中国語を活かせる仕事とその特徴や実際に選ぶポイントを解説

中国の経済成長に伴い中国企業の海外進出や中国企業と取引をする日本企業の多さから、中国語のスキルを活かせる仕事は多くあります。

それによって中国語を話せる在日中国人や日本人の需要は高まっており、今後もさらに高まっていくと言われています。

在日中国人や中国語の話せる日本人が中国語を活かせる仕事や選び方を紹介します。

ちなみに中国語を活かした求人を探している方には、中国語人材に特化した案件数No.1の求人サイトのTENJeeがおすすめです。

中国語スキルが活かせる仕事とその特徴

中国語のスキルを活かせる仕事は多くあります。

必要なスキルのレベルや転職手法などが大きく変わってくるので、希望する業種や職種を明確にする際に参考にしてください。

勤務地による違い

中国語を日本で活かすか、中国で活かすかの違いです。

仕事の内容によって求められるスキルはもちろん異なりますが、生活環境の変化が大きく変わる可能性があります。

そのため家庭の都合や生活状況などを踏まえて案件の詳細を確認するのが良いでしょう。

日本国内で中国語スキルを活かす場合

国内で中国語を活かすことのできる仕事は多くあるので紹介します。

近年日本には多くの外国人が訪れていますが、国土交通省と日本政府観光局によれば中でも中国人が最も多く、消費金額も最も多い傾向にあります。

例えば旅行や観光業、販売業は訪日中国人と接する機会が多いので、中国語を活かすチャンスが多いと言えるでしょう。

旅行や観光、販売業であれば中国語の基礎を学び、簡単な日常会話ができれば活躍することができるので、挑戦しやすい環境であると言えます。

また中国と取引をしている日本企業では、そのやり取りをする人材として中国語スキルを持つ人材を採用したい企業は多くあります。

また、そのほかにも中国進出を狙う日本企業で、現地とのやりとりや文化や情勢に詳しい人材を雇用したいと思っている企業も多くあります。

中国現地で中国語を活かす

このパターンは大きく分けて、中国企業の現地採用か日本企業に所属しつつ中国勤務、もしくは海外出張で働くことが挙げられます。

中国での現地採用は、高いレベルでの中国語のスキルが求められます。

また、現地には中国人だけでなく他の外国人もいる可能性があるため英語のスキルも必要となる可能性が高いです。

この場合、現地で生活することになるので充実した海外経験を得ることができるでしょう。

日本企業に所属しながら中国で働く場合も十分に中国語を活かすことができるでしょう。

もし語学力に自信があまりない、海外経験があまりない方は中国に支社がある、もしくは取引があり出張の可能性がある企業を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

中国語を活かせる業種の例

中国語を使う仕事内容は多様化しています。

以前は中国と直接やり取りをする製造業か商社が多かったですが、最近はIT関連業や広告業界など幅広い業種で中国語を使う機会があるので希望の業種も見つかるでしょう。

事務作業

メーカーなどで海外企業と取引をする際、物流の管理や契約書、通関手続きなどに必要な書類作成を行うなどの業務があります。

中国企業との直接のやりとりをする機会があるため、高い語学力が必要です。

また事務や物流に関する知識も必要となるため、実務経験が応募要件になる可能性が高いです。

そのほかにも、セールスチームのサポートスタッフとしてカスタマーサポート業務や、中国本社または支社との連絡役、実際の営業活動などの業務もあります。

翻訳・通訳

語学を活かした仕事としてイメージがつきやすいのが翻訳・通訳ですが、翻訳業務の求人、特にゲームの翻訳業務の求人が多くなっています。

ITや通信系の仕事

中国のIT・通信系の技術は大変レベルが高く、多くのサービスに使われています。

ITや通信系で中国語が話せると、より技術力の高い環境に身を置くことができるので、さらなるスキルアップを実現することができます。

中国語スキルを活かせる仕事で働くためのポイント

中国語スキルを活かせる仕事で働くためのポイントを4種類を紹介します。

中国語スキルをどのように活かして働きたいか考える

中国語を活かせる仕事を選ぶ上でどのような活かし方をしたいのかを考えることは重要です。

雇用形態

中国語を活かせる仕事は社員として働くか、副業として働くなどといった選択肢があります。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

