【初心者向け】中国語勉強の始め方とおすすめの勉強方法

「中国語に興味があるが、難しそうで何から始めればいいかわからない」「効率の良い勉強方法を知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中国語をこれから始める方や始めたばかりの方に向けて、初心者向けの中国語の勉強方法をご紹介します。

楽しみながら効率良く中国語を学ぶことで、ビジネスにも活かせる語学スキルを身につけることにつながります。

また、中国語を活かして仕事を探したいとお考えの方には、TENJeeがおすすめです。

幅広い業種や職種の中から、中国語を強みにできる仕事を簡単に探すことができます。

求められる語学要件なども記載されているので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

中国語学習を始める前に

実際に中国語学習を始める前に気をつけたいポイントをご紹介します。

学習目的を明確にする

最も重要なのは、”学習目的を明確にする”ことです。

中国語圏への旅行や留学、ビジネスシーンなど、使う場面によって求められるスキルや表現などが異なります。

そのため、効率的に学習を進めるためには「中国語を学ぶことで何をしたいか」を明確に決める必要があります。

例えば、グローバル化に伴い日本に進出する中国系企業は増えています。

経済成長が著しい中国の企業は、今後も日本をはじめ世界に進出を続けると予想されています。

また、中国企業と取引をおこなう日本企業も多いため、中国語スキルはビジネスシーンにおいてメリットが大きいといえます。

実際に中国語を活用しているシーンを具体的に思い描くことで、高いモチベーションにも繋がるといえるでしょう。

こちらの記事では中国語を習得することで得られるメリットについて解説しています。

ぜひ、目標設定の参考にしてください。

▶︎中国語を学び習得するメリットとは、ビジネスシーンでの需要や必要性

数値的な到達目標を決める

資格の取得や目標スコアなど、到達目標を可視化しましょう。

明確な基準を設定することで、達成に向けた計画や反省をおこないやすくなります。

中国語能力を測ることのできる資格としては、HSKやTECCなどが一般的です。

HSK1級の目安

HSKは中国政府公認の資格試験として実施されている試験です。

世界中で公的証明として活用できるということもあり、中国の検定試験の中では受験者数が最多であることでも知られています。

1級から6級までの6段階あり、最も難易度の低い1級の学習目安としては「150語程度の常用単語と文法知識」とされています。

これは、大学の第2外国語を半年程度の学んだ内容と同等の出題範囲にあたります。

TECCのスコアの目安

「TECC(中国語コミュニケーション能力検定)」はその名の通り中国語による実践的なコミュニケーション能力を測定する検定です。

TECCは1000点満点のスコアのうち、上から順にAからFまでの6段階に分類されます。

0点から249点までが最も難易度の低いFレベルに分類されており、250~399点にあたるEレベルは「基本的な事項の確認や自分の意思を伝えられるレベル」とされています。

初級者の方はまずはEレベルを目指してみてはいかがでしょうか。

実際の求人は情報の宝庫

実際の求人情報には、それぞれの職種や業界で求められる程度や、中国語を習得することで選択可能なキャリアなどが詳しく記載されています。

学習目的や到達目標を明確化する上で重要な情報源としておすすめです。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトであるTENJeeでは、幅広い業界や職種から中国語スキルを活用できる求人情報を簡単に探すことが可能です。

