正社員になりたい!中国人が日本で正社員求人に応募する時のポイント

日本で正社員の求人を探している中国人の方もいらっしゃるかと思います。

中国人の方が日本で就職や転職活動を行う場合、日本と中国の文化や社風の違いや自身のスキルを確認することで、求人を探しやすくなることがあります。

今回は、日本で正社員の求人を探している中国人の方に必要な知識や求人の探し方、正社員になるためのポイントを解説します。

TENJee」では、中国人向けの求人を多く掲載しています。

自身の日本語スキルや希望の職種に合った求人を洗い出す際にぜひご利用ください。

中国人が正社員で就職する場合に求められるもの

アルバイトや派遣社員とは異なり、正社員として就労する場合はある程度の裁量や責任が求められることが多いです。

そのため、社外のクライアントとのコミュニケーションやマネジメントスキルなど、職種によって様々な経験や知識が求められることもあります。

また、中国人が就職活動を行う場合、日本人とは異なる手続きも必要になります。

中国人が就職活動で求められる要素を紹介します。

日本語のスキル

正社員は、比較的責任や裁量が求められることが多いです。

その分ほかの社員やクライアントとのコミュニケーションが必要になったり、部署のチームのマネジメントなどの能力も視野に入れて正社員採用を行う企業も多く存在しています。

そのための日本語の語学スキルは高いレベルで求められることが多い傾向にあります。

しかし、専門職など業種によっては日本語スキルが重要視されない企業も存在しています。

どの程度の日本語のスキルが求められるか記載してある求人を参考に、自身の日本語のレベルに合った求人の情報を集めておきましょう。

日本語のレベルを可視化しておこう

自身の日本語レベルの可視化することで、第三者に自身の日本語スキルを伝えやすくなるでしょう。

JLPTと呼ばれる日本語能力試験などを受けることで、自身の日本語スキルを理解することができる上、求人に掲載されている日本語レベルとのすり合わせを行うことも可能です。

業種に合う就労ビザ

中国人の方が日本で就労するためには就労ビザと言われる在留資格が必要です。

この就労ビザは就労する業種によって種類が異なります。

自身が正社員として就職したい業種と必要な就労ビザをあらかじめ把握しておいた方が良いでしょう。

就労ビザの種類に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

文化の違いやビジネスマナー

中国と日本の文化の違いから生まれるビジネスマナーの違いも把握しておくことも重要です。

文化の違いを把握しておくことにより、就労後のトラブルや商談、マネジメントの進め方などがスムーズに行えるようになります。

中国人が正社員の求人を探す方法

中国人の方が正社員の求人を日本で探す場合、中国語のスキルを活かせる求人を探すことがおすすめです。

中国語を話すことのできる人材を求めている企業の求人に絞って応募することにより、就職活動を比較的有利に進めることができます。

中国人が自身にあった求人を探す方法を紹介します。

ハローワークに相談する

ハローワークには、外国人の求職者へ就労支援を行う外国人雇用サービスセンターがあります。

自身が持つ在留資格に応じた就職相談や職業紹介を行なっているため、利用してみると良いかもしれません。

また、東京に2つ存在する外国人雇用サービスセンターでは中国語と英語の通訳のサービスも受けられます。

事前に電話することで、通訳付きでサポートを受けることができるでしょう。

求人サイトを確認する

自身にあった求人を探せる求人サイトを利用することで、様々な業種の求人を洗い出すことができます。

就職・転職エージェントに求人の紹介を頼むことでも求人の洗い出しは可能です。

しかし、自身の状況や希望がしっかりと伝わっていなかったり、相談する時間が限られてしまうといったデメリットも存在します。

求人サイトを自身で確認することで、時間の制約を受けずに求人をじっくり閲覧することができます。

中国人に特化した求人サイトを使用する

中国人向けの求人に特化した求人サイトを利用することで、ある程度自身に合わない求人を除外して求人を洗い出すことができます。

TENJee」では、中国人の方に向けた求人を多く掲載されています。

正社員の求人情報も多く掲載されているのでぜひご覧ください。

専門家に相談する

就職や転職をサポートするエージェントに相談することで、自身のスキルや経験を第三者目線で検討し、最適な求人を紹介してもらえるかもしれません。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」では、中国人の就職活動をサポートする専門家が多く在籍しています。

中国語を話せるスタッフも多く在籍しておりますので、ぜひご連絡ください。

中国人が正社員になるためのポイント

理想の求人に応募することはゴールではありません。

実際に仕事をしてどのような結果を出すことができるのか、求人応募の先も考えて就職活動をすることが重要です。

正社員として自身のスキルを活かせる求人に応募した後のポイントを解説します。

自身のキャリアプランとの関係性を話せるようにしておく

自身がどのようにキャリアを積んでいきたいかをしっかりと話せるようにしておいた方が良いでしょう。

自身のスキルを活かし、どのように企業で活躍し、その後どのようになりたいのかをしっかりと話せるようにしておくことで、採用担当者にしっかりと応募した背景を伝えることができます。

ただし、最初から転職を視野に入れて話してしまうと、採用担当者は「すぐにやめてしまうのではないか」と不安になってしまうこともあります。

応募企業がネガティブの感情を抱くような発言はしない方が良いでしょう。

自身のスキルを活かせる企業を選択する

中国語のスキルは非常に大きなアドバンテージになります。

自身の中国語スキルを活かせる求人に応募することで、就職・転職活動を有利に進めることができるかもしれません。

中国語スキルを活かせる業種の例は以下です。

海外法人向け営業

中国の急激な経済成長に伴い、中国法人向けの営業などの需要は増加しています。

このような企業の求人に応募する場合、自身の中国語スキルを活かせることができるでしょう。

通訳・翻訳

日本語の高いスキルを持っている場合、通訳や翻訳の仕事の求人に応募することもできるでしょう。

通訳では瞬時に相手の言葉の意味を理解し伝える能力が必要になり、翻訳では両国の文化の違いや歴史的背景などを理解しておくことによって最適な翻訳が可能になることも多いです。

様々な分野の高いスキルが求められることもありますが、その分高待遇で就労することもできるかもしれません。

海外のクライアントが多い企業の事務職

海外のクライアントの多い企業の事務職は、様々な国籍の方とコミュニケーションを行う可能性が比較的高いです。

様々な言語能力が求められますが、その中でも中国語のスキルは比較的使用頻度が高い傾向にあります。

しっかりと準備して正社員の求人に応募しよう

中国人が正社員の求人に応募する場合は日本人の就職活動同様、様々な準備を行うことで就職活動を有利に進めることができるでしょう。

自身に合う求人に応募するためには中国語のスキルの活かし方や日本語のスキル、自身の将来を考えてしっかりと採用担当者に伝えられるようにしておくと良いでしょう。

TENJee」では正社員になりたい中国人向けの様々な求人を掲載しています。

自身にどのようなスキルが必要なのか、どのような求人があるのかを確認し、しっかりと準備を行いたい方はぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。