中国語検定とHSKは何が違うの?中国語の2大資格の違いや特徴

転職や就職に向けて、資格取得を目指す方も多いのではないでしょうか。

グローバル化が進む中で、語学に関する資格を重視する企業も多くあります。

多くの日本企業との取引が多い国のひとつに、中国があります。

地理的にも近く、世界第2位の経済大国でもある中国とのビジネスを進める上で、多くの日本企業は中国語スキルを持った人材を求めているといえます。

つまり、中国語に関する資格を取得することで、転職や就職を有利に進めることができるのです。

この記事では数ある中国語の資格の中でも特に有名といえる中国語検定とHSKについてご紹介します。

試験内容や難易度はもちろん、それぞれの特徴や違いについても詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

また、中国語を活かした仕事をしたいという方には、TENJeeという求人サイトがおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事に特化したサイトなので、仕事をする上で求められるレベルや資格などをまずは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かせる仕事の詳細はこちらから

資格取得で自分のスキルを可視化しよう

資格を取得することは、自分のスキルを客観的に示す有効な手段です。

就職活動や転職活動においても、採用担当者に自信を持って語学スキルをアピールすることができますよ。

また、受験者数が多く知名度の高い資格は、採用担当者にとってもスキルを把握しやすいといえます。

そこで今回は、中国語の資格の中も知名度が高く、多くの人に受験されている「中国語検定」と「HSK」の特徴についてご紹介します。

また今回ご紹介しきれなかった資格については、こちらの記事で詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

正確な文法力や語彙が求められる中国語検定

中国語検定は一般財団法人日本中国語検定協会が主催する日本人向けの資格試験です。

中国語検定の特徴は、正確な文法力や語彙を測ることができるという点にあります。

中国語検定の試験内容や難易度について詳しく解説します。

開催スケジュールと費用

中国語検定は3月、6月、11月の第4日曜日に年3回開催されており、最上級である1級のみ11月にのみ実施されています。

個人での申し込み方法は郵送とインターネットから選ぶことができ、海外からの申し込みも可能です。

費用は級によって異なっており、個人受験の場合最も低価格である準4級が3,500円(税込)、最も高い1級は11,800円(税込)となっています。

難易度

中国語検定は準4級、4級、3級、2級、準1級、1級の6段階に分かれており、1級が最も難しいとされています。

筆記問題とリスニング問題の両方において基準点を超えなければ合格することはできないため、読解能力・聴解能力ともに身につけることが求められるといえます。

一般的に履歴書に書けるのは、基本的な文章の読み書きや簡単な日常会話が可能とされる3級以上といわれています。

なお、1級は中国語ネイティブであっても対策が必要とされるほどの難易度です。

出題形式

中国語検定は日本人向けに作成された資格試験であるため、日本語で出題されます。

出題内容は読解力、聴解力、翻訳力を問うものとなっており、マークシート式と記述式を併用して解答する必要があります。

筆記試験では全ての級においてマークシート式と記述式の両方が課されますが、リスニング問題に関しては、準1級と1級にのみ記述問題があります。

また、準1級と1級では2次試験において中国語での会話能力を測る面接試験が実施されています。

求められる語学力

中国語検定の最大の特徴は、翻訳力を問う問題が多数出題されるという点です。

翻訳問題を解答するには、正確な文法事項と語彙に関する知識が必要です。

また、日本人向けに実施されている試験であることから、漢字に馴染みがある日本人が間違えやすいポイントを意識した出題がされることも特徴です。

日本人のために作成された中国語・日本語の正確な相互翻訳力に特化した試験であることに留意し、文法や語彙といった基本事項を重点的に学習することが求められるといえます。

実践的なコミュニケーション能力を測るHSK

HSKは全世界の中国語学習者に向けて実施されている中国政府公認の検定です。

中国語の実践的な運用能力に特化している点に特徴があるといえるでしょう。

HSKの試験内容や難易度について詳しく解説していきます。

開催スケジュールと費用

HSKは毎月開催されており、郵送もしくはインターネットで申し込むことが可能です。

費用は級によって異なっており、最も低価格である1級が3,740円(税込)

、最も高い6級は9,790円(税込)となっています。

難易度

HSKは1級から6級までの6段階に分かれており、6級が最も難しいとされています。

筆記試験とリスニング試験があり、その合計点が基準点に達していると合格になります。

一般的に履歴書に書くことができるのは、母語話者との自然なやりとりが可能とされる4級以上といわれることが多いです。

出題形式

全ての段階においてリスニング問題と読解問題が課されますが、作文問題は3級以上からの出題となります。

リスニング、読解共に解答方式はマークシート方式を採用しています。

対話能力を測る試験としてHSKKという試験が別に実施されているため、HSKでは口頭試験は実施されていません。

求められる語学力

HSKは実用的な中国語運用能力を重視しているため、リスニングの難易度が高めに設定されています。

中国語検定よりも速いスピードで実施されるため、より高度なリスニング力が求められているといえます。

また、作文問題も選択肢を並べ替えて解答する形式が取られており、採点基準も自由度が高いため、正確な翻訳が求められる中国語検定と大きく異なっている点であるといえます。

自分にあった検定を受験しよう

中国語検定、HSKはそれぞれの特徴に基づいて、活用できる場面が異なります。

どのような目的で受験するのかによって適した資格が異なるので、それぞれに向いている人の特徴について見ていきたいと思います。

HSKが向いている人

HSKはビジネスや留学において強力なアピールポイントとなる資格です。

中国政府公認且つ、世界各地で実施されている試験であるため、国内外の多くの企業や大学が語学スキルの判断基準として採用しています。

また、試験内容として実践的な中国語運用能力、コミュニケーション力を重視しているため、中国語をツールとして仕事や留学などの活動を行いたい人に適しているといえるでしょう。

