中国人が日本で働く強みとは?職種で異なる働くためのコツを解説

日本国内における少子高齢化に伴う労働人口の低下などの影響によって、外国人雇用の需要は今後ますます高まることが予想されています。

日本の経済産業省のデータによると、2050年には日本の人口は1億人まで減少する見込みで、長期的な経営戦略には優秀な人材の確保を取り入れる企業もあるでしょう。

中国人の雇用の需要も増加する可能性は高いと言えますが、中国人が日本で働くためには準備や手続きが必要です。

今回は、中国人が日本で働くための条件や注意するポイントを解説します。

自身が必要な準備をしっかりと整えた後は、中国語のスキルを持った人材が活躍できる求人を探す必要があります。

その際は、中国語スキルを持つ人材に向けた求人サイト「TENJee」をぜひご利用ください。

中国人が日本で働くには

中国人が日本で働くためには、基本的には日本語のスキルが必要になります。

日常会話やビジネスシーンでは日本語を使用することがほとんどなため、一定以上の日本語でのコミュニケーション能力は必要です。

日本の文化や簡単な地理などをあらかじめ知っておくことで、ビジネスでの会話を円滑に進めることができるでしょう。

また、働く場所や環境を知ることで業務や日本での生活のミスマッチを防ぐことも可能です。

就労ビザが必要

中国人の方が日本で働くためには就労ビザが必要です。

就労ビザとは、法務省によって発行される在留資格の通称で、本人や就労先の企業の手続きが必要です。

日本への入国を求めるビザとは異なり、日本で働くための資格というイメージを持っておきましょう。

働く職種によってビザの種類は変化する

中国人が働く職種によって就労ビザの種類は分かれます。

これまでの活動や学歴などによっても取得できる就労ビザは異なるので、自身の仕事とビザの種類が合っているかを確認しておきましょう。

就労ビザについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎日本で働きたい外国人が必要な手続きやスキルを徹底解説

国人が日本で働く時に意識したいこと

中国人が日本で働く際に意識しておいた方が良いポイントを解説します。

自身でなかなか気づきにくいポイントや必要なスキルなどを確認しておきましょう。

文化の違い

国が違えば文化も当然異なります。

互いの国の文化を否定せず、柔軟に対応することがポイントです。

中国では当たり前の文化が、日本では受け入れられない可能性もあります。

特に日本人の特徴として、波風を立てたりすることを嫌う方も存在するため、日本で働く際には日本の文化に合わせることを意識しましょう。

無用なトラブルを避けることにも繋がるかもしれません。

中国語が話せることはスキルになる

自身にとっては当たり前のスキルである中国語は、日本人から考えれば非常に頼りになるスキルです。

日本語でのコミュニケーションが問題なく行える場合、中国や中国語圏の方への営業や電話対応、訪日観光客とのコミュニケーションなど、様々なアドバンテージを得た上で働くことができるでしょう。

自身のスキルをしっかりとアピールすることで、良い条件で働くことができるかもしれません。

求人の期間の違い

中国の採用活動や求人数の増加は、国慶節が明けた10月以降にピークを迎えることが多いかと思います。

一方で日本では、経団連が定める就職活動のルールに基づいて採用活動を行う企業が多いです。

新卒採用の情報は、大学3年生の3月に解禁され、面接の開始は6月から行われることが多いです。

また、中途採用に関しては明確に期限が決まっているわけではありません。

そのため、求人サイトや転職情報をこまめにチェックする必要があるでしょう。

TENJee」では、中国語のスキルを持つ人材が働ける求人を多く掲載しています。

中国語のスキルを活かして働きたい方はぜひご覧ください。

コミュニケーション能力も重視される

日本で働くためには、コミュニケーション能力を重要視する企業も存在します。

文化の違いや社風によって、どの程度のコミュニケーション能力は必要かは企業によって異なりますが、対面での面接がしっかりと行えるコミュニケーション能力は必要です。

特に、自身のサービスを売り込む営業職などの場合は自身のサービスを正しく伝えるためのコミュニケーション能力を身につけておくことで、良い結果を出せるかもしれません。

自身のコミュニケーション能力を第三者目線でしっかりと確認することで、自身に合った職種で働ける可能性が上がります。

一定以上の日本語の能力が求められる

中国人が日本で働く場合、ほとんどの場合日本で暮らすことになります。

当然、日本語を使用したコミュニケーションが求められるため、一定以上の日本語能力は必要です。

また、ビジネスシーンでも通常業務は日本語を主体として行われることが多いでしょう。

営業や事務職など、社外の方と日本語を通じたビジネス会話が求められることも多くありますので、自身の働きたい職種によって日本語スキルのレベルを確認しておくと良いです。

場合によっては日本語能力が求められないことも

日本語での会話がほとんど必要ない職種も存在します。

経営者や社員の方のほとんどが中国人、または中国語スキルがある職場や会話をほとんど行わない作業が中心の職場などは、高度な日本語能力は求められない可能性があります。

とはいえ、日常生活では日本語を使用したコミュニケーションが求められることが多いため、日常生活に不自由しないくらいの日本語能力はあった方が良いかもしれません。

そのほかの言語が話せるとさらに有利に働ける

中国語と日本語だけでなく、英語などの他の言語が話せる場合はさらに有利に働ける可能性があります。

様々な国でビジネスを展開している企業や多くの国の言語能力が必要な海外貿易などの職業で高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

中国人が日本で仕事を探す方法

中国人が日本で仕事を探す方法を解説します。

効率よく仕事を探すことで、自身に合った仕事を見つけやすくなるかもしれません。

求人サイトを利用する

様々な求人をまとめて掲載されている求人サイトを利用することで、自身が働きたい職種の求人情報を洗い出すことができます。

勤務地や給与などの条件を確認し、自身に合った求人を探しましょう。

人材紹介サービスを利用する

就職・転職の専門家が、自身に合った求人を紹介してくれる人材紹介サービスを利用する方法です。

人材紹介サービスの中でも「TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」では、自身の日本語レベルや働くためのアドバイスだけでなく、中国語スキルを持つ人材に強い専門家が日本で働くためのサポートを行っています。

自身の日本語レベルに自信のない方でも、中国語を話せる専門家が対応することも可能ですので、ぜひご相談ください。

日本で働きたい中国人を応援します

少子高齢化の影響は、今後長く続いていく日本の問題の一つです。

それに伴い、労働人口の低下も深刻になっており、日本で働きたい中国人の需要はさらに高まるでしょう。

自身の日本語スキルの把握はもちろん、就労ビザの手続き方法や自身に合う求人の選び方などでお悩みの際は、「TENjee」または「株式会社フェローシップ」にぜひご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。