カテゴリー
転職 就活 中国語人材

在宅で中国語スキルを活かしてできる仕事の特徴・種類、求人の探し方

「中国語を活かして在宅で仕事をしたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

2020年から2021年にかけて世界的に流行した新型コロナウイルスの影響で、日本でも多くの企業が在宅勤務制度を導入しました。

その結果として、より非常に多くの職種で在宅勤務が可能になったといえます。

そこで今回は、数ある職種の中でも「中国語を活かした在宅勤務」が可能なものにはどのような特徴があるのか解説したいと思います。

今回ご紹介したポイントを意識することで、中国語スキルという強みを活かしながら自宅で働ける仕事を簡単に探すことができるのではないでしょうか。

また、中国語を活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、中国語スキルを持つ人材を探している企業情報を多数掲載しています。

まずは実際の求人情報をみて、どのような仕事があるのかを確認してみるのも良いかもしれません。

※中国語を活かせる求人情報はこちらから

在宅可能な中国語を活かせる仕事の特徴

中国語を活かすことができ、在宅勤務が可能な仕事にはどのような特徴があるのでしょうか。

在宅でも問題なく業務をおこなうために必要な条件を見ていきます。

オンラインでのやりとりが多い

オンラインで他の同僚とのやり取りをおこなうことができる仕事は在宅勤務に適しています。

仕事をおこなう上で同僚との連携は不可欠ですが、テレビ電話などを利用することでオンライン上でも十分意思疎通を図ることができるといえます。

コミュニケーションが発生しにくい

業務を行うにあたって、他者との共同作業やコミュニケーションがあまり必要ではない職種もあります。

接客業や建設業においては、何人かが同じ場所で共同作業することが業務上不可欠です。

しかし、仕事自体が個人作業である場合、コミュニケーションが必要とされる場面は少ないといえます。

個人での作業が多い職種では、オンラインで十分に他の社員とのコミュニケーションが取れる場合が多いため、在宅であっても問題なく働くことができるのではないでしょうか。

中国の会社とのやりとりがある企業

中国語スキルを持つ人材が活躍している企業には、本社が中国にある場合も少なくありません。そのような場合、会社からオンライン上で業務内容に関する指示を受けることも多いでしょう。

そのような場合、指示を受けるため直接会社に赴く必要がないため、自宅で指示を受けることで在宅勤務が可能であるといえます。

在宅可能で中国語スキルを活かせる仕事例

在宅でも中国語を活かしながら働くことができる職業にはどのようなものがあるのでしょうか。

オンライン上でも十分にコミュニケーションを取ることが可能で、他者との共同作業が必要のない職種について具体的に見ていきます。

翻訳・通訳

中国語という語学能力を活用できる仕事に、翻訳や通訳があります。

対象となるコンテンツを翻訳する作業では、オフラインでの共同作業やコミュニケーションをさほど必要としません。

業務の指示や相談なども、オンライン上で問題なく行える場合が多いです。

翻訳の中でも、近年盛んになっているのがゲームソフトやアプリの翻訳業務です。スマートフォンや家庭用ゲーム機が世界的に普及している今日、日本製や中国製のゲームが国の枠を超えて流通しています。

従来の書籍の翻訳に限らず、ゲームやアニメ、ドラマ、漫画など様々なコンテンツを、

国境を越えて届けるために、翻訳業務の需要は高まっているといえるでしょう。

テレビ電話などを用いたオンライン会議の増加に伴い、通訳もオンラインでの就業が可能となりました。また、国をまたいだオンライン上の商談や会議においても同様に、自宅からでも通訳業務に当たることが可能です。

グローバル化が進み、国境を越えたやり取りが増える中で通訳への需要は高まっているといえるでしょう。

オンライン講師

語学などの教室をオンライン上で実施することで、自宅にいながら働くことができます。

テレビ電話などの技術を利用することで、自宅から離れたところにいる受講者に講義をおこなうことが可能です。

対面形式でおこなう講義では、会場との距離などから受講者がある程度限定されてしまいますが、オンラインでは地理的な条件に関係なく受講者を集めることができます。

在宅勤務が可能であるだけでなく、集客の幅を広げることができる、というメリットもある職種だといえます。

Webサイトの運営

Webサイトの運営も在宅勤務が可能な職種のひとつです。

基本的に個人作業であるため、コンピュータやインターネット設備さえあれば十分に業務に当たることができます。

コミュニケーションを必要とする機会も少ないため、在宅でも問題なく就業可能といえるでしょう。

中国向けの営業

中国市場や中国企業に対する営業業務も在宅勤務可能な職種です。

オンラインを活用することで、日本と中国という遠隔地での営業活動をおこなうことができます。

テレビ電話などのオンラインでのやり取りが業務の主軸となるため、在宅でも十分に勤務可能といえるでしょう。

中国向けのエンジニア

中国を対象としたエンジニアも在宅勤務可能な求人が多くあります。

コンピュータを用いた個人作業がメインとなるため、在宅でも問題なく業務に当たることができるといえます。

また企業自体が中国にあり、業務の連絡なども基本的にオンラインでおこなわれるケースも多いようです。

専門的な知識が必要ではありますが、IT分野は人手不足とされていることもあり、他の業界と比べて非常に多くの企業が人材を募集している傾向にあります。

中国語を活かして在宅可能な仕事を探すには?

中国語のスキルを活かしながら在宅勤務できる仕事を探すには、3つのステップがあります。

在宅可能な職種を洗い出す

在宅でも問題なく業務が可能かどうかは職種によるところが大きいといえます。

はじめに、どのような仕事であれば在宅勤務が可能かを洗い出しましょう。

具体的には、コンピュータなど自宅にある設備のみで業務を行うことができるかどうかや、他の従業員とのコミュニケーションをオンラインで十分とることが可能かどうかなどの条件があげられます。

また、顧客と直接会わなくても業務を実現できるかどうかが重要となってきます。

中国語スキルを活かせる職種を洗い出す

中国語スキルを持っていることは大きな強みとなります。

在宅可能な職種の中から、中国語を活かせるものは何があるのかを見極めましょう。

具体的には、中国企業とのやり取りがある場合や翻訳・語学教室などの語学力を直接的に活かす場合が考えられます。中国市場をターゲットとした業務でも自身の中国語スキルを最大限生かすことができるでしょう。

中国語に特化した求人サイトを利用する

在宅勤務が可能で、かつ中国語スキルを活かせるという2つの条件を組み合わせて情報を収集することは少々手間がかかるかもしれません。

しかし、中国語に特化した求人サイトを利用することで情報収集をより簡単に行うことができます。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトであるTENJeeを利用することで、在宅勤務が可能な中国語を活かせる仕事を簡単に調べることができます。

まずは在宅勤務が可能な求人にはどのようなものがあるか、実際に調べてみてはいかがでしょうか。

※中国語スキルを活かせる仕事についてはこちらから

コメントを残す