求められる語学要件なども詳しく掲載されているので、まずは一度チェックしてみてください。

※中国語を活かせる求人情報をチェックする

【初心者向け】中国語勉強で意識したいポイント

中国語を学習する上で意識しておくと良いポイントについてご紹介します。

[中国語勉強のポイント]発音編

中国語学習において最も難しいとされているのが「発音」です。

まずは中国語の発音表記に使われる”ピンイン”と、”母音・子音の発音”の習得を目指しましょう。

日本語にはない音が多く、苦戦するかもしれません。

しかし、ピンインと母音・子音の習得が”中国語学習の最大の壁”ともいえます。

ここが頑張りどころと捉え、諦めずに取り組みましょう。

[中国語勉強のポイント]語彙編

中国語の語彙を学ぶにあたって、日頃から漢字に慣れ親しんでいる日本人は有利であるといえます。

もちろん日本語とは異なる意味を持つ漢字や初めて知る単語が多いですが、漢字文化圏以外の学習者と比較して、漢字という文字自体に対するハードルは非常に低いです。

ただし、日本と中国語では異なる表記の漢字があることに注意してください。

主に中国本土で用いられている簡体字、香港や台湾で用いられている繁体字はそれぞれ日本語の漢字とは異なる文字です。

漢字文化圏であることを強みに、日本語の漢字と比べながら共通点・相違点をしっかり意識して学習を進めることがポイントです。

[中国語勉強のポイント]文法編

中国語の文法はその他の言語と比べると比較的習得しやすいといわれています。

理由としては、英語における三人称単数や過去形、完了形といった変化が中国語にはないことがあげられます。

さまざまな意味を持つ漢字を構文通りに組み合わせることで文章を作ることができるので、覚えやすいと感じる人が多くいるようです。

これは中国語に限る話ではありませんが、文法学習の際にはまずは構文をしっかり覚えることを意識することが大切です。

【初心者向け】中国語勉強のコツ

中国語の勉強を効率よく進める”秘訣”についてご紹介します。

ドラマや音楽を活用する

ドラマや音楽は、生きた中国語を勉強できる重要な教材です。

歌詞や字幕を見ながら、発音と例文を同時に学ぶことができます。

また、教科書と比べて実際にネイティブが話している口調や抑揚が反映されやすいため、実践的な語彙を身につけることにもつながります。

そして何よりも重要なのは、”楽しみながら”中国語を学べるところが最大のポイントです。

好きな音楽やドラマを視聴することで、中国語学習自体を楽しむことができます。

ポジティブな気持ちで学習に望めるので、モチベーションを維持したまま学習習慣を継続することができるでしょう。

日常生活に眼を向ける

日本では、いたるところに中国語が隠れています。

中国語で表記された看板や、中国語でのアナウンスなど意識するだけで多くの中国語と日常的に出会うことができるでしょう。

毎日繰り返し目にする駅や街中の看板などを意識的に探すことで、簡単に語彙を増やすことにつながるのではないでしょうか。

ネイティブとの会話する

日本を訪れる外国人観光客だけでなく、在留外国人数においても中国は最も多い人数を占めています。つまり、日本国内であっても中国語ネイティブの方と出会う機会は少なくはありません。

少しでも中国語ネイティブの方と話す機会があった際は、積極的に覚えた中国語を使ってみましょう。

実際に自分で考えて口に出す経験は言語学習にとって非常に重要です。

国内でも中国語ネイティブの方と出会いやすい環境を活かして、積極的に実践に挑戦することをおすすめします。

日本人ならではのメリットを活用する

中国語の学習において、日本語を母語とする日本人であることを活かすことも重要です。

地理的にも近く、同じ漢字文化圏であることなど、日本人ならではのメリットはいくつもあります。

こちらの記事で日本人の方向けの中国語学習のポイントを詳しく解説しているので、ぜひ合わせて参考にしてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

まとめ

中国語の初級者に向けて、目指すべき資格の目安や学習のポイントをお伝えしました。

日本にとって馴染みのある言語のひとつである中国語を習得することで、海外旅行やビジネスシーンなど、得られるメリットは多岐に渡ります。

ぜひ今回ご紹介した方法を活かして、楽しみながら中国語学習を進めてください。

また、学習目標の設定にあたって中国語がどのようにビジネスシーンで活用されているのかを知ることも大切です。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、幅広い業種・職種の中から中国語が大きな強みとなる求人情報を簡単に探すことができます。

具体的な仕事内容や求められる語学要件についても合わせて確認することができるので、中国語を習得することで広がる可能性を具体的に知ることができます。

まずは一度、TENJeeの求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かした働き方を知りたい方はこちらから

中国語学習の難易度とは?特徴や学習しやすい理由を諸言語と比較解説

グローバルが進み、ビジネスにおいても国際的な取引が増えてきており、英語に限らず相手企業に応じた様々な言語スキルが必要になってきています。

中でも中国企業は、多くの日本企業との取引があるだけでなく、日本のマーケットに進出する会社も多くあります。そのため、日に日に中国語スキルの需要は高くなってきています。

