日本語能力試験N1の難易度とは?各級の目安やおすすめの勉強法

日本語の能力を測定することのできる資格のひとつに「日本語能力試験」があります。

外国人の方向けの求人情報などには、N1〜N5までの日本語能力試験に合格していることを応募条件としている場合も多いです。

そこで今回は、日本語能力試験のN1の難易度や各級の目安について解説します。

N1に合格するためにおすすめの勉強法についても合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、幅広い業界・職種の求人情報を掲載しています。

求められる語学要件や福利厚生なども掲載されているので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かして仕事を探したい方はこちらから

日本語能力試験とは

「日本語能力試験」について、実施目的や費用などの押さえておきたい基本情報をご紹介します。

世界最大規模の日本語の試験

「日本語能力試験」は世界最大規模の日本語能力を測定することのできる資格試験です。

2018年の受験者数は全世界で約100万人を超え、世界86の国・地域で実施されています。

受験対象は日本語を母語としない人で、年に2回の試験が実施されています。

ただし、海外では年に一度のみ試験を実施している地域もあるため、注意してください。

受験料は消費税込み、6,500円でインターネットから申し込むことが可能です。

日本語能力試験のメリット

日本語能力試験に合格することで、自身の日本語スキルを可視化できます。

加えて、医師等国家試験など日本国内で受験可能な資格試験の受験資格を得ることができたり、一部科目を免除できたりと得られるメリットは大きいです。

日本語能力試験のメリットについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、合わせてぜひチェックしてみてください。

▶︎ 日本語能力試験のメリットとは!資格を取得して就職・転職を有利に

【補足】日本語の資格は他にも

日本語能力試験以外にも、日本語のスキルを測定することのできる資格試験も複数あります。

こちらの記事では、それぞれの資格の特徴についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

日本語能力試験各級の目安

日本語能力試験の各級の目安や求人で求められる日本語の程度についてご紹介します。

N1〜N5までの5つのレベルがある

日本語能力試験にはN1〜N5までの5段階があり、N1が最も難易度の高い級となっています。

大まかな目安としてはN4とN5では、主に日本語教室で学習する際に必要となる基本的な日本語がどの程度理解できるかを測ることができます。

また、N1とN2では日本で生活する上で必要となる幅広い日本語をどの程度理解できるかどうかを測定します。

そしてこれらの「橋渡し」のレベルとされているのがN3です。

求人情報でもっとも多い語学要件はN2以上

実際の求人情報を確認してみると、多くの企業・業界が語学要件の基準としてあげているのは「N2」です。

日常的に用いられる日本語に加え、幅広い話題について取り上げた新聞や雑誌記事の内容をある程度理解することができるレベルであるといえます。

また、自然に近いスピードの会話ニュースを理解できる聴解力も持ち合わせていることを証明することができます。

N1を取得すればほとんどの企業に応募可能

最高難度のN1を取得すると、ほとんどの企業の応募資格を満たすことが可能になります。

ネイティブレベルの日本語スキルを持っていることを証明できるため、就職・転職活動の際にも自信を持って高い語学力をアピールすることができます。

日系企業への就職・転職を目指す場合も、N1を取得することで安心して臨むことができるといえるでしょう。

日本語能力試験N1レベルの語学力と合格基準

N1レベルの日本語スキルは、あらゆる場面における日本語を読解・聴解することができるレベルです。

それぞれの単元で基準点を満たす必要があるため、バランスの良い日本語力を身につける必要があるといえるでしょう。

N1レベルの読解力とは

N1に合格した場合、新聞の論説や評論などの、論理的でやや複雑な文章や、抽象度の高い文章であってもその構成や内容を理解できるということができます。

また、話の流れや表現の意図などのより深い理解が可能なレベルです。

N1のレベルや試験内容などを詳しくご紹介します。

N1レベルの聴解力とは

N1レベルの聴解力では、自然なスピードでまとまりのあるニュースや会話を理解することができます。

学校の講義などの複雑な内容も十分に理解することができるといえるでしょう。

試験内容と試験時間

N1の試験では、「言語知識(文字・語彙)・読解」の試験を110分間、「聴解」の試験を60分間実施します。

なお、解答方法はすべてマークシート方式です。

合格基準と合格率

合格基準は全体の合計点が合格点を超えていること、それぞれの大問ごとの基準点も満たすことの2つの条件があり、N1の場合は合格率30%前後といわれています。

それぞれの単元で基準点を満たす必要があるため、バランスの良い日本語力を身につける必要があるといえるでしょう。

日本語能力試験N1合格のポイント

N1合格を目指す上でおすすめの勉強法や意識したいポイントについてご紹介します。

日本のコンテンツを活用する

日本のドラマやアニメ、漫画などのコンテンツを通して日本語表現に触れることで、効率よく日本語表現への理解を深めることが可能です。

N1では日本語の慣用表現や微妙なニュアンスなどを問う問題が多く出題されます。

そのためコンテンツを通して実際に近い場面での会話や表現などの雰囲気をつかむことは、有効な試験対策になるといえるでしょう。

また、日本語で書かれた小説も実用的な例文の宝庫といえます。

自分の好きな形式のコンテンツを学習に取り入れ、楽しみながら日本語への理解を深めてみてはいかがでしょうか。

日本人と交流する

参考書などで身につけた知識を、実際に日本語ネイティブとコミュニケーションをとることでアウトプットすることもおすすめです。

自分の身の回りの日本語ネイティブがいる方はもちろん、SNSを活用することで簡単に日本人とつながることもできるのではないでしょうか。

また、他の日本語学習者と日本語でのコミュニケーションを練習し合うのもおすすめです。

【参考】中国人の方が難しいと感じるポイント

中国語を母語とする方ならではの、日本語学習で苦戦しやすいポイントについて以下の記事でご紹介しています。

中国語母語の方におすすめの勉強方法についても合わせてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎中国人が難しいと感じる日本語のポイントとは?理由とおすすめの勉強法

まとめ

世界最大規模の日本語能力試験では、読解力や聴解力など相対的な日本語の実力を測ることが可能です。

最難関とされるN1に合格することで、ほとんどの求人への応募条件を満たすことができます。

また、国家試験などの科目の免除など得られるメリットは多いので、日本語を学習している方はぜひN1合格をめざしてみてはいかがでしょうか。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトTENJeeでは、語学力を強みとした仕事探しをすることが可能です。

さまざまな業界・職種の求人情報が掲載されているので、自分にぴったりの仕事を探しやすいのではないでしょうか。

詳しい仕事内容や福利厚生、語学要件なども記載されているので、興味をお持ちの方は是非一度TENJeeの求人情報をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かして仕事探しをしたい方はこちらから

中国人が難しいと感じる日本語のポイントとは?理由とおすすめの勉強法

「日本語を学んでいるけれど苦戦している」「日本語を勉強したいけれど難しそうで不安」とお悩みの中国人の方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、中国語を母語とする方ならではの「日本語の難しいポイント」について、その理由とおすすめの勉強法についてご紹介します。

日本語スキルを身につけることは、日本での仕事探しを有利に進めることにつながります。

中国語が話せる人専用の求人サイトTENJeeでは、中国語スキルを強みにできる仕事情報を多数掲載しています。

日本語と中国語という高い語学力を活かし、理想の仕事探しに挑戦してみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かして日本で仕事を探したい方はこちらから

【発音編】中国人が難しいと感じる日本語の特徴

中国語と比較すると、日本語は音の種類が少なく発音は簡単であるといえます。

ただし、中国語にはない音に関しては苦戦する中国人の方も多い傾向があります。

”促音”「っ」の発音が難しい

日本語において促音と呼ばれる「っ」の発音に苦戦する中国人の方は多いといえます。

日本語では「きっぷ」や「らっぱ」を発音する際に促音「っ」も一拍として数えますが、中国語を母語とする方が「きぷ」「らぱ」というように、一拍と捉えることが難しい傾向があります。

対策としては、お手本の音声に合わせて手拍子をしながら発音することなどで練習するとよいでしょう。

”長音”「ー」の発音が難しい

長音「ー」との発音も、中国人にとって難しいとされる発音のひとつです。

日本語は母音単体を一拍と数えて発音する点に苦戦する学習者は多くいます。

促音同様に、音声に合わせて手を叩くなどしてリズムを意識することがおすすめです。

語末の母音や「ん」の発音が難しい

語末にある母音や「ん」の音は発音・聞き取りともに難しいといわれています。

特に他の言語において省略されやすい語末の音であっても、日本語ではきちんと子音まで発音しなければならない点に苦戦する学習者は多い傾向があります。

また「ん」は続く音によって発音が異なるため、日本語学習者にとっては習得が難しい音といわれています。

「ん」の発音については日本語の中でも最も難しい発音のひとつとされているので、規則性を意識しながら繰り返し練習することが大切です。

清音と濁音の発音の区別が難しい

「カ行」と「ガ行」のように、日本語は「゛(濁点)」の有無で音を区別しますが、中国語にはこの区別はありません。

そのため、多くの中国人の日本語学習者は、清音と濁音の発音に苦戦する傾向にあります。

清音と濁音の違いは声帯の振動があるかどうか”なので、発音練習の際は喉に手を当てて、振動しているかどうかを確かめることがポイントです。

【語彙編】中国人が難しい日本語の特徴

中国語と日本語は漢字文化圏であるという共通点があり、同じ意味を持つ熟語も多いため、比較的語彙習得は簡単であるといえます。

しかし、共通点が多いため、”似ているけれど異なる部分”をしっかりと意識して覚える必要があるといえます。

日本語の漢字が難しい

中国本土で使われている簡体字と、日本語における漢字には異なるものが多くあります。

例えば簡体字の「单」と日本語の「単」は一見同じに見えますが、比べてみると日本語の方が一画多いです。

ほかにも「经」と「経」など紛らわしい漢字は多いため、意識して覚える必要があるでしょう。

漢字の組み合わせは同じでも意味が異なる熟語がある

漢字自体は同じでも、日本語と中国語で異なる意味を持つ漢字も少なくはありません。

たとえば「老婆」は中国語では「奥さん」という意味を表しますが、日本語では「老年の女性」を表します。

このように、同じ単語でも全く異なる意味を表すため、苦戦する中国人の方も多い傾向にあります。

外来語が難しい

「ビール」や「レジャー」のようにカタカナで表記される外来語が日本語には多くあります。

しかし、これらの日本語としての発音は原語での発音と異なるものも多くあり、混乱してしまう学習者は多いです。

たとえば「レジャー」も「leisure」という英単語は「リージャー」という発音です。

英語に忠実に発音してしまうと日本語としては不適切となってしまうため、意味は同じであっても日本語としての発音とそれに基づくカタカナ表記を新たに覚える必要がある点に注意が必要です。

