中国語を活かして外資系企業に転職するには?外資の基本知識と転職方法

中国語を活かして外資系企業に転職をしたいと考える方もいらっしゃるかと思います。

外資系といっても、様々な種類に分かれるため、転職活動の際には転職先の企業の背景や株式などを把握しておくことも重要です。

また、外資系企業で中国語を活かすためにも、どの国と関係の深い企業なのかをしっかりと把握することで転職活動を有利に進めることができるでしょう。

今回は、中国語の語学スキルを持つ人材が外資系企業に転職する方法を解説します。

TENJee」では、中国語を活かせる求人を多数掲載しています。

外資系企業の求人も豊富に掲載しているため、自身のスキルに合った求人を探すことができます。

中国語を活かした転職を検討している方は、ぜひご活用ください。

外資系企業とは

外資系企業といっても、様々な種類の企業が存在します。

海外の企業や投資家が出資した資本が影響しているケースや海外企業が日本に進出したケース、日系企業が海外企業に買収されたケースなどが主な種類です。

どの程度の海外資本が投資されているかによって変動しますが、海外の投資家や企業の意見が少なからず経営方針に影響することが多いです。

そのため、外資系企業には日本の企業とは異なる風潮も存在します。

外資系企業と日系企業の違い

外資系企業と日系企業の大きな違いとして、外資系企業には終身雇用や新卒採用といった考え方が少ないということが挙げられます。

終身雇用制度や新卒一括採用は日本独自の文化で、アメリカなどの海外企業では転職によってキャリアアップを目指すことが多く、その文化が外資系企業にも影響を与えていると考えられます。

そのため、退職金制度や福利厚生などは比較的日系企業の方が整備されているため、自身や自身のご家族などの状況に合わせた企業に転職することを検討した方が良いでしょう。

外資系企業への転職に中国語スキルは強いのか

中国語スキルを持った人材が外資系企業に転職したい場合、中国語のスキルを活かせる外資系の企業を検討しましょう。

外資系企業といっても様々な国の資本が影響しているため、しっかりと転職希望の企業の背景を調べておくことも重要です。

中国語を活かせる外資系企業の例を紹介します。

中国の投資家が投資した資本の場合

中国の投資家や企業が投資した資本の外資系企業の場合、中国の文化や中国との繋がりがあると考えられます。

クライアントも中国語圏の企業である可能性もあり、経営陣が中国語スキルを持っていることも珍しくないでしょう。

他の国の資本の外資系企業と比較して、自身の中国語のスキルを活かした仕事に転職できる可能性は高いです。

中国に支社がある外資系企業

中国に支社がある外資系企業は、中国支社の社員とのやりとりやコミュニケーションを求められる場合もあります。

中国への出張の可能性など、中国語のスキルを活かせる可能性は十分あるでしょう。

中国の経済成長に伴い企業の中国への進出は今後も増加すると予想されます。

その際に中国語スキルが役に立つことを採用担当者にアピールできれば外資系企業への転職活動を優位に進めることができるかもしれません。

中国系企業の特徴

中国語スキルを活かして外資系企業に転職する方法として、中国系企業に転職する方法が挙げられます。

他の外資系企業同様、日系企業とは社風や考え方などが異なる場合も多いです。

中国系企業の特徴を理解して、自身に合った転職活動を行いましょう。

TENJee」では、中国系の外資系企業の求人を多く記載しています。

中国系企業の特徴や給与形態なども確認できるため、ぜひご利用ください。

中国系企業の特徴を大まかに紹介します。

成果主義

中国系の企業の大きな特徴は、成果主義です。

転職後一定以上の成果を出し続けることができれな、年収などの待遇は比較的早くよくなる傾向にあります。

日系企業は年功序列など、給与形態が決まっていることが多いですが、成果主義の中国系企業ではスピーディーに評価を受けることも可能です。

しかし、成果がなかなか出せない場合給与は上がりにくいなどの側面もあるため、実績を積む努力はいつまでも必要になりやすい傾向にあります。

また、その分人材の動きも流動的な傾向にあります。

しっかりと自身のキャリアプランを立てる必要もあるでしょう。

一定以上の日本語スキルが求められることも

中国系企業とはいえ、社員やクライアントには日本人も多く存在しています。

日本語はもちろん、非常に高いレベルで求められることもあるでしょう。

ビジネスで通用する日本語のレベルはしっかりと学んでおきましょう。

メリハリがあることが多い

中国系企業問わず、様々な外資系企業ではオンとオフのメリハリがしっかりとあることが多いです。

残業をする文化などもないため、しっかりと自身の仕事を片付けて定時で退社する方も多く、無駄な残業時間などは仕事ができない人間だと評価されてしまうといったことも想定されます。

また、有給の消化率も日系企業と比較した時に高い企業が多く、働くときはしっかりと働いて休むときはしっかりと休む文化の企業が多い傾向にあります。

スピード感がある

中国系企業の大きな特徴として、ビジネスにスピード感があります。

日系企業に見られるハンコの文化や上長ごとの確認事項などを行わない企業も多く存在し、確認や連絡がすぐに返ってきたといった話もよく耳にするかと思います。

中国の経済成長の背景にはこのような仕事のスピード感も大きく関係しており、このスピード感についていくことができれば非常にスムーズに仕事に取り組むことができるでしょう。

しかし、この早いスピード感についていくことができない場合、成果主義な特徴とも相まって厳しい転職になってしまうかもしれません。

中国系企業へ転職を検討している方は、自身の希望の働き方なども頭に入れて検討することをオススメします。

中国語を活かして外資系企業へ転職するために

外資系の企業は日系企業とは異なる様々な特徴が存在します。

中国系の企業に転職を考えている場合、中国語のスキルを活かした転職活動ができるでしょう。

また、様々な国の人間とコミュニケーションを行う上で、中国語のスキルだけではなく英語のスキルなども転職を有利に進めることができるかもしれません。

様々な語学スキルを所有している方は、しっかりと採用担当者にアピールすることが重要です。

自身に合った求人を洗い出すことから始めよう

中国語を活かして外資系企業に転職を行いたい場合、自身のスキルや経験を考慮した上で求人を洗い出すことも重要です。

どのようなスキルを持つ人材が求められているのかを理解することで、自身に合った求人の洗い出し方や採用担当者へのアピールの方法なども理解できるかと思います。

TENJee」では、中国語スキルを活かせる外資系企業の求人も多く掲載しています。

自身に合った求人を絞り込んで検索することも可能なので、中国語スキル以外にも外資系企業への転職で役に立つ資格を持っている場合、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

また、「TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」では、中国人の転職をサポートするサービスを多数提供しています。

中国人の転職の専門家によるサポートや、中国語を話せるスタッフなどが多く在籍しているため、ぜひご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。