しかし、一般的に中国語の習得は難しいイメージも持たれることが多く、一歩踏み出せずにいる方も多いでしょう。

実は中国語は日本人にとって、他の言語と比べて学習しやすい傾向がある言語のひとつです。

そこで今回は中国語の習得難易度について、他の言語と比較しながら解説します。

中国語学習を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

中国語を話せる方向けの求人サイトであるTENJeeでは、中国語を活かせる仕事を多数紹介しています。

中国語スキルを身につけることでどのような仕事につながるのか、まずは一度確認して見てはいかがでしょうか。

※中国語スキルを活かせる求人情報はこちらから

中国語の需要

キャリアアップや転職などに向けて外国語を学ぶ際に重要となるのは、「その言語の需要がどの程度あるのか」ということです。

中国語が主に使われている国には中国や台湾、香港、マカオ、シンガポールなどがあります。

中国はGDP世界第2位を誇る経済大国で、世界的に見ても大きな市場であるといえます。

中国語スキルを身に付けることで、世界が注目する中国市場の情報を直接得ることができます。

翻訳されて日本に入ってくるよりも前に最新の動向を知ることで、周囲よりも早く時代の変化に対応することにつながるといえるでしょう。

また、中国語圏の企業と自分で直接やりとりが可能になることで、通訳や翻訳を介する手間や時間を省略できます。

そのため、よりスムーズな取引を実現できるといえます。

直接コミュニケーションをとることで、細かいニュアンスや相手の反応を汲み取って臨機応変な対応をするなど、綿密に交渉を進めることにつながります。

中国語でのコミュニケーションを通し親密な関係を築くことで、ビジネスの成功や進展につながるのではないでしょうか。

また、近年日本に進出する中国企業も増えています。

中国人の上司や同僚が多いと考えられるこれらの職場であっても、中国語スキルを身につければ臆することなく挑戦できるでしょう。

つまり、中国語スキルの習得は転職や就職先を選ぶ際の選択肢を増やすことができます。

中国語の需要についてこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

▶︎中国語人材の需要は高い?今後中国語スキルが必要になる理由を解説

他の言語と比較した中国語習得の難易度

中国語を習得する難易度はどのくらいなのでしょうか。

他の言語の特徴と比較しながら解説します。

諸言語と比較した中国語学習の難易度

中国語学習の難易度とはどの程度のものなのでしょうか。

「語彙」「文法」「発音」の観点から諸言語と比較した中国語の特徴についてご紹介します。

中国語の語彙

中国語の語彙を学ぶ上で特徴といえるのは、もともと日本人は漢字に馴染みがある点です。

もちろん、中国本土で用いられる簡体字と日本で使われている漢字には異なるものもありますが、日本の漢字と似ている部分も多いため、比較的理解しやすいといえます。

また、それぞれの漢字の意味から中国語における意味を推測しやすいため、語彙の暗記もしやすいことがあります。

「馴染みがある」という観点からみると、英語も同様に日本人にとってあらかじめ知っている単語が多いと言えます。

外来語として多くの日本人に用いられている単語や学校教育で暗記した経験から、語彙学習へのハードルは低いといえるでしょう。

以上のように”語彙学習”の観点から英語と中国語を比較した場合、「漢字から意味を推測しやすい中国語」と「外来語になっている単語が多い英語」には、「日本人にとって馴染みのある単語が一定数あるため、学習を進めやすい」という共通点があります。