中国語検定が向いている人

中国語検定は日本語と中国語の相互翻訳力を身につけたい人に適した資格です。

翻訳活動や通訳といった、性格な文法知識や語彙力が求められる職業において、中国語検定の取得は強みとなります。

また、日本国内での知名度が高いため、日本企業への転職・就職活動においては採用担当者の評価を得やすいといえます。

中国語の文法や語彙といった基本事項を正確に学習することを目的とする上で有効な資格です。

ぴったりな資格を生かして理想を実現しよう

資格を取得することで、自分の中国語スキルを可視化することができます。

客観的な評価を得るためには、資格取得は非常に重要であるといえるでしょう。

中国語検定とHSKはそれぞれ測ることのできる力や開催頻度などに違いがあるため、自分の目的に合わせて受験することが大切です。

また、中国語検定で基礎を固めて HSKで実践力を伸ばす、というような活用の仕方も有効かもしれません。

中国語の資格を取って、キャリアアップにつなげてみてはいかがですか。

また、中国語を活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、幅広いジャンルの求人情報が掲載されています。

詳しい仕事の内容や応募資格なども確認できるので、資格取得の参考にしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かせる求人情報はこちらから

就職が有利になる中国語の資格とは?主な資格の特徴・違いと役立つスキル

中国語のスキルを活かす仕事に就職したい場合、資格やスキル・経験などをしっかりと伝えることで就職活動を有利に進められる可能性が高まります。

スキルや経験を積むだけではなく、自身の中国語のスキルや経験を活かして、業務の生産性や効率の上昇が見込めると採用担当者にアピールすることも重要です。

今回は、中国語のスキルを活かした就職活動のポイントや資格などを解説します。

また、中国語の資格を活かすなら「TENJee」を利用してみてはいかがでしょうか。

中国語スキルが活かせる様々な業種の求人を掲載しているので、資格の条件や希望の業種の洗い出しのも、ぜひご活用ください。

就職に役立つおすすめの中国語の資格

就職活動の際に取得していると役に立つ代表的な中国語の資格を紹介します。

また、それぞれの資格には特徴があり、自身の希望する進路によって資格の種類を検討することがおすすめです。

様々な求人に条件として記載されていることの多い代表的な資格を紹介しますが、今回紹介する資格以外にも様々な種類の中国語の資格は存在します。

下記でさらに詳しい資格の種類を紹介しているので、ぜひご覧ください。
▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

中国語検定

中国語検定は、すでに漢字という文化をしている日本人に向けて、日本中国語検定協会が主催する語学試験です。

就職する際の企業の募集要項の中に記載されることも多い検定で、毎年多くの方が挑戦しています。

文法と単語の知識が問われる傾向があり、試験のレベルが上がるほど専門的な知識が必要になる傾向があります。

中国語検定の特徴・注意点

日本の協会が主催しているため、設問は日本語で表記されています。

特徴としては1問あたりの配点が高い傾向にあるため、丁寧に回答することが重要かもしれません。

設問内容のイメージとして近いのは、受験英語のような形です。

過去問などで対策を立てることができるでしょう。

出題方法は筆記とリスニングの2つに分かれており、それぞれの合格点を上回ることが合格条件です。

どちらかの合格基準を下回ってしまうと合格にならないため注意しましょう。

中国語検定が役に立つ職種の例

中国語検定は様々な知識と正確な読解能力などが問われる試験です。

そのため、翻訳家や中国語を使用する事務職など、中国語を書く・読むことの多い職種に就職したい方に向いているかもしれません。

HSK

HSKは、中国政府公認の語学資格です。

中国語検定は日本の協会が主催していますが、HSKは中国政府が主催していることが大きな特徴です。

また、HSKは世界中で実施されているため、世界中様々な国で使用可能な資格です。

日本国内だけでなく、中国での就職や日本国外での職種に就職したい方にも向いているかもしれません。

HSKの特徴・注意点

HSKの試験は、中国語検定とは異なり中国語の運用力やコミュニケーション能力を重視することが特徴です。

世界中で行われている試験なので、問題文やリスニングの問題が中国語で表記されていることも特徴の一つです。

HSKは1級から6級までの全6段階でレベル分けされており、6級が最上級です。

等級が上がるにつれてより実践的な中国語のスキルが求められる傾向にあります。

また、中国語検定と比較して設問数も多くなる傾向にあるため、試験の時間配分や速読力などに気を配ることがポイントです。

実践的な設問が多いため、中国語圏での就職を考えている方や、中国語を使用した営業職などを目指す方に合っているかもしれません。

中国語検定とHSKの違い

各項目でも触れていますが、中国語検定は日本で中国語を読む・書くことが多い職種を希望する方に向いており、HSKはコミュニケーション能力が求められる中国語を使用した営業職や中国語圏で働きたい方に向いています。

HSKは世界共通の試験なため、世界中で活躍できることをアピールすることが可能です。

対して中国語検定は、日本語と中国語の相互理解が必要な翻訳家やビジネスで使用する契約書などの資料を扱う職種などに向いていることをアピールすることができるかもしれません。

中国語を活かせる仕事に就職する際に役立つ経験・スキル

中国語を活かせる仕事に就職する際のポイントは、採用担当者などの第三者に自身のスキルや資格・経験をしっかりとアピールし、就労後の活躍をイメージさせることも重要な要素です。

