コロナ禍で注目される在宅ワークのメリット・デメリットを徹底解説

2019年に発生が確認され、全世界的に流行した新型コロナウイルス。

感染拡大の防止策として外出の自粛が呼びかけられた中、多くの企業において在宅ワークが導入されました。

厚生労働省が運営するテレワーク総合ポータルサイトでは、「テレワークを有効に活用しましょう〜新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワーク実施〜」と題して、在宅ワークをはじめとしたテレワークがコロナ禍において有効な手段であることを紹介しています。

参考:テレワーク総合ポータルサイト

上記のような国の方針の影響もあり、在宅ワークを導入する企業は増加傾向にあると言えます。

これに伴って在宅ワークが可能な求人情報も増加しているため、在宅で出来る仕事に興味を

持った方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、在宅ワークのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

混同されがちなテレワークとの違いについてもご紹介するので、参考にしてみてください。

また中国語を活かせる仕事を探している方にはTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトなので、中国語というスキルを活用できる仕事を簡単に探すことができます。

在宅ワークも可能な求人情報も多数掲載しているので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

在宅ワークとは

外出自粛が呼びかけられる中で耳にする機会も増えた「在宅ワーク」という言葉ですが、具体的にはどのような働き方を指す言葉なのでしょうか。

「テレワーク」や「モバイルワーク」などの似ている単語との違いについても合わせてご紹介します。

テレワークとの違い

「在宅ワーク」は「テレワーク」という働き方の一種です。「テレワーク」とは従業員がオフィスに出社せずに別の場所で業務にあたることを指す言葉です。

その中でも特に自宅で働くことを「在宅ワーク」と呼びます。

つまり、「テレワーク」という広い意味の中に分類される言葉のうちの一つが「在宅ワーク」ということです。

同様に「モバイルワーク」や「サテライトワーク」といった言葉も「テレワーク」の一種を表す言葉です。

「モバイルワーク」は「外出先のカフェや移動時の交通機関の中で働くこと」、「サテライトワーク」は本拠地となるオフィスとは異なる場所に分設されたサテライトオフィスで働くこと」を指します。

オフィスに出社しない「テレワーク」の中でも、そもそも自宅から外出せずに勤務するという点が「在宅ワーク」の特徴といえるでしょう。

また、テレワークには個人事業主として案件ごとに業務を請け負う「自営型」と、企業と雇用契約を結び業務にあたる「雇用型」があります。

政府が自営型のテレワークを推奨していることもあり、求人情報も増加傾向にあります。

自営型テレワークに関する詳しい情報は、厚生労働省が運営するHOME WORKERS WEBというサイトに詳しく載っているので、是非ご確認ください。

参考:厚生労働省「在宅就業者総合支援事業」HOME WORKERS WEB 自営型テレワークに関する総合支援サイト

コロナ禍で増えた在宅ワーク

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、多くの業界で在宅ワークの導入が求められました。

東京都新型コロナウイルス感染症対策本部による2021年1月後半の調査結果では、都内の従業員30人以上の企業におけるテレワーク導入率は、同年1月前半の調査に比べて6.4ポイント高い63.5%を記録し、これは過去最高の導入率でした。