例えば副業は本業をしながらスキルを活かせますが、スキルを差別化できていないと収入はあまり高くならない傾向にあります。

一方で正規・非正規問わず社員として働くことは安定的かつ比較的良い待遇で働くことができます。

また、長期的なスキルアップも見込めるので今後も中国語を活かしていきたいと考えている方には社員がおすすめです。

勤務地

日本で働くか、海外の中国企業で働くかは重要な点になるといえます。

語学力については業種によりますが、海外で働く分海外の中国企業の方が高度なスキルを求められる可能性が高いです。

加えて海外未経験者が海外の中国企業で働く場合は、生活面での準備も負担がかかります。

そのため、スキル以外にも自身の目標や余裕を考慮して決めるのが良いでしょう。

仕事で活かせるレベルの中国語スキルをしっかり身につける

中国語を仕事で活かす上で重要なのは、もちろん中国語のスキルを向上させることです。

中国語のスキルを応募要件としている求人も多く、スキルが高ければ高いほど希望の仕事、より待遇の良い企業に就業できる可能性もあります。

自身の中国語スキルがネイティブではない場合は、中国語検定やHSKなどの資格が必要となっています。

またスキルといってもリスニングやライティング、リーディングなどの分野があるので、希望の業務に必要な範囲を重点的に学習すると効率が良いでしょう。

中国の慣習や文化の理解を深める

中国語を活かすということは、中国人を相手に仕事をすることになります。

日本人と中国人との間にある文化や習慣的な違いを理解することで、不要なトラブルを回避できるでしょう。

例えば、会話の中に中国の古典を引用した表現が多く出てくるので知識が理解できないことや、日本人は婉曲的な表現をしますが中国人ははっきりと発言するので、婉曲的な表現のままだと相手に真意を理解してもらえない可能があります。

その他にも、多く慣習や文化の違いがあるので触れておくと良いでしょう。

積極的に中国人が集まるコミュニティ等に参加し、考えに触れておくのも良いでしょう。

コミュニケーション能力など中国語以外の能力も身につける

中国語の能力の他にも、パソコンスキルや基本的なビジネスマナー、実務経験などのビジネススキルは必要となります。

その他希望の業界・業種で使える資格や英語のスキルアップをすることで、より良い待遇の職種に就業できる可能性が高まります。

中国語を活かせる仕事の探し方

中国語を活かした職種や働き方を踏まえた求人の探し方を紹介します。

外国人向けの求人を多く扱う転職エージェントを利用する

中国語を活かせる仕事を探す際は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

どの程度中国語のスキルが必要か、どの程度活かせるのかを担当者と確認しながら進めることができるのは大きなメリットと言えます。

また初めて現地採用で海外転勤をする場合、雇用契約や移住などの相談をすることができる転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

海外での仕事が慣れている、もしくは相談できる人がいる場合は求人サイトを使用することで、自分のペースで希望の求人を探すことができます。

中国語が話せる人材向け求人に特化したサイトを使う

中国語を活かした求人はどのような業界が多いのか、どのような条件があるのかを知るには、中国語を活かした求人を扱っている求人サイトを利用するがおすすめです。

多くの求人があるので、気に入った求人には応募してみると良いでしょう。

中国語スキルを活かして働きたい方は「TENJee」がおすすめ

案件数No.1企業として在日中国人から圧倒的な認知度を誇るTENJeeでは多くの中国語人材の求人を扱っています。

また、TENJeeは成長志向の高い人にスポットを当て、全力で応援することをポリシーとして掲げています。

中国語を活かして成長していきたい人はぜひTENJeeを利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。