カテゴリー
転職 就活 中国語人材

コロナ禍での転職はやめた方がいい?転職しやすい業種・有利に進めるポイント

コロナ禍と呼ばれる世界的大混乱において、日本においても社会活動や経済活動などさまざまな面でコロナウイルスは大きな影響を及ぼしています。

業績の悪化などを理由に採用活動の縮小や会社都合退職者が増加するなど、転職にまつわる状況もコロナウイルスの影響を大きく受けているといえるでしょう。

「転職したいけれど、コロナ禍に踏み切るのは危険かもしれない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、職種や状況によってコロナウイルスの影響の受け方は大きく異なります。

各業界の特徴や現状をきちんと理解することで、転職活動に踏み切ることも可能になるといえるでしょう。

そこで今回は、コロナ禍において必要とされる人材の特徴や、コロナウイルスの影響下でもなお業績を伸ばした業界について解説します。

また、中国語スキルを持つ人専用の求人サイトTENJeeでは、中国語を活かして働くことのできる求人情報を多数公開しています。

自身の持つ中国語という語学能力を強みを活かして、仕事探しをしてみてはいかがでしょうか。

※中国語スキルを活用した仕事探しはこちらから

コロナ禍での転職はやめた方が良い業種の特徴

新型コロナウイルスによる悪影響のひとつとして、世界的な経済活動の混乱が挙げられます。

国境を終えた移動はもちろん、国内でも外出が制限されたことにより、経済活動に大きな影響を受けた業界が多数あります。

コロナ禍に転職活動をおこなう際には、その業界がコロナウイルスによってどのような影響を受けたかを把握しておくことが重要です。

コロナ禍で業績が悪化した業種

コロナ禍において転職先を選ぶにあたって注目すべきポイントのひとつに、業績が悪化したかどうかが挙げられます。

業績が悪化した企業では新規に転職者を採用する余裕があるとは言えません。

転職先を選ぶにあたっては、業績データに基づきその企業や業界の状況を把握しておく必要があるでしょう。

新型コロナウイルスの流行により業績が悪化した業界は旅行・宿泊業界や外食業界、アパレル業界などが代表的です。

「外出自粛」が求められる状況において、”不要不急の外出”とみなされてしまう旅行や嗜好品などの売り上げが大きく低下したことが要因といえるでしょう。

コロナ禍で業績が伸びた業種とは?

コロナ禍において業績をのばすことに成功した業種も多数存在します。

具体的には、自宅で過ごす時間が増加した結果、余暇の過ごし方としてゲームや動画などのコンテンツ配信サービスを扱う業種の多くが業績を伸ばすことに成功しました。

また、外で食事をすることが難しくなったことで、食品スーパーやデリバリーフードの利用者も増加したといえます。

食品に限らず、さまざまな購買活動においてネットショッピングを利用する人も増えたため、トラック輸送業界も大きく業績を伸ばしました。

加えて忘れてはいけないのが情報・通信業界です。

外出自粛の中で社会活動や経済活動を実施するため、多くの企業や学校においてテレワークやオンライン授業が導入されました。多くの業界が一斉にインターネット環境の整備に踏み切ったため、情報・通信業界でも高い業績が記録されました。

コロナ禍での転職に有利な人材の特徴

多くの業界でコロナウイルスの影響を受けた中、転職者の採用数は決して高くはありません。

厚生労働省の発表によると、令和3年2月の一般職業紹介の有効求人倍率は1.09倍となっており、コロナ禍以前にあたる平成30年の平均有効求人倍率である1.62倍と比べると大きく減少していることがわかります。

参考:厚生労働省 一般職業紹介(職業安定業務統計)

転職者にとって厳しいといえる状況下で、一体どのような人材が企業に求められているといえるのでしょうか。

即戦力である

企業は「即戦力として働けるかどうか」をポイントにしているでしょう。

これからの経済状況の見通しが立たない中、将来性を見据えて雇用した人材を教育する余裕がある企業は少ないといえます。

そのため、研修などの社員教育なしで即戦力として働ける人材は、企業側にとって大きな魅力となるでしょう。

同一業界を経験したことがあり、各企業や業界全体の情報についての知識や、具体的な実務能力を持っていることは大きな強みとなります。

特定のスキルを持っている

転職先企業が必要とするスキルを持っていることで、転職活動を有利に進めることができます。

採用情報に特定の資格や具体的なキャリアを明示している企業も多くあります。

これらの情報を事前に把握し、自分の持つスキルとマッチした企業を見定めることで、より有利に転職活動を進めることができるでしょう。

また自身が持つスキルを最大限活用できるため、自分の希望に沿った働き方の実現につながるかもしれません。

企業が求める人物像とマッチしているか

具体的なスキルやキャリアだけでなく、企業が求める人物像とマッチしているかどうかも重要なポイントです。

企業や業界によって、求められる性格や人柄は大きく異なってきます。

採用情報やホームページなどに記載されている、各企業が求める人物像について調べておくことが大切です。

また、自分の性格についても自己分析などを通してしっかりと把握しておく必要があります。

転職者にとって厳しい状況といえるコロナ禍において、せっかく採用が決まったのに後からミスマッチに気づく、というような状況は避けたいものですよね。

企業情報を収集する際は、キャリアやスキルだけに注目するのではなく、社風や求められる人物像についてもきちんと把握しておきましょう。

コロナ禍での転職活動を有利に進める方法

コロナ禍において転職活動を有利にすすめるにはどのような方法があるのでしょうか。

注目すべきポイントを3点ご紹介します。

自身の経験やスキルを洗い出す

まずは自分自身のことについてしっかりと理解しておく必要があります。

転職活動時にアピールポイントとなるスキルやキャリアは何か、自分はどういった性格をしているか、といった自己分析は必要不可欠です。

自分の強みをきちんと理解した上で転職活動に臨みましょう。

しっかりとした企業研究

転職先を選ぶにあたって、各業界や企業について事前に情報を収集しておくことも重要です。

特に見通しのつかないコロナ禍において、新型コロナウイルスによる業績の変化を把握することがポイントです。

業績が好調な企業の方が採用活動に積極的な傾向があるため、企業選びにおける重要な判断基準となるでしょう。

また自分のキャリアプランやスキル、性格とのマッチ度も把握しておく必要があります。

企業研究をしっかりと行うことで、より自分にあった企業選びにつながるといえます。

求人サイトを活用する

求人サイトを活用することで、より簡単に転職先の企業を探すことができます。

求人サイトの中には、さまざまなスキルに特化したサイトが多くあります。

たとえば、TENJeeは中国語を活かせる仕事専用の求人サイトです。

中国語スキルを持った人材を探している企業に特化した求人サイトなので、自分の中国語力を活かせる仕事を簡単に見つけることが可能です。

中国語を強みとした転職活動を考えている方は、是非一度求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を強みにした仕事探しはこちらから

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのもおすすめです。

転職活動の専門家に相談することで、転職市場の情報や傾向を詳しく知ることができます。

フェローシップでは、ひとりひとりキャリアプランについてのアドバイスや転職活動への支援制度が充実しています。転職のプロに相談することで、より安心して転職活動に望むことができますよ。

興味がある方はぜひ相談してみてください。

※プロと相談しながら転職活動に臨みたい方はこちらから

コメントを残す