中国語を活かしローカライズを仕事に!求人の探し方と転職・就職時に役立つスキル

グローバル化が進み、国を超えて製品・サービスの輸出入が盛んにおこなわれています。

これらのコンテンツが世界を舞台に受容されている背景には、「ローカライズ」と呼ばれる、”輸入したコンテンツをそれぞれの国の言語や文化に配慮した形に変化させる仕事”の存在があります。

特に日本との輸出入が盛んな国のひとつに中国があります。

中国コンテンツの日本語ローカライズや、日本語コンテンツの中国語へのローカライズへの需要は非常に高く、多くの求人情報が公開されています。

そこで今回は、”そもそもローカライズとはどんな仕事なのか”について、翻訳との違いや求められるスキルと合わせてご紹介します。

また、ローカライズ求人の探し方についてもご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

中国語を活かせる仕事専用の求人サイトTENJeeでは、ローカライズの求人も多数掲載しています。

中国語を活かして働きたいという方は、ぜひ一度TENJeeで詳しい仕事内容をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かした仕事探しはこちらから

そもそもローカライズの仕事とは

「ローカライズ」とは、一般的に”製品やサービスを文化や言語の違いに配慮してそれぞれの国に対応させること”を指す言葉です。

翻訳という言語的な対応はもちろん、文化や歴史、宗教観などを考慮した上で、輸出先の国で需要されやすい形に製品やサービスを改変することが求められます。

つまり、ローカライズは海外に向けて事業を展開する上で、不可欠な仕事といえます。

翻訳との違い

ローカライズ業務には翻訳も含まれますが、単に言葉を訳すのではなく、「サービスや製品の仕組み自体を改変すること」がローカライズの特徴です。

そのためローカライズにおいては、語学力だけでなく”多文化への理解や配慮”も非常に重要となっています。

なぜローカライズが重要なのか

文化的な違いを考慮せずに海外に進出した場合、自国では人気のあった製品やサービスであっても、輸出先ではあまり人気が出ない可能性も高いです。

また、過去には製品やサービス自体が炎上し、撤退を余儀なくされてしまった事例もありました。

宗教や歴史的背景によっては、自国で肯定的に捉えられていたものでも、輸出先では反感を買ってしまう可能性もあるため、ローカライズの必要性は非常に高いのです。

ローカライズの具体事例

扱う製品やサービスによっても業務内容が異なるため、ローカライズの仕事内容は非常に幅広くあります。

ローカライズの具体的な例としては、ゲームや映像作品の「字幕や表記の翻訳」といった翻訳業務に近いものから、コンテンツのストーリーやサービス内容の「文化的な配慮に基づく内容の改変」「機能性の追加」などがあります。

ソフトウェアやアプリを現地の言葉に翻訳

ソフトウェアやアプリのローカライズでは、アプリ内の表記を現地の言葉に翻訳するだけでなく、”技術的な条件に合わせたプログラム自体の改変”も含まれます。

通信インフラや普及している通信機器などの、国ごとの通信にまつわる状況に応じてプログラムを書き換えることもローカライズの仕事のひとつです。

字幕の作成

漫画やゲーム、映像コンテンツにおけるセリフや字幕を翻訳したり、アプリの表示言語を翻訳したりといった翻訳業務もローカライズの重要な役割です。

YouTubeなどの動画配信サービスにおける字幕機能も、コンテンツを世界的に普及させるために重要なローカライズのひとつといえます。

特にゲームやアニメといったエンタメ産業の勢いが増していることに伴い、ローカライズにおいて字幕作成業務の需要は高まっています。

宗教や文化に配慮したコンテンツ内容の改変

コンテンツを輸出するにあたって、その地域でより受け入れやすくなるように内容そのものを改変する作業もローカライズのひとつです。

例えば、韓国を舞台にした作品が日本に輸入される場合、作品の舞台そのものを韓国から日本に変更する事例は数多くあります。

舞台の変更に伴い、登場人物の名前や服装、登場する食事などの生活様式も現地のスタイルに合わせてローカライズされるケースも多いです。

また、法律や宗教上のルールにともない、アクションシーンや喫煙、飲酒などの描写を修正したり削除したりする場合もあり、原作の特性と現地文化の両方に配慮しながらの作業が求められます。