中国語を活かした就職でスキルや経験になる項目を紹介します。

中国語の語学スキル

中国語の語学スキルを第三者にしっかりとアピールするために、資格に取得が効果的です。

中国語検定であれば3級以上で日常会話可能、2級以上でビジネスでも使用できるレベルと定められているため、自身のスキルをしっかりとアピールすることが’比較的簡単に行えます。

HSKは4級以上で日常会話可能、5級以上でビジネスでも利用できると言われています。

自身の中国語スキルと実際の仕事内容を比較して、仕事内容に合う資格とレベルを取得しましょう。

その敬意を採用担当者に正しく伝えることで、就職活動をさらに有利に進めることができるかもしれません。

中国への渡航・留学経験

中国へ実際に行った経験も中国語を活かした仕事に就職する際にアピールするべきポイントの一つです。

中国語を使ったコミュニケーションの中で、実際の中国の文化や地理、人々の価値観を理解することは、中国語を活かした営業職や接客業、日本中国間の商品開発などに役に立つ可能性が高いです。

中国に行った時にどのような経験を積み、どのように活かせるのかをしっかりと話せるようにしておいた方が良いでしょう。

実務経験

実際に中国語スキルを活かした実務を経験している場合も就職活動を有利に進められる可能性があります。

前職で中国語スキルを活かしてどのように業務に取り組んでいたのか、その取り組みが就職作の企業でどのように活かせるかを整理していくと良いです。

また、新卒の場合でも実際に中国語スキルを活かしてコミュニケーションをとった経験や、アルバイト先などで中国語を使った経験などのエピソードをまとめ、そのスキルをどのように活かせるかを整理しておくと良いかもしれません。

実務経験をどのように活かして就職先の企業で活躍できるかをしっかりとイメージし、正しく採用担当者に伝えることで、就労時の仕事内容のミスマッチも防ぐこと可能です。

資格を活かして就職活動を有利に進めよう

中国語の語学資格は、取得することで自身の中国語スキルのレベルを証明できるツールです。

そのツールの特徴をしっかりと理解し、就職活動を有利に進めましょう。

また、求人に資格が記載されていることもあります。

実際にどのような求人があるのかを理解しておくことも重要です。

TENJee」では、中国語の語学資格が必須な求人、未経験でも応募可能な求人を多く掲載しています。

実際の求人を把握して資格の取得を検討したり、既に持っている自身の資格を活かせる’求人を洗い出したりと、様々な利用方法がありますのでぜひご利用ください。

中国語スキルで就職が有利に?中国語を活かす就職活動方法

中国語スキルは就職で有利になるのかと感じている方もいらっしゃると思います。

英語は実用英語技能検定(英検)やTOEICなどの資格を持っていれば就職で有利になるイメージがありますが、中国語のスキルがある場合も同様に就職活動を有利に進めることができます。