参考:東京都新型コロナウイルス感染症対策本部「テレワーク導入率調査結果(1594報)」

上記のデータからもわかるように、新型コロナウイルスの流行の影響を受け、在宅ワークを導入した企業は大きく増加したといえます。

またこれに伴い、在宅で就労可能な求人情報も増加しました。

新たに仕事を探す上でも、在宅ワークが働き方の選択肢の一つとして有力になったといえるでしょう。

在宅ワークのメリット

在宅ワークにおけるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

雇い主と働き手双方にもたらされるメリットについて4点ご紹介します。

感染リスクを減らすことができる

自宅から外出する必要がないため、新型コロナウイルスへの感染リスクを大幅に減らすことができます。

自分自身や家族の身を守るためにも、通勤経路やオフィスでの感染リスクを削減できる事は大きなメリットといえるでしょう。

また企業側としても、社員に感染者が出たとしても会社全体での大規模な集団感染を防止することができます。

通勤の必要がない

通勤の必要がないという点からもたらされるメリットもあります。

外に出ないため、持ち物の整理なども含めた朝の身支度が簡単になります。

また自宅が遠い人にとっては、通勤時間がなくなったことで得られる時間的余裕は非常に大きいと言えるでしょう。

加えて都市部では通勤ラッシュ時における満員電車などが問題視されていますが、これらによるストレスの軽減も在宅ワークのメリットといえます。

効率的に業務が進む

在宅ワークを行う事で、より効率的に業務を行えるようになったケースもあります。

オフィスで業務にあたる場合、他の社員との兼ね合いや限られた設備を共同で利用する必要があるために業務が滞ることも多いです。

在宅ワークでは自分の仕事に集中することができるため、より効率的に業務を行える可能性が高いと言えます。

また、自宅で作業することでリラックスしながら働くことができるという点も業務の効率化に影響しているといえるでしょう。

自由な時間が増える

通勤時間や身支度に要する時間が節約されたことで、業務時間外に自由に使える時間の増加につながる場合も多いです。

家族と過ごす時間や自分の趣味に使える時間が増えたことに大きなメリットを感じる人も多いでしょう。

隙間時間を活用して働くことで、育児や家事といった自分の生活スタイルにあわせた働き方も可能になるといえます。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークをすることで考えられるデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

雇い主、働き手双方が被る可能性のあるデメリットについて4点ご紹介します。

コミュニケーションを取りにくい

他の社員や取引相手と実際に会うことができないため、コミュニケーションを取りにくいというデメリットがあります。

オフィスに出社していれば、トラブルなどが起きた際にもすぐに相談や対応ができますが、在宅ワークの場合は電話やメールなどで連絡を取る必要があります。

また、口頭で伝えれば済む些細なことであっても、その都度メールなどで連絡をとる必要があるため、手間だと感じる場合も多いでしょう。

自営型在宅ワークの場合、発注元と直接会うことなく業務を請け負うことになるため、業務内容に対する認識の不一致などが起こってしまう可能性もあります。

自己管理能力が仕事に影響する

在宅ワークの場合、他の社員の目があるオフィス勤務とは異なり、勤怠時間や勤務態度などが個人の自己管理能力に大きく左右されるといえます。

また自営型の場合は、引き受ける仕事の量も自分で決める必要があるため、目標意識をもって計画的に勤務にあたらなければ十分な収入を得ることは難しいでしょう。

社員間の教育やアドバイスの機会が減る

他の社員の仕事を目にすることができないため、部下へのアドバイスなどの社員教育の機会が大きく減ってしまうこともデメリットの一つです。

メールや電話では、必要最低限の内容に絞ったやりとりとなることが多いです。

そのため在宅ワークは、口頭であれば伝えることのできたアドバイスなどが、なかなか伝達されにくい環境といえるでしょう。

また、自分以外の社員の働き方を見てそのコツや姿勢を学ぶ機会も失われてしまったといえます。

セキュリティ問題

業務を社外で行うことで、セキュリティに問題が起こることも懸念されています。

在宅ワークを行うことで、社外秘の資料などを自宅で閲覧する可能性もあります。

パソコンなどのデバイスやインターネット回線のセキュリティに問題がある場合は、外部に重要な資料が漏洩してしまう可能性もあるため、注意が必要です。

メリット・デメリットを把握して就職や転職をおこなう

在宅ワークを活用することで得られるメリットや、注意すべきデメリットは雇い主側にも働き手側にも存在します。

メリットとデメリットをそれぞれ理解した上で、自分のスキルやキャリアを活かせるかどうかや、自分の性格、ライフスタイルとマッチしているかどうかをきちんと判断した上で働き方を選ぶことが大切です。

フェローシップでは、一人一人のキャリアプランに基づいて仕事探しのプロに相談することができます。

自分のライフスタイルやスキル、キャリアに基づいた働き方を、プロに相談しながら考えてみるのはいかがでしょうか。

※仕事探しのプロに理想の働き方を相談したい方はこちらから

また中国語スキルを活かして働きたい方にはTENJeeがおすすめです。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトなので、中国語スキルを強みに自分に合った仕事を探すことができますよ。

在宅ワークが可能なお仕事も多数紹介されているので、興味がある方はぜひチェックしてください。

※中国語を活かして仕事を探したい方はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。