カテゴリー
転職 就活 中国語人材

中国語を活かして稼げる仕事と求められるスキル、仕事の選び方を解説

日本の雇用制度の特徴である終身雇用制度が崩れつつあることに加えて平均寿命の伸長化による老後の貯金の問題など、近年個々人の稼ぐ力が重要視されています。

中国の経済は成長し続けており日本・中国ともに今後ますます中国語人材の需要は高まるでしょう。

中国語の語学スキルがあり、スキルを活かして稼ぎたい人向けに中国語で稼げる仕事や求められるスキル、選び方などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

中国語を使って仕事したい人は、案件数No.1企業として在日中国人からの高い認知度を誇るTENJeeがおすすめです。

中国語を活かした仕事と選び方

中国語を活かした業種や職種は多様化しており、需要の高まりから様々な仕事があります。

中国語を活かした仕事や選び方を紹介します。

中国語を活かした稼げる仕事とは

中国語を活かした仕事というと通訳や翻訳、商社や貿易会社をイメージしますが、中国語を活かした仕事は近年多くあるので紹介します。

旅行・観光・小売業

翻訳に近い業種として、中国語で稼げる仕事に旅行や観光業があります。

日本を訪れる外国人の中でも特に中国人は訪日人数・消費額ともに最大なので、中国語人材を募集している店舗は多くあります。

また、業務によっては基礎レベルと言われる中国検定3級程度と求められる語学力のハードルが低くチャレンジしやすいことも魅力の一つです。

商社・貿易会社

中国と取引をしている日本企業で先方とやりとりをする業務です。

商社・貿易会社だけでなく現在多くの企業が中国企業と取引をしているので様々な業界で募集が行われています。

比較的求められる語学力は高くなり責任も重くなりますが、正社員としてキャリアアップすることもできるのでおすすめです。

翻訳

翻訳の幅は特に広がっており様々な業種での求人があります。

例えばサイトの翻訳などからニューズやゲームの翻訳、医療などの専門的な知識が必要となどがあります。

活かせる中国語のスキルに幅があり、フリーランスとして単発の案件から正社員まであるので中国語で稼ぎたい人におすすめです。

仕事の選び方

中国語を活かせる仕事を選ぶ際のポイントを紹介します。

稼ぐためのポイントも紹介するのでぜひ参考にしてください。

自分のスキルから選ぶ

自分の中国語の語学力のレベルによって選ぶことのできる仕事がある程度決まります。

また中でも中国語のスキルの中で自信がある能力を活かすことが中国語で稼ぐための近道となります。

例えば話すのが得意であれば接客業を、読み書きができるなら翻訳などがおすすめです。

中国語を活かせる環境に身を置くことができれば、得意なスキル以外も成長するチャンスがあるでしょう。

雇用形態から選ぶ

業種や職種にもよりますが、中国語で稼ぐための雇用形態も柔軟に設定することができます。

正社員や派遣社員はもちろんフリーランスについても、近年副業が認められていることもあり様々な外注サービスがあります。

雇用形態によって稼げる金額も大きく変わるので家庭の都合や自身の都合も考慮して決めると良いでしょう。

仕事内容で考える

これまで経験した分野であれば雇用形態を問わずに就職・受注できる可能性が高まります。

というのも企業は即戦力を求めている傾向にあるので、実績や経験があると信頼して仕事を任せることができるからです。

未経験の場合はとにかく簡単もしくは短期でも良いので1度中国語で稼ぐ経験・経歴を作ることがおすすめです。

中国語で稼ぐには正社員がおすすめ

将来的にしっかりと中国語で稼いでいこうと考えている場合、正社員として働くのがおすすめです。

その理由を3つ紹介します。

企業は中国語を話せる人材を募集している

中国企業の成長に伴う中国の経済市場の成長によって、中国企業と取引をしている日本企業の数は傾向にあり、また日本に進出を狙う中国企業もあるので中国語人材の需要がとてもあるといえます。

