中国語を活かして正社員に転職するメリットや役立つスキルを紹介

中国の経済成長に伴い、ますます中国語スキルを持つ人材の活躍の場は広がっています。

そのため中国語のスキルを活かして正社員として転職、または派遣社員から正社員へ転職している人は多くいます。

中国語を活かして正社員に転職するメリットや転職を成功させるためのスキルや経歴、おすすめの転職方法を紹介するので参考にしてみてください。

※中国語を活かした正社員の求人を探している方には、弊社が運営している中国語人材に特化した求人サイトのTENJeeがおすすめです。ご興味ある方は記事と合わせてチェックしてみてください。

中国語スキルが求められる正社員に転職するメリット

中国語スキルが求められる正社員に転職するメリットは、比較的安定した給与以外にも様々なメリットが存在します。

メリットを理解することで、実際の転職活動の指針も決めやすくなるでしょう。

ここでは、中国語スキルが求められる正社員に転職するメリットを紹介します。

転職活動中、中国語スキルがアピールポイントとなる

中国語のスキルは転職活動中大きなアピールポイントになる可能性が高いです。

突出した中国語のスキルがあれば、一定以上スキル水準の中国語人材を募集している企業ではかなりのアドバンテージがあるでしょう。

それほど中国語に自信がなくても、これまでの実務経験に中国語のスキルを加えれば、今後中国進出を考えている日本企業に自身をさらにアピールできるといえるでしょう。

中国語のスキルを長期的に向上させることができる

正社員として中国語を活かした業務に従事することで、中国語スキルを長期的に向上させることができます。

中国語は派遣社員としても活かすこともできますが、正社員の業務の方が幅が広く責任が大きい事から活かせる機会が多く、高い語学力が求められる傾向にあります。

経験のある分野への転職時にはもちろん未経験分野への転職の際にもこの傾向があると言えます。

自分の専門分野を活かした仕事を担当することで市場価値が高まる

自分の専門分野を活かした分野を中国語で担当する事で、ビジネスと語学の両方の専門性を磨くことができるので市場価値を高めることができます。

おすすめの選択肢なのでぜひ参考にしてください。

中国市場の成長に伴い、業績アップも見込める

中国の経済成長は未だ著しい成長を遂げています。

中国の経済が成長しているということは中国企業が成長しているということなので、取引先から今よりも大きな案件の取引が発生したり、新たな取引先ができる可能性もあります。

大きな成果を上げるチャンスをモノにすることができれば、会社の業績が上がるのはもちろん給与アップも見込めるでしょう。

さらに基本給の向上や実績を出すことは更なるキャリアアップ転職にも有利に働くので、成長し続ける中国市場に近いところで働くのはおすすめです。

中国語の正社員の転職で役立つスキル・経歴

中国語の正社員の転職で役に立つスキルや経歴を紹介します。

中国語の語学力に関する資格

代表的な中国語の資格は7つありますが、今回は中でも特に有名な2つとそれぞれの特徴を紹介します。

資格のレベルが高いほど転職の際にアピールになり、転職後の中国語を使った業務の幅も大きくなるので計画を立てて目標のレベルを目指しましょう。

HSK(漢語水平考査)

HSKは中国政府教育部の直属機関が主催する中国政府認定の資格で118の国と地域で実施され世界的に認知されている中国語の資格です。

HSKの特徴は日本語の翻訳問題がなく、中国語でのコミュニケーション能力を測る試験なので、中国企業での現地採用など実際に現地で本格的に中国語を活かしたい人におすすめです。

試験はリスニング・読解・作文の3パートに分かれており、資格の難易度は6段階に分かれています。

基本的には中国語を使った仕事ができるレベルは5級以上と言われているので、HSKの資格をまだ持っていない人は5級を目標にするのが良いでしょう。

中国語検定

日本国内において中国語の学習成果を図る指標として国内で最も多く利用されている資格です。

中国語検定の特徴は、HSKと異なり日本語の翻訳問題があり、日本語を母国語とする中国語学習者対象であるので、日本企業で日本語と中国語の両方を使う環境で中国語を活かしたい人におすすめです。

難易度は準4級から1級までの6段階のレベルがあり、中国語の基礎と簡単な日常会話ができるのが3級なので中国語検定をまだ持っていない人は3級の合格を目指すと良いでしょう。

英語のスキル

中国語のスキルを取得し、転職後に中国現地や日本企業に在籍しながら中国への出張や転勤を考えている場合は英語のスキルがあると良いでしょう。

グローバルな環境下で働くのであれば中国人だけでなく、多様な人種がいる可能性が高く、その場合は英語でのコミュニケーションも必要になるでしょう。

転職に有利になるだけでなく、転職後も活躍するには必要なスキルといえます。

実務経験

一般的には転職活動では即戦力として活躍できるかが重視される傾向にあり、基本的には実務経験がある分野での転職が成功しやすいと言われます。

さらに即戦力としての力量も確認されるので、これまでの経歴でビジネススキルがしっかり培われていることをアピールする必要があります。

中国語スキルを活かしつつ正社員に転職するための方法

中国語のスキルを活かしつつ正社員に転職するための方針や求人の探し方を紹介します。

おすすめの転職方針

中国語のスキルを活かして転職する際のおすすめの応募方針を紹介します。

既に中国語での実務経験があり、語学力も高い場合は未経験分野への挑戦もこれまでの経験を活かせる可能性が高いといえます。

転職活動は即戦力が求められる傾向にあるので、基本的には経験分野の業界や職種を軸に転職を進めるのがおすすめです。

特に中国語のスキルを活かすのが初めてな場合は実務経験がある分野での転職をおすすめします。

未経験分野は日本語でも学ぶべきことが多いのに加えて、さらに中国語も学ばないとなると負担が大きくなることが大きな理由です。

求人の探し方

中国語のスキルを活かした正社員の求人の探し方を紹介します。

求人サイトを使う

求人サイトは中国語を活かした正社員採用を探す際にも有効で、「正社員」「中国語」のキーワードで各企業のWebページから条件を絞り込むことができます。

求人サイトは多くの求人数が多いため、なるべく多くの企業から選びたい場合やどのような求人があるのかを知りたい場合におすすめです。

また通常の転職の際は条件を絞り込んでも求人数は多くありますが、「中国語」のキーワードで絞り込むことによって気になる求人は全て見れるくらいの数になるので全て見るのもおすすめです。

中国語を活かした求人を探してる在日中国人や日本人には「TENJee」がおすすめです。

案件数No.1企業として在日中国人から圧倒的認知度を誇っており、かつ成長志向の高い人を全力で応援する雰囲気があります。

気になった方はぜひ利用してください。

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントでは求人サイトには掲載されていない非公開の求人情報を取り扱っているため、希望の求人がないかを確認するためにもぜひ登録しましょう。

また、中国の現地採用を希望しているけど海外経験が乏しく仕事も生活面も不安な方は就職・転職エージェントに相談できるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。