ただし、英語の場合は外来語を知っている数によって学習のしやすさは異なります。

語彙学習の容易さについては、個人の外来語へどのくらい馴染みがあるかによって差があるといえるかもしれません。

一方で中国語の場合は、漢字の意味さえ理解していれば、初めて見る組み合わせであっても応用して理解につなげることが可能です。

中国語の語彙学習において、日本人が日常的に漢字に触れていることは非常に有利であるといえるでしょう。

中国語の文法

中国語の文法規則は、他の言語と比較すると覚えやすい場合があります。

例えば、英語を学習する上で多くの日本人が躓くポイントのひとつに「動詞の変化」があります。

過去や現在完了のような時制や、三人称単数といった主語に合わせて、単語を変形させなければいけません。

しかしながら、中国語は動詞に限らず単語が変化することはありません。

別の漢字と組み合わせることで進行形などの意味を加えることはありますが、単語自体は変化することがないため、理解しやすいのではないでしょうか。

また複雑な文法で知られるドイツ語やフランス語、ロシア語、スペイン語と比較すると、中国語文法は簡単といえます。

特にこれらのヨーロッパの言語は単語の変化形が非常に多く、文法構造をロジカルに理解することが求められます。

単語の変化がない代わりに、中国語の文法を学習するにあたって重要になってくるのは「語順」です。語順の決まりを覚えることで異なる意味を表すことができます。

中国語の語順に関しても、法則には例外が少なく、英語と比べて覚えやすいといえます。

中国語の発音

中国語の発音は、諸言語の中でも難しい部類に入ります。

理由としては、母音が36個、子音が21個存在しており、使われる音の数が非常に多いことが挙げられます。

また、「声調」と呼ばれる四種類のイントネーションのつけ方によって、同じ音でも異なる意味を表す点にも躓く人が多いです。

一方でドイツ語やスペイン語は、発音という観点からみると学習しやすい言語です。

ローマ字読みに近い発音をするため、日本人でも発音を真似しやすいです。

中国語同様に発音が難しいとされている言語は、ロシア語やフランス語、英語などが挙げられます。

日本人にとっても馴染みのある英語に関しても、日本語では使われない音が大半を占めているため、多くの日本人が”日本訛りの英語”を話しているのも事実です。

特にアクセントや巻き舌などの発音は日本人には馴染みがなく、苦手と感じる人も多いかもしれません。

「発音」は中国語に限らず、多くの外国語学習者がつまずくポイントのひとつです。

特に中国語では他の言語よりも発音に苦戦する学習者が多いため、より重点的な学習を心がける必要があります。

中国語は日本人にとって学びやすい

中国語の文法や語彙には、日本語との共通点も多くあります。そのため、日本人にとって学びやすい言語のひとつといえます。

日本語との共通点を活かすことで、より効率的に中国語学習を進めることができるでしょう。

日本人が中国語を学ぶ際に意識したいポイントについて詳しく解説した記事があるので、よろしければこちらも合わせて参考にしてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

中国語の学習をはじめる前に

中国語学習を始めるにあたって、目標を明確に設定しておくことは大切です。

ビジネスや留学、観光などの自分の目的に合わせた学習計画を立てることで、より高いモチベーションを維持しながら学習を進めることが可能になります。

資格の取得を目標にするのも有効かもしれません。

こちらの記事で人気のある中国語の資格について紹介しているので、興味のある方はこちらもご確認ください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

求人サイトで求められるレベルをチェック

目標を設定する上で、実際の求人情報を確認してみるのもおすすめです。

具体的な仕事内容も調べることができるので、自分の理想の働き方と求められる語学レベルをチェックしてみるとよいでしょう。

中国語を活かせる仕事を探すなら、TENJeeをぜひご利用ください。

中国語スキルがある人向けの求人サイトなので、語学力が大きな強みとなる求人情報を調べることができます。

様々な職種の求人を紹介しているので、自分の希望にあった仕事がきっと見つかると思います。

ぜひ一度、TENJeeの求人情報をご覧ください。

※中国語を活かせる理想の仕事探しはこちらから

ビジネスにも役立つ中国語を習得しよう

近年その需要が高まっている中国語は、日本語との共通点を活かすことで、学習を有利に進めることが可能な言語です。

文法的な共通点や優れた学習環境を活かすことで、効率よく語学スキルを身につけられるでしょう。

街中でも目にすることの多い中国語は、日本人にとって馴染みのある身近な外国語のひとつです。

中国語スキルを仕事に活かすことで、社内での自分の評価を高めたり、転職時の選択肢を広げることにつながるなど、キャリアアップを実現することにつながります。

中国語スキルのある人専用の求人サイトTENJeeでは、中国語を活かした働き方につながる仕事探しが可能です。

言語スキルを活用して、ぜひ理想の働き方につなげてみてください。

※中国語スキルを活かしてキャリアアップを目指したい方はこちらから

中国語を学び習得するメリットとは、ビジネスシーンでの需要や必要性

ローバル化が進む現代社会において、語学力は非常に重視されるスキルです。

なかでも中国語は需要の高まっている言語のひとつといえます。

そこで今回は、中国語を学習することで得られるメリットについてご紹介します。

この記事を参考に、中国語学習に挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、中国語スキルを活かして働きたいとお考えの方にはTENJeeがおすすめです。