今回は、中国語スキルを使って就職活動を有利に進めるポイントや中国語スキルの活かし方を解説します。

中国語スキルを持つ人材の求人情報は「TENJee」の利用がおすすめです。

中国語スキルを持った人材を募集している企業を多く掲載しているので、ぜひご利用ください。

中国語のスキルは就職で有利になる

結論から言ってしまうと、自身の中国語スキルをアピールすることで就職活動を有利に進めることができます。

中国経済の発展などの影響で、訪日する中国人が増加していることや中国に進出する企業の増加など、中国語スキルを活かせるタイミングが増える可能性は高いです。

中国に進出する企業や、日本に支社を持つ中国の企業など、様々な職種で中国語スキルを持つ人材の需要は増加傾向にあります。

中国経済の急激な成長

中国語スキルを持つ人材の需要が高まっている背景には、中国経済の急激な経済成長が挙げられます。

新型コロナウイルスの影響で世界経済が打撃を受ける中、中国のGDP(国内総生産)はプラス域をキープするなど、中国経済の大きな成長が注目されています。

中国に進出する企業の増加

中国の経済成長に伴い、中国や東南アジアでビジネスを展開する日本企業や日本でビジネスを行う中国企業、今後中国のマーケットに進出したい企業などが存在しています。

中国語を話せる人材を獲得することで、中国のパートナーとのコミュニケーションや現地営業などをスムーズに進められるメリットがあります。

訪日する中国人も多い

2020年は新型コロナウイルスの影響で減少したものの、訪日する中国人や中国語が公用語の方も年々増加傾向にあります。

ホテルや百貨店での接客を始め、人が多く集まる場所での中国語スキルの需要も増加傾向にあります。

中国語スキルを活かして就職を有利に進める方法

中国語スキルを活かして就職活動を有利に進めるためには、自身の中国語のレベルの把握など、しっかりと準備をすることで就職活動を有利に進めることができるでしょう。

その他にも、就職活動を有利に進める方法を解説します。

国語の語学検定を受ける

自身の中国語のレベルを正確に把握するためには、中国語の語学検定を受けると良いでしょう。

中国語を使用したコミュニケーション能力を重視する検定や、ヒアリングの試験がある検定などが存在します。

自身の希望の職種に必要だと思われる検定を受けると良いでしょう。

中国語の資格についてはこちらの記事で詳しく説明していますので、よろしければご覧ください。
▶︎中国語の語学力を証明するおすすめの資格や資格を活かせる仕事を解説

自分の中国語スキルを第三者に伝えられる

中国語の検定を受けるメリットとしては、第三者に自身の中国語レベルを正しく伝えることができます。

口頭で自身の中国語レベルを説明するより説得力があることと、採用担当者が他の応募者と比較することができるため、大きなアドバンテージになるでしょう。

希望の職種で必要なスキルに沿った語学検定を受けることで、その仕事の取り組む姿勢を正しく伝えることもできるかもしれません。

自身の中国語スキルのレベルを可視化できる

自身の中国語のレベルを可視化できることもメリットの一つです。

希望の職種に対して、自身の中国語のレベルが企業が希望するレベルに達しているかを把握することで、自身の課題を明確することができるかもしれません。

職種や求人の内容によっては、一定の資格取得者を対象にしている求人も存在しているため、一つの目標として資格の取得を目指すのも良いでしょう。

就職の時のライバルが少なくなる可能性も

中国語の語学検定の資格を取得することで、他の取得していない求職者と比較してアドバンテージを得ることができるかもしれません。

就職活動において、自身のスキルや人柄を正確に伝えることも重要な要素ですが、その求人にどのような人が応募しているかを逆算して考えることも大切です。客観的に企業が求めている人材はどんな人か考えることができれば、自身の評価を相対的に上げることも可能です。

中国の文化や生活習慣を理解しておく

実際に中国への出張や出向がある職種を希望する場合、仕事先は中国人であることも想定できます。

その際の国同士の文化の違いや生活習慣を知っておくことで、スムーズにコミュニケーションを取ることができるでしょう。

また、文化や生活習慣の違いでトラブルになってしまう可能性もあります。

このようなトラブルは事前に対処可能なので、理解しておいた方が良いかもしれません。

中国語を活かして就職する時に便利な資格

中国語を活かして就職活動を有利に進めるための代表的な資格を紹介します。

資格によってどこを重視しているかが異なることもあるため、自身の希望の職種に関係する語学資格を取得すると、さらに就職活動を有利に進めることができるかもしれません。

中国語検定

中国語検定の特徴は、日本語と中国語の相互読解や聴解、翻訳能力が問われます。

準4級から1級までが存在しており、2級まではリスニング・リーディング・ライティングが出題される傾向にあります。

準1級から1級では上記の内容に加え、スピーキングの内容が出題される傾向にあります。

専門的な問題が出題される傾向もあり、知識量が問われます。

日本企業で中国語を使用する場合には中国語検定の取得を目指すと良いかもしれません。

HSK

HSKは漢語水平考試が正式名称です。

中国政府教育部が主催しており、中国語を使用したコミュニケーション能力や運用力が問われます。

この語学試験は世界共通で、設問などは全て中国語で行われるのが大きな特徴です。

中国で就職し活躍したい場合には、HSKの取得を目指すと良いかもしれません。

中国語を活かせる求人を簡単に探す方法

自身に合った中国語スキルを必要とする求人を探すのは、中国語に強い転職や就職のエージェントに相談すると簡単に探すことができるでしょう。

しかし、時間がない場合や希望の職種の洗い出しを行いたい場合など、ハードルが高いと感じてしまうこともあるかもしれません。

個人で中国語を活かせる求人を探す方法を解説します。

どのような企業に就職したいかを明確にする

まずは、自身がどのような企業に就職し、どのような仕事に挑戦したいかを明確にすることが重要です。

自身の希望を明確にすることで、自身に必要な中国語のスキルのレベルやキャリアプランを考えるきっかけにもなるでしょう。

また、求人情報を探す際も絞り込みしやすくなるため、時間を掛けずに希望の求人情報を見つけることができる可能性が高まります。

TENJeeで求人を洗い出す

自身の希望する職業が明確になったら、中国語スキルを必要とする求人サイトで検索してみましょう。

実際にどのような求人が出ているのかを知ることで、自身に合った求人を洗い出すことができるでしょう。

TENJee」は、中国語スキルを必要とする求人を多く扱っている求人サイトです。

待遇や経験から数ある求人を絞り込んで検索できるため、ぜひご利用ください。

その企業のWebサイトを確認する

いくつかの希望の求人を絞り込んだ後は、実際にその企業のWebサイトを確認すると良いでしょう。

企業の特色や活躍している社員の声、今後どのような仕事に挑戦できそうかをイメージすることができるかもしれません。

自身の持つイメージと合致する企業を見つけられる可能性が高まります。

困った時は専門家に相談する

希望する求人が見つからない場合や、不明点がある場合は就職・転職の専門家に相談しても良いでしょう。

TENJee」は中国語スキルを持つ人材に向けた様々なサービスを展開する「フェローシップ」が運営しています。

専門家が親身に相談に乗ってくれるため、求人が見つからない場合や就職・転職に向けたアドバイスなどが欲しい場合でもぜひご相談ください。

就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

中国語スキルを活かして就職や転職活動を有利に行うために、中国語の資格を取得したいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

日本で取得できる中国語の語学資格は数種類あり、それぞれ内容に特徴があります。

各試験の特徴を把握し自身の希望の求人に合った資格を取得することで、就職・転職活動をさらに有利に進めることができるかもしれません。

今回は、日本で取得できる7つの中国語の資格の種類とそれぞれの特徴を解説します。

また、就職や転職の際には中国語の資格を持つ人材のみを募集している求人も存在します。

TENJee」では、様々な中国語スキルを持つ求人を多く掲載しています。

中国語の語学資格を活かせる求人も掲載しているのでぜひご覧ください。

中国語の7つ資格とそれぞれの特徴

日本国内で取得できる中国語の資格は7つ存在します。

それぞれの資格ごとに特徴があるため、自身のキャリアプランに合った資格を取得すると良いでしょう。

7つの資格の種類とそれぞれの特徴を解説します。

HSK(漢語水平考試)

