カテゴリー
転職 就活 中国語人材

需要あり!中国語スキルを活かしてエンジニアに転職する方法

中国語のスキルを持った人材がエンジニアに転職することはどのようなメリットがあるのでしょうか。

中国では1990年代からIT産業の発展を目指し、教育やインフラの整備などを積極的に行ってきました。

その影響により、今では中国人のエンジニアが世界中で多く活躍しています。

今回は、中国語のスキルを持った人材がエンジニアに転職するメリットや、様々なエンジニアの仕事例、自身に合ったエンジニアの求人の探し方などを解説します。

TENJee」では、中国語のスキルを活かせるエンジニアの求人を多く掲載しています。

どのようなスキルが必要なのか、どのような企業の求人があるのか詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

エンジニアとは

エンジニアとは、エンジニアリング、つまり工学に関する専門的な知識や技術を持った人材を指す言葉です。

現在では、インターネット関係の専門知識を持ったエンジニアやシステム開発などを主に担当するエンジニアなど、様々な職種のエンジニアが世界中で活躍しています。

特にITの分野では、様々な新しいサービスやシステムを開発が目覚ましい発展を遂げており、今後ますますエンジニアの需要は高まっていくと予想されています。

エンジニアの種類

エンジニアといっても様々な専門的な分野の仕事が存在しており、それぞれ名称が異なります。

エンジニアの種類を把握しておくと、自身のイメージするエンジニアと近い職種を転職の軸に考えることができます。

また、別のエンジニアの仕事内容を把握することで、自身が持っているスキルに合うエンジニアを目指すことも可能です。

代表的なエンジニアの種類を紹介します。

SE(システムエンジニア)

エンジニアの代表格といっても良いほど認知度が高いシステムエンジニア。

主にコンピューターシステムの設計や構築、開発などを一手に引き受ける職業です。

クライアントの要望をヒアリングし、希望に沿ったシステムを開発することも多いですが、自社システムの開発など、その仕事の範囲は広いです。

システムエンジニアに転職したい場合、クライアントのシステムを担当するか自社のシステムを担当するかによって、社内外の人間とのコミュニケーションの比率が変わります。

中国語スキルを活かしたい場合、社内外において関わる人間が中国語を母国語としている企業などでアピールできるでしょう。

プログラマー

プログラマーはシステムエンジニアが設計した仕様書を元にプログラミングを行い、機能を実装する職業です。

システムが動かない場合、どこに問題があるのかをプログラムから見つけ出し改善を行ったりもします。

プログラミング用語は数種類存在しますが、世界共通の言語です。

そのため、国籍問わずプログラマーの実力があれば、様々な企業で活躍できるでしょう。

企業によっては様々な国籍のプログラマーを雇用しているところもあり、中国語スキルを持った方が転職することで日本語と中国語間のコミュニケーションを円滑にできることから、良い待遇で転職が可能になるかもしれません。

インフラエンジニア

サーバーの構築やネットワークの管理など、Webシステムを構築する上で基盤になるITのインフラを開発・整備・メンテナンスする職種です。

場合によってはさらに仕事内容ごとに細分化された呼び方をされる場合もあります。

大きな企業のITインフラや世界中で利用されているサービスを提供している場合は特に、24時間365日安定した稼働が求められます。

その安定した稼働に欠かせない存在です。

もしもシステムに不具合が発生した場合の復旧作業などもインフラエンジニアが対応することが多いです。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、ユーザーがWebサイトを見たり、触ったりする部分を担当・開発する職業です。

施策の立案からWebサイトのコーディングまで行う場合もあります。

Webマーケティングの知識やアクセス解析などのデータを用いて、Webサイトのどの部分が使いにくいかを特定し、改善するといった内容が求められます。

企画立案などが可能なフロントエンドエンジニアは、Webマーケティングの職種などでも活躍できるでしょう。

特に、世界中に顧客がいるWebサイトを担当できる企業では、中国語のスキルが重宝されることもあるかもしれません。

セールスエンジニア

セールスエンジニアとは、エンジニアの専門的な知識を活かして営業を行う職種です。

クライアントの悩みをヒアリングし、解決策となるシステムを提案するため、コミュニケーションスキルも求められることが多いです。

社外の人間とコミュニケーションを取ることが多いため、中国の企業や中国人の多い企業を相手にしたセールスでは、中国語スキルを発揮できるでしょう。

中国語スキルがあるエンジニアは需要がある

中国語スキルを持った人材がエンジニアに転職することは可能です。

中国の急激な経済成長に伴い、中国の企業が国内に進出したり、中国に進出する企業が増加しました。

そのため、中国語スキルを持った人材の需要は今後も高まると言えるでしょう。

エンジニアは仕事内容によってコミュニケーションが比較的少なくて済む場合もあり、プログラムに使用する言語は世界共通なことも影響して、様々な国籍の方が就労していることもあります。

そのため、現場での仕様変更や不足の自体に対応する際に中国語のスキルを持った人材が間に入ることで、さらに業務を円滑に進めることができます。

さらに、サービスを中国語圏に展開したい企業とクライアントの橋渡しといった意味でも、中国語スキルを持った人材の需要は高いと言えるでしょう。

中国語を活かせるエンジニアに転職しやすい企業の特徴を紹介します。

世界的にサービスを展開している企業

中国語圏を問わず、サービスを世界中で展開している企業では、様々な国の語学スキルを持った人材への需要があるかもしれません。

特に、経済成長が著しい中国や中国企業とのやりとりが円滑に行える人材は、行身を円滑に進めることができる可能性が高いため需要があるかもしれません。

本社が中華圏にある企業

本社が中華圏にある企業では、本社の人間への報告や上司が中国人など、中国語でのやりとりが発生しやすい環境にあるかもしれません。

特に、グローバルなサービスを提供している企業の場合、本社からの資料や報告に中国語が使用されている可能性もあります。

中国語スキルを活かしてエンジニアとしても、コミュニケーションの部分でも広く活躍できるかもしれません。

海外進出を目指す企業

海外進出を目指す企業の場合、現在の社員の他に海外展開時の交渉役や資料の説明など、中国語などの語学スキルを求めている企業は多いかもしれません。

中国語圏のクライアントと円滑に仕事を進められることをアピールできれば、転職活動を優位に進められることもあるでしょう。

中国語を活かせるエンジニアに転職する方法

中国語を活かしてエンジニアに転職する方法を解説します。

様々な方法がありますが、ここではスムーズに転職活動を進めることのできる方法を紹介します。

中国語を活かせる求人に特化した求人サイトを利用する

まずは、自身に合う求人がどの程度あるのかを調べることが重要です。

希望の求人を洗い出し、条件や求められるスキルを確認しましょう。

日本語や中国語を活かした仕事の経験の有無など、求人によって条件は異なることが多いです。

TENJee」では、中国語を活かせるエンジニアの求人を多く掲載しています。

転職先を洗い出すことはもちろん、必要なスキルや資格などもわかりやすく掲載しているので、ぜひご活用ください。

転職エージェントに相談する

スキルや条件で悩んでしまったり、不安に感じる方は転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

転職のプロの目線で様々なアドバイスをもらうことができます。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」は、中国語に特化した転職をサポートしています。

中国語が話せるエージェントなども多数在籍しているので、中国語を活かした転職を成功させたい方はぜひご相談ください。

コメントを残す