【文法編】中国人が難しい日本語の特徴

中国人の方が苦戦しやすい日本語の文法について解説します。

敬語が複雑で難しい

日本語は敬語表現が複雑であるという特徴があります。

「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」のように敬語の中にも種類があり、社外の人の前では自分の上司であっても謙譲語を使うなどの「ウチ/ソト」という考え方があるなど非常に複雑です。

また、日本人はマナーや礼儀の一種として敬語を大切に考える人が多いです。

複雑な文法ですが、日本で働く上ではしっかりと押さえておきたい項目であるといえるでしょう。

形態変化が難しい

中国語には形態変化が存在しないため、日本語における動詞の時制表現や形容詞の修飾/被修飾関係の変化などに苦戦する方が多い傾向にあります。

たとえば「歩く」という同じ動詞であっても、「歩きます」「歩いた」というようにさまざまな形に変化します。

日本語の形態変化にも一定の規則性があるため、パターンを覚えて学習を進めることがおすすめです。

助詞が難しい

日本語の「助詞」の使い方に苦戦する中国人の方も多くいます。

たとえば、「私”が”食べる」「私”は”食べる」といった「が」「は」の使い分けなどについては、明確に定義することが難しいといえるでしょう。

<h2>日本語を勉強するときに意識したいポイント</h2>

日本語を勉強する上でおすすめの学習方法についてご紹介します。

音楽や漫画、アニメで楽しみながら学ぶ

日本語の歌や漫画、アニメは日本語を学習する際におすすめの教材です。

メロディを伴う歌は、普通の文章や単語帳などと比較して記憶に定着しやすいといえます。

効率的に単語や表現などの例文を学ぶことができるため、日本語の暗記に役立つのではないでしょうか。

また、漫画やアニメには実際の日常会話に近い表現や単語を理解しやすいとう特徴があります。

現代社会を舞台にした作品に触れることで、教科書の例文よりも自然な日本語の表現を学ぶことができるでしょう。

そしてこれらの日本語コンテンツを学習に活用する上での最大のポイントは、”楽しみながら”日本語に触れられるという点です。

好きな歌や作品を楽しみながら、同時に多くの日本語表現に触れることができるため、学習を継続しやすいといえるのではないでしょうか。

SNSを活用する

SNSサービスも、日本語学習の強い味方です。

SNSを活用することで日本語ネイティブと日本語で会話をしたり、他の日本語学習者と交流することで学習意欲を高め、情報交換をしたりといった様々な活用をすることができます。

隙間時間を活用する

日本語学習者に向けて単語や文法の学習、演習をおこなうことのできるスマートフォン向けアプリを活用することもおすすめです。

移動時間などの隙間時間を活かして手軽に日本語学習をすすめることができるでしょう。

また、参考書や単語帳などの電子書籍を購入することでも、隙間時間を有効活用することができます。

毎日まとまった時間をとることが難しいという場合でも、隙間時間での学習を積み重ねることで着実に日本語学習を進めることができるといえるでしょう。

中国語と日本語を活かせる仕事の探し方

中国語と日本語という2つの言語を活かすことのできる仕事の具体的な探し方についてご紹介します。

資格でスキルを可視化する

語学力を活かして仕事を探したい場合は、関連する資格を取得することで、自分のスキルを採用担当者に明確にアピールすることができます。

こちらの記事では、日本語と中国語それぞれのおすすめの資格についてご紹介しています。

資格の種類ごとに重点的に測定できる技能が異なっているので、自分の強みや志望する業界に合った資格を選ぶことが大切です。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

語学学習や海外滞在経験を人間力のアピールに活かす

語学スキルだけではなく、語学学習の過程や海外での滞在経験を人間力と結びつけてアピールすることもおすすめです。

目標達成にむけた計画性や粘り強さ、異文化への理解の試みなど自身の強みとなる部分を、エピソードを交えながらアピールすることを意識しましょう。

【参考】中国人の方が日本で仕事を探すポイント

こちらの記事では、中国人の方が日本で仕事探しをする方法やおすすめの手順について、具体的にご紹介しています。

ぜひ合わせて参考にしてください。

▶︎[中国人向け]日本で自分に合った仕事の探し方・おすすめの手順

中国語話者に特化したサイトを活用する

中国語スキルを活かせる仕事専用の求人サイトを利用することで、中国語が母語であることを強みとして仕事探しを進めることが可能です。

中国語スキルを持つ方専用の求人サイトであるTENJeeでは、中国語を話せる人材を積極的に採用している企業を多数紹介しています。

初級から上級まで様々な日本語レベルに合わせて求人を探すことができるので、安心して仕事探しを進めることができるのではないでしょうか。

また詳しい仕事内容や福利厚生についても記載されているので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を武器に日本で仕事を探したい方はこちらから

まとめ

中国語と日本語の違いから、中国人の方が躓きやすい学習項目についてご紹介しました。

学習において難しい点をあらかじめ可視化することで、日本語の学習を有利に進めることができるでしょう。

地理的にも近く、文化交流も盛んであるという利点を活かすことで、楽しみながら学習を進めてみてはいかがでしょうか。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトであるTENJeeでは、様々な日本語レベルに合わせて仕事を探すことが可能です。

求められる日本語の程度なども記載されているので、日本語学習の目標を設定する上でも参考になるのではないでしょうか。

まずは一度、実際の求人情報をチェックしてください。

※日本で中国語を活かせる仕事をお探しの方はこちらから

日本で中国語講師になるには!求められるスキルとおすすめの資格

中国語と日本語の語学スキルを活かして、日本人を相手に中国語を教えたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

観光客の往来も盛んでビジネスシーンでも取引の多い中国は、日本にとって身近な国のひとつです。

中国語を学んでビジネスや旅行に活かしたいと考える人も増えています。

そこで今回は、”中国語講師になるにはどうすればよいのか”について解説します。

中国語を教えるにあたって求められるスキルや、おすすめの資格についても合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

中国語講師の求人情報をお探しの方には、TENJeeがおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトなので、語学力が強みとなる仕事情報を簡単に探すことが可能です。

興味をお持ちの方は是非一度TENJeeの求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる求人情報をお探しの方はこちらから

中国語講師に求められるもの

中国語の講師に求められるスキルについてご紹介します。

高い語学力

中国語を教えるにあたって、一番に求められるのは優れた語学力です。

初級から上級まで幅広い層の学習者の疑問を解決できるだけの語学に関する知識は不可欠であるといえるでしょう。

教え方のスタイルにもよりますが、中国語に限らず日本語の語学力も必要となる場合がほとんどです。

教える対象である中国語だけでなく、学習者とのコミュニケーションを問題なくとれる日本語のスキルも必要であるといえるでしょう。

人に教える力

語学力と同じくらい大切なのは「教える力」です。

自分が理解し、使いこなす語学力と、誰かに教える力は異なるスキルが必要になります。

理解が難しい文法事項などを、相手にとって一番わかりやすい形で伝える工夫など、講師ならではのスキルも重要だといえるでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も、中国語を教える上で重要です。

学習者にとって学習途上にある中国語でのコミュニケーションは難しく、緊張してしまう場合も多いです。

言語によるコミュニケーションだけでなく、ジェスチャーや表情などを活かして、学習者が楽しんで中国語を学べる雰囲気を作るコミュニケーション力も重要なスキルといえるでしょう。

文化・風習への理解

語学学習を進める上で、文化や風習などへの理解も重要な要素のひとつです。

背景にある文化や風習、国民性を理解することは言語の理解を深めるのに役立つといえます。

語彙や文法を教える際に合わせて中国の一般的な価値観を伝えることで、学習者により深い学びをもたらすことができるのではないでしょうか。

また、中国人の方が講師として日本人に接する際にも、日本人の文化や風習、価値観を理解しておくことは重要です。

価値観の違いなども踏まえながら教えることで、より円滑に授業を進めることができるでしょう。

こちらの記事では、日本人と中国人の考え方の違いについて、仕事に対する考え方を中心に詳しく解説しています。

ぜひこちらもあわせて参考にしてみてください。

▶︎日本人と中国人の仕事に対する考え方の違いを徹底解説

中国語講師になるために必要な資格

中国語の講師としてはたらくために必要となる資格は、職場によって大きく変わります。

ただし共通していえるのは、高い語学力を示すことのできる資格が採用に直結するということです。

中国語の資格はもちろん、中国人の方は日本語の資格も合わせて、高い語学力をアピールできる資格の取得が必要であるといえるでしょう。

こちらの記事では日本国内で受験することができる日本語と中国語の資格について解説しています。

様々な資格の種類や、それぞれの特化している技能なども紹介しているので、資格取得の参考にしてください。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