継続的に業務があれば安定した正社員の採用も行う必要があるので、正社員として務めることができます。

中国語スキルのある人材は稼げる

そもそも中国語のスキルのある人材への需要が高いことに加えて、人材が不足していることから中国語のスキルを持つ人材は稼げるといえます。

加えて今後も中国経済が成長していくことによって企業の業績も上がる可能性が高いので従業員に還元される可能性があることと、さらに中国語を活かした実績を積むことが出来る環境である可能性も高いので将来的なキャリアアップにより稼いでいくこともできるでしょう。

中国人をはじめとする外国人の場合であれば、就労ビザを取得していれば基本的には日本人と同等以上の報酬額が条件となっているので稼いでいくことが出来るでしょう。

中国語スキルが向上しやすい

中国語のスキルを活かして稼ぐのであれば中国語の語学力が重要となります。

その点、正社員は語学レベルにもよりますが仕事の幅は大きくなり責任も重くなるので、副業や派遣社員よりも中国語のスキルが向上しやすい傾向にあります。

特に将来的により中国語で稼ぐためにキャリアアップもしたい人は正社員として稼ぐのがおすすめです。

中国語を活かして稼ぐために重要なこと

中国語を活かして稼ぐために重要なことを紹介します。

中国語の語学力はもちろんその他にもポイントがあるのでぜひ参考にしてください。

語学の専門性

まず重要なのはもちろん語学の専門性です。

語学のスキルが高まれば高まるほど待遇も仕事の幅も広がっていくのでしっかり習得しましょう。

求められる中国語の資格

中国語の専門性を具体的に中国語のスキルを示す指標として中国語の資格があります。

特に日本では中国語検定、中国ではHSK(漢語水平考査)がおすすめです。

レベルとしては中国語検定は3級、HSKは5級以上が中国語で稼ぐためには必要とされています。

これから取得を考えている人は日本で中国語を活かしたい人は中国語検定、中国現地で活躍したいならHSKの取得を目指すと良いでしょう。

英語のスキル

正社員として本格的に中国語を稼ぐのであれば、中国現地への出張や転勤、中国企業への転職があります。

グローバルに働くのであれば中国語だけでなく英語のスキルも必要となるでしょう。

英語のスキルであれば英検やTOEIC,TOEFLなどがあります。

英語の資格を持っていなくてあまり英語が得意ではない人には英検、ビジネスで使える英語を目指すのであればTOEICがおすすめです。

業界やビジネスに対する専門性

中国語で稼ぐためには語学力だけではなく、業界やビジネスに対する専門性も重要です。

企業は即戦力を求める傾向にあるので案件や業務に対する理解がある人が好まれるでしょう。

未経験の場合は希望の業務と類似している業務の経験をアピールすれば良いでしょう。

中国語を活かして正社員として稼げる仕事の探し方

中国語を活かして稼げる仕事の探し方を紹介します。

基本的には正社員として就職・転職をする時と変わりませんが、注意点もあるのでぜひ参考にしてください。

日本採用の場合

日本採用の場合は求人サイトや就職・転職エージェントの利用が基本的となります。

その他直接応募やリファラル採用などもありますが、初めてで不安であれば就職・転職エージェントを使用し、担当者と自分に合う求人を見つけていくのがおすすめです。

求められる語学力や業務内容などをしっかりと担当者を通じて確認することでミスマッチが生じる可能性が低くなるでしょう。

現地採用の場合

現地採用を目指すのであれば求人サイトや就職・転職エージェントに加えて直接中国語で求人を検索してみるのも良いでしょう。

海外勤務が初めての方は生活面の不安も含めて就職・転職エージェントに相談して見てるのも良いでしょう。

自分の中国語レベルに合った求人を探したい方はTENJeeがおすすめ

自分の中国語レベルにあった求人を探したい方は初級〜ネイティブまで4段階から選んで求人を検索できるTENJeeがおすすめです。

TENJeeは案件の絞り込みが充実しており、職種や給与、その他条件などから検索することも可能なのでぜひ気になった方は利用してみてください。

コメントを残す