カテゴリー
転職 就活 中国語人材

未経験でも転職・就職できる?翻訳の求人に応募する時のポイント

中国語スキルを活かして翻訳の求人にチャレンジしたい方もいらっしゃるかと思います。

翻訳の仕事を探す場合、翻訳の仕事経験者であることを条件に指定している企業も多くあるため、未経験での翻訳の仕事はハードルが高いと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、未経験者でも応募可能な求人を探す方法や企業にアピールする方法など、未経験でも翻訳の仕事に就ける方法を解説します。

また「TENJee」では、未経験でも中国語を活かせる仕事の求人を多く掲載しています。

翻訳の求人も扱っておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

翻訳の仕事とは

中国語スキルを持つ人材が日本で翻訳家として活躍するには複数のパターンが想定できます。

日本語を中国語の文章に翻訳する場合、日本語の正しい理解や文化の違いをどれだけわかりやすく伝えられるかがポイントです。

中国語を日本語の文章に翻訳する場合にも、同様のスキルが求められるでしょう。

また、日本語や中国語の会話を正しく翻訳して伝える通訳の場合、正確な文脈の理解のためのヒアリング能力はもちろん、会話のスピードに合わせて翻訳する高い能力が必要になります。

職種によっては、翻訳と通訳両方のスキルが求められる場合もあるため、自身の語学レベルに応じた職種や仕事内容を把握することが大切かもしれません。

翻訳の種類によって難易度が変わる

翻訳を行う内容や種類によって、仕事の難易度は変わることが多いでしょう。

専門知識が必要になる可能性やビジネス書類の翻訳では法律の知識などが求められる可能性もあるかもしれません。

代表的な翻訳の仕事と想定される内容、難易度を解説します。

本などを翻訳する

本などの文章を翻訳する場合、通訳のようなスピードより、文章の内容を正確に伝える読解力が求められます。

時代背景によって異なる常識や日本と中国の文化の違い、地理的な知識などが求められることが多いため、語学スキルだけでなく両国の文化的知識などもあると良いでしょう。

ビジネスの書類などを翻訳する

契約書や約款などのビジネスで使用する書類を翻訳する際には、その企業の職務内容や方式などを把握しておくことが求められるかもしれません。

特に契約書に関しては、正確に伝わらないと法的拘束力が発生する可能性もあるため、行政書士や弁護士などと連携して作成する可能性もあります。

両国の法律的な知識が求められる可能性もあるため、非常に様々な知識が必要になる可能性があります。

映画などの脚本を翻訳する

映画や演劇の脚本を翻訳する場合、キャラクターの特徴や一人称の違いなどを正確に伝える技術が必要になる可能性があります。

読解力は大前提として、ストーリーの把握や魅力を正しく伝えるための意訳が必要になることもあるかもしれません。

商品パッケージなどを翻訳する

中国の商品を日本で販売する場合や日本の商品を中国で販売する場合など、商品のパッケージや説明を翻訳する仕事です。

他国で商品展開を行う場合、商品の魅力を正しく伝えることはもちろん、場合によっては成分表記や原材料の表記の翻訳も行う可能性もあります。

未経験でも可能な中国語の翻訳の求人を探すポイント

未経験で翻訳の仕事は、結論から言ってしまうと可能です。

しかし、翻訳の仕事経験者と比較した際にどうしても差が出てしまうこともあるかもしれません。

未経験でも可能な、翻訳の仕事の求人に応募する際のポイントを解説します。

資格をとる

自身の中国語スキルを証明する語学検定の資格を取得することは、面接や求人に応募する際に優位に働く可能性があります。

中国語の語学検定には様々な種類が存在しており、リーディング重視の資格やコミュニケーション能力を重視する資格も存在します。

自身にあった資格を取得すると良いでしょう。

中国語の語学試験については、こちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎中国語の語学力を証明するおすすめの資格や資格を活かせる仕事を解説

スキルを第三者に説明できるようにしておこう

自身のスキルや資格を面接担当者など、第三者にしっかりと説明できる様にしておいた方が良いでしょう。

どの様な業務が可能なのか、自身の中国語のレベルが不透明だと実際に就労した際のミスマッチの原因にもなってしまうかもしれません。

第三者に自身の中国語のレベルを伝えやすくする目的の一つとして、資格の取得を行うことも良いでしょう。

仕事の内容で判断する

自身の中国語のレベルと実際の仕事の内容を照らし合わせることで、自身に合った求人を洗い出すことができるかもしれません。

リーディングのスキルやヒアリングのスキルなど、中国語を使うタイミングを想定した上で求人に応募することで、採用後のギャップを少なくできる可能性もあります。

中国語のスキルを扱う求人サイトを利用する

中国語スキルを持つ人材を募集している求人サイトを利用することで、自身の得意な分野で求人を洗い出しやすくなるかもしれません。

TENJee」では、中国語スキルも持った人材を必要としている企業の求人を多く掲載しています。

職業で絞り込んで検索することも可能なので、翻訳の求人を簡単に見つけることも可能です。

中国語を翻訳する経験を積む

中国語のスキルを使用して翻訳の求人を探す際、未経験不可の条件を提示している企業も存在します。

高い中国語スキルを持っているにも関わらず経験の差で応募できない場合、実際に翻訳の経験を積むことで解決できるかもしれません。

クラウドソーシングなどを利用する

クラウドソーシングなど、翻訳家を望んでいる企業と仕事単位で受発注できるシステムを利用して経験を積む方法です。

実際に仕事として翻訳の経験を積むことが可能なので、実際の就職・転職の際の実績になるというメリットがあります。

中国語を翻訳した実例を作る

実際に翻訳した文章などの成果物を提出することで、選考を有利に進めることができるかもしれません。

実際に成果物のクオリティが高ければ、選考を有利に進められる可能性がありますが、就労した後も同様のクオリティが求められるため、今の自身のスキルレベルに沿った成果物を提出する様に心がけると良いでしょう。

未経験で中国語スキルを活かして翻訳家を目指すには

自身の中国語スキルを活かして翻訳の仕事を未経験から始めるために重要なポイントを解説します。

自身のスキルを可視化する

資格取得など、自身のスキルを可視化できる物を取得しておきましょう。

また、第三者に自身の中国語スキルのレベルをしっかりと伝えられる様にしておくと良いかもしれません。

自己分析を行いどの種類の翻訳家が向いているか絞り込む

翻訳といっても、その仕事内容は様々です。

自身の性格や経験から自己分析を行い、自身に向いている職種や仕事内容などをあらかじめ整理しておきましょう。

人材紹介サービスを利用する

自己分析が難しい場合には、人材紹介サービスなどの第三者によるサポートを受けることで解決できるかもしれません。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」では、中国語スキルを持つ人材を様々な角度からサポートしています。

未経験でも応募できる翻訳の仕事や準備などにも対応いたしますので、ぜひご連絡ください。

コメントを残す