中国語を使う仕事専門の求人サイトなので、語学スキルを活かした働き方の実現につながりますよ。

求められる語学要件や、実際の仕事内容などをぜひ一度チェックしてみてください。

※中国語スキルを活かした仕事探しはこちらから

中国語を身につけるメリット①:多くの人とコミュニケーションをとれるようになる

語学力を身につけること多くの人とコミュニケーションを取ることができるようになります。

中国語の話者数は世界第2位

中国語の話者数は英語に次ぐ世界第2位を誇ります。

中国語を話せることで、”世界中に存在する約12億人の中国語話者と話せるようになる”ことを意味します。

規模から考えると、中国語は非常に魅力的な言語のひとつであるといえるでしょう。

世界最多の母語話者数

”母語話者数”という観点から見ると、中国語は世界第1位の人数を誇ります。

中国の他にも台湾や香港、マカオ、シンガポールなどで公用語として中国語が用いられています。

母語話者数は、その言語を母語とする国の経済市場の大きさに影響します。

中国語スキルを身につけることで、これらの中国語を公用語とする国々に関連する仕事に就くことが可能になります。

世界的にも中国語学習者は増加している

中国語を学習する人は日本のみならず世界中で増加傾向にあります。

日本において中国語学習者の多くが受験をする語学資格のひとつにHSKがあります。

中国政府公認の中国語の検定試験であるHSKは、2010年頃から受験者数が爆発的に増加しており、2018年には10年前である2008年と比較して約5.9倍の34,018名が受験しました。

また、2020年9月、中国教育部(省)中外言語交流協力センターは、中国語学習者数が累計で2億人を突破したと発表しました。

ロシアやドイツ、アイルランドでは、中国語を卒業試験や大学入試の試験科目への導入が進んでおり、中学や高校で中国語を学ぶ生徒も増加しています。 中国語学習者は世界的に増えており、今後もますます話者数の増加が期待されるでしょう。

中国語を身につけるメリット②:キャリアアップにつながる

社内での昇進・昇給などで語学力を求める企業もあり、中国語学習がキャリアアップに直結する場合も多くあります。

また、昇進・昇級の要件になっていない場合であっても、中国企業との取引などにおいて中国語スキルを活かすことで、より高い実績につながるでしょう。

転職・就職で有利になる

転職活動や就職活動においても、語学スキルは強力なアピールポイントになります。

自身の強みとしてアピールする上では、語学力を客観的に評価しやすい形に可視化することも大切で、可視化する際は資格の取得が有効です。

こちらの記事で、中国語の資格の種類やそれぞれの特徴について詳しくご紹介しているので、参考にしてみてください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

仕事の幅が広がる

語学力を活かすことで仕事の幅を広げることが可能です。

翻訳や通訳といった仕事以外にも、中国企業への就職や海外展開を目指す企業への就職など、仕事探しにおける選択肢を増やすことができます。

<h4>求人情報で求められるレベルを確認</h4>

中国語スキルを活かして仕事を探したいとお考えの方は、まずは求められる語学要件を確認してみてはいかがでしょうか。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、中国語を話せる人材を探している企業情報が多数掲載されています。

職種ごとに求められる語学スキルや具体的な仕事内容などをチェックすることができるので、中国語学習の参考にしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かすことのできる仕事情報はこちらから