HSKとは、中国国家教育部が実施する中国政府公認資格です。

中国国内を含め118ヵ国で実施される世界中で通用する資格試験として知られています。

中国国家教育部は日本の文部科学省に相当し、評価測定基準は英語圏のTOEFLに相当します。

中国政府公認の語学資格なため、日本企業の採用条件などに記載されることもあります。

資格試験のレベルは、初級レベルの1級から上級レベルの6級までの合計6段階に分けられており、初級レベルの1級2級はリスニングとリーディングの設問のみのマークシート方式で出題されています。

3級以上からライティングの設問が追加されるという特徴を持っています。

また、世界共通の検定のため、問題文や選択肢、リスニングの問題は全て中国語で出題されることも大きな特徴です。

HSKの試験内容にスピーキングは存在せず、別途口頭試験を受ける必要があります。

中国語検定

中国語検定は、日本中国語検定協会が主催する日本人学習者を想定した語学試験です。

出題傾向としては、すでに漢字を知っている日本人に向けて、文法と単語の知識に重点を置いて制作されることが多いようです。

検定のレベルは準4級から1級までが存在しており、HSKと異なり1級に近づくにつれて難易度が上がります。

また、中国語検定準4級から2級まではリスニング・リーディング・ライティングが出題される傾向にあり、準1級と1級には面接による会話の試験が加わります。

文法や単語の基礎知識や翻訳能力が求められる傾向にあるため、翻訳家の仕事などを検討している方に合った資格になる可能性があります。

HSKと中国語検定の違い

HSKと中国語検定は、どちらも企業の応募条件として挙げられることがある資格です。

HSKと中国語検定の違いは、必要とされる語学力の違いが挙げられます。

HSKが実用的な中国語の運用能力やコミュニケーション能力に重点を置いていることに比べて、中国語検定は文法や単語の基礎知識に重点を置いています。

実際に中国の方とコミュニケーションを取る機会が多い仕事ではHSK、中国語の文法や単語を正しく理解し運用したい場合は中国語検定を選択すると良いかもしれません。

また、採点方法も異なります。

HSKがリスニング・リーディング・ライティングの合計点が6割以上正解で合格になることに比べて、中国語検定ではリスニングと筆記試験それぞれに合格点が設定されており、どちらかが基準に達しない場合不合格になってしまいます。

合格のしやすさという観点で両方の試験を検討している場合、合計点で合否が分かれるHSKの方が合格しやすいかもしれません。

TECC

TECCとはTest of Communicative Chineseの頭文字を取った略称で、中国語のコミュニケーション能力を測る試験です。

HSKや中国語検定とは異なり、合否ではなくTOEICと同様に点数表示方式を採用しています。

問題は、リスニングとリーディングが全問マークシート方式で出題され、1000点満点で点数が表示されます。

中国語の知識ではなく、中国語の実践力を測る傾向が強いため、実際に中国で働きたい人や中国語を使用したコミュニケーション能力を証明したい人はTECCが合うかもしれません。

C.TEST

C.TESTは、実用中国語レベル認定試験が正式名称です。

留学以外の目的で中国語を学んでいる方向けに開発されたHSKに次ぐ国際的な試験です。

中国語を使用したコミュニケーション能力に重点を置いており、ヒアリングを重視する傾向にあります。

レベルは、学習時間1000時間以上を対象としたA-Dレベル試験と学習時間400時間以上を対象とするE-Fレベル試験が存在しています。

A-Dレベル試験は1000点満点で、点数に応じてA級・B級・C級・D級・認定なしのいずれかの結果が得られます。

E-Fレベル試験500点満点で、点数に応じてE級・F級・認定なしのいずれかの結果が得られます。

ヒアリングを重視する、またはHSKの資格をすでに取得している方に合っている可能性があります。

BCT

BCTとは、ビジネス中国語検定試験が正式名称で、Business Chinese Testの略称です。

母国語が中国語ではない方を対象に、ビジネスに関する様々な場面での中国語の応用力が試されます。

レベルは初級の1級から上級の5級までの5段階に分かれており、1000点満点の得点制で獲得得点に応じた評価が得られます。

全国通訳案内士試験

全国通訳案内士の資格を取得することができる国家試験です。

2018年度の合格率は10%以下と、合格のハードルは高いと言えるでしょう。

全国通訳案内士は、外国人を日本全土に案内し、日本の歴史や文化・生活などを外国語で通訳する仕事で、この試験に合格した方のみが名乗れる仕事です。

外国人に対して説明をするための語学スキルはもちろん、日本の文化や地理・一般教養も求められるため、紹介している他の試験と比較して特徴的な資格です。

中国語の全国通訳案内士の資格を取得するには、中国語の試験を選択する必要があります。

求められる中国語のレベルは中国語検定2級程度が目安と言われているため、この資格を取得するのは少々ハードルが高いと言えるでしょう。

しかし、通訳や翻訳の経験を積みたい方には、資格を取ることで非常に高い信用を得ることができるため、この資格を取得することで様々な求人に応募し、選考を有利に進めることができるかもしれません。

TOCFL

TOCFLは華語文能力測験という正式名称で、台湾の国家中国語能力試験推進委員会が主催する語学試験です。

台湾では主要な語学試験で、外国人枠として台湾の大学進学や台湾奨学金の申請をされる方、台湾国内で就職活動をされる方はこの試験の合格証が必要になります。

レベルは6段階が設定されており、設問は全てマークシートで出題される傾向があります。

試験時間が2時間と長時間、設問はリスニングが50問、リーディングが50問出題される傾向があります。

単純計算で1問あたり1分強で回答しなければならないため、瞬発的な中国語の運用スキルも求められるかもしれません。

中国語資格を就職・転職でアピールしよう

自身の希望する求人の仕事内容によって資格の種類や等級は様々です。

中国語を使用してコミュニケーション能力が重視されるのか、読解や知識などが重視されるのかをしっかりと検討し、最適な資格、等級を目指すと良いでしょう。

自身の目指す資格や等級がわからない場合、中国語スキルを持った人材を募集している求人を多く掲載している「TENJee」を確認することで、自身の希望する職種にどのような資格が必要なのかを確認することができるかもしれません。

