カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国語スキルで就職が有利に?中国語を活かす就職活動方法

中国語スキルは就職で有利になるのかと感じている方もいらっしゃると思います。

英語は実用英語技能検定(英検)やTOEICなどの資格を持っていれば就職で有利になるイメージがありますが、中国語のスキルがある場合も同様に就職活動を有利に進めることができます。

今回は、中国語スキルを使って就職活動を有利に進めるポイントや中国語スキルの活かし方を解説します。

中国語スキルを持つ人材の求人情報は「TENJee」の利用がおすすめです。

中国語スキルを持った人材を募集している企業を多く掲載しているので、ぜひご利用ください。

中国語のスキルは就職で有利になる

結論から言ってしまうと、自身の中国語スキルをアピールすることで就職活動を有利に進めることができます。

中国経済の発展などの影響で、訪日する中国人が増加していることや中国に進出する企業の増加など、中国語スキルを活かせるタイミングが増える可能性は高いです。

中国に進出する企業や、日本に支社を持つ中国の企業など、様々な職種で中国語スキルを持つ人材の需要は増加傾向にあります。

中国経済の急激な成長

中国語スキルを持つ人材の需要が高まっている背景には、中国経済の急激な経済成長が挙げられます。

新型コロナウイルスの影響で世界経済が打撃を受ける中、中国のGDP(国内総生産)はプラス域をキープするなど、中国経済の大きな成長が注目されています。

中国に進出する企業の増加

中国の経済成長に伴い、中国や東南アジアでビジネスを展開する日本企業や日本でビジネスを行う中国企業、今後中国のマーケットに進出したい企業などが存在しています。

中国語を話せる人材を獲得することで、中国のパートナーとのコミュニケーションや現地営業などをスムーズに進められるメリットがあります。

訪日する中国人も多い

2020年は新型コロナウイルスの影響で減少したものの、訪日する中国人や中国語が公用語の方も年々増加傾向にあります。

ホテルや百貨店での接客を始め、人が多く集まる場所での中国語スキルの需要も増加傾向にあります。

中国語スキルを活かして就職を有利に進める方法

中国語スキルを活かして就職活動を有利に進めるためには、自身の中国語のレベルの把握など、しっかりと準備をすることで就職活動を有利に進めることができるでしょう。

その他にも、就職活動を有利に進める方法を解説します。

国語の語学検定を受ける

自身の中国語のレベルを正確に把握するためには、中国語の語学検定を受けると良いでしょう。

中国語を使用したコミュニケーション能力を重視する検定や、ヒアリングの試験がある検定などが存在します。

自身の希望の職種に必要だと思われる検定を受けると良いでしょう。

中国語の資格についてはこちらの記事で詳しく説明していますので、よろしければご覧ください。
▶︎中国語の語学力を証明するおすすめの資格や資格を活かせる仕事を解説

自分の中国語スキルを第三者に伝えられる

中国語の検定を受けるメリットとしては、第三者に自身の中国語レベルを正しく伝えることができます。

口頭で自身の中国語レベルを説明するより説得力があることと、採用担当者が他の応募者と比較することができるため、大きなアドバンテージになるでしょう。

希望の職種で必要なスキルに沿った語学検定を受けることで、その仕事の取り組む姿勢を正しく伝えることもできるかもしれません。

自身の中国語スキルのレベルを可視化できる

自身の中国語のレベルを可視化できることもメリットの一つです。

希望の職種に対して、自身の中国語のレベルが企業が希望するレベルに達しているかを把握することで、自身の課題を明確することができるかもしれません。

職種や求人の内容によっては、一定の資格取得者を対象にしている求人も存在しているため、一つの目標として資格の取得を目指すのも良いでしょう。

就職の時のライバルが少なくなる可能性も

中国語の語学検定の資格を取得することで、他の取得していない求職者と比較してアドバンテージを得ることができるかもしれません。

就職活動において、自身のスキルや人柄を正確に伝えることも重要な要素ですが、その求人にどのような人が応募しているかを逆算して考えることも大切です。客観的に企業が求めている人材はどんな人か考えることができれば、自身の評価を相対的に上げることも可能です。

中国の文化や生活習慣を理解しておく

実際に中国への出張や出向がある職種を希望する場合、仕事先は中国人であることも想定できます。

その際の国同士の文化の違いや生活習慣を知っておくことで、スムーズにコミュニケーションを取ることができるでしょう。

また、文化や生活習慣の違いでトラブルになってしまう可能性もあります。

このようなトラブルは事前に対処可能なので、理解しておいた方が良いかもしれません。

中国語を活かして就職する時に便利な資格

中国語を活かして就職活動を有利に進めるための代表的な資格を紹介します。

資格によってどこを重視しているかが異なることもあるため、自身の希望の職種に関係する語学資格を取得すると、さらに就職活動を有利に進めることができるかもしれません。

中国語検定

中国語検定の特徴は、日本語と中国語の相互読解や聴解、翻訳能力が問われます。

準4級から1級までが存在しており、2級まではリスニング・リーディング・ライティングが出題される傾向にあります。

準1級から1級では上記の内容に加え、スピーキングの内容が出題される傾向にあります。

専門的な問題が出題される傾向もあり、知識量が問われます。

日本企業で中国語を使用する場合には中国語検定の取得を目指すと良いかもしれません。

HSK

HSKは漢語水平考試が正式名称です。

中国政府教育部が主催しており、中国語を使用したコミュニケーション能力や運用力が問われます。

この語学試験は世界共通で、設問などは全て中国語で行われるのが大きな特徴です。

中国で就職し活躍したい場合には、HSKの取得を目指すと良いかもしれません。

中国語を活かせる求人を簡単に探す方法

自身に合った中国語スキルを必要とする求人を探すのは、中国語に強い転職や就職のエージェントに相談すると簡単に探すことができるでしょう。

しかし、時間がない場合や希望の職種の洗い出しを行いたい場合など、ハードルが高いと感じてしまうこともあるかもしれません。

個人で中国語を活かせる求人を探す方法を解説します。

どのような企業に就職したいかを明確にする

まずは、自身がどのような企業に就職し、どのような仕事に挑戦したいかを明確にすることが重要です。

自身の希望を明確にすることで、自身に必要な中国語のスキルのレベルやキャリアプランを考えるきっかけにもなるでしょう。

また、求人情報を探す際も絞り込みしやすくなるため、時間を掛けずに希望の求人情報を見つけることができる可能性が高まります。

TENJeeで求人を洗い出す

自身の希望する職業が明確になったら、中国語スキルを必要とする求人サイトで検索してみましょう。

実際にどのような求人が出ているのかを知ることで、自身に合った求人を洗い出すことができるでしょう。

TENJee」は、中国語スキルを必要とする求人を多く扱っている求人サイトです。

待遇や経験から数ある求人を絞り込んで検索できるため、ぜひご利用ください。

その企業のWebサイトを確認する

いくつかの希望の求人を絞り込んだ後は、実際にその企業のWebサイトを確認すると良いでしょう。

企業の特色や活躍している社員の声、今後どのような仕事に挑戦できそうかをイメージすることができるかもしれません。

自身の持つイメージと合致する企業を見つけられる可能性が高まります。

困った時は専門家に相談する

希望する求人が見つからない場合や、不明点がある場合は就職・転職の専門家に相談しても良いでしょう。

TENJee」は中国語スキルを持つ人材に向けた様々なサービスを展開する「フェローシップ」が運営しています。

専門家が親身に相談に乗ってくれるため、求人が見つからない場合や就職・転職に向けたアドバイスなどが欲しい場合でもぜひご相談ください。

コメントを残す