IPA国際公認漢語(中国語)教師資格認証試験

IPA国際公認漢語(中国語)教師資格認証試験は中国語を母国語としない方に中国語を教えるための能力を測る試験です。

世界100カ国以上の地域で認可されており、世界基準の資格であるといえます。

中国語の講師として働く上で必須ではありませんが、保有していることで重要なアピールポイントとなる資格といえます。

【中高で教えたい方】中国語教員免許

中学校・高等学校で中国語を教えたいとお考えの方は「中国語教員免許」を取得する必要があります。

これは教員免許の一種で、大学在学中に教職課程を履修したり、通信制の大学の教職課程を履修したりする必要があります。

教職免許の取得については、以下の文部科学省のホームページを参照してください。

参考:文部科学省「教員免許状を取得可能な大学等」

【大学で教えたい方】博士号

大学で中国語を教えるためには、大学院に進学し博士課程を取得するのが一般的です。

中国に関連した授業を行う教員が中国語の授業を受け持つ場合も多く、語学以外の知識や経験も非常に重要であるといえます。

中国語講師として働ける場所

中国語講師としてはたらくことができる場所にはどのようなところがあるのかご紹介します。

語学学校

中国語を教える場として代表的なのは語学学校です。

外国語を教えることに特化した場所であるため、中国語を教えるために必要な設備も整っているといえるでしょう。

また、生徒も自ら進んで語学力を身につけようと考えている人が殆どであるため、意欲の高い学習者が集まっている空間であるといえます。

語学を教えることに専念できる環境であるといえるでしょう。

中学や高校

中学校や高等学校において、第二外国語として中国語を教えることもできます。

グローバル化に伴い、早い段階から外国語を子供に教えようとする動きが盛んになってきました。

私立の中学、高校では必修や選択科目として中国語を教えている学校が増えています。

学びの場として環境が整えられており、外国語を教えるだけでなく、日本の学校の先生としての働き方が可能な職場であるといえます。

大学

中国語をはじめとした諸外国語の教育が盛んに行われているのが大学です。

多くの大学、学部において第二外国語の学習が必修となっており、中国語の教員の需要が高い場所のひとつであるといえます。

また、中学や高校と比較して教員側の自由度も高い傾向にあります。

学校行事やクラス活動などへの参加が殆ど必要ないため、言語教育に専念しやすい環境といえるのではないでしょうか。

まとめ

中国語学習者世界的にみても増えています。

需要も高く、語学力を最大限発揮できる語学教員として自分の理想の働き方を実現してみてはいかがでしょうか。

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトTENJeeでは、中国語講師に限らず幅広い業界・職種の仕事情報を多数掲載しています。

詳しい仕事内容や福利厚生、必要な語学要件についても詳しく記載されているので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

【レベル別】中国語を活かせるおすすめの仕事!特徴と求職活動のコツ

グローバル化が進んだ今日、観光やビジネスなど国境を越えた交流が盛んになっています。

日本国内においても、高い語学力を持つ人材への評価や需要は高まっているといえるでしょう。

そこで今回は、中国語を活かせる仕事の種類や仕事探しのポイントについて解説します。

中国語レベルの目安と、それぞれのレベルに合ったおすすめの仕事についても詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

また、中国語を活かせる仕事をお探しの方にはTENJeeがおすすめです。

中国語スキルを持つ方専用の求人サイトなので、幅広い職種の中から自分にぴったりな仕事を簡単に探すことができますので、ぜひご覧ください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

中国語レベルの程度とは

中国語レベルの程度を測る目安として、一般的な資格試験のスコアや級などを例にご紹介します。

【初級】中国語を使った簡単なやりとりができるレベル

「初級レベル」の中国語とは、中国語での簡単なやりとりや、辞書を用いながらの読解が可能であることが目安です。

資格試験では、一般的にHSK4〜5級、中国語検定3〜2級、TECCスコア500〜800程度が初級レベルであるとされています。

【中級】日常会話レベルから簡単なビジネス会話まで

「中級レベル」の中国語は、中国語での日常会話を問題なく行うことができ、ビジネス会話もある程度は理解できることが目安です。

資格試験では一般的に、HSK6級以上、中国語検定準1級以上、TECCスコア800〜900程度が中級レベルにあたるとされています。

【上級】専門的で複雑なビジネス会話からネイティブレベル

「上級レベル」の中国語は、あらゆるシーンにおけるビジネス会話や、複雑な表現などをネイティブと同程度におこなえることが目安です。

資格試験では中国語検定1級以上、TECCスコア900~1000程度が上級レベルにあたるとされています。

レベルやシーン別中国語が活かせる仕事例

それぞれの中国語レベルや、得意な技能が活かせるシーン別に中国語スキルを武器にできる仕事をご紹介します。

【初級レベル】なら定型文が比較的多い接客業に活かせる

定型文がある程度決まっている状況では、初級レベルの中国語話者が十分に活躍することができます。

特に飲食店などのBtoCの接客の場合、用いられる語彙が少なく求められる表現も比較的易しいため、挑戦しやすいといえるでしょう。

【中級レベル】なら専門用語次第でビジネスシーンでも対応できる

日常会話を問題なく理解できる中級レベルの中国語話者は、臨機応変なコミュニケーションが可能といえます。

初級レベルの方同様に接客業では中国語を武器にした活躍が期待できるほか、ビジネスに関する語彙を学ぶことでビジネスシーンにも対応できるといえます。

希望業界が定まっている方の場合は、その業界や職種の関連語彙を集中して身につけることで、より複雑なビジネスシーンであっても挑戦しやすいといえるでしょう。

【上級レベル】語学力を最大限発揮できる仕事が選べる

ネイティブに近い高い中国語スキルを持つ上級レベルの方は、語学に特化した仕事でも活躍することが可能です。

翻訳・通訳・語学教員など中国語と日本語スキルを最大限発揮する仕事や、複雑な用語やコミュニケーションが問われるビジネスシーンにも対応が可能であるため、キャリアアップも目指しやすいといえるでしょう。

ネイティブレベルの高い語学力を持つ方だからこそ可能なおすすめの仕事については、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ合わせて参考にしてください。

▶︎中国語ネイティブ向けの求人とは?職種やおすすめの探し方

会話力を活かしたい方におすすめの仕事

中国語スキルの中でも、”聞く力”と”話す力”に自信がある方におすすめの「会話力」を活かせるおすすめの仕事には以下のようなものがあります。

・ホテルや旅館スタッフ

・観光案内

・商業施設などの総合案内所スタッフ

・免税カウンタースタッフ

・海外営業

・通訳者

業務内容により求められる中国語スキルは異なりますが、以上のような仕事では読み書き能力よりも会話によるコミュニケーション能力が重視されています。

読み書きに自信がある方におすすめの仕事

”読む力”と”書く力”を活かして働きたい方におすすめの仕事には以下のようなものがあります。

・事務職(貿易や中国系企業など)

・経理職

・旅行会社のスタッフ

・翻訳業

書類の作成や整理が主な仕事である事務職や、メールなどでのコミュニケーションが主流である旅行会社のスタッフなどは、会話が求められる場面が少ない職種です。

中国語で文章を作成する場面が多く、読み書きスキルを活かすことができる仕事といえるでしょう。

中国語を活かして仕事を見つけるポイント

中国語スキルを最大限活かして仕事を見つけるポイントをご紹介します。

資格で語学力を可視化する

中国語力をアピールする上で最も有効な方法は、資格を取得することです。

中国語力を測ることのできる資格にはさまざまな種類があり、それぞれ重点的に測ることのできる技能や活用シーンが異なります。

自分の得意な分野や目指す職種・業界に応じて、受験する資格を変えることが大切です。

日本で取得可能な中国語の資格の種類とそれぞれの特徴については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

文化・風習の違いを理解する

中国語を活かせる職場では、中国人の方と交流する機会は多くあります。

文章や会話を通してコミュニケーションをおこなう上で語学力と同じくらい大切なのは、文化の違いへの理解度です。

日本人にとって望ましいとされる言葉や態度が、中国では相手にとって失礼にあたる場合もあるので、事前に価値観の違いへの理解を深めておくことが重要です。

こちらの記事では、仕事にまつわる考え方を中心に、一般的な中国人の方の考え方についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎中国人の仕事観とは?一緒に働く上で注意すべきポイントを解説

日本語との共通点を意識して学習する

中国語を活かして働く上では、語学スキルを維持しさらに向上させ続けることが大切です。

働きながらのスキルアップは、効率を重視することが鍵ですが、中国語学習においては”日本人ならではのコツ”をおさえることがおすすめです。

こちらの記事で、日本人の方が中国語のスキルアップをめざす上で押さえておきたいポイントについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎中国語学習は日本人に有利!日本語との共通点や特徴、覚えやすい理由

語学以外のスキルや人間力も積極的にアピールする

就職・転職活動をおこなう上では、語学力以外の強みも合わせてアピールしていくことが大切です。

特に中国系企業は「実力主義」「成果主義」という方針を掲げている場合が多いため、数字などを伴った具体的なスキルやキャリアをしっかりと説明できる状態にすることがおすすめです。

中国語を活かせる仕事に就く方法

中国語を活かすことのできる仕事の探し方や就職・転職活動の方法についてご紹介します。

現地採用の場合

中国に渡って働きたいとお考えの方は、中国系企業が実施している現地採用に申し込むという方法があります。

ほとんどの中国系企業がインターネット上で採用活動をおこなっているため、日本国内からも申し込むことができます。

中国の求人サイトを利用するのはもちろんのこと、日本国内の求人サイトにも中国系企業の求人が掲載されていることも多いため、まずはインターネット上で検索してみるとよいでしょう。

こちらの記事で、中国における転職活動や転職観について詳しく解説しているので、合わせてぜひ参考にしてください。

▶︎中国の転職事情とは!中国人の転職観と中国本土で転職するポイント

日本採用の場合

日本国内で中国語を活かせる仕事を探す場合も、インターネット上の求人サイトの利用がおすすめです。

中国語スキルを持つ人材を必要とする日系企業や、中国系企業の日本支店など、さまざまな職種の求人情報を探すことが可能です。

中国語に特化した求人サイトがオススメ

中国語に特化した求人サイトを利用することで、現地採用・日本採用問わず豊富な求人を簡単に探すことが可能です。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトTENJeeでは、幅広い業界・職種の仕事を多数掲載しています。

中国語スキルを活かせる仕事専門のサイトなので、語学力が強みになる求人を簡単に見つけることが可能です。

福利厚生や詳しい仕事内容についても記載されているので、興味をお持ちの方はぜひ一度実際の求人をチェックしてみてください。

※TENJeeの求人情報をチェックするにはこちらから

まとめ

さまざまな業界・職種において中国語スキルの需要は高まっています。

自分のレベルや得意な技能に応じて就職・転職活動を行うことで、高い語学力を最大限発揮することができるでしょう。

今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひ理想の仕事を探してみてください。

TENJeeでは中国語を活かせる多様な仕事を簡単に探すことが可能です。

求められる語学要件などのスキルについても記載しているので、まずは一度TENJeeをチェックしてみてください。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

中国人が日本のビザを取得する方法!ビザの種類から手続きまで徹底解説

日本に滞在する際によく耳にする「ビザ」ですが、「就労ビザ」や「医療ビザ」、「短期滞在ビザ」など様々な種類があり、混乱している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ビザの種類などの基本情報から取得方法まで、ビザにまつわる疑問点にまとめてお答えします。

「在留資格」などのビザに関連する資格や手続きについても合わせてご紹介するので、日本での滞在や就職をお考えの方はぜひ参考にしてください。

また、中国語を活かして働きたいという方には、TENJeeがおすすめです。

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトなので、幅広い業種・職種から自分にぴったりの仕事を簡単に探すことができます。

興味のある方はぜひ一度、実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

そもそも「ビザ」とは

「ビザ」とは本来「査証」と呼ばれる、入国するために必要な許可証を指す言葉です。

これに対し、滞在するために必要な許可のことを「在留資格」と呼びます。

しかし日本ではこれら2つを合わせて「ビザ」と呼ぶ場合が多いです。

また、在留資格を慣例的に「就労ビザ」と呼ぶなど、ビザにまつわる名称が少々分かりにくくなっています。

この記事では「ビザ」を本来の意味である「査証」として種類や手続き方法などをご紹介していきたいと思います。

ビザの原則的発給基準

ビザの発給を受けるには4つの要件を満たしている必要があります。

(1)有効なパスポートを所持していること

(2)必要な書類を正しく提出していること

(3)ビザの種類や目的が申請者の実際の状況と一致していること

(4)入管法第5条第1項各号に該当しないこと

参考:外務省「ビザの原則的発給基準」

「Criteria of Visa Issuance(English ver.)」

出入国在留管理庁「入国・帰国手続<上陸拒否事由(入管法第5条)>」

ビザの有効期限

ビザは原則1回の入国に限り有効です、

発給された翌日から計算して3ヶ月間内に来日し、日本で入国審査を受ける必要があります。

なお、ビザの有効期間は延長できないので注意してください。

ビザの種類

ビザにはその目的や滞在期間に応じていくつかの種類に分かれています。

就労・長期滞在目的のビザ

日本での就労や長期的な滞在を目的とする場合のビザには以下のようなものがあります。

ビザの発給を受ける際には、自分の滞在目的や職業に応じたビザを選択することが必要です。

[高度専門職ビザ]

高度専門職1号イ・ロ及びハ、高度人材

[就業ビザ]

教授、芸術、宗教、報道、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術・人文知識・国際業務、企業内転勤、介護、興行、技能、特定技能、技能実習

[一般ビザ]

文化活動、留学、研修、家族滞在

[特定ビザ]

日本人の配偶者等、永住者の配偶者、定住者、特定活動

[起業(スタートアップ)ビザ]

起業

[外交ビザ]

外交

参考:外務省「就労や長期滞在を目的とする場合」

「Work or Long-term stay(English)」

[観光ビザ]就労が認められていないビザ①

「観光ビザ」は中国国籍の方が観光目的で訪日する際に必要になるビザです。

旅行の仕方や滞在期間によって取得する方法が異なりますが、いずれの場合も中国の旅行会社が申請を行う必要があります。

「団体観光ビザ」は中国の旅行会社が主催する観光ツアーに参加する中国人が取得するビザです。滞在期間は15日以内と定められており、添乗員の同行が必要です。

「個人観光ビザ」は行き先やビザの有効期間に訪日する回数に応じてさらに「個人観光一次ビザ」「沖縄県数次ビザ/東北六県数次ビザ」「十分な経済力を有する者向け数次ビザ」の3種類に分類されます。

それぞれの詳細については以下の外務省ホームページを参照してください。

参考:外務省「中国団体観光・個人観光ビザ」

「Visa information for Chinese nationals(English)」

[短期滞在ビザ]就労が認められていないビザ②

「短期滞在ビザ」は日本に3ヶ月以内の出張や滞在をする際に必要になるビザです。

ただし日本が定めたビザ免除国の外国人の方は90日以内の滞在であればビザを申請する必要はありません。

中国人の方の場合は1〜90日の短期滞在でもビザが必要になるので注意が必要です。

参考:外務省「ビザ免除国・地域(短期滞在)」、   

「Exemption of Visa(Short-Term Stay) (English)」

[医療滞在ビザ]就労が認められていないビザ③

就労が認められていないその他のビザのひとつに、医療目的での滞在に必要な「医療滞在ビザ」があります。

「医療滞在ビザ」についての詳細は、以下の外務省のホームページを確認してください。

参考:外務省「医療滞在ビザを申請される外国人患者等の皆様へ」

「For those who would like to apply for the “Visa for Medical Stay” (English)」

「在留資格」とは

「在留資格」は日本に滞在するために必要な許可を指しており、日本では慣例的に「就労ビザ」と呼ぶことが多いです。

滞在の目的に応じて種類が分かれており、資格ごとに日本で行うことのできる活動に制限があります。

在留カードとは

「在留カード」は在留資格を明示するための証明書です。

7空港(新千歳空港、成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港、広島空港、福岡空港)では、上陸許可が下りた際にパスポートに上陸許可の証印が押され、中長期滞在者に在留カードが交付されます。

中長期滞在者は3ヶ月以上の在留期間が定められた場合など、いくつかの条件を満たした方を指します。

詳しくは以下の出入国在留管理庁のホームページを参照してください。

参考:出入国在留管理庁「新しい在留管理制度がスタート!」「致在日本居住的外国籍人士 中文〈简体字〉」

在留資格の種類

在留資格には以下のような種類があります。

それぞれ日本でおこなうことのできる活動や利用できる制度が異なっています。

[就労が認められる在留資格(活動制限あり)]

外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、高度専門賞、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術人文地域・国際業務、企業内転勤、介護、興行、技能、特定技能、技能実習

[身分・地位に基づく在留資格(活動制限なし)]

永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者

[就労の可否は指定される活動によるもの]

特定活動

[就労が認められない在留資格]

文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在

各資格の詳細については以下の出入国在留管理庁の資料を参照してください。

参考:出入国在留管理庁「在留資格一覧表(令和2年9月現在)」

長期滞在目的のビザ取得から在留資格取得までの流れ

長期滞在ビザを取得して新規来日し、在留資格を取得するまでの流れ、または在留資格を更新する流れをご紹介します。

長期滞在目的のビザ取得にかかる時間

新たに長期滞在のビザを取得し、在留資格を取得するまでには平均して1ヶ月から3ヶ月ほどの期間が必要になるといわれています。

準備する必要のある資料も複数あるため、余裕を持って申請を行うとよいでしょう。

ビザ/在留資格の要件を満たしているのかを確認する

以下の資料を参考に、必要な条件が揃っているかを確認します。

参考:出入国在留管理庁「在留資格の変更,在留期間の更新許可のガイドライン」

在外日本大使館・領事館で申請する(新規取得の場合)

自分の国にある日本大使館または領事館で申請をおこないます。

来日し、入国審査を受ける(新規取得の場合)

日本に上陸し、入国審査を受けます。

入国が許可された時点でビザ(査証)の役割は終わりです。

在留資格取得・更新に必要な資料を集める

在留資格申請に必要な以下の書類を準備します。

・在留資格認定証明書交付申請書(新規取得の場合)

・在留資格変更許可申請書(変更・更新の場合)

・在留期間更新許可申請書(変更・更新の場合)

・身元保証書(日本語版/英語版)

・質問書(日本語、英語、中国語簡体字、中国語繁体字など)

・申立書

・外国人患者に係る受入れ証明書

参考:出入国在留管理庁「在留資格認定証明書交付申請」

書類を作成する

書類を記入します。

所定の書式があるもの・ないものがあるので注意が必要です。

出入国在留管理庁へ申請する

日本における住所地(都道府県ごとなど)に応じて、その地域を管轄する出入国在留管理庁の出張所に申請をおこないます。

結果通知を受け取る

申請に対して「許可」「追加資料提出」「不許可」のいずれかの通知が郵送されます。

在留カードを受け取る

新たに在留資格を取得した場合は、簡易書留で「在留資格認定証明書」が郵送されます。

在留資格の変更・更新の許可が下りた場合は、「通知書」「在留カード」(更新の場合)を申請者本人が出入国在留管理庁に持参し、新たな在留カードを受け取ります。

まとめ

ビザや在留資格は、種類によって日本に滞在可能な期間や行うことのできる活動などが大きく変わります。

自分の目的に応じて適切な種類を選択することが必要です。 

また、日本で中国語を活かして働きたいとお考えの方には、TENJeeがおすすめです。

さまざまな業界・職種から中国語が大きな強みになる求人を簡単に探すことができるため、自分にぴったりの仕事が見つかるのではないでしょうか。

日本で仕事を探す際にはぜひ、TENJeeを活用してみてください。

※中国語を活かせる仕事を探したい方はこちらから

中国語を活かしてマーケティング職に!求められるスキルや求人の探し方

グローバル化が進み、国を超えた企業活動も盛んな今日、語学力は求職者にとって重要なアピールポイントといえます。

そこで今回はマーケティング職に注目して、詳しい仕事内容や求められるスキル、中国語を活かせる求人の探し方をご紹介します。

中国語に特化した求人サイトTENJeeでは、マーケティング職に限らず、幅広い業界・職種の求人情報を掲載しています。

どのような仕事があるのか、まずは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

※中国語を活かした仕事探しはこちらから

マーケティング職の仕事内容とは

マーケティング職とは、世間のニーズを調査し自社の製品やサービスをより多くの人に届けるための方法を考える仕事を指します。

調査から広報活動までと非常に幅広い業務を担当するマーケティング職の仕事内容の一例をご紹介します。

商品を企画する

マーケティング職では製品やサービスなど、世間のニーズにあった商品を企画します。

一般的には、さまざまなデータを読み解きながらコンセプトを固め、経営陣に向かってプレゼンテーションを行います。

経営陣からの許可が下りると、今度は製造工程の社員と協力して商品の発売開始に向けて準備を進めていくことも、マーケティング職の仕事に含まれます。

営業手法や販売促進施策を考える

自社製品やサービスを提供するにあたって、営業手法や販売促進のための試作を考える業務もマーケテイング職の仕事です。

ターゲットエリアの選定やキャンペーン試作、店頭での陳列方法など、より多くの顧客の心を掴む方法を考える必要があります。

市場調査や分析を実施する

マーケティング職では、アンケート調査などの市場調査を行い、その結果の分析を行います。

また、自社製品・サービスに限らず競合他社についても調査を行い、業界や市場全体のデータを集めることも多いです。

商品・サービスの広告・宣伝を検討する

ポスターやCM、チラシなどの広告のデザインや広告を出すエリア、媒体などを決めるのもマーケティング職の仕事です。

ターゲット層やエリアを選定し、どのような広告・宣伝が適しているかを考える必要があります。

中国語を活かせるマーケティング

中国語力を活かすことで、よりグローバルな視点からマーケティング活動をおこなうことができるようになります。

製品やサービスの提供にあたり、中国企業との取引を進めやすくなるのはもちろん、中国の情勢や実態についての情報も入手しやすくなるため、グローバルな市場を視野に入れることに繋がるでしょう。

取引相手やターゲットとする顧客の幅が広がることで、マーケティングをおこなう上での選択肢を増やすことにつながります。

中国語を活かしたマーケティング職で求められるスキル

中国語を活かしたマーケティング職に求められるスキルや語学力の程度についてご紹介します。

日本語・中国語ともにビジネスレベル以上

マーケティング職で語学力を武器にするためには、日本語・中国語ともにビジネスレベル以上であることが求められます。

求人によっては日常会話レベルでも応募可能なものもありますが、一般的にビジネスシーンにおける会話が問題なくおこなえる程度の語学力が必要です。

語学力は会話・読み書きともに重要

マーケティング職では、会話力と読み書き能力ともにバランスよく身につけておく必要があります。

取引相手や同僚とのコミュニケーションが十分取れる会話力はもちろん、データの分析を問題なくおこなえる読解力も重要です。

マーケティングに関する専門知識は評価につながる

データの分析や世間のニーズを掴むなど、マーケティングの仕事においては知識や経験が重要視されやすい傾向にあります。

そのため、マーケティング業務に携わった経験や、専門知識をあらかじめ習得していることは強みとなります。

マーケティング職に向いている人

マーケティングの仕事に向いている人の特徴についてご紹介します。

流行を察知するのが得意な人

マーケティング職では、世間のニーズを適切に掴み、求められる商品を企画・開発する力が重要です。

そのため、世の中の流行を察知するのが得意な人はマーケティング職に向いているといえます。

特に日本のみならず、中国のトレンドも掴むことのできる力は評価につながりやすいです。

語学力を活かすことで、翻訳された文章ではなく直接最新の情報を入手できる点は、スピード感や情報の鮮度が重要なマーケティングに活かせる大きな強みといえます。

数字やデータに強い人

データの分析が重要となるマーケティング職では、数字やデータに強いことは強みになります。

様々なデータから必要な情報を取り出す力に自信がある方は、マーケティング職に向いているといえるでしょう。

ロジカルに考えるのが好きな人

ロジカルな考え方は、マーケティングに限らずあらゆるビジネスシーンで重要とされています。

特にマーケティング職では、様々なデータから論理的に企画・開発を進める必要があります。

また、企画した商品を経営陣に向かってプレゼンテーションする際や、製造や営業などのその他の部署に説明する際にも論理的な思考は必要になります。

中国語を活かしてマーケティング職に就職・転職するポイント

語学力を武器にマーケティング職を目指す上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

中国語に特化した求人サイトを活用する

中国語に特化した求人サイトを利用することで、効率よく仕事を探すことが可能です。

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトTENJeeでは、マーケティング職をはじめ幅広い業界・職種の求人情報を掲載しています。

福利厚生や仕事内容、求められるスキルなども確認することができるので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を武器にマーケティング職を目指したい方はこちらから

資格を取得してスキルをアピールする

就職・転職活動においては、資格を取得することも大切です。

自身の持つスキルを可視化することで、採用担当者へのアピールがしやすくなるといえます。

こちらの記事では、中国語・日本語それぞれの資格について解説しています。

資格ごとに重点的に測ることのできる能力も異なるため、自分にあった資格を選ぶことも大切です。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

マーケティングに活かせる人間力をアピールする

書類選考や面接において、マーケティングに活かせる人間力をアピールすることも大切です。

求人情報などを活用して志望する業界や企業を分析し、エピソードを交えながらアピールしてみてはいかがでしょうか。

語学スキル習得に向けた学習過程なども、魅力的なエピソードのひとつです。

具体的なイメージを採用担当者に伝えることで、採用につながりやすくなります。

まとめ

市場を分析し、ニーズを掴む商品を企画・開発するマーケティング職においては、高い語学力を活かすことでより業務の幅を広げることが可能です。

よりグローバルな視野を持っていることを強みにすることで、マーケティング職への就職・転職活動を有利に進めることができるのではないでしょうか。

中国語に特化した求人サイトTENJeeでは、語学力が武器になる様々な仕事情報を掲載しています。

マーケティング職をはじめとした幅広い業界・職種の求人があるので、自分にぴったりの仕事を探しやすいといえるでしょう。

福利厚生や詳しい仕事内容など、ぜひ一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かして仕事探しをしたい方はこちらから

中国語を活かして経理の仕事に!求められるスキルや求人の見つけ方を解説

中国語を活かして働きたいという方に、おすすめの職種のひとつに「経理」があります。

日本に進出する中国系の企業も増えていることもあり、日本国内でも中国語・日本語両方のスキルを持つ人材を積極的に採用している企業が多いです。

そこで今回は「経理」の仕事に着目して、求められるスキルや詳しい仕事内容を解説します。

経理に向いている人の特徴についても合わせてご紹介するのでぜひ参考にしてください。

経理に限らず、中国語を活かせる仕事を探す際におすすめの求人サイトのひとつに、TENJeeがあります。

中国語に特化したサイトなので、他の求人サイトよりも簡単に語学力を活かせる仕事を探すことが可能です。

まずは一度、どのような求人情報が掲載されているのかチェックしてみてください。

※中国語を活かせる求人情報はこちらから

経理に求められる中国語・日本語の語学レベル

経理の仕事において求められる中国語・日本語の語学レベルについてご紹介します。

会話力より読み書き能力

経理に求められる語学力の特徴としては、会話力よりも読み書き能力が重視されるという点があげられます。

書類の作成やデータの集計・管理などの業務がメインとなってくるので、複雑なコミュニケーションが問われる場面は比較的少ないといえます。

会話力にはあまり自信がないという方でも安心して挑戦することができる仕事のひとつといえるでしょう。

中国語・日本語共に中上級が目安

経理に求められる語学力の程度を資格で表す場合、語彙や文法に関して中国語スキルはHSK5〜6級程度、日本語スキルの場合は日本語能力試験N1〜N2程度が一般的です。

コミュニケーション能力は、日常会話レベルでも問題無い場合が多いので、経理を目指す際は中上級レベルの読解力が求められているといえます。

経理に関する専門用語の知識は必要

基本的な語学力の程度は中上級レベルですが、加えて経理の専門用語についての知識も必要です。

入社後に基礎知識について社内研修をおこなう企業もありますが、あらかじめ基本をおさえておいた方が採用時に優先される傾向にあるといえます。

基本的な語学力に加えて、経理についてもある程度学んでおきましょう。

経理の仕事内容

経理は、会社のお金に関する記録を作成することが主な仕事内容です。

一般的に会社全体のお金の流れを把握し、金額に換算していく作業をおこないます。

次に経理の主な業務内容を4つに分けてご紹介します。

「出納(すいとう)」

出納とは、現金や預金などのお金を出し入れする業務を指します。

社員の出張費や交通費の建て替えや備品の購入といった、会社の経費に当てられるお金を管理する仕事です。

「起票」

起票とは、取引や出納の履歴を伝票として記録する業務を指します。

この伝票は証拠の役割があり、帳簿の作成時にも必要となる重要な書類です。

「記帳」

記帳とは、取引や出納の記録を勘定科目といわれる項目に基づいて分類(仕分け)して帳簿に記録する業務を指します。

記録に用いられる帳簿にはいくつかの種類があり、それぞれ分類方法や記入の方式が異なるため、経理はそれぞれのルールを把握しておく必要があります。

「集計」

集計とは、記帳した帳簿のデータを集計する業務を指します。

この時集計したデータに基づいてさらに表を作成するなど、お金にまつわる情報を整理する作業も経理の仕事に含まれます。

経理に向いている人の特徴

経理の仕事に向いている人の特徴についてご紹介します。

数字やデータの分析が好き

数字やデータを分析することが好きな人は経理に向いているといえます。

経理の主な仕事は数字やデータの整理・集計であるため、これらの業務にやりがいを見出せる人は経理の仕事がおすすめです。

コツコツと作業を続けるのが好き

机に向かってコツコツと作業を続けることが好きな人も、経理の仕事がおすすめです。

経理は基本的にデスクワークで、さまざまなデータやお金の流れをひとつひとつ整理する作業が多い為、これらにやりがいを感じる方も経理に向いているといえます。

細かなミスにも気づくことが多い

細かなミスに気付くことができる力は経理において重要です。

お金にまつわるデータを扱うため、少しのミスでも大きな問題につながります。

さまざまなデータを扱いながら、何か不備があった際に気付くことができる方は経理の仕事に向いているといえるでしょう。

中国語を活かせる経理の求人を探すポイント

中国語スキルを活かすことのできる経理の仕事を探す際に、意識したいポイントについてご紹介します。

中国語に特化した求人サイトを活用する

中国語に特化したサイトを活用することで、より簡単に効率良く仕事を探すことができます。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、経理をはじめ幅広い業界・職種の求人情報を多数掲載しています。

それぞれの仕事に求められる語学要件やスキル、詳しい仕事内容についても記載されているので、まずは一度どのような仕事があるのかチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事を探したい方はこちらから

経理に役立つ資格を習得する

経理の仕事に活かせる資格の取得は、就職・転職活動において非常に重要です。

日商簿記検定

「日商簿記検定」は経理の基本的な知識を総合的に身につけることができる検定です。

3級から1級までがあり、一般的に経理の採用で評価されるのは日商簿記2級以上とされています。

また、学歴や年齢に関係なく受験する級を選ぶことができます。

経理においてキャリアアップを目指す際にまず押さえておきたい資格といえるでしょう。

BATIC(国際会計検定)

「BATIC(国際会計検定)」は国際的な会計基準についての知識を測ることができる試験です。

出題は全て英語で、外資系企業や海外進出をすすめる日系企業において評価につながりやすいという傾向があります。

求められる英語力はTOEIC400〜450点程度とされており、英語で簿記を作成・説明する能力と国際的な基準に基づいて財務に関わる表を作成する能力が問われます。

公認会計士

「公認会計士」は監査や会計業務の高い専門性を測ることのできる国家資格です。

医師・弁護士と並ぶ難易度の高い資格ですが、応用範囲が非常に広いため、資格を取得することでさまざまな企業・団体の組織内会計士としての勤務や独立して開業することも可能になります。

税理士

「税理士」は税務における高い専門性を測ることのできる国家資格です。

社内でのキャリアアップに繋がることはもちろん、独立して開業することも可能です。

その分難易度が高くはなりますが、必要とされる5科目をバラバラに受験することができ、一度合格した科目に有効期限がないため、長期的に少しずつ取得を目指すことができます。

資格で語学スキルを可視化する

語学力についても資格を取得することでスキルを可視化することが重要です。

こちらの記事では、日本語の資格の種類やそれぞれの特徴についてご紹介しています。

自分にあった資格を選ぶ際に参考にしてください。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

こちらの記事では、中国語の資格について種類とその特徴を解説しています。

資格ごとに重点的に測ることのできる能力が異なるので、自分の志望企業などに合わせて受験することがおすすめです。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

まとめ

会社のお金に関する情報を整理する経理の仕事は、あらゆる企業・団体において必要とされる仕事です。

日本に進出する中国系企業も増えている中で、語学力と経理に関するスキルの2つを活かすことで、より自分にあった働き方が見つかるのではないでしょうか。

TENJeeでは中国語スキルを持つ人材を積極的に採用している企業の情報を多数紹介しています。

詳しい仕事内容や募集要項、福利厚生についても詳しく記載されているので、ぜひ一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事を探したい方はこちらから

中国語を活かして販売職に!仕事内容や求められるスキルとは

日本と地理的にも近い中国からは、毎年多くの観光客が来日します。

そんな中国人観光客に対し、中国語で接客できる人材はあらゆる職場で非常に高い評価を得ているといえるでしょう。

そこで今回は、中国語を活かして販売職に就職・転職する上でぜひ知っておきたい販売職のやりがいや、求められるスキルについて解説します。

販売職に向いている人の特徴についてもあわせてご紹介するので、販売職に興味をお持ちの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

中国語スキルを活かせる仕事専門の求人サイトTENJeeでは、販売職をはじめ様々な業界・職種の求人情報を簡単に探すことが可能です。

まずは一度、どのような仕事があるのか実際の求人をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる求人情報はこちらから

販売職に求められる中国語・日本語の語学レベル

語学力を活かして販売職として働く上で求められる、中国語と日本語のレベルについてご紹介します。

読み書きよりも会話力の比重が高め

販売職に求められる語学力は、読み書きよりも会話力が重視される傾向があります。

顧客と実際に会話しながら接客する場面が多いため、聴く力・話す力が重視されています。

読み書きに自信がない方でも、ある程度のコミュニケーションが取れるのであれば挑戦しやすい職種であるといえるでしょう。

中国語・日本語共に中上級が目安

販売職で求められる語学力をそれぞれ資格で表すと、中国語スキルはHSK5〜6級、日本語スキルは日本語能力試験N1〜N2程度とされています。

ひとくくりに販売職といっても、取り扱う商品の種類や価格帯によって求められる語学力が異なる点には注意が必要です。

例えば、百貨店やラグジュアリーブランドなどの高級な商品を取り扱う店舗では、より高い

語学力が求められる傾向にあります。

販売する商品への知識が求められるケースも

語学力に加えて、販売する商品への知識も重要です。

入社後に基本的な知識を社内研修として教える企業もありますが、基本的な知識を応募要件としている企業も少なくはないため、あらかじめ自身で理解を深めておくことをおすすめします。

販売職のやりがい

販売職の仕事におけるやりがいについてご紹介します。

顧客とコミュニケーションをとりながら働ける

販売職は顧客とコミュニケーションをとることも仕事の一部です。

繰り返しの作業が多いデスクワークと比較して、変化に富んでいるという特徴があるといえるでしょう。

多くの方が、新たな顧客との出会いや、馴染みの顧客と信頼関係を築いていく過程に大きなやりがいを感じています。

商品レイアウトスキルが身につく

実際に顧客とコミュニケーションをとりながら購買に結びつける点も重要ですが、同じくらい大切なのは商品のレイアウトです。

道行く顧客の目に止まるようなレイアウトを作り出すことで、お店に足を運んでもらいやすくするのも販売職の仕事といえます。

顧客の購買意欲を掻き立てる戦略的なレイアウト作りに、大きなやりがいを感じる方も多いといえます。

店舗運営に触れることで経営者の目線も学べる

販売職では、20代で管理職になることは珍しくはありません。

そのため、早い段階から管理者視点で業務に当たることができるケースが多いといえます。

また、売り上げや顧客数などがデータとして現れやすいため、これらを分析することも仕事です。

マネジメントやデータ分析といった業務に興味がある方にも、販売職はおすすめできるといえるでしょう。

販売職に向いている人の特徴

販売職に求められる人間力にはどのようなものがあるのかご紹介します。

お客様に寄り添えるコミュニケーション能力

接客が重要な仕事となる販売職においてコミュニケーション能力は非常に重要な力のひとつです。

顧客に寄り添い、親身になって話を聴く力やコミュニケーションを通して「またここに買いにきたい」と思わせる力が求められています。

人と話すことが好きな方や人見知りしない方などは比較的早く販売職に馴染めるかもしれません。

ビジネスマナーを踏まえた対応力

正しい敬語や顧客に対する接し方など、一般的にビジネスマナーと呼ばれる礼儀を実践できることも大切です。

コミュニケーションをとって顧客に寄り添う姿勢も大切ですが、相手にとって失礼にならないようにビジネスマナーなども身につけておく必要があります。

商品の魅力を伝える説明力

商品を販売する中で、顧客からの商品について質問を受ける機会も多いです。

そのため、自分の勤務先で取り扱っている商品の使用感や基本情報、おすすめのポイントなどについてわかりやすく説明する力が求められます。

単に知識を見つけるのではなく、それをきちんと相手に理解してもらえるような説明力も重要といえるでしょう。

臨機応変に立ち回る対応力

顧客からクレームや発注作業などのミスなど、不測の事態に対して臨機応変に対応できる力も重要です。

顧客からクレーム対応の際に動揺をしたり、顧客の気に障ってしまう態度をとったりしてしまうと、さらにトラブルが深刻化してしまいます。

非常時であっても落ち着いて、臨機応変に対応をとることも販売職にとって重要な力といえるでしょう。

中国語を活かせる販売職を探すポイント

中国語スキルを最大限活かせる販売職の仕事を探すポイントについてご紹介します。

中国語に特化した求人サイトを活用する

中国語スキルを活かせる求人サイトを活用することで、一般の求人サイトよりも簡単に理想の仕事を見つけることに繋がります。

TENJeeは中国語スキルに特化した求人サイトです。

幅広い業界・職種の仕事を簡単に探すことができるので、自分にぴったりの仕事を見つけることができます。

求められる語学要件やスキル、詳しい仕事内容についても掲載されているので、興味をおもちの方は、まずは実際の求人をチェックしてみてください。

※中国語を活かせる仕事情報はこちらから

資格でスキルを可視化する

資格を取得することで、採用担当者にスキルをわかりやすくアピールすることができます。

日本語や中国語といった語学スキルはもちろん、希望する職種に関連する資格がある場合は、取得することで就職・転職活動を有利に進めることができるでしょう。

こちらの記事では、日本語スキルを測ることのできる主要資格を4種類ご紹介しています。

資格ごとに重点的に測定できる技能も異なってくるので、この記事を参考に自分の希望する企業で求められるスキルを可視化するのもおすすめです。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

また、こちらの記事では中国語の資格の種類についてご紹介しています。

それぞれの資格の特徴について解説しているので、資格選びの際にぜひ参考にしてください。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

まとめ

多くの中国人観光客や留学生が来日する日本において、中国語と日本語両方での接客ができる人材は高く評価されています。

語学力を活かして、販売職でワンランク上の接客をめざしてみてはいかがでしょうか。

また、販売職に限らず、中国語を仕事に活かしたいとお考えのかたにはTENJeeの利用がおすすめです。

幅広い業界・職種の求人情報が掲載されているので、自分にあった仕事を探しやすいといえます。

詳しい仕事内容や求められる語学力などのスキルについても記載されているので、まずは実際の求人をチェックして、どのような仕事があるのかぜひ確かめてみてください。

※中国語を活かして働きたい方はこちらから

中国語と英語を仕事に活かす方法とは!おすすめの業界や仕事内容

グローバル化が進み、観光やビジネスなどにおいて人々の国境を越えた往来が盛んになっています。

そんな今日、ビジネスシーンにおいて語学力が非常に高い評価を得ているといえます。

その中でも特に、ビジネスの場面で用いられる機会が多い言語に英語、そして中国語をあげることができるでしょう。

今回は、英語と中国語のスキルを活かすことのできる業界や職種について概説します。

就職・転職活動におけるポイントや求められる資格、スキルについても合わせてご紹介するので是非参考にしてください。

中国語を活かせる仕事に特化した求人サイトTENJeeでは、語学力が強みになる仕事情報を多数紹介しています。

どのような業界・職種があるのかまずは一度求人情報を見て確かめてみてはいかがでしょうか。

※中国語を武器に仕事探しをしたい方はこちらから

中国語と英語のビジネスにおける魅力

ビジネスシーンにおける中国語と英語それぞれの魅力についてご紹介します。

”世界共通語”の代名詞「英語」

英語を母国語または第二言語とする人の数は世界中の言語の中で最も多いです。

文部科学省によると、英語を公用語・準公用語とする国は世界に54カ国あり、世界196カ国の4分の1以上の割合を占めていることがわかります。

また、Internet World Statsによると、2017年における世界のインターネット総人口41億6,000万人のうち、約26%が英語人口であることがわかっています。

学術研究やスポーツ、グローバルビジネスにおいても一般的に英語が共通語とされていることも合わせて考えると、英語は”世界共通言語”であるといえるでしょう。

日本でもグローバル化の影響もあり、英語教育を重要視する声が多くあがっています。

アジアや欧米などありとあらゆる地域で用いられている英語を習得することで、グローバルな市場でビジネスを展開することにつながります。

”訪日外国人数No.1”経済発展めまぐるしい「中国語」

中国はビジネスの世界において、存在感を強めている国のひとつです。

GDP(国内総生産)はアメリカに次ぐ世界第2位を誇っており、2019年度の経済成長率は前年度比6.2%を記録しました。

近年経済成長が注目されるインドの同年の経済成長率が前年度比4.2%であったことを考えると、中国の経済成長は非常に注目されているといえるでしょう。

また、中国語は中国本土に限らず、香港や台湾、マカオ、シンガポールでも使われている言語で、母語人口は世界第1位の約13億7000万人といわれています。

経済成長が著しく、世界各地で活躍を見せる中国語話者の存在を考えると、今後ビジネスシーンにおいて中国語の需要はさらに高まるといえるでしょう。

こちらの記事では、中国語を学ぶメリットについて主にビジネスの面から解説しています。

興味をお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

▶︎中国語を学び習得するメリットとは、ビジネスシーンでの需要や必要性

3ヶ国語のハイブリッドは強みになる

英語と中国語のビジネス面での魅力をご紹介しましたが、当然日本語・英語・中国語の3ヶ国語を習得することは、就職や転職活動において非常に強力なアドバンテージになるといえます。

GDPランキングにおいて上位3カ国を占めるこれらの国の主要言語は、あらゆる業界においてアピールポイントとなります。

英語と中国語を活かせるおすすめの仕事

日本において英語と中国語を活かすことができるおすすめの仕事についてご紹介します。

接客業

飲食店や商店などにおける接客業は、語学スキルを活かせる仕事のひとつです。

特に観光客が多く足を運ぶ地域では、非常に需要が高まっています。

また、接客業では日常会話レベルの語学力でも十分に活躍することが可能です。

学習した言語がどのくらい通用するのか確かめてみたい、という方にもおすすめの職種といえます。

商社・貿易業

語学力を活かし、ネイティブ相手に商談などをしてみたいとお考えの方には、商社や貿易業がおすすめです。

この業種ではグローバルな視点から仕事をすることができるため、海外勤務なども視野にいれた働き方を目指すことができます。

当然高い語学力を求められる仕事ではありますが、日本語、英語、中国語という3カ国語を最大限発揮できる仕事のひとつといえるのではないでしょうか。

観光業・ホテル

日本を訪れる観光客は日本語が話せないケースがほとんどです。

飲食店などの一般的な接客業よりは専門性が求められる仕事ではありますが、3ヶ国語を使い分けることで幅広いニーズに対応することができ、大きなやりがいにつながるのではないでしょうか。

また、ホテルでは高いレベルの接客マナーを身につけることができます。

語学力だけでなく、”おもてなしスキル”も合わせて成長させることができる職種であるといえます。

翻訳・通訳

語学力をフル活用できる仕事としては、翻訳・通訳業務があります。

基礎的な能力だけでなく、臨機応変な対応や慣用表現、文化や風習にまつわる知識など、幅広い語彙力や理解力が求められる仕事ですが、語学力を最大限発揮できる環境であるといえます。

ビジネスシーンやコンテンツのローカライズなど、扱うジャンルによって求められる知識が変わってくるので、自分の興味関心に合わせて仕事を選ぶことができるのも魅力のひとつです。

翻訳の仕事に求められる資格や求人の探し方については、こちらの記事で詳しく解説しているので、興味をお持ちの方は是非参考にしてください。

▶︎翻訳の仕事に資格はいる?翻訳家として働きたい方におすすめの資格

中国語と英語を活かして仕事を探すポイント

中国語と英語のスキルを最大限活かして仕事をさがすポイントについてご紹介します。

語学力を資格で最大限アピールする

語学スキルをアピールする上で最も効果的な方法は資格の取得です。

第三者にもわかりやすくスキルを可視化することができるため、採用担当者に強くアピールをすることが可能です。

英語資格であればTOEIC、中国語資格であればHSKやTECCなどの国際的に広く認知されている資格、スコアを示すことで自分の語学力を最大限発揮することができるでしょう。

語学力の背景にある人間力をアピールする

語学資格と合わせて大切なポイントは語学学習に紐付けた人間力のアピールです。

資格取得に向けてこつこつと努力を重ねた経験や、学習の上で自身の課題を解決したエピソードなど、語学力を身につける上で経験した内容を採用担当者に伝えることもおすすめです。

エピソードを伴った自己PRは、入社後に会社に貢献する姿をイメージしやすくなるため、採用担当者に良い印象を与えやすくなります。

中国語に特化したサイトを活用する

中国語スキルを活かせる仕事に特化した求人サイトを活用することで、効率的に仕事探しを進めることが可能です。

中国語スキルを持つ人専用の求人サイトであるTENJeeでは、幅広い業界・職種の中から語学力が強みになる仕事を簡単に探すことができます。

求められる語学要件や詳しい仕事内容なども掲載されているので、まずは実際の求人情報を参考に仕事選びのイメージをつかんでみてはいかがでしょうか。

※語学力を武器に仕事を探したい方はこちらから

まとめ

英語スキルと中国語スキルは、幅広い業界で高く評価される強力なアピールポイントです。

高い語学力を武器にすることで、自分の理想の働き方の実現につながるといえるでしょう。

TENJeeでは、中国語スキルを持つ人材を積極的に採用している企業情報を豊富に掲載しています。

ぜひ一度実際の求人情報をチェックして、どのような働き方が実現可能なのか確かめてみてください。

語学力を活かして仕事を探すにはこちらから

中国語を活かして事務職に!求人の探し方と採用される秘訣とは

中国語を強みに、事務の仕事に就きたいとお考えの方も多いかもしれません。

ひとくくりに事務といっても、その仕事内容は多岐に渡ります。

また、それに伴って求められる事務職ならではのスキルもあり、就職・転職活動時には語学力と合わせて事務に活かせる能力をアピールすることが大切です。

そこで今回は、中国語スキルを持つ人ならではの事務職への就職・転職活動のポイントについてご紹介します。

求められるスキルや語学要件についても合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

中国語を活かせる仕事専門の求人サイトであるTENJeeでは、貿易やメーカー、ITなどさまざまな業界の求人情報を簡単にさがすことが可能です。

幅広い選択肢の中から事務の仕事を選ぶことができるので、自分にぴったりの求人情報を見つけやすいでしょう。

まずは一度、実際の求人情報をチェックしてみてください。

※中国語スキルを活かせる仕事を探したい方はこちらから

中国語を活かした事務の仕事に求められるスキル

中国語を活かすことができる事務の仕事にはどのような特徴があるのでしょうか。

仕事の特徴に沿って求められるスキルの一例をご紹介します。

会話力よりも”読み書き”重視

事務の仕事の特徴としては、メールや書類など”読み書き”における語学力が求められることが挙げられます。

そのため、会話力よりも読解力、文章作成能力が重視される傾向にあるといえます。

複雑なコミュニケーションにはまだ自信がないという方でも、比較的安心して挑戦できるといえるのではないでしょうか。

日本語/中国語ともにビジネスレベルが基本

実際の求人情報で明記されている語学要件は、「ビジネスレベル」の日本語力と中国語力を兼ね備えていること、とされていることが多いです。

ビジネスレベルに関しては募集している企業や案件の種類によっても異なるので、一概にはいえませんが、中には中国語レベルが中級程度も問題がない求人もあります。

ビジネスレベルの中国語の目安

ビジネスレベルの中国語の目安として、主要な資格を例にご紹介します。

最も知名度が高い中国語の資格のひとつであるHSKにおいては、一般的に5級以上といわれています。

5級は大学における第2外国語を2年間学んだ上でさらに一定量の学習が目安とされており、語彙は2500語レベルとされています。

また、ビジネスに必要な中国語力を測ることのできる資格としては、BCT(ビジネス中国語検定)が有名です。

BCT-AとBCT-Bの2つの級に分かれており、BCT-Aは初級者向け、BCT-Bは中・上級者向けとされています。

中国語を活かして事務を仕事にしたいという方は、BCT-Bの受験をおすすめします。

ビジネスレベルの日本語の目安

ビジネスレベルの日本語についても、同様に主要な資格を例にご紹介します。

最も一般的な日本語の資格である日本語能力試験では、N1~N5までの5段階に分かれています。中でも、日本の企業が外国人を採用する際の基準としてはN2以上を指定する場合が一般的です。

最も難易度の高いN1を取得すると日本語の通訳ができるレベルとみなされており、ビジネスにおいても問題なく会話ができるとされています。

ビジネスに特化した日本語の運用能力を測る資格としてはBJT(ビジネス日本語能力テスト)も高い認知度を誇っています。

このテストでは合格/不合格ではなく0〜800点のスコアと、点数に応じたJ5〜J1+までの6段階のレベルで評価されます。

530点以上で認定されるJ1レベルを取得することで「幅広いビジネス場面で日本語による適切なコミュニケーション能力がある」とみなされるため、ビジネスレベルの日本語習得の目安として適しているといえるでしょう。

職務内容にまつわる知識も重要

事務職という職種全体に共通しているのは、書類やメールにまつわる読解力ですが、就職先の企業が取り扱う商品ジャンルへの知識も同様に重要となります。

電子部品や化粧品など、それぞれの企業の主力商品についてある程度理解していることが評価につながります。

実際の求人にも、語学要件とあわせて業界への理解度を求める企業も多いので、就職・転職活動の際には事前に業界研究にも力を入れておくことをおすすめします。

事務の仕事内容とは

改めてここで「事務」という仕事は具体的にどのようなものを指すのかご紹介します。

”事務”といっても内容は様々

ひとくくりに”事務”といっても、実際の仕事内容は企業や業種によって様々です。

ここでは、中国スキルが評価につながりやすい主な事務職についてみていきたいと思います。

一般事務・OA事務

一般事務・OA事務とは、最も基本的な事務職です。

書類の整理や、パソコンを使っての書類作成、データ処理などのほか、電話や来客の応対、郵便物の処理などの作業を主に請け負います。

ほかの社員のサポート役といえる仕事であり、定型的な業務を繰り返し行うことが主な仕事であるため、「ほかの社員を支える仕事」や「ルール通りに正確に作業をこなすこと」にやりがいを感じる方におすすめです。

また、臨機応変で複雑な対応を求められる機会が少ないため、まだ自分の語学力に自信がない方でも安心して挑戦しやすい職種といえるでしょう。

営業事務

営業事務とは、営業職の社員のサポートに特化した事務職です。

見積書や請求書など、営業職ならではの書類の作成や商品の発送などが主な仕事となります。

中国系の企業に就職した場合は、営業職の社員が中国籍である場合も多く、同僚とのコミュニケーションにおいてより中国語を活かせる場面が多いといえます。

商品やサービスを顧客に届くまでのサポートが主な仕事になるため、この点に関心がある方に向いている職種です。

また、電話やメールでのお客様対応も仕事になるので、より実践的な中国語を活かせる点も特徴です。

貿易事務

貿易事務は、輸出入に関する手続きや海外とのコミュニケーションが主な仕事となる職種です。

通常の読解や会話におけるスキルに加えて、貿易に関するルールや法律などへの理解も求められるため、事務職の中でも専門性の高い職種のひとつです。

語学力を武器にグローバルな視点から仕事ができる点は大きな魅力といえるでしょう。

語学スキル以外のスキルも重要

事務職では、語学スキル以外のスキルも重要な評価のポイントとなります。

同僚や来客とのコミュニケーションを円滑に行う力や、データ・書類の処理に必要なパソコンスキルが重要です。

また、書類整理やデータ入力など定型的な作業を繰り返しおこなう必要があるため、作業を正確におこなう力も事務職において強みとなります。

パソコンスキルについてはMOS(Microsoft Office Specialist)などの資格取得もおすすめです。

中国語を活かした事務を仕事にするポイント

中国語を活かせる事務を仕事にするために、意識したいポイントについてご紹介します。

資格でスキルを可視化する

自分のスキルを最大限アピールするために、資格取得は非常に重要です。

採用担当者に向けて自分のスキルを可視化することができるため、語学力などの評価につながりやすいといえます。

こちらの記事では、外国人の方におすすめの日本語の資格について詳しく解説しています。

▶︎外国人向け!就職・転職に役立つ日本語スキルを測る主要資格4種類

また、こちらの記事では日本人の方におすすめの中国語の資格について紹介しています。

▶︎就職や転職で役立つ!日本で取得できる中国語の資格7種類を徹底解説

これらの記事の内容を参考に、自分のスキルを最大限発揮して採用活動に臨んでみてはいかがでしょうか。

事務に適した人間力をアピール

事務職に適した人間力をアピールすることも重要です。

細かい職種ごとに若干の違いはありますが、共通しているのは「小さな作業をこつこつと継続できる力」や「他人をサポートすることにやりがいを感じるかどうか」が評価につながりやすいということです。

細かな作業を繰り返しおこなう必要がある事務職において、近い仕事を実際におこなったエピソードなどを積極的にアピールすることがおすすめです。

中国語に特化した求人サイトを活用

中国語を活かせる仕事を探す上では、中国語に特化したサイトを活用することがおすすめです。

中国語スキルをもつ方専用の求人サイトであるTENJeeでは、幅広い業界の中から簡単に仕事を探すことが可能です。

事務職の求人も、中国系企業から日系企業まで豊富に掲載しているので、自分にぴったりの仕事を探しやすいのではないでしょうか。

詳しい業務内容や語学要件、福利厚生なども詳しく掲載されているので、興味のある方は是非一度TENJeeで求人情報をチェックしてみてください。

※中国語を活かして仕事を探したい方はこちらから

まとめ

事務職では、読解力を中心に中国語を活かすことが可能です。

営業事務や貿易事務など、さまざまな分野に特化した仕事もあるので、自分にぴったりの仕事を見つけやすいといえるのではないでしょうか。

TENJeeでは、幅広い業界の求人情報を紹介しているので、一人一人にあった仕事を簡単に探すことが可能です。

中国語に特化したサイトなので、語学力を大きな強みとして仕事に活かすことができるでしょう。

まずは実際の求人情報を見て、どのような仕事があるのかチェックしてみてください。

中国語スキルを武器に仕事を探したい方はこちらから