中国人の方向け!日本語のおすすめの勉強方法と上達するためのポイント

「日本で働くために日本語を勉強したいけれど、何から始めれば良いのかわからない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

日本語は「ひらがな」、「カタカナ」、「漢字」と3種類も文字がある上に、複雑な敬語も多く、難しいと感じるかもしれません。

そこで今回は、日本語を勉強する上で注目したいポイントと、具体的な勉強方法をご紹介します。

これらのポイントを意識することで、日本語学習がより効率よく進むかもしれませんよ。

また日本での就職を考えている方にはTENjeeという求人サイトがおすすめです。

中国語を話せる人専用のサイトなので、中国語スキルを活かした仕事を簡単に探すことができます。

興味のある方はぜひ一度ご確認ください。

※日本で中国語を活かして働くことのできる企業情報はこちらから

日本語が上達する勉強方法とは

日本語を効率よく身に付けるためにはどのような勉強をすれば良いのでしょうか。

具体的な手段は様々ですが、共通して言えるのは「日本語に触れる機会を増やす」ことだといえます。

日本語を見聞きしたり、文字として触れる機会をどれだけ増やすことができるかが、日本語スキルを上達させる重要な鍵となるでしょう。

日常生活の中で意識せずに日本語に触れる場面もあるのではないでしょうか。

特に日本で生活している方は、日常生活の中でたくさんの日本語に出会う機会があるはずです。

机に向かって勉強する時以外でも、日本語に関心を持ち積極的に学ぶ姿勢はとても重要です。なぜなら、日常生活で目にする日本語ほど、生きていく上で必要になる物だからです。教科書の例文に描かれている場面での日本語だけを学ぶのではなく、日常生活で出会う「生きた日本語」にも興味を持つよう心がけましょう。

目標を立てる

明確な目標を立てることで、より効率よく学習を進めることができます。

漠然と学ぶよりも、達成したい目標や日本語を学ぶことで将来どのようなことをしたいのかを、しっかりと意識して学習をすすめましょう。

また、目標を達成した際の自分へのご褒美を設定することで、モチベーションをより高く保つことができるかもしれません。

日本語の語学資格取得を目指す

日本語レベルを測る有効な手段として、資格の取得があります。

自分の日本語がどのくらい通用するのかを知ることができるだけでなく、就職活動などの際に自分の日本語スキルを客観的な評価基準としてアピールすることができます。

こちらの記事に日本語の資格取得に向けた学習方法について詳しく書かれているので、こちらもぜひご参照ください。

▶︎5カ月でN1合格?!その方法を教えます!

真似をする

「真似をする」ということを意識すると、日本語をより上達させることができます。

これは特に話す能力において効果がある学習法といえます。

日本語を学ぶ際に新たな言語としてただ覚えるのではなく、「日本人を真似る」と考えると、よりネイティブ近づくことができるかもしれません。

日本語のテキストにでてくる日本人の話し方と、実際に多くの日本人の話し方では言い回しやイントネーションが異なる場合があります。

よりネイティブに近い日本語を学びたいと考えている方は、テレビやラジオで流れる話し方や自分の身の回りの日本人との会話をよく聞き取り、真似ることを意識すると良いかもしれません。

また、日本語のテキストにネイティブによる発音の音源が付いている場合は、積極的に活用することが重要です。

文字を読んで頭の中でその発音を意識するのではなく、自分でも繰り返し声に出すことでより正確な発音に近づくことができるでしょう。声に出すことで、ただ読むだけよりも効率よく単語や文法を覚えることにつながるかもしれません。

携帯などの録音機能を利用して、自分の発音とネイティブの発音を比べてみるのも効果的な方法です。

音楽を聴く・歌う

日本語の音楽を聴いたり歌ったりすることも効果的な日本語の勉強方法です。

自分の好きな歌手の音楽を聴くことで、楽しみながら日本語に触れることができます。

日本語の勉強自体を楽しむことで、モチベーションを維持しながら目標に向かって学習を続けることができるのではないでしょうか。

また、音楽に乗せて歌詞という形で日本語を学ぶことで、より単語を覚えやすくなります。

好きな楽曲の歌詞を覚えながら、単語や表現を意識してみることで、楽しみながら勉強することができます。

日本語に慣れる

日本語に触れる機会を増やすことで、日本語に慣れることが重要です。

中国語で用いられる漢字とは似ていても異なる漢字も多くあるので、日本語での漢字の使われ方に慣れることを意識しましょう。

たとえば、日本語では同じ漢字であっても異なる読み方をする場合があります。

「4月1日は日曜日です。とても天気が良い日でした。」

という文章には「日」という漢字が4回登場しますが、「1日」は「ついたち」、「日曜日」は「にちようび」、「良い日」は「よいひ」とそれぞれ異なる読み方をします。

また「一日」のように他の漢字と組み合わさることで特殊な読み方をする場合もあるため、中国語を母語とする人は、同じ漢字でも日本語では使われ方が大きく異なるということをあらかじめ意識しておくとよいでしょう。

