアーやイベントを企画・開催する場面は少なくないため、観光業ならではのやりがいも感じやすい職種といえるでしょう。

また、観光に特化した「観光タクシー」のドライバーは、乗客の要望に応えて観光地や飲食店への移動を担うことになります。

語学スキルを活かしながらコミュニケーションをとり、乗客のニーズを適切に掴むことが求められる仕事といえます。

【旅行会社系】ツアーガイド/ツアーガイドなど

観光業と聞いて、ツアーガイドやツアーコンダクターといった旅行会社に関する職種をイメージする人も多いのではないでしょうか。

ツアーコンダクターは旅行日程の管理や調整をおこなう仕事です。

業務をおこなうにあたっては「旅程管理主任者資格」と呼ばれる資格が必要ですが、多くの企業では入社後に受験する機会が設けられています。

ツアーガイドは旅行客と共に観光名所を巡りながら、その歴史や特徴について伝える仕事です。

中国語スキルを活かすことで、中国人団体のツアーに同行し活躍することができるため、その需要は非常に高いといえます。

国家資格「観光案内士」の取得が必要

ツアーガイド職において、国内を日本語で案内する場合はとくに資格は必要ありませんが、海外からの旅行者を外国語で案内し報酬を得る場合は、通訳案内士という国家資格の取得と都道府県知事による登録が必要です。

合格率は例年10%前後と難易度は高いですが、その分この資格を取得することで大きなキャリアアップが期待できます。

また、資格保持者はフリーランスで活躍する人も多くいることも特徴といえます。

観光業に求められるスキル

観光業に共通して求められるスキルをご紹介します。

中国語・日本語ともにコミュニケーションスキルが重要

中国語・日本語いずれにおいてもコミュニケーションスキルが非常に重要であるといえます。

実際に旅行客とコミュニケーションをとることで、相手のニーズを適切に掴むことが求められます。

単に意思疎通を図るだけでなく、旅行客一人一人が何を期待しているのかを読み取る力が大切になってきます。

地名や歴史、名所といった専門的な言葉は必須と言えますが、一般的に見て中上級レベルの語学力が求められるといえるでしょう。

情報収集力や企画力も重視される

観光業では観光名所や人気のあるレストラン、開催中のイベントなど常に最新の情報を収集しておくことが求められます。

常に流行や話題のスポットを押さえておくことで、観光客のニーズに応えやすくなるといえるでしょう。

また、職種によってはツアー内容やイベントの企画力が求められる場合もあります。

最新の情報をインプットし、それをニーズに応える形で企画する力が重要なスキルとなります。

トラブルなどへの対応力も大切

観光客が抱えるさまざまなトラブルに対応するのも観光業の重要な仕事のひとつです。

臨機応変に対応を考え、必要に応じてさまざまなサービスを手配・予約するなど機転を利かせて行動する力が求められるといえるでしょう。

また、いかなる場合でも落ち着いて対応をとることで、トラブルに巻き込まれた観光客の動揺を和らげることも大切な仕事です。

中国語を活かせる観光業の仕事を見つけるポイント

中国語スキルを活かすことのできる観光業の仕事をみつけるために、押さえておきたいポイントについてご紹介します。

中国語に特化した求人サイトを活用する

中国語に特化した求人サイトを利用することで、簡単に仕事を探すことが可能です。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトであるTENJeeでは、さまざまな職種から福利厚生や勤務形態などの条件に応じて求人を探すことができます。

詳しい仕事内容や必要な語学要件なども記載されているので、自分にぴったりの仕事を探しやすいといえるでしょう。

まずは一度、実際の求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語に特化した求人サイトをチェックするにはこちらから

資格を可視化して語学力を強みにする

資格を取得することで、自身の持つスキルを可視化することが可能です。

採用担当者も客観的にスキルを評価しやすいため、語学スキルを明確にアピールすることにつながります。

こちらの記事では中国語・日本語それぞれの語学資格について種類や特徴を詳しく解説しています。

資格ごとに重点的に測ることのできる技能も変わるため、自身の強みや希望業界のニーズに合わせて受験する資格を選ぶことがおすすめです。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

人間力をアピールできるエピソードを話す

観光業で重視されるコミュニケーション能力や対応力、情報収集力などの人間力を、エピソードを交えてアピールすることも大切です。

実際の経験を伝えることで、採用担当者に自身の魅力をより強く印象付けることにつながります。

提出書類や面接においては、エピソードを交えた具体例を伝えることを意識することがおすすめです。

まとめ

観光業では、語学力を活かしたコミュニケーションをとることで大きく活躍することが可能です。

直接観光客と触れ合う機会も多いため、自身の貢献を相手の反応を通して実感しやすいため、高いやりがいにつながりやすい仕事であるといえるでしょう。

自分の強みや希望にあった職種を選び、観光業で語学力を活かしたキャリアプランの実現を目指してみてはいかがでしょうか。

また、中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトTENJeeでは、観光業をはじめ幅広い業界・職種の求人情報を簡単に探すことが可能です

まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※TENJeeで中国語を活かせる仕事をチェックするにはこちらから