拡大する中国市場

中国は経済成長率を表すGDPで世界第2位を誇る、経済発展の著しい国です。

日本企業の多くが中国企業との取引を行っているだけでなく、多くの中国企業が日本への進出を図っています。

中国語スキルを身につけることで、世界トップの市場である中国を舞台に働くことが可能になります。

日本人にとって学習しやすい言語のひとつ

中国語は、”日本人にとって学習しやすい言語”のひとつといえます。

外国語を学ぶにあたって、習得のしやすさは非常に重要なポイントです。

中国語が日本人にとって学びやすい理由について、「言語的」な観点と「学習環境」的な観点からご紹介します。

言語的に似ている点が多い

中国語と日本語には、言語的な共通点が多くあります。

中でも最大の特徴と言えるのは、”漢字を使用している点”です。

中国語で使われる簡体字や繁体字と日本語における漢字は異なりますが、共通している部分も多くあります。

そのため文法や語彙の学習において、漢字が持つ意味と結びつけたり類推することで学習を有利に進めることができます。

学習環境が整っている

他の外国語と比べて、中国語は日本人にとって学習環境が整っている言語のひとつです。

地理的にも近いことから日本を訪れる中国人観光客は多く、街中で中国語のアナウンスや案内表示を目にすることは珍しくありません。

また、2019年度12月に調査された「在留外国人統計」によると日本に在留している中国人の人数は最多の786,830人でした。

つまり、日本には多数の中国人が生活しているため、ネイティブの中国語を聞く機会は多いと言えるのではないでしょうか。

※参考:法務省出入国在留管理長「在留外国人統計(旧登録外国人統計) / 在留外国人統計」

日本人にとって身近な言語であるため、日常的に触れる機会も多いことが中国語学習のメリットのひとつなのです。

また、こちらの記事で”日本人にとって中国語が学習しやすい言語である理由”を詳しく解説してるので、興味のある方は合わせて参考にしてみてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

学習メリットの大きい中国語

中国語は学習する上でメリットの大きな言語です。

話者数が多いため習得することで世界中の人々とのコミュニケーションが可能となり、ビジネスにおいても強みとなります。

また、習得も比較的容易であることから、少しでも効率的にスキルアップを目指したいという方にもおすすめの言語といえます。

中国語スキルを活かして仕事の選択肢を増やすことで、理想のキャリアプランの実現に近づけるのではないでしょうか。

中国語を話せる人専用の求人サイトTENJeeには、中国語を活かせるさまざまな仕事情報が掲載されています。

語学力を活かしてキャリアアップを目指すのはもちろん、自身のスキルを活かしてより自分らしい働き方が実現できますよ。

詳しい仕事内容や求められる語学要件なども掲載されているので、まずは一度チェックしてみてくださいね。

※中国語スキルを活かした自分らしい働き方を実現したい方はこちらから

中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

語学力が重視される今日、スキルアップのために中国語を学ぼうと考えている方も多いのではないでしょうか。

日本語を母語とする日本人(以後、便宜上 日本人=日本語母語話者とします)にとって、中国語は非常に学びやすい言語といわれています。

そこで今回は中国語の特徴をご紹介するとともに、なぜ日本人にとって中国語が学びやすいのかを解説します。

これから言語学習を始めようと思っている方や中国語に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

また、TENjeeでは中国語スキルを持つ方を探している企業情報を多数掲載しています。

中国語を話せる人専用の求人サイトなので、日本で中国語を活用した仕事をしたいと考えている方は、是非一度サイトを御覧ください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

中国語習得に日本人が有利な理由

中国語が日本人にとって学習しやすい言語であるとされている理由は「言語的な特徴」と「学習環境的な特徴」の2つに分けることができます。

漢字に抵抗がない

中国語の言語的な特徴として「使用されている文字が漢字である」という点を挙げることができます。

そして同じく日本語も漢字を使用した言語です。

もちろん中国本土やシンガポールで使用されている簡体字、そして台湾や香港、マカオで使用されている繁体字は日本で用いられる漢字と異なるものが多くあります。

しかしながら、共通する漢字も多く形もよく似ているため、普段漢字に慣れ親しんでいる日本人はなんとなくその意味を理解することができると言えます。

漢字に慣れている日本人と、漢字を1から勉強する人とを比較すると日本人は中国語を学習しやすいといえるのではないでしょうか。

部首が理解できる

漢字の部首を知っていることで、中国語での発音に一定の法則を見いだすことが可能です。

たとえば「晴」という漢字は中国語で[qíng]、「清」という漢字は中国語で[qīng]と発音します。この[qíng]と[qīng]という表記は中国語の発音を示すピンイン表記というものですが、ピンインを知らない方でも2つの漢字の発音が非常に似ているということがおわかりになるのでしょうか。

「晴」と「清」の2つの漢字に共通しているのは「青」というつくりです。漢字や部首の仕組みについて慣れている日本人はこのような法則性を見つけやすいため、中国語学習において大きな強みとなるでしょう。