求人の必要資格などの欄に語学試験の結果を記載している求人を洗い出し、自身に有利な資格の取得を目指しましょう。

中国語の語学力を証明するおすすめの資格や資格を活かせる仕事を解説

中国の経済成長に伴い、中国のビジネスチャンスはますます拡大しています。

それにより中国企業の現地での採用や海外支社の採用人数の増加だけでなく、中国企業と取引をする日本企業でも中国語を話すことのできる人材への需要は高まっています。

今後需要はさらに高まっていくと言われています。

語学力を証明する手段には様々な方法がありますが、資格を取ることも語学力を証明する手段として挙げられます。

中国語の語学力を証明するおすすめの資格や中国語の資格を活かせる仕事、求人の選び方を紹介します。

将来仕事で中国語を使いたい、中国語を活かした仕事を探している人はぜひ参考にしてください。

中国語の求人を活かした仕事を探している人、特に成長志向の高い頑張る人を徹底的に応援し、案件数No.1企業として在日中国人からの高い認知度を誇るTENJeeがおすすめです。

活かせる資格

中国語のスキルを活かした仕事をするために、自分の語学力を証明できる資格を取得しておきましょう。

実際に多くの求人で資格の取得が条件になっていたり、条件に書いていない場合も有利になったりします。

代表的な中国語の資格

中国語の資格で代表的なものは

  • 中国語検定
  • HSK
  • TECC
  • C.TEST
  • BCT
  • 全国通訳案内士
  • TOCFL

の7つがあります。

それぞれの資格に特徴がありますが、ここでは一般的に求人の募集要件に記載されている資格を3種類紹介します。

これから資格取得を検討している人はぜひ参考にしてください。

HSK(漢語水平考査)

HSKは中国政府教育部の直属機関が主催する中国政府認定の資格です。

118の国と地域で実施され世界的に認知されています。

試験はリスニング・読解・作文の3パートに分かれており、資格の難易度は6段階に分かれています。

中国語を使った仕事ができるのはHSK5級以上

基本的に中国語を使った仕事ができるレベルの語学力は5級以上と言われているので、まずは5級を目標に学習すると良いでしょう。

級が上がれば上がるほど携われる仕事や活かせる中国語の範囲は広くなるので、さらなる成長を目指してください。

TENJeeを運営する株式会社フェローシップは一般社団法人日本青少年育成協会/HSK日本実施委員会の会員であるので、TENJeeではHSKの資格取得者に合った求人を紹介しています。

中国語検定

日本国内において中国語の学習成果を図る指標として最も多く利用されている資格で、実は英検の次に位置するほど受験者が多いです。

難易度は準4級から1級までの6段階のレベルがあります。

中国語を使った仕事ができるのは3級以上

基本的に中国語を使った仕事ができるレベルの語学力は3級以上が多いので、まずは3級合格を目標にすると良いでしょう。

3級は基本的な文章の読み書きができ、簡単な日常会話ができる、中国語の基礎ができているレベルとされています。

およそ200~300時間の勉強時間が合格の目安と言われています。

TECC(Test of Communicative Chinese)

TECCとは中国語のコミュニケーション能力の測定に特化した検定です。

TOIECと似て1000点満点でリスニングとリーディングが出題されマークシートでの解答形式です。

日常生活やビジネスシーンでの中国語の実践的な運用能力や総合的なコミュニケーション能力がスコアで判断されます。

中国語を使った仕事ができるのはTECC550点以上

中国語を使った仕事ができるのはTECC550点以上である場合が多いので、550点を目標に学習すると良いでしょう。

資格の違い

紹介した資格の中では、中国語検定とHSKのどちらを取得しようか悩む人が多いので、それぞれの違いや取得におすすめの人を紹介します。

中国語検定とのHSKの違い

中国語検定とHSKの大きな違いは翻訳問題の有無です。

中国語検定には日本語と中国語の翻訳問題が出題されるのに対し、HSKにはありません。

中国語検定の取得がおすすめなのは、中国語の翻訳・通訳など日本語と中国語の両方を使う環境で働きたい人です。

日本企業で働くのであれば日本人の知名度が高い中国語検定がおすすめです。

HSKは中国語でのコミュニケーションを測る試験なので、中国企業での現地採用を考えている人におすすめです。

中国語を使って将来どのように働きたいかを明確にすることで取得すべき資格を決めることができるでしょう。

ちなみに受験はHSK年間12回で毎回できるのに対して中国語検定は年間3回となっているので中国語検定はより計画的に学習を進めることをおすすめします。

中国語を活かした仕事に就こう

中国語を活かせる仕事と選び方を紹介します。

中国語を実際に活かせる仕事を知ることで、将来の具体的なイメージを描くことができます。

そのために必要な資格を明確にすることで計画を立てることができるでしょう。

活かせる仕事

中国語を活かすことができる仕事は多くあり、中国の経済成長に伴い今後より多くの仕事で活かせるようになると考えられています。

旅行・観光業

中国人と接しやすいことからイメージがつきやすい宿泊業や航空・航空業などのサービス業は、日本で働きながら中国語を活かすことができる職種です。

近年日本を訪れる中国人は増加しているので、今後さらに需要が見込める職種でもあります。さらに簡単な中国語の会話を求められるので、心理的な挑戦のハードルも低く、中国語を話せる人材は重宝されるので良い機会といえます。