日本語に興味を持つ

日本語を学ぶ上では、日本語に興味を持つことも大きな意味があります。

興味がないことを学ぶのは、誰だって意欲が湧かないものです。

日本語というものに興味を持ち、勉強することを楽しめるように意識することが大切です。

例えば、机に向かって勉強するばかりではなく、日本の漫画やアニメ、音楽を通して楽しみながら日本語に触れてみたり、自分の興味がある学問や分野について深掘りして調べてみたりすることで、日本語学習と自身の興味関心を結びつけることができます。

教科書通りだけでなく自分が高い関心を持てる日本語に触れることが、モチベーションの維持につながるのではないでしょうか。

勉強方法の入門編|日本語の特徴

具体的な日本語の勉強方法について見ていきたいと思います。

今回は日本語の勉強を始めたばかり、もしくはこれから本格的に始める方に向けた入門レベルの内容についてご紹介します。

ひらがな

「ひらがな」は日本語を勉強する際に一番初めに覚える文字です。

ひらがな1文字につき1つの日本語の音を表しており、「ひらがな」を覚えることで、日本語の全ての音を文字で表す、そして文字から読みとることができるようになります。

暗記作業になってしまうため退屈に感じる方も多いとは思いますが、これを覚えることで日本語の読み方が理解できるようになるので、ぜひ諦めずに覚えましょう。

50音

日本語には母音が5つしかありません。そして、全ての音が「子音+母音」という形で構成されています。

そのため1つの子音につき5種類の音しか存在しないのです。

この特徴を活かして、「ひらがな」は通常「五十音表」という表で表されます。

五十音表といっても正確には音素が50個あるわけではないのですが、わかりやすく表になっているため、ひらがなを学習する際は五十音表を活用して暗記を進めましょう。

カタカナ

「ひらがな」同様、日本語を学ぶ際に初めに覚えることになるのが「カタカナ」です。

カタカナは「ひらがな」と対応しており、1文字に付き1音の日本語の音を表しています。

曲線の多いひらがなと比べて直線的な文字です。

日本では主に外来語や外国の人名や地名を表す際に用いられています。

「カタカナ」と「ひらがな」をセットにして覚える、としている参考書も多いようです。

漢字

中国出身の方に注意が必要なのは日本語における漢字です。

中国語で使われる漢字と似ているようで異なる文字も多く、漢字を使い慣れているからといっても注意が必要です。

同じ漢字でも含む意味が異なる場合もあるので、日本語と中国語での違いを意識して学習を進めましょう。

漢字を使わない国出身の方の多くは漢字につまずく傾向にあるため、中国出身の方は中国語との共通点を活かすことで、学習を進めやすくなりますよ。

敬語

日本語を学ぶ際に最も難しいとされる分野の一つに「敬語」があります。

日本語には「尊敬語」「丁寧語」「謙譲語」という三種類の敬語があり、使い方を間違えると非常に失礼にあたってしまいます。

また、中国と日本では敬意を表す対象に違いがあり、中国では敬語を使わない場面であっても日本では必要となってくるケースが多くあります。

日本では敬語を使わないで話すことを「タメ口」と呼びますが、これは家族や親しい友人などの一定の親密度においてのみ使われることが常識とされています。

そのため、日本で実際に日本語を話す場合はほとんどが敬語を用いた会話になるので、是非とも敬語をマスターしましょう。

日本語の環境に身を置くことが重要

日本語の学習において何よりも大切なのは、日本語に触れる機会を増やすことです。

その一番の方法は日本で生活し日常的に日本語を作る環境に身を置くことと言えるのではないでしょうか。

複雑な日本語を必要としない中国人向けの職場もあるので、思い切って仕事を始めるのも良いかもしれません。

TENjeeは中国語を話せる人専用の求人サイトです。

全ての求人情報が中国語スキルを持った人に向けたものなので、日本で中国語を活かして働きたいという方にはおすすめです。

実際に求人情報を見ることで日本で働く自分の姿をイメージしやすくなるため、日本語学習のモチベーションアップにもつながるかもしれません。

興味のある方は是非一度ご確認ください。

※日本で中国語を活かした仕事を探すならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。