カテゴリー
転職 就活 中国語人材

[中国人向け]日本で自分に合った仕事の探し方・おすすめの手順

日本で仕事を探している中国人の方もいらっしゃるかと思います。

中国人の方が日本で仕事をする場合、日本人が同様の仕事を行うよりやりやすい仕事も存在します。

この記事では、中国人の方が日本で就労可能な仕事や仕事の探し方などを解説します。

仕事を探す際には、自身にあったどのような仕事があるのかを確認することも重要です。

TENJee」では、中国人向けの求人を多く掲載しています。

自身に合った仕事を確認したい方はぜひご覧ください。

中国人が就労可能な仕事とは

中国人が日本でできない仕事は国家公務員など以外、基本的には存在しません。

条件を満たせばどのような仕事も就労可能です。

しかし、自身が働きたい仕事の内容によって必要な資格は異なります。

国家公務員になりたい場合

警察などの国家公務員になりたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと「日本国籍を有するもの」であれば国家公務員になることができます。

日本に帰化している方は、国家公務員になれるでしょう。

しかし、帰化した方の採用率などは公開されていないため、実際に働いている方がどれくらい存在しているのかはわからないことが多いです。

中国人が仕事を探す方法

中国人が仕事を探す方法を解説します。

基本的には日本人が仕事を探す方法と同様ですが、中国人向けの求人サイトを利用することで中国語のスキルを持つ人材を欲している企業を比較的簡単に洗い出すことが可能です。

TENJee」では、中国人向けの求人を数多く掲載しています。

中国人の方が仕事を探しやすい内容になっているので、ぜひご活用ください。

業種で探す

業種とは、企業の事業の種類を指す言葉です。

自身の希望の職業がしっかりと定まっていない場合には、業種から決めて絞り込んでいくと良いでしょう。

製造業や金融業など、業種によって様々な働き方が存在し、当然条件や報酬も異なります。

また、業種によっては専門知識などが求められる場合もあります。

業種の希望がある程度決まったら、その業種で働くために必要な知識やスキルを確認しておくと良いでしょう。

職種で探す

職種とは業務の内容によって分けた仕事の種類を指します。

例えば事務やエンジニアなど、直接的に自身が行う業務をイメージできている場合は職種から探してみると良いでしょう。

「製造業の営業」など、業種と職種の両方が定まってくれば、大まかに自身の仕事の希望を絞り込むことができます。

スキルで探す

自身が持っているスキルを基準に仕事を探す方法です。

例えば中国人が日本で仕事をする場合、例外はありますが日本語のスキルが必要になることが多いです。

中国語のスキルはもともと取得しているため、中国と日本を繋げる仕事に就労しやすいかもしれません。

中国の急激な経済成長の影響もあり、中国に進出したい日本の企業も増加傾向にあります。

そのような企業にとって、中国語のスキルを持った人材は需要があり、比較的高待遇で就労できるかもしれません。

そのほかにも英語のスキルや専門の資格、経験など、自身が持っているスキルや経験を確認してみましょう。

中国人が仕事を探す際に必要なもの

中国人が仕事を探すために必要なものは、日本人の就職活動とは異なります。

しっかりと把握しておくことで、採用後の手続きや就労時のギャップなどのマイナスな要素を避けることができるかもしれません。

就労ビザ

中国人が日本で仕事をするためには、その仕事の内容に応じた就労ビザが必要です。

自身の仕事と就労ビザが合っていない場合、就労することはできないので注意しておきましょう。

就労ビザの種類に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎外国人が日本で正社員になるために必要な資格や正社員求人の探し方

日本語スキル

日本で生活を送る以上一定の日本語のスキルは必要ですが、仕事で使えるレベルの日本語レベルが求められることもあります。

仕事によって求められる日本語のレベルは様々ですが、日本人のクライアントとのビジネスコミュニケーションや日本人社員との連携など、比較的高いレベルの日本語のスキルが求められることもあります。

中国人が多い職場や、コミュニケーションをそこまで必要としない仕事などの場合は、日本語のレベルが低い場合でも就労できる仕事もあるでしょう。

自身の就きたい仕事の内容や条件を確認し、必要な日本語のレベルを確認しておきましょう。

日本語の語学資格を取得するのがオススメ

日本語の語学資格を取得することで、自身の日本語レベルを第三者にわかりやすく伝えることができるでしょう。

語学資格は自身の語学スキルを簡単に証明できる指標にもなるため、採用担当者が注視することも多いです。

求人によっては、日本語の語学資格を求められる求人もあります。

自身が就きたい仕事の求人を確認し、自身の日本語レベルで就労可能かをしっかりと確認することで、就職活動をスムーズに進めることができます。

中国人が仕事を探すオススメの手順

中国人の方が仕事を探す際のオススメの手順を解説します。

もちろん、仕事の探し方には様々な方法が存在します。

自身に合った仕事の探し方で最適な求人を洗い出しましょう。

自身のやりたい仕事を決める

まずは自身が就きたい仕事をしっかりと決めましょう。

業種や職種、勤務地や勤務時間、報酬や休暇など、自身の希望に合った条件を決めましょう。

もしも希望の求人が見つからなかった場合、妥協できる範囲を定めて求人を検索することで、現実的な求人情報や報酬の相場などを確認することができます。

求人を洗い出す

確認した内容で求人を洗いでしましょう。

様々な求人からより良い求人に応募することができます。

また、自身にとってピンポイントな求人が絞り込めない場合、自身が希望する仕事が必要そうな業種などを視野に入れて探してみると良いかもしれません。

TENJee」では、自身の中国語のスキルを活かせる求人を多く掲載しています。

中国人向けの求人を簡単に洗い出すことが可能ですので、ぜひご覧ください。

スキル・資格などを見直す

仕事内容の把握や求められる資格を確認し、自身がその仕事でしっかりと働けるのかを確認します。

特に応募条件や必要資格の欄は念入りに確認しておきましょう。

就職時に条件の資格を持っていなかった場合、トラブルの原因になってしまうケースも存在します。

また、資格やスキルなどを見直した時に、自身のスキルが追いついていない場合や資格がない場合は、同条件で資格の有無や求められるスキルが異なる求人を探してみると良いかもしれません。

専門家に相談する

資格の取得方法や求人が見つからない場合は、中国人の就職・転職の専門家に相談することで解決できることがあります。

一人では解決できない様々なサポートを受けることができるでしょう。

また、希望する仕事のメリットやデメリットなどエージェントの豊富な経験から学ぶこともできるため、様々な角度から求人を探すことができる可能性が高いです。

就職・転職の専門家は様々な得意分野を持っていることが多いです。

自身に合った専門家に相談することをオススメします。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」は中国人の就職・転職に強いエージェントがサポートします。

中国語を話せるスタッフも多く在籍しており、自身に最適な求人情報や資格取得のサポートなども行なっておりますので、ぜひご相談ください。

コメントを残す