現地の文化・風習に対応した機能性

現地の文化や風習に応じて機能性を向上させることもローカライズ業務のひとつです。

例としては、オンラインショッピングが可能なWebサイトに地域ごとに主流の決済方法を搭載したり、食料品を伝統料理や人気のある味付けに基づいて改良したりといった作業があります。

地域ごとに異なるニーズを正確に掴み、製品やサービスをより求められるものへと適応させることが求められる業務です。

ローカライズに求められるスキル

ローカライズを行う上で重要なスキルは多文化への理解力と高い語学スキルがあります。

文化や風習への理解

ローカライズにおいてもっとも重要な能力は、その国に対する理解力です。

文化や風習だけでなく、宗教観や歴史的背景など、複合的にその国の社会について理解しておくことで、製品やサービスを”求められる形”に適応させることが可能になります。

ニーズに合わせて表現を使い分ける語学スキル

ローカライズにおける翻訳業務では、コンテンツの特性やターゲット層に応じて表現を使い分ける言語スキルが求められます。

たとえばアニメやゲームなどをローカライズする際には、直訳するのではなく、登場人物のキャラクター性や世界観を考慮した表現に言い換える必要があります。

また、その文章を読むターゲットを意識した口調の使い分けなども重要になります。

専門的な語彙力

Webサイトやアプリ、ソフトウェアのローカライズの際は専門用語についての語彙も必要になります。

これらのコンテンツのローカライズを仕事にする場合は、日常会話ではあまり用いることのない表現や用語などの知識を意識的に学んでおくことが重要です。

中国語でのローカライズの求人を探す方法

中国語を活かしてローカライズの仕事を見つけるには「求人サイト」や「転職エージェント」などのサービスの活用がおすすめです。

中国語に特化した求人サイトを利用する

ローカライズの募集情報は求人サイトにも多数掲載されています。

中でもおすすめなのは、外国人などの高い言語能力を持つ人に特化した求人サイトです。

言語スキルを強みにできる仕事情報が集まっているため、語学力を活かしてキャリアアップを目指したい方にもおすすめです。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトTENJeeでは、ゲームやアニメを中心としたローカライズの求人情報が豊富です。

具体的な仕事内容や言語要件、給与についても詳しく記載されているので、まずは一度どのような仕事があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かしたローカライズの求人情報はこちらから

転職エージェントを活用する

転職エージェントに相談することも、おすすめの仕事探しのひとつです。

業界や企業についての情報も豊富にあるため、採用面接などの実際の就職活動においても充実したサポートを受けることができます。

フェローシップはこれまで数多くの外国人の方の転職活動をサポートしてきました。

中国出身の社員による中国語での相談もおこなっているため、中国語母語の方は中国語でより綿密な相談をおこなうことができます。

多くの経験と実績を持つフェローシップに相談することで、より安心して転職活動を進めることが可能です。

興味をお持ちの方は是非一度フェローシップに相談してみてはいかがでしょうか。

※中国語で仕事探しの相談をしたい方はこちらから

中国語を活かせるローカライズ

高い言語能力と多文化理解が求められるローカライズは、グローバル化が進む現代において今後ますます需要が高まることが予想される仕事です。

Webサイトやサービスだけでなくゲームやアニメといった幅広いジャンルに関連する職種なので、やりがいを感じられる仕事を見つけやすいといえます。

中国語スキルを活かしてローカライズの仕事に挑戦したいという方はぜひ、TENJeeで求人情報を探してみてください。

詳しい仕事内容も確認できるので、ローカライズについての理解を深めることにもつながりますよ。

※中国語を活かす仕事専門の求人サイトでローカライズの仕事を探したい方はこちらから

2 thoughts on “中国語を活かしローカライズを仕事に!求人の探し方と転職・就職時に役立つスキル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。