語学レベルは中国語検定なら3級以上を求められる場合が多いです。

商社・貿易会社

日本で中国企業と取引のやり取りをする商社や貿易会社です。

中国と取引をする日本企業は多く、一度に大きな金額が動くことが特徴の一つです。

さらにそのビジネスの知識も求められるので責任が大きく、語学力も求められます。

一方で一般的に給与も高い傾向にあります。

また、中国支社がある場合は語学力次第では現地の最前線で中国語を活かすチャンスもあります。

中国語を使ってキャリアアップをしたい人におすすめの選択肢です。

求められる語学レベルは求人にもよりますが、中国語検定で2級以上が多いです。

中国企業の現地採用や日本支社での採用

中国企業の現地採用や日本支社での採用です。

現地採用では高い語学力が求められますが、採用後は中国語を活かすことができるまたとないチャンスとなるでしょう。

日本支社での採用では、中国語のスキルはそこまで重視されない企業もあります。

しかし、語学力があれば仕事の幅は広がり、成果を出すことができれば現地で活躍するチャンスもあるでしょう。

得意な中国語のスキル・やりたい仕事で選ぶ

読み・書き・話すの全ては自信ないけどどれか一つならスキルを持っている場合は、中国語の中でも得意なスキルを活かせる仕事を選ぶことがおすすめです。

得意分野をアピールすることで採用される可能性と、採用後に活躍できる可能性が高まるでしょう。

例えば人とコミュニケーションをとるのが楽しい、中国語を話すのが得意であれば旅行や観光・販売などの仕事がおすすめです。

これまでの経歴を活かす

これまでの経歴の中で培った専門性と中国語をかけ合わせることで、更なるキャリアアップをすることができます。

中国語が堪能であっても、日本語で未経験な分野であれば学ぶべきことが多く負担が多くなりがちです。

経験や知識のある分野であればより中国語に集中してスキルを活かせるので、これまでの経歴を生かすことができるためおすすめです。

また、専門性と語学力をかけ合わせることで市場価値は高まり、給与も高くなる傾向にあります。

中国語を活かす仕事の探し方

中国語を活かす仕事の探し方を紹介します。

求人探しに苦戦している人が多いと思うのでぜひ参考にしてください。

日本採用の場合

日本での勤務を希望する場合であれば一般的に中国語人材向け求人サイトが良いでしょう。

国内で中国語を活かした求人を探してる人にはTENJeeがおすすめ

TENJeeは案件数No.1企業として在日中国人から高い認知度を誇る中国語人材の業務派遣や紹介を行っており、特に成長志向の高い頑張る人を全力でフォローする特徴があります。

また、中国語レベルに合った求人を検索・紹介できるので初めて中国語を使って転職をする方にもおすすめです。

現地採用の場合

中国現地採用を希望する場合も基本的には中国語人材向け求人サイトが良いでしょう。

ただ、初めての海外勤務となれば仕事以外にも生活面での不安もあると思います。

海外生活になれていない方は生活面などの生活もできる転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

中国語を使う仕事の種類まとめ|業種や職種、活かすスキル別に解説

「中国語を使って働くことに興味があるけど、中国語を使う仕事の種類にはどんなものがあるんだろう」と気になっている方もいるのではないでしょうか。

一口に中国語を使う仕事と言ってもその種類は様々であり、中国語の活かし方はそれぞれの仕事によって異なります。

自分の活かしたい中国語スキルや興味のある職種から選んでいくといいでしょう。

今回は、中国語を使う仕事の種類をまとめてご紹介します。

様々な視点から種類分けしてご紹介しますので、自分の興味のある仕事を探してみてください。

また、中国語を使う仕事探しには、中国語人材向け求人に特化した求人サイト「TENJee」がおすすめです。

この記事を読んで中国語を使う仕事に興味を持った方は、ぜひTENJeeで中国語スキルを活かせる仕事の求人を探してみてはいかがでしょうか。

※中国語を使う仕事の求人探しをしてみたい方はこちら

中国語を使う仕事の種類

冒頭でも述べましたが、中国語を使う仕事と言ってもその種類は様々です。

ここではまず、誰を対象に、どこで働くかによって種類分けしてご紹介します。

日本で中国人を対象にする仕事

近年、中国人観光客や日本へ働きにきている在日中国人の数が増加しており、日本国内であっても中国人に対して接する機会が増えています。

これにより、日本で中国人を対象にする中国語で接客する仕事などで、中国語が話せる人材の需要が高まっています。

特に、旅行会社や観光地、ホテル、空港などの中国人がよく訪れる場所では、中国人に対して接客する機会が多く、中国語を使った仕事をすることができるでしょう。

日本で日本人を対象にする仕事

通訳や翻訳、中国語講師などとして、日本人相手に中国語を使って働く仕事もあります。

日本人を相手にするからと言って簡単な仕事というわけではなく、通訳や翻訳は場合によっては高い中国語スキルが必要となり、中国語講師では中国語に対する正確な知識が必要です。

中国現地で日本人・中国人を対象にする仕事

中国現地で、海外進出する日本企業を支援する仕事や中国に拠点を置く企業に対し日本のサービスを提案・販売する仕事もあります。

日本人だけでなく、現地の中国人と良好なコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要があるため、ビジネスレベル以上の日本語・中国語スキルが必要でしょう。