音読みが理解できる

日本語では漢字を音読みと訓読みという二つの読み方で発音しますが、この音読みは中国語に由来するものです。

そのため共通している漢字やよく似ている漢字の場合、大まかな中国語での発音を理解することができます。

たとえば「山」という漢字は日本語で音読みをすると「サン」という発音になります。そして中国語で発音すると[shān]となります。

こちらもピンイン表記がわからなくても、なんとなく発音の類似性を理解することができるのではないでしょうか。

完全に一致するわけではないのですが、ある程度の類似性を見いだすことができることも、中国語学習において大きな強みとなるでしょう。

発音が異なるため最初は苦戦する場合も

中国語には全部で36種類の母音が存在します。

また、声調と呼ばれる四種類の発音方法が存在し、たとえば同じ「m」+「a」という組み合わせの音であっても、声調の使い分けによって[mā]、[má]、[mà]、[mǎ]というように[ma]の別の音が存在します。

つまり、中国語には日本語に存在しない音が非常にたくさん存在しているのです。

音読みや部首から法則性や類似性を見いだすことができたとしても、普段発することがない音の発音は非常に難しく、慣れるまでは苦戦するかもしれません。

中国人とのコミュニケーションの機会が多い

学習環境的な特徴として、日本では実際に中国語を話す人とコミュニケーションを取る機会が多いことがあげられます。

地理的に日本と中国は非常に近接しているため、観光客や留学生が多く来日しています。

そのため、実際に中国語ネイティブと直接会話をしたり、アナウンスなどで中国語を聞いたりする機会に富んでいるといえるでしょう。

言語学習において、実際にネイティブの発音を耳にしたり、実際にネイティブに自分の発音をチェックしてもらったりできる機会が多いということは強みと言えるでしょう。

母語話者が多い

中国は世界で最も人口が多い国です。また、中国から外国に移住した後も母語として中国語を話している人々も非常に多く存在しています。

学習環境という点においてネイティブスピーカーが多いということは、お手本となる文章や発音が豊富に存在していることを意味します。

参考となる実例が豊富に存在しているという点は、学習者にとって非常に役立つと言えるでしょう。

中国語のスキルを身につけると就職・転職も有利に

中国語のスキルは就職・転職活動において大きな強みとなります。

言語能力は企業が人材を評価するにあたって最も重視されるスキルのひとつです。世界有数の経済大国である中国の企業相手のビジネスは日本でも非常に盛んにおこなわれています。

中国語スキルをアピールすることで、自分の希望する企業への就職・転職を有利に進めることができるといえるでしょう。

語学資格を持っていると便利

語学資格を取得することで、自分の言語スキルを第三者からの評価を得やすくなります。

多くの日本企業が評価の基準として採用している中国語資格に「中検」や「HSK」があります。

「中検」は一般財団法人 日本中国語検定協会によって運営されている日本人向けの中国語資格です。そのため問題文は日本語で表記されています。

1級、準1級、2級、3級、4級、準4級の6段階あり、1級は中国語資格の中で最難関とされており、中国語のネイティブスピーカーであっても対策をしないと合格が難しいと言われています。

「HSK」は中国政府認定の世界的な中国語資格で、1級、2級、3級、4級、5級、6級の6段階があります。こちらは6級が最も難易度が高い級になります。問題文も全て中国語で作成されていることが特徴です。

企業が公開している求人情報には、必要とされる中国語レベルとして具体的に「HSK5級以上」「中検2級以上」というような具体的な基準が記載されている場合が多いです。

目標を設定するためにも、自分の興味のある職種ではどの程度の資格が必要であるかをチェックしてみましょう。

中国語の資格については過去の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

中国語を活かせる仕事に就ける

日本には中国語を活かすことができる仕事が豊富にあります。

グローバル化が進む今日、言語スキルを持つ人材は非常に高い評価を得ることができます。

そして日本人にとって比較的習得が容易と言える中国語スキルを身につけることで、より自身の希望に沿った仕事につくことができるのでしょうか。

TENjeeでは中国語スキルを持つ人材を探している企業情報が豊富に掲載されています。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトなので、中国語を習得することでどのような仕事に就くことができるのかを簡単に知ることができます。

実際の求人を確認して、中国語学習の参考にしてみてはいかがでしょうか。

※中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトはこちらから