中国語を翻訳する求人の探し方と翻訳家に必要なスキルとは

中国語のスキルを活かせる翻訳の求人を日本で探すためには、中国語と日本語のスキルが高いレベルで求められることが多いです。

また、翻訳と一言にいっても様々な仕事内容が存在し、求められるスキルも異なる場合があります。

今回は、中国語のスキルを活かして翻訳家の求人を探している方に、翻訳の仕事の種類や求人の洗い出し方、経験の積み方を解説します。

TENJee」では、翻訳家の求人を多く掲載しており、自身に合った翻訳の仕事を洗い出すことが可能です。

自身の語学スキルに合った求人を見つけることも可能なので、ぜひご利用ください。

中国語の翻訳の仕事と必要なスキルとは

中国語スキルを活かして翻訳の仕事を行うには、中国語を日本語に翻訳するスキルと日本語を中国語に翻訳するスキルの両方が求められることが多いです。

また、両方の言語のニュアンスや文化の違いなどを汲み取り、正確に相手や読者に伝えるスキルも求められます。

機械翻訳の技術の進歩により、ただ両言語を読める形に翻訳するだけでは翻訳家になることは難しいことが多いです。

言語のスキル以外にも、中国と日本の文化や地理、歴史など様々な知識が求められることも多いです。

翻訳家の代表的な仕事内容や求められるスキルをそれぞれ解説します。

脚本などの文章を翻訳する

作品の内容によっては専門的な知識を求められることもありますが、両国の文化的な背景や表現方法の違いを認識して翻訳を行う必要があります。

そのため、両国に関する様々な深い知識が求められることが多いです。

国が異なるということは、それぞれの国民の考え方や感性も異なります。

その国に合った意訳を求められ、適切な言葉選びを行うことが重要です。

また、キャラクターの個性や性格をしっかりと把握する能力も求められます。

翻訳元の作品への理解も求められるため、自身の発想力も重要になるかもしれません。

ビジネス文章を翻訳する

契約書や説明資料を翻訳する場合、正しい文章とわかりやすい文章の翻訳が求められます。

さらに、契約書などの法的拘束力がある書類は、書き方なども指定されている場合が存在します。

基本的には各国の行政書士や弁護士が添削することが考えられますが、自身に法律的な専門知識が合った場合、継続した仕事になる可能性もあるかもしれません。

もちろん、国によって法律は異なるため、両国の法律的な知識やビジネスマナーなどの知識が求められます。

商品パッケージを翻訳する

商品のパッケージや原材料表記などを翻訳する場合、固有名詞を翻訳することになります。

その商品がどのような商品なのか、誰をターゲットにしているのかなど、コピーライターの知識は取得しておいた方が良いでしょう。

通訳が求められることも

企業間での通訳が求められることもあります。

特に企業の翻訳家として雇用された場合、翻訳だけでなく通訳のスキルは大きな強みになるでしょう。

通訳は翻訳と異なり、ほとんど発言をリアルタイムで正確に相手に伝えること求められます。

ビジネス上のやりとりでは特に重要な役目なため、聴く力と瞬時に訳す力が同時に求められます。

日本で中国語翻訳の仕事をするポイント

多くの翻訳の求人で、実績を求められたり語学資格が必要だったりと、翻訳家への道は険しいと考える人もいるかと思います。

決して簡単な道ではないことは確かですが、しっかりと準備をすることで翻訳家になれる可能性は確実に上げることができます。

日本で中国語スキルを活かして翻訳の仕事をするポイントを解説します。

実績が求められることが多い

翻訳家の求人を確認すると、未経験不可の求人が多く目に留まった方も多いと思います。

翻訳家を求める企業からすれば、仕事として一定以上の翻訳家を欲していると読み取ることができます。

仕事としての翻訳家経験を未経験の方が積みたい場合、クラウドソーシングなどの企業と個人がやりとりするサービスを使用することで、比較的簡単に翻訳家としての経験を積むことができます。

また、未経験応募可能の求人に応募するときでも、自身が翻訳した作品を提出できるように準備しておいた方が良いかもしれません。

未経験でも応募可能な求人は、実力がある方を雇用したいと思っていることが多いため、自身のスキルをアピールできるポートフォリオを提出できるようにしておきましょう。

自身の語学スキルを証明できる資格を取得する

自身の語学スキルを端的に第三者に説明するためには、語学の資格を取得することが適しているでしょう。

中国語、日本語共に語学の資格試験は存在します。

翻訳には両国の語学スキルが高いレベルで求められるため、母国語ではない言語の資格はしっかりと取得しましょう。

求人によっては、応募条件として語学資格が明記されている場合もあるため、取得しておいて損はありません。

また、翻訳家の求人を洗い出した際に、自身の現在の語学スキルが条件に即しているかを確認することも可能です。

自身の現状を把握することによって、努力の方向性をある程度絞ることができるのも語学資格を取得するメリットの一つです。

求人を洗い出す

自身に合った求人をしっかりと洗い出すことが重要です。

翻訳の内容によっては、語学スキル以外の専門知識が求められることもあります。

自身の経験や語学以外のスキルと合う求人を見つけ、自身の武器として採用担当者にしっかりとアピールしましょう。

中国語に特化した求人サイト「TENJee」では、様々なスキルを活かせる翻訳の求人を掲載しています。

どのような求人にどのようなスキルが必要なのかを確認したり、自身に合った翻訳の求人を洗い出すことも可能です。

中国語翻訳の求人を探す方

中国語翻訳の求人は、通常多くは掲載されていないことが多いです。

一番の理由として、翻訳の求人以外の求人量が多く、探しにくいことが挙げられます。

その中で、自身に合った中国語翻訳の求人を見つける方法を紹介します。

転職エージェントなどの専門家に相談する

専門家に相談することで、自身に合った求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

翻訳の専門家に相談できれば良いですが、転職や就職の専門家に相談することで様々な求人から自身に合った求人を洗い出すことが可能です。

その中でも、中国語に特化した転職・就職の専門家に相談することで、求人の洗い出しだけでなく、自身の語学スキルは適切か、そのほかの手続きや面接のポイントなど、幅広いサポートを受けることが可能になります。

TENJee」を運営している「株式会社フェローシップ」は、中国語のスキルを持った方への転職・就職活動のサポートを行なっています。

中国人の方の転職・就職支援や就労ビザなどのご相談など、経験豊富なスタッフが丁寧に対応します。

中国語翻訳の求人に応募したい方はぜひご利用ください。

求人サイトを利用する

専門家に相談する前に自身に合った翻訳の仕事内容を検討することも重要です。

翻訳の仕事といっても、内容は様々です。

また、応募する求人によってはその企業が扱うサービスの専門的な知識などが求められることも想定しておく必要があります。

自身の語学スキルや特技、資格をしっかりと活かせる求人を把握することが重要です。

TENJee」は、様々な中国語翻訳の求人を扱っています。

自身の語学スキルの確認や求人の内容から必要な専門知識をしっかりと調べることが可能です。

中国語の翻訳の求人に応募したい方や、洗い出しを行いたい方はぜひご利用ください。

One thought on “中国語を翻訳する求人の探し方と翻訳家に必要なスキルとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。