また、他にも、中国で日本人向けのホテルやマンションの運営、子供の日本人を対象にした日本語教師など、様々な仕事があります。

日本で中国語を活かせる仕事の種類

ここでは、中国語を活かせる仕事の種類について、中国語のどんなスキルを活かして働くことができるかによって種類分けしてご紹介します。

中国語を話すスキルを活かす仕事の種類

中国語を話すスキルを活かす仕事では、主に中国人と直接関わるような仕事が多いです。

旅行・観光などの接客業

日本には中国人観光客が増えており、旅行・観光などの接客業では中国語を使う仕事が増えています。

中国人観光客は日本語が話せない方が多いため、中国人観光客に対し日本の観光案内を行ったり、飲食店やホテルなどでメニューや料金の支払い方法などの説明をしたりします。

日常会話レベルの中国語スキルがあれば問題なく通じる場合も多く、初級の中国語しか話せない方でも比較的働きやすい仕事でしょう。

通訳者

内容にもよりますが、日本と中国の企業同士の商談や会議の通訳をしたり、中国の芸能人やスポーツ選手の在日に同行したりします。

正しい意味で中国語から日本語への通訳、または日本語から中国語への通訳をするためには、どちらの言語にも精通し、文化・慣習を理解することが必要ですので、かなり難易度の高い仕事と言えます。

中国顧客向け営業

中国顧客向けに営業する仕事も、中国語を話すスキルが役立ちます。

商品やサービスの魅力をしっかり相手に伝えるためにも、豊富な語彙力や高い中国語能力が必要になります。

中国語の読み書きスキルを活かす仕事の種類

中国語の読み書きスキルを活かす仕事では、対面で中国人と関わるというよりは、メールや書面でのやりとりがメインになる仕事が多いでしょう。

旅行関係会社のスタッフ

旅行関係会社では、日本人向けに中国のホテルを手配したり、中国の旅行会社の代行をして中国人観光客のためのホテルや観光ツアーの準備をしたりします。

基本はメールでのやりとりが多いですが、電話対応が必要な場合もあります。

ただし、そこまで難しい中国語は使われず、定型的なやりとりも多いため、中国語初心者の方も挑戦しやすい仕事でしょう。

貿易事務

貿易事務は、輸出入に関わる事務を担当し、外国語の書類の作成やチェックを行います。

貿易に関する専門的な知識が必要ですが、求められる中国語スキルはそこまで高くなく、主に読み書きのスキルが役立ちます。

また、中国以外の貿易事務を担当する場合は、英語やその他の言語力が必要となってくる場合もあるため、確認してみるといいでしょう。

翻訳者

翻訳者は、中国語または日本語で書かれた本などの翻訳業務を行います。

最近では、ゲームやWebアプリなどの翻訳業務も増えており、様々な分野で活躍することができるでしょう。

中国語スキルを総合的に活かす仕事の種類

中国語スキルを総合的に活かす仕事では、読み書きや話す、聞くなどのスキルが全体的に求められ、対面で話したり書類やメールでやりとりしたりなど、様々な形で中国語を活用していくことが求められます。

IT技術者

近年は、中国にシステム開発を外注することも多く、中国語で現地の開発チームとやりとりして進捗を管理するIT技術者が求められることが多いです。

単なる中国語スキルだけでなく、システム開発について中国語で議論する能力やチームのマネジメントスキルなども必要です。

中国との取引を扱うバイヤー

バイヤーとは、小売店などで販売する商品を海外から買い付けを行う仕事です。

中国との取引を扱うバイヤーでは、買い付け先の中国企業とのやりとりや値段交渉などで中国語を使う必要があり、ビジネスレベルの中国語スキルが必要となります。

現在、日本では多くの商品を中国から輸入・販売しているため、今後も中国語が使えるバイヤーは求められる人材となるでしょう。

中国語の語学教師

中国語の語学教師は、中国語の基本的なスキルに加え、正しい発音や文法、中国の文化・慣習に関する知識を持っていることが求められます。

特に、日本人相手に中国語を教える中国語講師は、ネイティブでなく日本人であるからこそ日本人にわかりやすく文法等を教えられることもあるため、需要のある職業です。

中国語を使う仕事を探す方法

中国語人材向けの求人を扱っている求人サイトを利用する

求人サイトの中でも、中国語を使う仕事を探したい方には、中国語人材向けの求人に特化した求人サイトを利用するのがおすすめです。

例えば、中国語が話せる方向けの求人サイトである「TENJee」では、中国語を使う仕事を自分の中国語・日本語レベルから絞って検索することができ、自分に合った求人情報を見つけることができます。

様々な種類の仕事の求人を扱っていますので、中国語を使って働きたいと考えている方はぜひご利用ください。

※中国語を使う仕事を探しているかたはこちら

就職・転職エージェントに相談する

中国語を使う仕事を探している方は、就職・転職エージェントに相談するのも効果的です。

例えば、就職・転職エージェントである「フェローシップ」では、求職者一人一人と面談をしながら、自分のスキルや強み、これから歩みたいキャリアなどを踏まえた上で求人紹介をしています。

中国語人材向けの求人も扱っているため、希望を伝えれば自分に合った求人を紹介してもらうこともできるでしょう。

仕事探しに困った方は、信頼できる就職・転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

中国語を活かせる仕事を探すには中国人材向け求人サイト「TENJee」がおすすめ

中国語スキルを活かせる仕事の種類は様々です。

自分の中国語レベルやどのように中国語スキルを活かしたいか考え、自分に合った仕事を選ぶといいでしょう。

中国語を活かせる仕事を探すには、中国人材向け求人サイト「TENJee」がおすすめです。

中国語スキルが活かせる求人が多数掲載されていますので、ぜひご利用ください。

※中国語を活かせる仕事を探したい方はこちら